1. 多摩トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ
  3. 「早くも初夏の陽気!今年は早めの衣替え ポイント5」

プロフィール

  • 小川 薫

    小川 薫

    monococo-k ~モノもココロも大切に~  主宰 整理収納アドバイザー1級、ルームスタイリストプロ。 八王子在住。高校生、小学生の男の子の母。幼少時代から現在にいたるまで17回の引越しを経験。現在は、「エコリサイクルショップ」でメンバーとしてディスプレイや、モノが行き交う居場所づくりに励んでいる。 自宅にて「お片付けレッスン」や「整理収納サポート」も行なっている。 模様替えが好き!かわいい雑貨が大好き! HP  http://monococo-k.jimdo.com/ ブログ http://ameblo.jp/kaoruko2014/

ブログメンバー

最新記事

最新コメント

「早くも初夏の陽気!今年は早めの衣替え ポイント5」

2018/4/14

小川 薫
小川 薫

こんにちは。

monococo-k ~モノもココロも大切に~ 主宰

整理収納アドバイザー&ルームスタイリストの小川かおるです。

 

こちら多摩地区でも今年は桜が早く咲き終わり、緑が鮮やかな季節になりましたね。

まだまだ花粉で辛い時期ではありますが

暑い日も続き、早くも初夏の香りもしますね。

大好きな季節です。

 

さて、今年は我が家でも早めの衣替えをしました。

今回は「衣替えのポイント5」をお伝え致します。

 

ポイント1

「まず出す、分ける」

 

今年は暑い日が多くあったので、

慌てて半袖をだしたなんて方も多かったのではないでしょうか。

 

我が家では、衣替え作業の際、同時に見直しをしながら

不要なモノがあれば「今まで、ありがとう」と言って仕分けをしています。

 

子ども服などは本人に来てもらいファッションショーを(笑)

「まだ、着れるかな?」

「これは小さいから●●君にあげよう!着てくれるかな・・。」

なんて会話をしながら・・。(笑)

その場で分けてしまいます。

 

片付けに困っている方の現場作業に行くと

大抵は、タンスの良い場所ゴールデンゾーンに(使いやすい場所のことです)

着ていない服が置かれ、いつも着るものがないと嘆いています・・。

これはとても残念!もったいないのです

 

着ないモノはその場で出す→タンスに戻さない!入れない!

まずはこの「出す」ということが大事です。

 

良い場所には、いつも着る服を置いてあげてほしいですね。

1428473976754

↑我が家の引き出し見直し開始

 

ポイント2

「不要になったモノの行方」

 

処分するモノは、古布回収へ。

まだ着られそうなものは、それぞれ紙袋などに分けて、

「○○さんへ」や「リサイクルショップ行」など、行き先を決めてしまいましょう。

その際、玄関先まで持って行ってしまいましょう。

忘れないように早めに行動です!

引き出し2

↑主人の靴下の整理。なぜか片方しかないモノが・・。(笑)

 

シーズンオフのモノは我が家では、「とりあえずBOX」として別の紙袋を作り、

小さくなった服などはどんどん入れて保管しておき。シーズンになるのを待ちます。

 

 

ポイント3

「差し上げる場合の注意点」

 

タイミングが合えば、使ってくれる人にあげたりしますが、

本当に必要としている方にしましょう。

季節が異なるものや、自分がもらっても嬉しくないものはNGです。

差し上げた方はスッキリするかもしれませんが、

貰った相手が困るという場合もよく見受けられます。

喜んでもらうためには、「今、必要なモノ」「今、使えるモノ」に限ります。

 

ポイント4

「リサイクルショップでの査定」

 

最近では上手にリサイクルショップを利用しこまめに売りに行く方や、

またアプリやネットを上手に使いこなす方も多くなりましたよね。

 

家では不要品でも誰かが使ってくれるなら、嬉しいことです。

 

リサイクルショップでは、季節によって買い取りの値段が全然変わってきます。

冬の服を夏に持っていけば、金額は半額以下になったり

引き取ってもらえない、お店によっては、値段はまったくもつかない場合もあります。

 

また、箱に入っているものや、値札もついているものは、

そのままの状態の方が査定も高くなります。

頂きものもだからとそのままに使わずに置いておけば

やがては劣化するでしょう。早めの判断がお得です!。

 

ポイント5

「無理に手放さない」

 

最後になりますが、仕分け作業をしていると時間も取られます。

迷ったら、後で判断しましょう。

買ってすぐには着なかったけどコーディネート次第で着てみようかなと思ったり、

体形が変わったことをやっと認められ手放す勇気が持てたり・・。

↑自分もそうです(笑)

などなど・・・時間がたってから判断できる場合もあります。

後で後悔しないためにも無理は禁物です!

 

そして、もう着られなくなった服や靴でも、

思い出が詰まっているものは、本人の気持ちを尊重して取っておくのもよいと思います。

それを大事にする、見ていると嬉しくなるということでも、

そのモノはきちんと活かされていますよね。

我が家では、小さくなったサッカーシューズやユニホームは頑張ってきた証。

モノとしては靴であり、服であるけれど、「大事なモノ」のひとつになっていまから。

 

服に着替えることは毎日のこと。

少しでも楽に素早くにコーディネートでき

おしゃれも楽しむ生活をめざしましょう💛

IMG引き出し3_122940323

↑いくつか処分し、スッキリです。

 

ご覧いただきありがとうございました。

次回は5月中旬を予定しています。

 

https://monococo-k.jimdo.com/

各問合せはmonococo-kからお願いします。

小川 薫
小川 薫

monococo-k ~モノもココロも大切に~  主宰 整理収納アドバイザー1級、ルームスタイリストプロ。 八王子在住。高校生、小学生の男の子の母。幼少時代から現在にいたるまで17回の引越しを経験。現在は、「エコリサイクルショップ」でメンバーとしてディスプレイや、モノが行き交う居場所づくりに励んでいる。 自宅にて「お片付けレッスン」や「整理収納サポート」も行なっている。 模様替えが好き!かわいい雑貨が大好き! HP  http://monococo-k.jimdo.com/ ブログ http://ameblo.jp/kaoruko2014/



人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ
  3. 「早くも初夏の陽気!今年は早めの衣替え ポイント5」


会員登録・変更