1. 多摩トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ
  3. 気の持ちようを変えてキッチンをきれいに保つ。

プロフィール

  • 藤本 ゆみ子

    藤本 ゆみ子

    飲食業、講師・インストラクター業に従事した後、2010年より「楽しく作り、楽しく食べる」をコンセプトにしたマンツーマンレッスンの「料理教室楽食Chubo」を主宰。 調理師、NPO日本食育インストラクター、産業カウンセラー、「村山うどんの会」認定講師。 ■HP http://rakushokuchubo.jp/

ブログメンバー

最新記事

最新コメント

気の持ちようを変えてキッチンをきれいに保つ。

2018/10/19

藤本 ゆみ子
藤本 ゆみ子

IMG_7545

こんにちは。料理教室楽食Chuboの藤本です。
秋も深まり、これから寒い季節に向けて日々ごはんも煮込み料理などが増えてくるころ。
炒めたり煮込んだりすると油はねやぐつぐつ煮立った汁の飛沫でキッチンも汚れがちですが、今日はそんなキッチンをきれいに保つお話を。

料理教室のレッスンの際にお客さまから「コンロ周り、どうしてこんなにきれいなんですか??」と尋ねられたことがあります。
わが家は住まいと教室のスペースが別なので、お客さまをお迎えする料理教室のキッチンは完全な仕事場として特にきれいに保つようにはしていますが、でも住まいのキッチンと手入れはそれほど変わりません。

キッチンの中で特に厄介な汚れが付きやすく、そして掃除が億劫なのはコンロ周りと換気扇ではないかと思います。
このふたつは汚れがたまるほどに掃除に腰が上がらなくなりがちですよね。
なので汚れはためないのがいちばん。

そういうわけで、先ほどのご質問には「使うたびに洗っているんですよ」とお答えしたわけですが、それに対する声は「え~、それは無理。分かってるけどめんどうじゃないですか・・」でした。

でも、めんどうではあるけど、汚れがあると気になるし、料理をするテンションも下がる。
友だちを家に迎えたりしても「キッチンには入らないで~」となるし、そしてこびりついた油汚れは酸化するとキッチンのイヤなニオイにもつながります。

そういうストレスがイヤなわたしは、あるマインドセットをしています。
それは、「コンロの五徳は鍋の一部」。
汚れるし洗うのがめんどうなのは同じだけど、鍋やフライパンを洗わないまままた使う人はいませんよね。それと同じだと思うことにしているわけです。

鍋とフタを洗う時に、五徳と受け皿も外してさっと洗う。
まだ温かく、汚れもついたばかりのうちなら、鍋と変わらない手間できれいにできます。
自己暗示のように「コンロは鍋の一部」と思い込むと、不思議なことに洗わない方が不自然な気になり、そうして日々ささっと洗ううちに習慣化してあまり億劫じゃなくなります。
ちょっとした汚れなら、キッチン用おそうじシートや、ちょっと濡らしたペーパーでさっと拭くだけでもよいのです。

掃除の魔法テクじゃなくてごめんなさい(笑)
でも、この気の持ちようひとつで日々のコンロのお手入れがすこし気軽になると思うので、だまされたと思って1週間お試しください。

ちなみに冒頭でもうひとつ触れた換気扇はというと、これはさすがに毎日お手入れはしていません。
ダスキンの換気扇フィルターが優秀すぎて、2ヶ月に一度交換するときに周りをさっと拭くくらいで大丈夫。これ、本当におすすめです。

今回もお読みくださってありがとうございました。
次回もまたどうぞよろしくお願いいたします(*^-^*)

藤本 ゆみ子
藤本 ゆみ子

飲食業、講師・インストラクター業に従事した後、2010年より「楽しく作り、楽しく食べる」をコンセプトにしたマンツーマンレッスンの「料理教室楽食Chubo」を主宰。 調理師、NPO日本食育インストラクター、産業カウンセラー、「村山うどんの会」認定講師。 ■HP http://rakushokuchubo.jp/



人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ
  3. 気の持ちようを変えてキッチンをきれいに保つ。


会員登録・変更