1. 栃木トップ
  2. イベント
  3. とちぎのおにぎりスター誕生!〈おにぎりコンテスト〉

とちぎのおにぎりスター誕生!〈おにぎりコンテスト〉

  • 2019/09/05 UP!

08なすひかり&とちぎの星を食べようキャンペーン 令和元年

とちぎのおにぎりスター誕生!
〈おにぎりコンテスト〉

主 催:(一社)とちぎ農産物マーケティング協会
後 援:栃木県・全国農業協同組合連合会 栃木県本部
事務局:栃木リビング新聞社

高校生や大学生など若い世代を対象に、栃木県産米オリジナル品種「なすひかり」「とちぎの星」を使用したおにぎりコンテストを開催します。テーマは「とちぎを代表する自慢のおにぎり」。入賞作品は、商品化して各店舗で販売予定!ぜひご応募ください。

平成30年度 コンテストの様子はコチラをクリック

2019onikon

 

応募用紙PDFダウンロードはこちら

応募締切/令和元年9月25日[水]必着

 

【応募資格】
栃木県内に通学する高校生・専門学校生・短大生・大学生
※高等学校、高等専門学校、専修学校高等課程・専門課程(専門学校)、特別支援学校高等部、短期大学、大学、大学院を含みます(社会人学生を含まない)
【応募条件】
テーマ「とちぎを代表する自慢のおにぎり」
1)栃木県産米オリジナル品種「なすひかり」「とちぎの星」どちらかを使用したおにぎり(おにぎらずも可)
2)1人前を約7分以内でにぎれるおにぎり(下ごしらえの時間は含まない)
3)おにぎりの具材には、必ず栃木県産農産物を1品目以上使用する
【応募方法】
裏面の応募用紙に必要事項を記入し、作品の写真(L版以上)を添付のうえ、事務局へ郵送または持参、メールにて応募ください
メール:tochigi@m-living.com
◆応募規約
・応募用紙1枚につき1作品の応募になります ※一人何点でも応募可
・グループで応募する場合は、代表者名で応募してください
・選考された場合は、最終審査への出席は必須となります
・10月23日(水)~25日(金)までに入賞作品(おにぎり現品一人前)をお預かりし、ホテル料理長にお渡しします
・応募にかかる経費は、応募者負担となります
・応募書類は返却しません
・応募作品の名前を含めたアイデア(キャラクターを含む)の諸権利については、入賞作品において主催者に帰属するものとします
・応募の際に記入していただいた個人情報は、本コンテスト実施の目的以外には使用しません。なお、入賞作品については、作品名・応募者氏名および在籍している学校名(または在住市町名)を新聞・インターネット等で発表します ※入賞しなかった作品に関しても、インターネットなどで発表する場合があります
・審査に関する問い合わせには応じられません
・キャラクターを使用する場合は、未発表のものに限ります
・応募者は応募時点で、本応募規約に同意したものとします
【審査方法】
1)第1次審査:令和元年10月 7 日(月)(書類審査)
2)第2次審査:令和元年10月16日(水)(書類審査)
3)最終審査:令和元年11月9日(土)
最終審査会場/ホテル東日本宇都宮(宇都宮市)
特別審査員/関係団体米関係者、百貨店・コンビニ・量販店関係者含む
一般審査員(とちぎの地産地消推進店・とちぎ旬彩店等)
※最終審査会では、おにぎり(10個分)の下ごしらえした材料を持参のうえ、デモンストレーションで1個(別途9個)をにぎっていただきます
※最終審査会では材料費として4,000円支給します
※最終審査の審査おにぎりはレシピ通りに同ホテルが作成したものを用意します
【審査基準】
栃木らしさ・コンセプト・ネーミング・味・見た目や形状・食べやすさなどを審査。最終審査では各審査員が「自社で商品化したい」というおにぎりに一票を入れます。
【表彰・賞品】
◆最優秀賞 1点
…賞状、副賞〈なすひかり・とちぎの星(各30㎏ 合計60㎏)〉
◆優秀賞  2点
…賞状、副賞〈なすひかり・とちぎの星(各15㎏ 合計30㎏)〉
◆JA全農とちぎ賞 2点
…賞状、副賞〈なすひかり・とちぎの星(各5kg 合計10㎏)〉
【応募・問い合わせ】
「とちぎのおにぎりスター誕生!」事務局(栃木リビング新聞社内)
TEL.028-600-8800(月~金10:00~18:00)
〒320-0811 宇都宮市大通り1-4-24

昨年のコンテストは応募総数910点!


昨年、10月6日に「なすひかり」と「とちぎの星」を食べようキャンペーン「とちぎ県産米おにぎりコンテスト」最終審査会がホテル東日本宇都宮で開催されました。「毎日食べたくなるおにぎり」をテーマに県内の高校生・専門・短大・大学生による910点の応募作品の中から選ばれた5作品の出品者が、審査員の前でデモンストレーションを実施。その後の試食審査で賞が確定しました!

demo_kimi最終審査審査会のデモンストレーションの様子

syugo前列/左から特別審査員の田村隆さん(つきぢ田村三代目)と澁谷梨絵さん(五ツ星お米マイスター)、入賞者の栗谷川花さん、伊藤葵さん、高橋優歩さん、渡辺美和子さん、古川優梨さんの5人後列/左から二次審査員も務めた渡邉優介さん(県経済流通課 課長)、髙橋雲世さん(JA全農とちぎ食材課 管理栄養士)、金原啓一さん(県生産振興課 課長)、安福宗範さん(ローソン栃木北支店 スーパーバイザー)、竹谷充史さん(東武宇都宮百貨店 常務取締役本店長)、斎藤 剛さん(オータニ 商品部デリカバイヤー)、星野至紀さん(松廼家 営業部長)、安納義雄 審査員長(とちぎ農産物マーケティング協会 理事長)

 

コンテスト入賞作品

oni_gyoza
【最優秀賞】
「餃子にぎり」
宇都宮短期大学附属高校 2年
高橋優歩さん
「なすひかり」を使用

 

oni_piri
【優秀賞】
「日光唐辛子のピリ辛肉味噌おにぎり」
宇都宮大学 3年
渡辺美和子さん
「なすひかり」を使用

 

oni_asupara
【特別審査員賞】
「マスパラにぎり」
県立宇都宮白楊高校3年
栗谷川 花さん
「とちぎの星」を使用
oni_yuba
【特別審査員賞】
「ゆばにぎり」
県立宇都宮白楊高校2年
伊藤 葵さん
「なすひかり」を使用
oni_guzaitappuri
【JA全農とちぎ賞】
「具材たっぷりおにぎり」
県立佐野松桜高校 1年
古川優梨さん
「とちぎの星」を使用
この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 栃木トップ
  2. イベント
  3. とちぎのおにぎりスター誕生!〈おにぎりコンテスト〉

暮らしの安心HAND BOOK2019

暮らしの安心
HAND BOOK
2019

電子ブックを読む



会員登録・変更