1. 栃木トップ
  2. イベント
  3. セミナー参加者も募集中!「ジョブ・カード」を使ってもっと元気に“自分らしく”働きませんか!

セミナー参加者も募集中!「ジョブ・カード」を使ってもっと元気に“自分らしく”働きませんか!

PR
  • 2020/01/23 UP!

PR/栃木ジョブ・カードセンター(パソナ内)

リビングとちぎ編集長が「ジョブ・カード」の魅力について聞きました!

“生涯を通じたキャリアプランニング”や“職業能力証明”のツールとして注目されている「ジョブ・カード」制度。厚生労働省が2008年から展開し、パソナがセミナーを企画しています。個人のキャリアアップはもちろん、多様な人材の円滑な就職の促進を目的としているので、導入することでキャリアコンサルティングや人材育成などの支援を受けられます。
このジョブ・カード制度、アナタは知っていますか? 「よくわからない」と言う人が多いのでは。そこで今回は、「栃木ジョブ・カードセンター」の中島小百合さんと藤田和男さんに、リビングとちぎ編集長の三井美紀が話を伺いました。

job-card_8820
栃木ジョブ・カードセンターの制度普及推進員で国家資格キャリアコンサルタントの中島小百合さん(中央)と制度普及推進員の藤田和男さん(右)、「リビングとちぎ」編集長の三井美紀

「ジョブ・カード」は『自分を知る』ためのツール
三井 ジョブ・カードというのは具体的にどんなものなのですか?
中島 言ってみれば“履歴書の拡大版”であり、自分の“これから”“未来予想図”が詰まっているものといえますね。具体的には、「職務経歴シート」「職業能力証明シート」「キャリア・プランシート」などの作成を通し、自分の「価値観、興味、関心事」「強み」「将来取り組みたい仕事や働き方など」などを明確にできるのが特徴です。
藤田 つまり「自分を知る」ためのツールで、誰にとっても役立つものです。それぞれの立場で説明しますね。

■学生の皆さん「自己理解や企業研究を深められ、希望の就職につながる」
藤田 学生のみなさんは、早い段階から「自己理解」を深められ、企業研究や適性診断も進めながら“自分に本当に合った会社”に就職するための準備ができるのです。今、就職して3年以内に辞めてしまう人の割合が、大卒で3割、短大卒で5割、高卒で7割というのが現状なんです。この原因の一つが、自分の適性や向いている分野といった自己をきちんと理解しないうちに、さらにきちんと企業研究をしないまま、とにかく内定だけ取ってしまう人が多いということです。いざ就職してみると、「ちょっと自分に合わないぞ」と感じたり悩んだりして、離職してしまうのです。私たちは、とにかく学生さんたちに、早い段階からこのジョブ・カードを使って自己理解を深め、本当に自分に合った企業に就職してほしいと思っています。
三井 私も先日ジョブ・カードの活用体験をさせて頂きましたが、自分自身を客観的に見られ、自分の内面をよく知ることができました。改めて自分と向き合うことができたなと思いました!そして、まさに「若年層の離職率が高い」という近年の問題の解消にもつながりますし、ぜひお勧めしたいですね!

■在職者の皆さん「キャリアルートを考えるポイントに」
中島 
在職者の場合は、キャリアコンサルタントと面談する中で“自分のキャリアの棚おろし”ができ、「自分は今後どうしたいのか」という将来像(=キャリアルート)やキャリア目標を明確にすることができます。5年、10年といった節目で活用することで、短期的な目の前のことではなく5年後、10年後どうなっていたいのか、という“中長期的なキャリアプラン”を描けるのが魅力です。
特に女性の方は、家事や子育てなど働く状況はさまざま。キャリアコンサルティングでその方の現状を伺いながら、自分らしいライフプランを考えていきます。仕事における今後を考える“キャリアデザイン”という作業ですね。
三井 私も一人の仕事をしている女性として考えたとき、このようにキャリアコンサルタントの方がリードしていろいろ聞いてくださることで、何が一番自分にとって大切なのか、自分は今後どうしたいのか、といったことを引き出して頂ける、気づかせて頂けるとても良い機会になるなぁと感じました。

■企業(事業主)「ミスマッチングを解消して人材の離職を防げる」
藤田 企業(事業主)がジョブ・カードを応募書類として導入することで、履歴書だけでは理解しにくい応募者の価値観や強み、キャリアの方向性、職業能力の確認ができ、採用強化やマッチングの向上につながります。企業の側も応募者本人も、お互いによく理解できる、という利点がありますね。入社後、その会社でキャリア人生を深めていくわけですが、節目においてこのジョブ・カードを活用してキャリアコンサルタントと面談したりすることで、自分自身への理解が深まり、今後のキャリアプランができ、さらにジャンプアップ、活躍していく。そうすると、企業にとっても安定した人材育成が図れ、大きなメリットがあります。

■シニアの皆さん「セカンドキャリアの形成につながる」
藤田 人生100年時代の今、シニアのみなさんも退職後の“セカンドキャリア”を考える際に役立ちます。これまでの職歴・経歴のほか、スキルや知見などを「見える化」しておくことで、企業とシニア人材のマッチング精度を高められます。
三井 今まで培ってきたキャリアがあって、改めてキャリアの棚おろしでそれをしっかり把握した上で、それが行かせるセカンドキャリアということですね。人生100年時代、定年退職後の長い人生も、社会の一員としてイキイキと自分のキャリアを生かして活躍できたらステキですよね。

“自分自身の将来のために”有効なジョブ・カードを活用しよう
藤田 ジョブ・カードという名称が、何か「カード」なのかと思われてわかりづらく、まだまだ認知度は低いです。ジョブ・カードをもっと知って頂き、たくさんの方に活用して頂けるよう、これからも普及推進に努めたいと思っています。
中島 今後も、若年の求職者・学生向け、子育てママ向け、企業・一般向けと、いろいろなセミナーを行っていきますので、ぜひお気軽にご参加頂きたいと思います。
三井 私も今日お話を伺って、学生からシニアまで誰にとっても有効なジョブ・カードの魅力を実感しました。ぜひ“自分自身の将来のために”、読者のみなさんにもぜひ活用してほしいなと思いました。特に、高校生や大学生、就職活動中のお子さんを持つ親御さんには、ぜひお子さんにジョブ・カードをお勧めして頂きたいですね!中島さん、藤田さん、今日はありがとうございました!

セミナー一覧

今後開催するセミナーを紹介します。興味がある回にぜひ参加しませんか!
■1月29日(水)13:30~15:30
「子育てママの就活セミナー」(先着10人)
 会場 うつのみや表参道スクエア 多目的ホール1
■2月13日(木)13:30~15:55
「シニア向けセミナー」(先着50人)
 会場 コンセーレ(宇都宮市駒生1-1-6)
■2月20日(水)13:30~16:00
「若手人材向けセミナー」(先着50人)
 会場 コンセーレ(宇都宮市駒生1-1-6)
■3月10日(火)13:30~16:45
「企業向けセミナー」(先着50人)
 会場 コンセーレ(宇都宮市駒生1-1-6)
参加費 無料
申し込み方法 専用サイトまたは電話で申し込みを。
専用サイト https://jobcard-center.jp/
電話 028-625-7288
詳しくは同センターに問い合わせを。

栃木ジョブ・カードセンター
(パソナ内)

宇都宮市馬場通り4-1-1
うつのみや表参道スクエア3階
9:00~17:30受け付け
土曜・日曜・祝日定休
TEL 028-625-7288
https://jobcard-center.jp

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 栃木トップ
  2. イベント
  3. セミナー参加者も募集中!「ジョブ・カード」を使ってもっと元気に“自分らしく”働きませんか!

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2020年2月14日号

電子ブックを読む

健康応援ハンドブック2019

健康応援
ハンドブック
2019

電子ブックを読む



会員登録・変更