1. 栃木トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム
  4. 【那珂川町】名作絵本の世界と里山の自然を楽しめる!「いわむらかずお絵本の丘美術館」
記事検索

【那珂川町】名作絵本の世界と里山の自然を楽しめる!「いわむらかずお絵本の丘美術館」

特派員No. 752
まきさん

こんにちは!栃木地域特派員のまきです。

5月に入り、いよいよ新緑の季節。気持ちのいい陽気ですね~♪
今回は里山の自然に囲まれた素敵な美術館「いわむらかずお絵本の丘美術館」の紹介です。新緑の季節にもぴったりの場所です!

gaikan

名作絵本の世界に触れられます!

那珂川町にあるこちらの美術館は、数々の名作を生み出している絵本作家、いわむらかずお先生が館長を務める美術館です。
ねずみの家族を描いた「14ひきシリーズ」や「こりすのシリーズ」「かんがえるカエルくん」など有名ですよね!

私自身も子どもの頃から14ひきシリーズは読んでいました。
ですので、その作者であるいわむらかずお先生の美術館があるなんて、とても感激です!!

6月2日までは「14ひきのひっこし」100万部突破記念『ぼくと14ひきのひっこし展』が開催されています。

↑ 6月2日(日)までは「14ひきのひっこし」100万部突破記念『〜多摩丘陵の団地から栃木の雑木林へ〜 ぼくと14ひきのひっこし展』が開催されています。

tiket

↑ 美術館の入館チケットです。チケットにも絵本のかわいらしい絵が描かれています。

里山の豊かな自然に囲まれている美術館

美術館は那珂川町(旧馬頭町)の里山の中にあり、豊かな自然に囲まれています。
広大な敷地には美術館のほか、雑木林や畑、農場などがあり、季節によって農作物の収穫体験や自然観察会なども行われているそうです。

terasu

↑ こちらはカフェに併設されているテラスです。遠くの景色まで見渡せて眺めが良く、とても気持ちのいい場所です!木に取り付けられたムササビ用の巣箱もここから見ることができました。
ムササビの他にもウサギやリス、きつねも来るそうです!また、ウグイスなどの野鳥、カエルやホタルなどの昆虫等、様々な生き物が生息しており、自然豊かな里山だからこその環境だなと思います。敷地内の詳しい説明は公式ホームページをぜひご参照ください。こちら

gennjitu

↑ 訪れてた日にテラスから偶然見れた「幻日」という気象現象です。縦の虹のような光が見えました!

koinobori

↑ 訪れたときはゴールデンウィークの真っ最中で、美術館の鯉のぼりも元気も泳いでいました♪ 鯉のぼりもお子様の成長を願う美術館にピッタリですね!

ご本人によるおはなし会+サイン会も定期開催

美術館では館長である、いわむらかずお先生ご本人によるおはなし会とサイン会が定期的に行われています。
作者ご本人から絵本の読み聞かせが聞けるなんて、とても貴重な経験ですよね。
おはなし会の後にはサイン会もあり、ご本人から絵本にサインしていただけます。

piano2

↑ 展示室の手前にあるホールでは、おはなし会やイベントが行われています。グランドピアノもあり、演奏会もあるようです。
イベントが行われていないときは、ここで自由に座って休んだり、本棚にある絵本を手に取って、ゆっくり読むこともできます。

tirasi

↑ 現在行われている『〜多摩丘陵の団地から栃木の雑木林へ〜 ぼくと14ひきのひっこし展』のチラシです。

tirasi2

↑ 6月8日(土)から展示内容が変わります。
次回の展示は、おめでとう80歳!「こどものころのいわむらさん」というテーマだそうです。いわむらかずお先生、80歳になられるんですね!次回の展示内容も大変気になります。

素敵なカフェと物販コーナー

美術館にはカフェが併設されています。
木のぬくもりに包まれた館内で、コーヒーや紅茶、ジュースを飲みながら休憩できるのも魅力的ですよね。スコーンやカレーなど軽食もいただけます。

カフェの手前は物販コーナーになっており、絵本はもちろん、ポストカードやノート、一筆箋、エコバッグ、Tシャツなど様々なグッズが販売されています。

kafe

どのグッズも絵本の一場面やキャラクターが描かれており、とても素敵です。いろいろ欲しくなってしまいます♪

hagaki2

↑ 私が購入したポストカードの一部です。本当にたくさんのイラストのポストカードが販売されています。見ると何枚も欲しくなってしまいますよ!

honn

↑ いわむらかずお先生の絵本もたくさん販売されています。

豊かな里山の自然に囲まれた「いわむらかずお絵本の丘美術館」、日本の原風景が見れると思います。
お子様連れの方はもちろん、いわむらかずお先生の絵本に惹かれた方や、里山の自然を感じたい方もぜひ、訪れてみてくださいね!

いわむらかずお絵本の丘美術館
■住所:〒324-0611 栃木県那須郡那珂川町小砂3097
■電話:0287-92-5514
■開館時間:10時〜17時(入館は16時30分まで)
■入館料:大人900円、中高生700円、小学生500円、幼児300円、団体での入館は予約が必要(20名様以上10%割引)
■休館日:月曜日(ただし祝祭日にあたる場合は開館し、かわりに翌火曜日休館)
※展示替えのための臨時休館あり。
■駐車場:有り
■公式ホームページ:http://ehonnooka.com/

nezumi

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 752 まき
那須烏山市に引っ越して約2年。栃木のいいとこまだまだ開拓中!まちめぐり、山歩き、ライブやスポーツ観戦も好きです。魅力的なお店やスポット、イベントなどを発信していきます。よろしくお願いします(^^)

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 栃木トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム
  4. 【那珂川町】名作絵本の世界と里山の自然を楽しめる!「いわむらかずお絵本の丘美術館」

特派員メンバー

  • 真優
    特派員No.741真優
    カフェ、ヨガ、海外旅行、アクティブな女子大生!
  • ぶんぶん
    特派員No.742ぶんぶん
    宇都宮歴1年半、育児も宇都宮もまだまだ初心者です。
  • ruru
    特派員No.743ruru
    カメラの中は食べ物と子供でいっぱいです!
  • TOKKO
    特派員No.744TOKKO
    お出かけはリサーチ必須!私、失敗したくないので☆
  • kuu
    特派員No.745kuu
    好奇心旺盛なアラフォー女子です。
  • maki2
    特派員No.746maki2
    餃子の街で夫と娘、うさぎ、メダカと暮らしています。
  • ノン
    特派員No.747ノン
    『くるみ』『ななみ』『ひとみ』(猫)のオカンです。
  • せいたつママ
    特派員No.748せいたつママ
    子育て中ママの視線で地元の魅力をお届けします!
  • ひちょみん
    特派員No.749ひちょみん
    美大生ブロガーです。主に宇都宮。
  • fu-nail
    特派員No.750fu-nail
    ネイル、手芸、スイーツ、音楽などが大好きです!
  • くめちゃん
    特派員No.751くめちゃん
    鹿沼市在住、男児2人の母です!音楽鑑賞が趣味です。
  • まき
    特派員No.752まき
    お米と猫と洋楽が好き♪特に黒猫に萌えます。
  • koji
    特派員No.789koji
    宇都宮の大人なグルメを探求中です!
  • 凜ママまぃまぃ☆
    特派員No.879凜ママまぃまぃ☆
    家族で栃木を楽しむ3歳男子の母です☆
  • しぇけなベイビー
    特派員No.880しぇけなベイビー
    夫娘犬あり。楽しい美味しい面白い事ばっちこーいだ!
  • ma-bon
    特派員No.881ma-bon
    栃木の魅力的な場所・モノ・ヒト を発掘していきたい!
  • まひろ
    特派員No.882まひろ
    宇都宮歴1年超。健康第一!神頼み大好き!です。
  • ゆかりん
    特派員No.883ゆかりん
    特技は四つ葉探し!好きな事には行動力発揮します♪