1. 栃木トップ
  2. 暮らしのサービス
  3. 病院・診療所, 薬局・健康
  4. こころと体の健康をサポート Vol.145

こころと体の健康をサポート Vol.145

こころと体の健康をサポート Vol.145

質問1:月経痛がひどくて鎮痛剤を使っていますが、使い過ぎると肝腎機能に障害が起きる可能性があることを聞き、漢方薬にしようかなと考えています。(20代女性)

子宮内膜症によるものではない機能的な月経痛として回答します。確かに鎮痛剤は胃腸や肝腎障害を生じる可能性がありますが、漢方剤を構成する一部の生薬が肝障害などの副反応を起こすこともあります。ただし漢方薬の場合、一時的な効果の鎮痛剤と違い、月経痛体質を是正することで疼痛を緩和する力があるので、試してみる価値は充分あるでしょう。
機能性月経痛の主因は、子宮頸管の硬さや未熟さにあると考えられます。月経血を膣内へ送り出す際に、子宮筋収縮圧が高まり、月経痛が強くなってしまうのです。疼痛緩和するには過剰収縮を抑え、子宮内の細かな血管に鬱滞する血液の拡散を促すことが重要と私は考えます。体質別に最適なエキス剤を私撰しました。湿熱実→大黄牡丹皮湯+半量の芍薬甘草湯、湿熱虚→加味逍遥散、燥熱虚→七物降下湯、湿寒実→疎経活血湯、湿寒虚→当帰芍薬散、燥寒虚→当帰建中湯です。月経期だけではなく、毎日継続して服用します。1週間以上使用すれば今後の月経時に効果が現れるでしょう。残念ながら、燥熱実と燥寒実向けのエキス剤はありません。

 

質問2:月経不順なのですが、排卵を順調にする生活習慣や食べ物があれば教えてください。(20代女性)

45年余の私の経験から考えますと、①体重の著変、②夏季の暑気と冬季の寒さ、③睡眠不足と疲労の蓄積、④環境(住居や勤務場所など)の変化、⑤持続的な心理的悩みと負荷、⑥過度な運動の継続などが、卵胞発育を阻害する危険性があります。食べ物については、偏食や特定の食べ物・サプリ・健康食品は避け、多くの種類(自己の健康を損ねる危険性をもつ食品は除く)を摂取することが肝要です。中国食養学に基づく個々の体質に最適な排卵促進食品を以下に挙げます。熱実タイプ→茄子・蓮根・蟹・イチゴ、熱虚→トマト・牡蠣・アワビ・バター・黒ゴマ、寒実→紫蘇・ニラ・ニンニク、寒虚→ニンジン・ウニ・梅干し・クルミ・チーズ・酢・黒ゴマ…です。なお、熱実=寒虚、熱虚=寒実は正反対の関係にあり、対手側に適する食品はできるだけ避けるべきです。

 

質問2:娘は大学に入った途端、自由生活を謳歌し学業に身が入っていないようです。きちんとした会社に正社員として就職しないと将来困るのではと心配です。どのように話し、アドバイスしたらよいですか。(40代女性)

まず、①恋愛にのめり込まずに卒業する、②全国紙の経済と文化面を毎日熟読する、③英会話を習熟する、④人脈を形成する・多種の人間関係を体験することを進言してください。地方大学に在籍している場合、地方公務員か地元の堅実企業への就職を目指すことが安全策ではないか。そのための準備を、大学の就職課に早くから相談することを勧めてください。もし都会の大学に在籍していれば、日経平均算定225社に選ばれ、しかも女性が働きやすいと思える企業を目指すことが王道でしょう。結婚後も高い自収入を期待するのであれば総合職を、そうでなければ一般職が良いはずです。ネット上で就活サポートサイト(SPIや面接試験対策など)の案内が見られます。

 


上野院長栃木県立宇都宮高校、北海道大学医学部卒業後、慶応義塾大学大学院で医学博士号取得。1985年からうえの医院に勤務。

住所:宇都宮市大寛2-5-7 TEL:028-636-8707
HP:www.uenoiin.net


 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 栃木トップ
  2. 暮らしのサービス
  3. 病院・診療所, 薬局・健康
  4. こころと体の健康をサポート Vol.145

暮らしの安心HAND BOOK2019

暮らしの安心
HAND BOOK
2019

電子ブックを読む



会員登録・変更