1. 栃木トップ
  2. お買い物
  3. 食品
  4. プレゼント付き!「まるごとギュッと大田原市」特集(リビングとちぎ11月8日号終面)

プレゼント付き!「まるごとギュッと大田原市」特集(リビングとちぎ11月8日号終面)

名称未設定-1

tytle

栃木県には、全国・世界に誇れる歴史文化やスポット、グルメがいっぱい! 市や町の魅力を知ることで、より栃木の愛着度が高まるはず。市町の魅力をまるごと伝える新シリーズ、今回は「大田原市」です。
※最後に「読者プレゼント」もあるので、ぜひ応募してね!

tsukuisicho_7465大田原市の津久井富雄市長

津久井市長からのメッセージ「私は『地域大家族』という言葉が象徴するように、『人を大事にしながら、地域を大事にしながら、時代をつくるまちづくり』を目指して、日々、一歩一歩、市政に取り組んでいます。自然豊かな大田原市は、那珂川・蛇尾(さび)川・箒(ほうき)川の3つの清流を持ち、栃木県唯一の水族館や歴史ある寺社仏閣・古墳などが数多くあり、さまざまな産業も盛んな魅力あふれるまちです。年間を通し、市内各所で多彩なイベントも行っています。ぜひ、この紙面を片手に大田原市を訪れ、大田原を“まるごとギュッと”味わってみてください」

観光スポット

栃木県なかがわ水遊園
関東一の清流「那珂川」のほとりに広がる、“水と緑のとさかなの世界”を見て触れて楽しめる「なかがわ水遊園」。栃木県唯一の水族館で、日本でも珍しい淡水魚などが見られるほか、体験講座や季節のイベント、水遊びなどが楽しめます。
3m近い“ピラルクー”が悠々と泳ぐ姿が圧巻の「アマゾン大水槽」や、カメなどと触れ合える「タッチングコーナー」は子どもたちに大人気!また、美しいサンゴ礁の周りを色鮮やかな魚たちが泳ぐ光景が見られる“あこがれの海ゾーン”は幅広い年代の女性に好評です。

IMG_7275
栃木県なかがわ水遊園外観

nakagawa1アマゾン大水槽

IMG_7332
色鮮やかな魚たちが泳ぐ、サンゴ礁がつくる美しく神秘的な世界(「あこがれの海ゾーン」)

IMG_7327
水族館内にはカピバラも!

名称未設定-1左/水族館入口で迎えてくれるのは、竹工芸ピラルクー「未来を抱いて」(竹芸家・八木澤正さん制作)
右/館内の「アマゾンカフェ」では、日本でここだけ!のピラルクーを使ったオリジナル料理が楽しめます(使用するのはアマゾンから直輸入の食用ピラルクー)

 

注目!大田原市NEWS
なかがわ水遊園 冬の企画展 「Light Acuario 2019-2020 『スノーファンタジア』」
11月22日(金)~2020年1月19日(日)

nakagawa2

「栃木県なかがわ水遊園」で毎年恒例の冬の企画展「Light Acuario」。今年は「スノーファンタジア」と題し、雪のように白い生き物たちと美しいイルミネーションによる神秘的な空間が楽しめます。

【期間中の注目情報】
◆サンタの水中散歩…12月1日(日)~25日(水)、アマゾン大水槽サンタクロースがやってきます!

栃木県なかがわ水遊園
観覧料(おもしろ魚館展示ゾーン)
大人(高校生以上)650円、子ども(小・中学生)250円
開園時間/9:30〜16:30(7月20日〜8月31日は9:30〜17:00)
休園日/月曜日(祝日の場合は翌日)、毎月第4木曜日(祝日の場合は開園)
※夏休み期間は無休
大田原市佐良土2686
TEL 0287-98-3055
栃木県なかがわ水遊園 公式サイト

 

道の駅那須与一の郷
朝採りの新鮮野菜のほか、月替わり“季節のフレーバー”など種類豊富なジェラート、大田原産大豆を100%使って自社工場で作るこだわりの「与一とうふ」が大人気の道の駅。寒くなるこれからの季節は、大田原産の肉厚の“天狗にら”やネギ、白菜、唐辛子などの野菜や“与一とうふ”をたっぷり使った、あったか鍋料理はいかが!
★イベント情報…11月24日(日)に「新そばまつり」を開催!香り高い新ソバや那珂川産アユなど地元素材の魅力が味わえます。また、当日来場する“献血バス”で献血に協力した先着100人卵1パックのプレゼントも。

IMG_7416
道の駅那須与一の郷外観。駐車場の一角には「与一像」が!

IMG_7425
新鮮な野菜や果物がずらりと並ぶ物産館

IMG_7432道の駅の自社工場で手作りしている「与一とうふ」200円

IMG_7435敷地内には「与一伝承館」や「竹のギャラリー」などの施設も

道の駅那須与一の郷
大田原市南金丸1584番地6
営業時間=情報館/9:00~18:00、加工・物産品館/9:00~9:0017:30、農産物直売館/9:30~17:00、レストラン扇亭/11:00~14:30、惣菜 真扇(しんせん)/9:00~14:30
年中無休/1月第3月曜日のみ休館
TEL 0287-23-8641
道の駅那須与一の郷 公式サイト

 

グルメ

さんたからあげ
大田原市は唐辛子生産量日本一! 色鮮やかで辛味が強い大田原特産「栃木三鷹(さんたか)唐辛子」を使った大田原ブランド認定「さんたからあげ」は、市内8店舗で提供。店舗ごとに違う、“三鷹”の辛みを活かした絶妙な味わいが楽しめる“大田原名物”をぜひ味わって。
写真は「まえむろ」で提供している“さんたからあげ”。白ワインやオレンジジュース、オリーブオイルなどを配合した秘伝のタレにじっくり漬け込んだ鶏肉に、“三鷹”を混ぜた衣をまぶしてからりと揚げた、ここでしか味わえないピリ辛でジューシーな洋風からあげです。同店の“さんたからあげ”は、「第1回大田原さんたからあげGP」(2013年)で「初代グランプリ」を獲得!

maemuro_7360
「まえむろ」の「さんたからあげ」(1個84円)

maemuro_7350
「まえむろ」外観

名称未設定-1左/「さんたからあげ弁当」はワンコイン・500円!
右/「第1回大田原さんたからあげGP」(2013年)で「初代グランプリ」を獲得したときの優勝トロフィー

那須デリバリーフーズ「まえむろ」
8:30~17:00営業(日曜・祝日の閉店時間は異なります)
無休
大田原市中田原593-7
TEL 0287-22-6849
http://www.maemuro.jp/

 

ファーマーズカフェ
大田原市の豊かな自然の恵みを受けた「前田牧場」の赤身牛や農作物をメインに、地元農家の生産物を使った“地元食材の料理”を提供するカフェ。専属獣医師による健康管理のもとストレスフリーで健やかに育った「前田牧場の赤身牛」(大田原ブランド認定)は、高タンパク質でほどよい噛み応えのある肉質。さっぱりとヘルシーでありながら、肉のうま味が濃いお肉です。
「カフェで赤身牛や野菜のおいしさを味わって、生産者の想いを知ってもらい、販売につなげたい」と、同カフェでは前田牧場の赤身牛やカレーなどの販売はもちろん、提携農家から直に仕入れる新鮮野菜も販売しています。

IMG_7404

IMG_7380ナチュラルな雰囲気のカフェ内観

IMG_7385カフェ店内では赤身牛や多彩な加工品が購入でき、家庭で手軽においしさを楽しめます!

★店長お勧め!「シェアプレート」(1人2300円/税別)
みんなでシェアしてワイワイ楽しめる、店長お勧めのボリューム満点のセットメニューが「シェアプレート」。メインプレートには、前田牧場赤身牛のローストビーフ・ハンバーグ、ハーブ豚のスペアリプ、那須鶏のコンフィが彩り豊かな野菜をとともに美しく盛り付けされています。そのほか、オードブル(前菜)、大田原産の新鮮野菜たっぷりのカラフルサラダ、スープ、ご飯、デザート(自家製アイス)、牧場の大麦を焙煎して作った“麦珈琲”が付く、お腹も心も大満足の内容です!
※ご飯、スープ、サラダはおかわり自由
※牧場の大麦を使った“ウエルカム麦茶”も!

IMG_7400「シェアプレート」1人2300円(税別)

ファーマーズカフェ
ランチ/11:00~14:00
ディナー(予約制)/18:00~21:00営業
ミートショップ/10:00~17:00営業
月曜日定休(祝日の場合は翌日)
大田原市若草1-761
TEL 0287-47-7500
https://farmerscafe.storeinfo.jp/

 

大田原銘酒六つ蔵
大田原市は、市内に池島酒造、菊の里酒造、天鷹酒造、平山酒造店、鳳鸞酒造、渡邉酒造の6軒の酒蔵がある“地酒のまち”。那須連山のうま味たっぷりの伏流水が、優しい味わいの地酒を育んでいます。6軒の酒蔵の銘酒が味わえる6本セット「大田原銘酒六つ蔵」は、道の駅那須与一の郷やトコトコ大田原、市内デパート、酒小売店などで購入できます。「大田原銘酒六つ蔵」6本セットは、大田原ブランド認定品。

2019jizakeset
飲み比べが楽しめる「大田原銘酒六つ蔵」6本セット3090円。左から池島酒造「池錦」、菊の里酒造「菊の里」、天鷹酒造「天鷹」、平山酒造店「藤の盛」、鳳鸞酒造「鳳鸞」、渡邉酒造「旭興」

◆問い合わせ
大田原市商工観光課   TEL 0287-23-3145

 

歴史

大雄寺(だいおうじ)
600年以上の歴史を持ち、室町期の様式を今に伝える総茅葺屋根の禅寺「大雄寺」。本堂・庫裡・禅堂・廻廊などの伽藍は、昭和44年に栃木県文化財指定、平成29年には国重要文化財に指定され、貴重な文化遺産となっています。
県内外から写経や坐禅体験に訪れる方も多く、御朱印も人気です。シャガやボタン、ハスなど季節の花々や秋の紅葉も見事。

IMG_7378総門の奥に本堂があります

IMG_7358大雄寺の参道

IMG_7361第一庫裡から見た座禅堂(左)と本堂(右)

IMG_7364境内にある水琴窟

大雄寺トピックス…国指定重要文化財(建造物)である同寺では、11月から来春にかけて、本堂の茅葺屋根の保存修理を実施。来年3月までに完成する予定です。2月には修理作業の一般公開も予定。

IMG_7365本堂外観

曹洞宗 黒羽山 大雄寺(だいおうじ)
大田原市黒羽田町450番地
参拝時間/9:30~17:00
屋外は拝観無料(事前予約は不要)
本堂・禅堂など屋内の拝観は有料(事前予約/大人500円)
TEL 0287-54-0332
大雄寺 公式サイト

 

★取材協力:大田原市商工観光課

大田原市役所
栃木県大田原市本町1-4-1
商工観光課=TEL 0287-23-3145
開庁時間 8:30~17:15
土曜・日曜・祝日、12月29日~1月3日を除く
大田原市ホームページ

 

【読者プレゼント】
「大田原市 おいしい&楽しいセット」を抽選で10人にプレゼント!

present_7481

「おおたわらの美味しいもの詰め合わせ」(前田牧場「ビーフカレー」、天鷹酒造「有機辛味もろみ」、大田原市産唐辛子「栃木三鷹」使用の七味唐辛子、葉とうがらし、手作りブルーベリージャム、紅茶「雲巌の静謐」、那須黒羽「島田うどん・そば」)「五峰の湯 温泉入浴券ペアチケット」を、セットで10人にプレゼント!
■応募締切=11月25日(月)24:00 まで

応募はコチラ

 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 栃木トップ
  2. お買い物
  3. 食品
  4. プレゼント付き!「まるごとギュッと大田原市」特集(リビングとちぎ11月8日号終面)

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年11月15日号

電子ブックを読む

健康応援ハンドブック2019

健康応援
ハンドブック
2019

電子ブックを読む



会員登録・変更