1. リビングWebトップ
  2. 今日は何の日?

今日は何の日?

過去の出来事や語呂合わせなどから生まれる、たくさんの記念日。このコーナーでは、知っていると日々がちょっぴり楽しくなったり、役に立ったりする、そんな記念日をピックアップして紹介します。

61

牛乳の日
牛乳への関心を高めて消費の拡大を図り、人々の健康の増進と食生活の向上を目的に、酪農乳業関係者で構成された一般社団法人Jミルクが制定。日付は2001年に国連食糧農業機構(FAO)が、牛乳への関心とともに酪農・乳業の仕事を多くの人に知ってもらおうと6月1日を「世界牛乳の日(World Milk Day)」と提唱したことから。また、一般社団法人Jミルクでは6月を「牛乳月間」としている。
  • 鮎の日
    和歌山県和歌山市に本部を置く全国鮎養殖漁業組合連合会が制定。初夏の風物詩である「鮎」は、伝統的な和食文化に欠かせない食材で河川環境保護の象徴。日本の固有の魚ともいえる「鮎」の美味しさをより多くの人に知ってもらうことが目的。日付は、昔から鮎の本格的な旬を迎えるのが6月とされていることから。
  • 清潔生活の日
    P&Gが除菌や消臭、防臭など、家庭での環境衛生に関する研究成果や情報を提供して、人々の「清潔生活」を向上させる目的に「清潔生活研究所」を設立した日として制定。6月は梅雨の時期に入るため、衛生や清潔生活を考えるきっかけにとの願いも込められている。
  • チューインガムの日
    平安時代より、元日と6月1日は「歯固めの日」として、かたい餅などを食べて健康増進を図る風習があったことから日本チューインガム協会が制定。チューインガムを通じて、かむことの大切さを考えてもらうのが目的。

出典:一般社団法人 日本記念日協会HP

ほかの日も見てみる

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更