1. 東京トップ
  2. 特集
  3. アカデミックな空間で観賞する「美大美術館アート」

アカデミックな空間で観賞する「美大美術館アート」

  • 2016/10/27 UP!

美術大学の美術館は、教育研究機関としてさまざまなアートを個性豊かに発信し続けています。専門大学ならではのアカデミックな空間で、ゆったりとアートと向き合えば、芸術の奥深さに知的好奇心が満たされるかもしれません。ちょっぴり美大生気分で、この秋を楽しみませんか!

武蔵野美術大学 美術館・図書館

サビが誇るコレクションを公開

1967年から収集してきた美術・デザインコレクションを広く社会に公開し続け、2011年には大学の新たなシンボルとしてリニューアル! 11月12日(土)まで開催中の「ムサビのデザインⅥ:みんなのへや」では、各国の時代を代表する日常生活用品を配して4つの“へや”を構成。生活空間から20世紀デザインの様相を紹介しています。

●小平市小川町1-736
●展覧会情報 11/12(土)まで「あかり/AKALI:デザインされた日本の光」
●開館時間 月~金曜10:00~18:00、土曜・特別開館日は17:00まで
●日曜、祝日、展示替期間休館※10/30(日)は特別開館日
●入館無料
●TEL 042-342-6003
http://mauml.musabi.ac.jp/

近代椅子コレクション約400脚の中から約200脚を収蔵展示する「椅子ギャラリー」(一般見学はガラス壁外側から)

建物そのものもアーティスティック!

東京藝術大学大学美術館本館

大での集大成を披露! 退任展が秋から続々

作品や資料収集は、前身の東京美術学校設置に先立って開始されました。カフェテリアやミュージアムショップ、画材店といったお楽しみもあり。秋から冬にかけて、退任展や博士審査展、卒業・修了作品展が続きます。現在、「三田村有純退任記念展『黄金境界』江戸蒔絵の流れを受けて」(11/6まで)を開催中!

●台東区上野公園12-8
●展覧会情報 11/14(月)~11/23(水・祝)「宮田亮平退任展『喜怒愛藝』」
●開館時間・観覧料は展覧会ごとに異なります。詳細はHPで確認を
●展覧会開催会期以外は休館
●TEL 03-5777-8600
http://www.geidai.ac.jp/

上野公園内にある大学美術館本館

優しい日差しが降り注ぐ1階エントランスホール

東京造形大学附属美術館

(横山記念マンズー美術館/ZOKEIギャラリー)

学創立50周年イベントが盛りだくさん

10月31日(月)から東京造形大学創立50周年記念展がスタート! 横山記念マンズー美術館では「勝見勝 桑澤洋子 佐藤忠良―教育の源流」展を。ZOKEIギャラリーでは「東京造形大学 ドキュメント1966-2016」展を開催します。1966年から歩んできた歴史の息吹を肌で感じてみませんか。

●八王子市宇津貫町1556
●展覧会情報 11/26(土)まで「勝見勝 桑澤洋子 佐藤忠良-教育の源流」展(横山記念マンズー美術館)、11/12(土)まで「東京造形大学 ドキュメント1966-2016」展(ZOKEIギャラリー)
●開館時間 10:00~17:00(美術館)、10:00~19:00(ギャラリー)、10:00~16:30(通常)
●日曜、祝日休館、11/19休館
●入館無料
●TEL 042-637-8111
https://www.zokei.ac.jp/museum/

1994年に開館した東京造形大学附属美術館(撮影:福田秀之)

「ジャコモ・マンズー展」展示風景

女子美ガレリアニケ

域・社会とつながるギャラリー

1900年に日本で唯一女性のための美術学校として開校した女子美術大学。杉並キャンパス内の画廊・女子美ガレリアニケでは、「社会とつながる」をテーマに年間を通して展覧会を開催しています。11月からは美大で写真を学ぶ学生の写真展がスタート! 若者たちによる渾身の一作を間近で体感してみませんか。

●杉並区和田1-49-8 女子美術大学杉並キャンパス1号館1階
●展覧会情報 11/11(金)~11/22(火)「六大学合同写真展 〇(まる)展」
●開廊時間 10:00~17:00
●日曜・祝日休廊
●入場無料
●TEL 03-5340-4688
http://www.joshibi.net/museum/nike/
※相模原キャンパスには美術館が併設。特に染織品は国内最大級のコレクションです

昨年開催の「六大学合同写真展」の様子

相模原キャンパスの美術館展示ロビー

多摩美術大学美術館

現の世界をさまざまな視点で発信

歴史的芸術から現代芸術まで、大学関係者の展示にこだわらず幅広いジャンルの創造の世界を、展覧会やワークショップ、イベントを通して紹介。現在開催中の展覧会では、韓国現代絵画界の異才・柳根澤の制作の全容を、世界に先駆けて発信しています。

●多摩市落合1-33-1
●展覧会情報 12/4(日)まで「柳根澤 召喚される絵画の全量」
●開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
●毎週火曜休館(祝日の場合は翌日)、年末年始
●入館料(一般)大人300円、大学・高校生200円、中学生以下無料
※企画展によって無料の展示もあり
●TEL 042-357-1251
http://www.tamabi.ac.jp/

2011年に開催された「表現する葦 吉田哲也・若林砂絵子」の展示風景

美術館は大学のキャンパス内ではなく多摩センターに

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. 特集
  3. アカデミックな空間で観賞する「美大美術館アート」
電子ブックを読む
現在東京エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更