1. 東京トップ
  2. 特集
  3. 非日常の空間に浸ってリフレッシュ!人気の水族館5選

非日常の空間に浸ってリフレッシュ!人気の水族館5選

  • 2017/05/25 UP!

コンパクトながら見どころ満載
ゆっくり鑑賞したい水族館

梅雨入りが間近に迫る季節。こんなときこそ、非日常の空間にどっぷり浸れる水族館でリフレッシュしてみませんか?今回は、知っているようで意外と知られていない!?とっておきの水族館を紹介します。コンパクトながら見どころ満載の穴場的存在です!

植物園の中にミニ水族館!
東南アジア系淡水魚が中心

板橋区立 熱帯環境植物館

東南アジアの熱帯雨林を再現している熱帯植物園の地下に、ミニ水族館があることを知っていますか? 東南アジア系の淡水魚を中心に、海水や汽水(淡水と海水がまじりあった水)の水槽もあり、展示数は約150種2500匹と“ミニ水族館”とは思えない充実ぶりです。植物園と併せて楽しめるお得感もうれしいですね。

◆住所 板橋区高島平8-29-2
◆開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)、月曜休館(祝日の場合は開館し、翌火曜休館)
◆入館料 大人260円、小・中学生、65歳以上130円、未就学児無料(土・日曜、夏休み期間は小・中学生入館無料)
◆TEL 03-5920-1131

来園者に人気の水槽
チンアナゴ・ニシキアナゴ

左/サザナミフグほか
右/テッポウウオ

巨大水槽に珍しい金魚登場
迫力満点の食事風景も

足立区生物園

約300種7200匹以上の生き物を飼育する生物園。高さ2m×幅6mの日本最大級の金魚水槽には、見たこともないような種類の金魚も! また、毎週火・木・土曜は大型魚類のごはんの時間。ドチサメやピラルクーの迫力ある食事風景やシルバーアロワナの大ジャンプをご覧あれ。

◆住所 足立区保木間2-17-1
◆開園時間 9:30~17:00(2月~10月)、9:30~16:30(11月~1月)※入館は閉園30分前まで。月曜休園(月曜が祝日や都民の日の場合は、その翌日休園)
◆入園料 大人(高校生以上)300円、子供(小・中学生)150円※未就学児無料。70歳以上・障害者と介助者1人は証明書提示で無料
◆TEL 03-3884-5577

優雅に泳ぐ金魚たちの水槽

左/シルバーアロワナの大ジャンプも間近で楽しめます
右/世代を問わず人気のカクレクマノミ

展示類数は日本最大級
世界初の観賞魚専門水族館

東京タワー水族館

東京タワーの1階にある世界で初めての観賞魚専門水族館。館内には、世界中から集められた観賞魚が生息地別に飼育されています。展示種類数は約900種類5万匹と日本最大級。スタッフの解説付き魚のお食事タイムや鯉のえさやり、つりぼり体験など、お楽しみも満載です。

◆住所 港区芝公園4-2-8 東京タワー1階
◆開館時間10:30~19:00(3/16~11/15)、10:30~18:00(11/16~3/15)※入館は閉館30分前まで。無休
◆入館料 大人(高校生以上)1080円、子供(1歳以上中学生以下)・65歳以上600円※大人料金で入館の場合のみ、1人につき3歳以下の子供1人まで無料
◆TEL 03-3433-5111

ディスカスが泳ぐ水槽に東京タワーが!

スタッフの解説付きお食事タイムの様子

超間近で楽しめる
ダイナミックなイルカショー

しながわ水族館

コンパクトながら、楽しさ満点の水族館。水族館で味わいたい要素をほぼ網羅している!といっても過言ではありません。充実したショーの中でもダイナミックな「イルカショー」、ダイバーと魚たちがコラボする「水中ショー」、ユーモラスな仕草がかわいい「アシカショー」が人気。色鮮やかな魚たちやエイ、ウミガメなどが泳ぎ回る「トンネル水槽」は必見です。

◆住所 品川区勝島3-2-1(しながわ区民公園内)
◆開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)。火曜、元日は休み(祝日、春休み、GW、夏休み、冬休みは火曜でも休まず営業)
◆入館料 大人・高校生1350円、中学生小学生600円、幼児(4歳以上)300円、65歳以上1200円、3歳以下無料※品川区在民・在勤・在学割引あり
TEL 03-3762-3433

イルカたちの大ジャンプを間近で見られる「イルカショー」

左/「水中ショー」で繰り広げられる人間と魚のコラボ
右/かわいい海獣たちの愉快な「アシカショー」

淡水のさまざまな生き物たち
あっと驚く瞬間も!

井の頭自然文化園 水生物館

日本初の淡水で生きる生き物専門の水族館としてオープン。魚類から両生類、水生昆虫、水生植物まで幅広く飼育展示しています。ほかでの飼育例がほとんどない水中で生活するミズグモの観察や、カイツブリが小魚を仕留めて食べる瞬間を見ることができる水槽もあり。目が釘付けです。

◆住所 武蔵野市御殿山1-17-6
◆開館時間 9:30~17:00(入園は16:00まで)。月曜休園(月曜が祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日休園)、年末年始(12/29~1/1)
◆入園料 一般400円、中学生150円、65歳以上200円、小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料
◆TEL 0422-46-1100

湧水豊かだったころの井の頭池の水槽。近年の井の頭池の生き物の水槽と見比べてみましょう

左/ほかでは見ることができない「ミズクモ」
右/かつて井の頭池に生息していたと考えられている絶滅危惧種「ミヤコタナゴ」の飼育も 

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. 特集
  3. 非日常の空間に浸ってリフレッシュ!人気の水族館5選


会員登録・変更