1. 東京トップ
  2. 特集
  3. お金や政治、安全のことを知る無料スポットへ

お金や政治、安全のことを知る無料スポットへ

  • 2018/05/10 UP!

学んで知って、考える
社会のしくみ

お金や政治の話など、知っているようでよくは知らない「社会のしくみ」。大人はもちろん子どもにもきちんと知ってほしいものです。そこで目で見て聞いて、体感しながら楽しく学べる無料スポットを紹介します。親子で出かけて、ちょっと“社会”をのぞいてみませんか?

 政治  をもっと身近に!
日本の法律ができる場所へ

国会議事堂

国会が開催される建物「国会議事堂」。個人の場合は事前予約なしで気軽に見学できます。ちなみに参議院見学コースでは、最初に参観ロビーで参議院の活動や役割、議事堂の歩みなどを紹介する展示をチェック。その後、参議院本会議場へ。政治に興味と関心をもったら、次回は本会議を傍聴(先着順・原則10歳以上)してみましょう。

千代田区永田町1-7-1
月~金曜(祝日、年末年始を除く)9:00、10:00、11:00、正午、13:00、14:00、15:00、16:00に案内。参議院参観受付窓口へ。詳細はHPで確認。団体見学(10人以上)は要予約。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/taiken/bochou/kengaku.html
TEL 03-5521-7445

建物外観

建物外観。正面に向かって左側に衆議院、右側が参議院

参議院本会議場と建物内中央広間

参議院本会議場と建物内中央広間

 都民の安全  を守る任務とは?

警視庁本部

東京の安全を守るため、警視庁で日々繰り広げられている日常に触れてみませんか。「ふれあいひろば警視庁教室」では、映像やクイズを交えながら警察の活動などを分かりやすく紹介。また、110番通報を受けて、付近のパトカーや警察官などに110番の内容を無線指令する「通信指令センター」の見学も。大人も胸が高鳴る光景です。

千代田区霞が関2-1-1
見学日は月~金曜(祝日、年末年始を除く)9:00から、10:45から、13:00から、14:45から
※改修工事のため5/28~翌年3月ごろまで警察参考室の見学は中止。9/3~9/28は見学コースはすべて中止
事前申し込み制。詳細はHPで確認。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/welcome/honbu.html
TEL 03-3581-4321(代表)

通信指令センター

ピンとした空気が漂う通信指令センター

「ふれあいひろば警視庁教室」

「ふれあいひろば警視庁教室」でクイズに参加する子どもたち

 特許庁  の役割って?
特許と商標について知ろう

特許庁

特許庁は、特許権や商標権などの産業財産権を所管しています。見学コースに参加すると、特許や商標のしくみと役割について、特許庁の職員にクイズを交えてやさしく教えてもらえます。身近にたくさんある特許や商標に気が付けば、その大切さをきっと実感できるはず。審判廷の見学では、普段は入ることのできない審判官席に座って記念撮影もできますよ。

千代田区霞が関3-4-3
月~金曜 10:00~15:30(所要時間約90分)
小学生以上対象
5~10人のグループで事前に申し込み。詳細はHPで確認。
http://www.jpo.go.jp/shoukai/kengaku/kengaku.htm
TEL 03-3581-1101(内線2108)

輝かしい功績を遺した発明家たち

輝かしい功績を遺した発明家たち

審判廷

特許や商標情報を検索できる公報閲覧室と口頭審理が行われる審判廷

世界を代表する証券取引所で
 株取引  のいろはを疑似体験

東京証券取引所 東証Arrows

証券取引所とは、株式の売買を行うところで、東京は世界3大証券取引所のひとつとも言われています。見学施設「東証Arrows」では、売買監理業務を行っているマーケットセンターの様子を間近で見たり、株式投資の疑似体験(※小学生を除く。要予約)ができたり。経済が身近に感じられるようになります。

中央区日本橋兜町2-1
自由見学/月~金曜 9:00~16:30(祝日、年末年始を除く)
※最終入館時間16:00。案内付き見学(10人以上)は要予約。詳細はHPで確認。
http://www.jpx.co.jp/learning/tour/arrows/
TEL 050-3377-7254

「チッカー」

ニュース番組などで見かける「チッカー」と呼ばれる円筒状の電光掲示板。取引の量が活発になると回転が速くなります

建物外観

建物外観

実際の製造現場で
お札 
ができるまでを学べる

国立印刷局 東京工場

普段、何げなく使っているお札。正式には「日本銀行券」と呼ばれ、用紙から印刷まで国立印刷局で製造されています。見学コースでは、お札の製造工程はもちろん、偽造防止技術についてもパネルや体験装置で学べます。特に、大きな機械で本物のお札を印刷している様子は圧巻!1億円の重さを体験できる楽しいコーナーもあります。

北区西ヶ原2-3-15
見学日は火・木曜(祝日、年末年始を除く)
10:00から、13:40から(所要時間約90分)
小学生以上対象
事前申し込み制。詳細はHPで確認。
http://www.npb.go.jp/ja/event/kengaku/tokyo.html
TEL 03-5567-1102

お札に関する資料も多数展示

お札に関する資料も多数展示

建物外観

建物外観

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. 特集
  3. お金や政治、安全のことを知る無料スポットへ


会員登録・変更