明治から平成へと受け継がれる「あの人が愛した味」|特集 | リビング東京Web
  1. 東京トップ
  2. 特集
  3. 明治から平成へと受け継がれる「あの人が愛した味」

明治から平成へと受け継がれる「あの人が愛した味」

  • 2018/05/24 UP!

あの人が愛した味~Part7~

文豪が味わった
こだわりメニュー

文豪やエッセイストが好んで通い、作品にも登場したことのある名店。親しい人へのお持たせや執筆のおともを購入していた店など明治から平成へと受け継がれてきたその味をご紹介します。そこにはあの人の愛したこだわりのメニューがあります。

通った人

池波正太郎

天國

天ぷら好きになった
初任給の味

明治18年、銀座3丁目を拠点にした天ぷら屋台の店として創業し、大正13年から現在の銀座8丁目で営業。池波正太郎の「東京のうまいもの」には“ここの天丼だとすっと腹の中におさまってしまう”と書かれており、初めて自分の給料でこの店の天ぷらを食べたことを機に天ぷら好きになったようです。辛めのタレをしっかりとくぐらせた衣は、ごま油の香りがよく、柔らかい食感です。

住所/中央区銀座8-9-11
東京メトロ銀座線ほか「新橋」駅徒歩5分
TEL 03-3571-1092
営業時間/11:30~22:00(LO21:00)
定休日/なし

B丼(海老2尾、イカかき揚げ、穴子、野菜2点)

B丼(海老2尾、イカかき揚げ、穴子、野菜2点)
2268円

テーブル席の1階

テーブル席の1階。地下1階はカウンター、
2・3階は宴会フロアになっています

通った人

夏目漱石

空也

“幻の和菓子”とも言われた
「空也もち」

明治17年上野池之端に創業し、戦災で焼失後昭和24年に銀座並木通りに移転。半世紀以上も愛されている「空也もなか」で知られる店に、年に2回しか買えない「空也もち」があります。夏目漱石の代表作「吾輩は猫である」にも登場し、毎年11月と1月半ばから2月半ばのみ購入できます。大量生産できないため、予約が必要です。

住所/中央区銀座6-7-19
東京メトロ銀座線ほか「銀座」駅徒歩5分
TEL 03-3571-3304
営業時間/10:00~17:00※土曜は16:00まで
定休日/日曜、祝日

空也もち

もち米とあんを使用し、砂糖控えめの昔ながらの製法で作った空也もち250円。次回の販売は11月

空也もなか1箱10個入り

空也もなか1箱10個入り1100円(進物箱は1200円)。予約したほうが確実です

通った人

森鴎外

伊豆榮

博物館の後に立ち寄った名物店

徳川八代将軍吉宗の時代に創業され、鰻割烹ひとすじに歩んでいる店。森鴎外をはじめ谷崎潤一郎など文豪たちに愛され、明治時代には池之端の名物店として小説やエッセーに登場しています。昭和59年に改築し支店も増えていますが、砂糖を一切使わない秘伝のタレや門外不出の「焼き」の技術でふっくらと香ばしい蒲焼を作り続けています。

住所/台東区上野2-12-22
JR山手線ほか「上野」駅徒歩5分
TEL 03-3831-0954
営業時間/11:00~22:00(LO21:30)
定休日/なし

うな重竹

うな重竹 4320円 備長炭で焼く三河産の鰻

店内

上野公園を望む席もあります

通った人

川端康成、三島由紀夫、
池波正太郎

山の上ホテル

文豪が定宿にしていた
ホテルのコーヒーハウス

奥まった神田駿河台の高台にあり、数多くの作家が執筆のために定宿として利用していたアールデコ調のホテル。地下1階にある「コーヒーパーラー ヒルトップ」は、12時間かけた水出しコーヒーや手作りデザートが人気です。池波正太郎が水出しコーヒー機に一番近い席に足しげく通っていたことも知られています。

住所/千代田区神田駿河台1-1
JR総武・中央線ほか「御茶ノ水」駅徒歩5分
TEL 03-3293-2834
営業時間/10:30~21:00(LO)
定休日/なし

特製タルトタタン

特製タルトタタン1296円(10%サービス料別)温かいリンゴと冷たいバニラアイスの組み合わせ

店内

店内には池波正太郎の絵がたくさん飾られています

通った人

杉浦日向子

大吾

口の中でさらりと溶ける
風雅な甘さ

江戸に精通した漫画家・エッセイストである杉浦日向子はおやつやおつまみを題材にショートストーリーを書いていました。彼女がよく食べた同店の「爾比久良(にいくら)」。卵黄と白あんを程よく調和させた黄味羽二重しぐれあんの中に、上質の小豆あんと一粒栗が入っています。夏は冷やすといっそうおいしくいただけます。

住所/練馬区大泉学園6-28-40
西武池袋線「大泉学園」駅から西武バス「都民農園」下車徒歩1分
TEL 03-5947-3880
営業時間/9:30~19:00
定休日/月曜※月1回不定期に日曜

爾比久良

爾比久良 バラ1個480円、進物用の化粧箱が各種あります

外観

創業の地である新座一帯の古名
「にいくら」にちなみました

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. 特集
  3. 明治から平成へと受け継がれる「あの人が愛した味」


会員登録・変更