1. 東京トップ
  2. 特集
  3. 食品ロスや使い捨てプラスチックを減らす暮らしの工夫って?
  • 2019/02/21 UP!

PR/東京都環境局

食品ロスや使い捨てプラスチックを減らす暮らしの工夫って? “もったいない”をつなげて地球に優しい選択を

記事の最後にプレゼントが当たる!「もったいない」検定も記事の最後にプレゼントが当たる!「もったいない」検定も

サイズやマチの広さなど使いやすいマイバッグにもこだわりあり! マイバッグについて盛り上がる(写真左から)水野理沙さん(30歳)、清原みずかさん(40歳)、岩倉美幸さん(55歳)

ニュースなどでしばしば目にする、食品ロスや使い捨てプラスチック問題。そこで今回、3人のリビング読者たちが“ 我が家で実践しているエコな暮らしの知恵”について紹介。あなたも早速、取り入れてみませんか?

食費節約と食品ロス削減の一石二鳥!
「野菜の葉や皮も捨てずに調理」
「買い物前に冷蔵庫チェック」の習慣を

「食材の冷凍保存など、食費を節約するための工夫は、食品ロス対策にもつながります。料理のアイデアが浮かばない時は、レシピの検索サイトが大活躍」と水野さん。清原さんも「私も食材を冷凍保存しているわ。ほかにも野菜の葉を炒め物に、皮はきんぴらにしてムダなく使い切ることを心がけています」と笑顔に。

買い過ぎを防ぐ工夫は? 「冷蔵庫に食材のメモを貼っているので、必要なものが一目で分かる」(清原さん)、「買い物前には必ず冷蔵庫の中身をチェック。そのほか賞味期限や消費期限に神経質になりすぎず、ニオイや色の変化など自分の感覚で判断しています」(岩倉さん)、「夫婦で買い物に出掛けて、今必要なもの、買わなくてもいいものを相談しながら決めています」(水野さん)。

外食時の食べ残しも、もちろん食品ロスに。そこで「食べきれる分だけ注文する」(岩倉さん)、「子どもの好物を中心にオーダー、“コレ食べたくない”と言わせない」(水野さん)、「食べ物を残すのはもったいないし、生産者の方にも申し訳ないことだと子どもに言い聞かせています」(清原さん)。最後に管理栄養士の資格を持つ岩倉さんの「未来を担う子どもたちに、食品ロスへの意識を高める食育が欠かせない」という言葉に、2人も大きくうなずきました。

idea ニンジンやダイコンの皮も、おいしいおかずに

“もったいない”を楽しむのがコツ
「レジ袋やストローはもらわない」
「子どもとリユースやリサイクル活動」

スーパーのレジ袋やストロー、ペットボトルをはじめとした使い捨てプラスチックの削減は、世界的にも大きな動きとなっています。「マイバッグやマイボトルはサイズや素材、用途違いを複数持っていて、状況に応じて使い分けています」と清原さん。岩倉さんは「ストローだけでなくプラスチックのフタも不要と断る、繰り返し使えるシリコン製のラップを利用するなど、こまめなエコを心がけています」。水野さんは、「2歳の子どもは、ストローがないと飲み物が飲めないと思っていたんですが、最近ストローなしで飲むのが楽しいみたい。子どもの成長も感じるし、環境にも優しいのがうれしい」とニッコリ。

レジ袋は、いりません。ポスター

かさばらず、クルッと小さくまるめられるマイボトルに注目

何度もリユースできるシリコンカップはお弁当作りに重宝

さらに「ペットボトルのキャップは子どもの学校まで持っていきリサイクルするなど、一見ゴミのように見えるものでもゴミとして捨てるべきかよく考える習慣をつけることは、子どもにとっても重要。だから私自身、“もったいない”を楽しむようにしているの。新しいエコアイテム発見!とか、家族でリサイクルショップへ行ったり…」(清原さん)。「マイバッグ持参やプラスチックパックのリサイクルでポイントや割引サービスがあるスーパーも。家計に優しいイコール地球に優しい暮らし。プラスチック製品は便利だし、生活必需品でもあるから、使うときは使う。でも使った後どうするかを考えています」(水野さん)。「家族や友人など、まわりの人も一体となって無理せずできることから行動するのが大事ですね」(岩倉さん)。

“もったいない”座談会で
感じたコトは?

  • お金のムダ遣いをしないのと一緒で、食べ物やモノのムダ遣いをしないことが大切

    水野理沙さん(30歳)

    水野理沙さん(30歳)

  • 私たち一人ひとりの行動が未来へとつながるからこそ、考えたいわ

    清原みずかさん(40歳)

    清原みずかさん(40歳)

  • こんなにたくさんの“もったいない”があるとは…地球に優しい選択が重要ね

    岩倉美幸さん(55歳)

    岩倉美幸さん(55歳)

今すぐ始めよう!
私たちにできるコト

  • 食べ物の作りすぎを控えよう
  • きちんとゴミを分別しよう
  • マイバッグやマイ箸を持ち歩こう
  • ストローなどワンウェイプラスチックの使用を控えよう

日本でも重要な問題に!

  • 食品ロス量
  • ……
  • 年間約646万トン

家庭と企業から出る廃棄物の合計。毎日、国民1人あたり茶碗1杯分のご飯を廃棄しているのと同じ量にあたります

出典:食品廃棄物等の利用状況等(平成27年度推計)

  • プラスチック容器包装の
    ゴミが占める割合(容積比)
  • ……
  • 43%

商品の包装やレジ袋といった容器包装のゴミはかさばるので、家庭ゴミの4割以上を占めています

出典:容器包装廃棄物の使用・排出実態調査の概要(平成29年度)

“もったいない”に関する知識
あなたはどのくらい知っている?

検定はコチラから

問い合わせ

東京都環境局
TEL:03-5388-3577
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/index.html