1. 東京トップ
  2. あなまち東京
  3. 最優秀賞レポート
  4. 【あなまち東京 6月最優秀賞】odamari841さんの「広尾 はしづめ」に決定!

【あなまち東京 6月最優秀賞】odamari841さんの「広尾 はしづめ」に決定!

美しい5種類の選べる麺で至福のランチタイム

 

カラフルで美しい麺で、記念すべき「あなまち東京」初回グランプリを獲得したのは「広尾 はしづめ」。
そこで今回、編集部員が実際に取材にお邪魔してきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広尾にオープンして約5年、すでに名店として人気を集めている四川料理店です。ランチタイムには麺料理を、夜は本格四川料理が味わえます。老舗製麺会社の経営で、ヌードルアーティスト 2代目橋爪利幸さんによって作られるプレミアムな麺は毎日5種類。
この日の麺は「牛蒡」「モロヘイヤ」「トマト」「コラーゲン」「山椒」でしたが、その顔触れは、旬やトレンドを取り入れ定期的に変わります。そして、なんといっても心惹かれるのは、“麺線の美しさ”にこだわって作られたという麺の色合いや佇まい。どの麺も中に練りこむ食材の味や食感に合わせて、粉や水分など材料の配合から麺の形状まですべて異なっているのだそう。匠の技が存分に生かされた美しい仕上がりに圧倒されます。

 

ランチタイムには、その日の5種類の麺からひとつ選び、「粗挽き肉みその担々麺」「鶏肉の酸辣湯麺」「タイ風の冷やし麺」など5種類のメニューと組み合わせてオーダーする仕組みです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑今回はつるつるの食感の平麺「コラーゲン」と「ローストビーフをのせたタイ風の冷やし麺」(1600円)の組み合わせ。ライムをしぼり、トムヤムペーストを少しずつ加えていただくと、心も体もしゃっきり目覚めるようなおいしさ! 「タイ風の冷やし麺」は7/31(月)~8/10(木)に登場します

 

その日の麺と調理方法はどれをチョイスしても合うように考慮されていますが、迷った時はおすすめの組み合わせを聞いてみても。麺だけでなくメニューも定期的に入れ変わるので、いつ訪れても違うメニューに出合える新鮮さも魅力! 常連さんが多いというのも納得です。四川料理の名店出身のシェフが目指すのは、“じんわりとしたやさしい辛み”。化学調味料を使わず、良質の油や砂糖など食材にこだわった、やわらかな辛さの四川料理は食べてほっとするおいしさです。辛みが苦手な人には調節もできるので、オーダー時に相談を。

 

現在、残念ながらランチタイムは予約不可。13時以降の来店がおすすめです。また、新店舗の「原宿 はしづめ」でも同様の形式で麺料理が味わえるので、そちらを訪れてみても。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑「忙しい中、時間を割いて訪れてくださるお客さまに「おいしい」「来てよかった」と思ってもらえるような心安らぐお店作りを心がけています。暑いこの時期には、ピリ辛で元気になれる食が進むメニューも用意していますので、ぜひ“はしづめの麺料理”を味わいにおいでください」と総統括支配人 柳本真理子さん

 

店舗情報
「広尾 はしづめ」
港区南麻布5-16-10、カルチェブラン広尾2階
TEL 03-6277-2183
11:30~14:30LO、18:00~22:00LO
日曜、祝日定休 ※ランチの予約不可

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

【その他の受賞作品はこちら!】
優秀賞 yuzumit777さん投稿「ドゥ マゴ パリ」

ドゥマゴパリ

リビング東京賞 chizuchamaさん投稿「人形町ぱちぱち」

人形町ぱちぱち

 

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. あなまち東京
  3. 最優秀賞レポート
  4. 【あなまち東京 6月最優秀賞】odamari841さんの「広尾 はしづめ」に決定!
電子ブックを読む
現在東京エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更