1. 東京トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム, 公園・動物園
  4. 【洗足池】咸臨丸の大航海をCGで再現!勝海舟記念館がオープン
記事検索

【洗足池】咸臨丸の大航海をCGで再現!勝海舟記念館がオープン

特派員No. 644
アクアマリンさん

幕末維新 時代が求めた至誠の人・勝海舟の一生にせまる

2019年9月7日(土)勝海舟ゆかりの地・洗足池の畔にある国登録有形文化財・旧清明文庫を活用し全国初となる、大田区立勝海舟記念館がオープンしました。海舟が残した幕末維新に関連する貴重な古文書や、愛用の品々などを展示し、海舟の一生と、その想いを伝える記念館です。

takei katsukaisyu kinennkann_100

旧清明文庫 勝海舟記念館

勝海舟(かつかいしゅう)(幕臣、通称:麟太郎(りんたろう)、安房守、安房 実名:義邦1823-1899)。慶応4年(1868)、新政府軍の西郷隆盛(さいごうたかもり)と会談し、江戸無血開城を成し遂げました。幕末維新の激動の時代、日本の針路に大きな影響を与えた維新の立役者の一人です。

江戸無血開城の直前、勝は、千束を経由して池上本門寺に陣を構えていた西郷との会談に臨んでいます。その時立ち寄った洗足池の風景を大変気に入り、明治時代後期、洗足池の畔に別荘「洗足軒(現・大森第六中学校の地)」を構えました。

takei katsukaisyu kinennkann_101kaisyushashin

1階展示室入口 海舟肖像写真 勝海舟記念館

海舟ブレイン 一刀両断、海舟の人物を見抜く眼力の凄さ

1階展示室の海舟ブレイン。丸い壁に囲まれたスクリーンに映し出される海舟の言葉の海。中央の地球儀に触れて、画面に浮かぶ言葉に合わせると、声が流れ、同時代の人々について語った海舟自身の言葉が浮かび上がります。坂本龍馬(さかもとりょうま)、佐久間象山(さくましょうざん)、島津斉彬(しまづなりあきら)、西郷隆盛、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)、徳川家茂(とくがわいえもち)などなど。

会場を訪れた家族連れや高齢者の方など様々な年代の方が楽しそうに地球儀に触れていました。

海舟は、初対面でも一瞬で、だいたい、人物を見抜いた、と言われる見識と眼力の持ち主。父親・小吉ゆずりの人情味も加味した深いけれど江戸っ子らしい洒脱な人物評が印象的です。

禅と剣術の修行で鍛えた胆力もずば抜けていた海舟。坂本龍馬が千葉重太郎と海舟を斬りに来たときは、地球儀を見ながら背中を見せて世界情勢を説き、相手の気を削いだと言われています。この時、坂本龍馬は海舟に弟子入りしています。

takei katsukaisyu kinennkann_102kaisyuBrain

海舟ブレイン 勝海舟記念館

海舟クロニクル 丸い壁にぐるりと描かれた幕末明治の海舟の足跡

海舟ブレインの丸い壁の外側には、幕末維新の歴史と海舟の一生が絵と海舟の言葉を交えて分かり易く描かれています。年表のまわりの展示ケースには、海舟自筆の古文書や、貴重な歴史的資料が展示されていて、海舟の足跡をたどることができます。

「勝ハ千両箱」。徳川慶喜の勝海舟を評した言葉が残っています。慶喜にとって勝海舟は、新政府軍との交渉で最後の切札であったことがわかる言葉です。

海舟は、晩年に至るまで徳川家、徳川慶喜の名誉回復と幕臣たちの生活を気にかけていたと言われています。海舟の人情味ある人柄が偲ばれます。

takei katsukaisyu kinennkann_103tenji01

1階 海舟関連資料と丸い壁の年表 勝海舟記念館

takei katsukaisyu kinennkann_104tenji_bunsyo

1階 海舟存寄書草案 勝海舟自筆 勝海舟記念館

takei katsukaisyu kinennkann_108tenji_kaishukamishimo

1階 海舟所用の肩衣・長袴 勝海舟記念館

「時の部屋」咸臨丸太平洋を渡る 迫力の大航海CG

安政7年(1860)、幕府は日米修好通商条約批准書交換のため、遣米使節を派遣することに。本船ポーハタン号の別船として咸臨丸(かんりんまる)も派遣されます。2月9日、軍艦奉行・木村喜毅(きむらよしたけ)と艦長格として勝海舟、11名のアメリカ人を含む107名の乗組員で浦賀港を出港。同年3月17日サンフランシスコ港入港を果たします。

「時の部屋」のミニシアターでは、CG映像で咸臨丸の太平洋航海を体験できます。三方を囲む壁に、荒波に大きく揺れながら大海原を行く咸臨丸が映し出され、それに合わせて海舟の航海日誌が語られます。大きくうねり飛沫をあげる波の映像と音が迫力満点。実際に海の中を一緒に航海しているように感じさせてくれます。

海舟のたぐいまれな先見性と高い見識は、咸臨丸艦長としてアメリカへ渡った経験がもとになっているのかもしれません。

takei katsukaisyu kinennkann_105tenji_kanrinmaru

1階 時の部屋 咸臨丸太平洋航海CG 勝海舟記念館

takei katsukaisyu kinennkann_106tenji_kaishugaku

1階 佐久間象山の書額「海舟書屋」と肖像写真 勝海舟記念館

新発見 型破りな父・小吉(夢酔)の手紙

今回、新たに発見された父親・小吉の手紙が展示されています。海舟の父・勝小吉(かつこきち)(夢酔)は、型破りな人物で、座敷牢に入れられていた時に海舟が生まれたそうですが、人情に厚い面もあったとか。海舟は、この手紙をずっと大切に保管していたそうです。

維新後、伯爵の爵位を与えられた海舟でしたが、嫡子小鹿に先立たれ、慶喜十男・精(くわし)を養嗣子として迎え、爵位と勝家を「徳川氏に奉還したい」と願ったとか。それを聞いた慶喜は号泣したと言われています。

優れた見識と胆力で、坂本龍馬や西郷隆盛ら維新の大物たちと時代を作った勝海舟。負けた側の人間にも情(なさけ)をかける人情味厚い面は、心の中にいつも父・小吉の面影があったからかもしれません。

ネオ・ゴシック様式の外観が美しい国登録有形文化財・旧清明文庫

大田区立勝海舟記念館としてオープンした旧清明文庫の建物。国登録有形文化財として、貴重な建築様式が残ります。正面玄関の上に高く垂直にそびえる4本の柱は「ネオ・ゴシック」建築の特徴とされています。

takei katsukaisyu kinennkann_01

旧清明文庫 正面玄関の柱 勝海舟記念館

寄り添うように建てられている近代的な建物の入口を入ると、建物内に旧清明文庫の壁がそのまま続いています。壁には補修した跡がありますが、出来る限り元の色に合わせたとのこと。

takei katsukaisyu kinennkann_02mado

旧清明文庫 外壁(1階建物内) 勝海舟記念館

窓や内装には「アール・デコ」様式の幾何学的意匠が随所に見られます。2階の大講堂の正面演壇の装飾や、南階段の手すりも同様式の装飾で美しく仕上げられていて、華やかさを感じさせます。

takei katsukaisyu kinennkann_03koudou

旧清明文庫 2階大講堂 勝海舟記念館

takei katsukaisyu kinennkann_04kaidan

旧清明文庫 南階段 勝海舟記念館

生前愛した洗足池畔に建つ海舟夫妻墓所 近くには「南洲留魂詩碑」も

勝海舟は、明治32年(1899)1月19日77歳でこの世を去りますが、生前より洗足池の地に葬られる遺志を表していたと言われています。幕末維新の激動の時代を駆け抜けた海舟でしたが、その墓は洗足池畔に妻・民とともに静かに眠っています。

takei katsukaisyu kinennkann_05husaihaka

海舟夫妻墓所 洗足池畔

すぐ近くには、西郷隆盛(南洲)を悼み、明治12年、海舟が南葛飾郡木下川に建立した石碑が移設されています。表には西郷の作詩が、裏には海舟の西郷への述懐が刻まれています。

江戸城無血開城へと導いた勝海舟と西郷隆盛。維新後、新政府軍との西南戦争で没した西郷隆盛。西南戦争の後、海舟は西郷の名誉回復に努めています。同じ敷地に「南洲海舟両雄詠嘆之碑」が昭和12年有志により建立されています。

風光明媚な洗足池湖畔に佇む大田区立勝海舟記念館と海舟夫妻墓所。歴史ファンにも、またご家族連れにもとても魅力的な場所です。是非、お出かけください。

takei katsukaisyu kinennkann_06senzokuike

大田区洗足池公園

撮影:K.TAKEI (記念館1階展示室を除く)

〇大田区立勝海舟記念館
URL:https://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/hakubutsukan/katsu_kinenkan/kinenkan/index.html
住所:〒145-0063 東京都大田区南千束二丁目3番1号
お問合せ:03-6425-7608
交通: 東急池上線「洗足池」駅下車徒歩6分、東急バス「洗足池」徒歩6分
開館時間:午前10時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日
入場料:一般300円、小中学生100円、団体(20名以上)2割引(240円、80円)
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその付添の方1名が無料です。
※高齢者(65歳以上)2割引(240円)入館の際は年齢の分かるものの提示をお願いします。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 644 アクアマリン
美術館めぐりと声楽が趣味です。古今和歌集などのいにしえの歌人の歌や、歴史に関わる古文を原文で読みたくて書道を始めました。写真を撮るのも好きで、季節の花が咲く公園や、旅先で一眼レフは欠かせません。出かけた先で気になるお店を見つけたときは必ずチェックしてます。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム, 公園・動物園
  4. 【洗足池】咸臨丸の大航海をCGで再現!勝海舟記念館がオープン

特派員メンバー

  • 純ここ
    特派員No.337純ここ
    毎日笑顔にあふれ~幸せに感謝して!!
  • ビート
    特派員No.340ビート
    営業経験を活かして取材します!
  • ufumeg
    特派員No.341ufumeg
    おいしいもの、変わったものが大好きです
  • うえっち
    特派員No.342うえっち
    強く楽しく美しい体験をレポート
  • よこも
    特派員No.033よこも
    英語と新しいものが大好きな2児のママ
  • パンダ特派員
    特派員No.034パンダ特派員
  • yumyum
    特派員No.035yumyum
    お散歩大好き!
  • きりとび
    特派員No.210きりとび
  • yoko
    特派員No.283yoko
    イベント大好き!
  • ま-ちん
    特派員No.424ま-ちん
    お酒が好き、特にオヤジの集まる所が好き!
  • エドポッパー
    特派員No.428エドポッパー
    都内名所、イベント、などなど
  • frankie
    特派員No.429frankie
    美味しいコーヒーが飲みたいな
  • 世田子
    特派員No.503世田子
    街歩きと自然が大好き!
  • ローズウッド
    特派員No.504ローズウッド
    世田谷線沿線のお店開拓中です
  • あをによし
    特派員No.505あをによし
    スイーツやエスニックが大好き!
  • ぽのりん
    特派員No.508ぽのりん
    一人で楽しむ体験イベントご紹介
  • chaory
    特派員No.510chaory
    新宿エリアはおまかせ!期間限定、イベント、コスパ良いものが好きです♪
  • 紅子
    特派員No.511紅子
    紅茶、チョコレート、レモンタルト、コップのフチ子が好き♪
  • アクアマリン
    特派員No.644アクアマリン
    ボタニカルライフ楽しんでます!
  • マーブル
    特派員No.645マーブル
    美味しく楽しく暮らしたい!
  • 東京かとちゃん
    特派員No.646東京かとちゃん
    池袋エリアは、私におまかせ!!
  • a.a
    特派員No.647a.a
    季節に沿ったことが大好きです。
  • ふぃぐ
    特派員No.649ふぃぐ
    方向音痴だけど、気ままにてくてく♪
  • MIYUKI
    特派員No.650MIYUKI
    東京穴場スポット情報発信中!
  • bon
    特派員No.652bon
    人生を思いきり楽しみます!
  • yotsu
    特派員No.653yotsu
    城東エリアの魅力を探ります!
  • パクチーすまいる
    特派員No.817パクチーすまいる
    ハーブたっぷり♪タイ料理が大好き
  • しまんだ
    特派員No.818しまんだ
    子供とお出かけ先を探しています
  • キム姉
    特派員No.819キム姉
    食べることが大好きです!
  • DECO
    特派員No.820DECO
    笑顔になれる情報をお届けしたいです!
  • よーこ1106
    特派員No.821よーこ1106
    下町の可愛いお店を沢山紹介したいです
  • マウ
    特派員No.874マウ
    ナチュラル、インド、パン、アウトレット、にアンテナピーンです