1. 東京トップ
  2. 知って得する!東京都の高校受験情報
  3. 【私立高校入試まであと2週間!】今からあと30点上げるための方法

【私立高校入試まであと2週間!】今からあと30点上げるための方法

  • 2018/01/25 UP!

私立高校入試まであと2週間!
今からあと30点上げるための方法

入試の得点を上げるために、いまからできる最も効率的なことは、受験校の過去問のやりこみです。各科目の入試で「どんな問題がどんな順序で出題されているか」を頭に入れておきましょう。

■入試は時間との戦い! 過去問から出題傾向を把握、時間配分を考えよう

入試は制限時間との戦いです。「あと少し時間があればもう1問解けた」ということは、よくあることです。時間を有効に使うために、時間をかけずに解けるのはどの問題で、後回しにすべき難問がどれなのかは過去問を見直せばわかります。実際の試験時間と同じ時間で過去問を解いてみてください。解きやすい問題から解けばよく、最初の問題から順番通りに解く必要はありません。出題傾向を把握し、各問題に使う時間配分の目安をつけておきましょう。

時間が足りなくて解き切れない場合は、あえて解かない問題も目ぼしをつけておきます。すべての問題を解こうと焦るあまり、落ち着いて取り組めば正解できるはずの問題でミスをしてしまっては、かえって得点が下がります。時間をかけても解けなさそうな問題には手を出さず、そのぶんの時間を使って基本的な問題を解いたり、解いた問題を見直したりしてケアレスミスを防ぐ方が、得点が上がります。

■過去問を解くことで、ケアレスミスをしやすい問題にも気付ける

また、過去問を解くことで、どのような問題でどのようなケアレスミスをしやすいのかを把握することができます。1科目1問ずつケアレスミスを防ぐことができれば、合計15点アップ、2問ずつ防げば30点の得点アップです。設問の意図を正確に読み取り、求められた条件に従って答えを記入するよう、問題文中のキーワードには線を引くなどのケアレスミス防止策を講じて臨んでください。

各科目、各問題の出題傾向と出題順序、解くための時間の目安、解く問題の取捨選択、自分のケアレスミスの傾向とその防止策、これらを入試過去問を解きながらチェックし、どう解き進めるかをシミュレートしておきましょう。

 

ユーザープロフィール

西村創さん
筆者/ 西村 創
(教育系Webサイト「School Post」編集長/受験指導講師/ライター)
学生時代からさまざまなタイプの学習塾で講師経験を積む。大学卒業後、大手進学塾に入社。生徒の授業アンケートで全講師中1位に輝く。大手予備校へ転職後、シンガポールへ赴任。その後、初の20代校長として香港に赴任。「やる気」を引き出す指導法で生徒の成績が向上。赴任初年度にして校舎史上最高の合格実績を出す。受験指導歴20年以上、国内外において指導した生徒は2000人を超える。現在は難関都立高校進学教室「河合塾Wings」の教室長として教室の運営、授業を担当するほか、講師の指導研修、保護者セミナーなどを行う。教育系Webサイト「School Post」編集長、教育書や参考書の執筆、講演の仕事にも携わる。テレビ・新聞・雑誌などのメディア掲載多数。
記事一覧へ

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. 知って得する!東京都の高校受験情報
  3. 【私立高校入試まであと2週間!】今からあと30点上げるための方法


会員登録・変更