1. 東京トップ
  2. お買い物
  3. 趣味・雑貨・スポーツ
  4. 【日本橋】三井記念美術館 日本の素朴絵 ゆるい、かわいい、たのしい美術
記事検索

【日本橋】三井記念美術館 日本の素朴絵 ゆるい、かわいい、たのしい美術

特派員No. 644
アクアマリンさん

ゆるやかなタッチ おおらかに描かれた不思議な味わい 「素朴絵」の魅力  Soboku-e: Japanese Innocent Paintings through the Ages

日本橋の三井記念美術館で9月1日(日)まで開催されていた特別展「日本の素朴絵-ゆるい、かわいい、たのしい美術-」。会場内の展示は、狩野派や琳派の絵画展とはなにやら違う雰囲気でした…。

展示されたのは、人物も建物もゆる~いふにゃふにゃした曲線で描かれた絵や、自由奔放でおおらかな天然の造形。さっぱりとした明快な線で描かれた洗練された絵。そして尾形光琳の《竹虎図》の虎のようなまるまるした「かわいい」表現など、日本絵画の新しい楽しみ方ができる展覧会です。

武井_三井記念美_日本の素朴絵ポスター画像0520

特別展「ゆるい、かわいい、たのしい美術 日本の素朴絵」ご案内(三井記念美術館)

※本展は終了しました。

会場で最初に出迎えてくれたのは「はにわ」。獲物でしょうか捕まえたばかりの猪を小脇にかかえて得意げな狩人の姿。「どうだ!」と言わんばかりの眼もと口もとのニッと笑ったような表情。猪の姿もぬいぐるみのようなカワイイ姿です。

※本展終了のため画像の掲載を終了いたします。

埴輪(猪を抱える猟師) 1個 古墳時代 個人蔵

馬の姿はある程度リアルに表現されていますが、人物は頭が身体に対して大き過ぎるようです。馬と人物の背の高さも不思議な釣り合いを見せる《木造 神馬・口取人形》です。

※本展終了のため画像の掲載を終了いたします。

木造 神馬・口取人形 1組 鎌倉時代・13世紀 御上神社蔵

日本最古の絵巻物に見られる素朴絵

日本には昔から「絵巻物」と呼ばれる絵と文字を組み合わせて物語の世界を味わう豊かな文化がありました。奈良時代の《過去現在絵因果経》はその最古のものとして位置づけられるそうです。

絵の下半分に経文を墨書し、上半分に経文の内容、お釈迦様の前世の善因が今世に善果となって表れる姿を描いています。仏教の「過去世、現世」「善因善果」の教えを分かり易く衆生に伝えるために、難しい漢文のお経を、やさしい絵解きで伝えようとしたのでしょうか。木や山の風景、人物の描き方に素朴な味わいがあります。

※本展終了のため画像の掲載を終了いたします。

絵因果経断簡 1幅 奈良時代・8世紀 MIHO MUSEUM蔵

素朴表現のピーク《かるかや》

室町時代「御伽草子」と言われる愛らしい絵を伴った物語小説が発展しました。「素朴絵」も室町時代にピークを迎えます。特に日本民藝館所蔵《つきしま絵巻》、サントリー美術館所蔵《かるかや》は素朴表現の極みと言われ代表作とされています。

館内のイヤホンガイドでは、展示されている作品についての解説と、物語のあらすじを聞くことができます。《かるかや》の一場面、主人公親子を迎えに現れた如来や菩薩から蓮の花がスーッと伸びているという不思議な描写です。

※本展終了のため画像の掲載を終了いたします。

絵入本「かるかや」 2帖 室町時代・16世紀 サントリー美術館蔵

お伊勢参りをバーチャル体験 《伊勢参詣曼荼羅》

江戸時代、一生に一度は伊勢参りが大流行したそうです。伊勢神宮の外宮と内宮が描かれた参詣曼荼羅。室町後期から江戸初期にかけて、聖(ひじり)や比丘尼による勧進活動の絵解きのツールとして描かれたとのこと。

伊勢内宮へ続く道中やまわりの風景が全体的に素朴な趣で描かれています。人物も、ちまちまとかわいらしく素朴な感じです。聖や比丘尼の巧みな話術による勧進と参詣曼荼羅で、庶民はお伊勢参りに行った気分を味わい、参詣への憧れを益々強く描いたのではないでしょうか。

※本展終了のため画像の掲載を終了いたします。

伊勢参詣曼荼羅 2幅 江戸時代・17世紀 三井文庫蔵

旅のお土産だった大津絵

東海道最後の宿駅大津で売られていたという大津絵。旅人が土産として購入したと言われています。「鬼の念仏」の絵と言えば目にしたことがあるかもしれません。

大津絵は、17世紀に「阿弥陀来迎図」「十三仏」のような仏画が描かれ始め、その後「藤娘」などの世俗的な絵も加わりました。コストを下げるための合羽刷りや、木版が素朴な味わいを生んでいます。

《外法の梯子剃り》の外法とは福禄寿の異名。大黒と一緒に描かれることが多く、これは福禄寿の長い頭に梯子をかけて頭髪を剃ってあげているというなんとも不思議で滑稽味のある絵です。福(大黒)と長寿(福禄寿)が揃って幸福という庶民の願いには現代の私たちも共感できます。

庶民が気軽に購入できたアート・大津絵。江戸時代を通じて続いた産業というのも驚きです。

※本展終了のため画像の掲載を終了いたします。

大津絵 外法の梯子剃り 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵

本当は恐ろしい地獄絵図の定番「十王図」

地獄絵図と言えば、照魔の鏡で死者の魂の生前の思いと行いを裁く閻魔大王の厳しい姿、赤々とした炎が焼き尽くす火焔地獄、恐ろしい地獄の獄卒の責め苦に苦しむ亡者の姿が描かれることが多く、一度見たら「もう二度と悪いことはしません。」と思うくらいの迫力です。

本展出品の「十王図」は恐ろしい場面は描かれていますが、さっぱりとした線で描写された十王や獄卒は怖さをあまり感じません。責め苦を受けている亡者も無表情です。素朴な描写ですが、本当は痛いのに痛くない・・・麻酔がかかったような印象を受けます。でも麻酔から覚めれば七転八倒の地獄の苦しみ・・・。

※本展終了のため画像の掲載を終了いたします。

十王図屏風 8曲1隻 江戸時代・17世紀 日本民藝館蔵

禅画、茶人、文人、旦那衆 知識人の素朴絵

江戸時代中期、禅の僧侶や茶人、商家の旦那衆や文人が描いたものが登場することにより、より豊かな表現を増してゆきます。それ以前の素朴絵は描き手が素朴であることをほとんど意識していませんでした。江戸時代半ばに登場する知識人の素朴絵は、描き手が素朴であることを自覚していた点でそれ以前とは大きく性格が異なっていきます。

茶の湯の宗匠・表千家7代如心斎が描いた禅画。髪も髭も、ぼうぼうに伸びて、子供のようにいたずらっぽい目でこちらを見ている鬼の絵です。左側に書かれたのは禅語によく使われた「なんぞ、いかに」などを意味する言葉。この鬼はいかに来たって、いかに去ってゆくのか。

※本展終了のため画像の掲載を終了いたします。

鬼図 如心斎(表千家7代)筆 1幅 江戸時代・18世紀 三井記念美術館蔵

白隠禅師の大黒天図。ふっくらとした頬、大きな鼻。満面の笑みを浮かべた福の神。大らかでゆるやかな筆致の大黒天図。白隠禅師が八十歳の頃よく描いたそうです。大黒天の周りには、神主やお坊さんの袈裟衣を着た鼠が一緒にいて、正月の祝いをしているところだとか。大黒天も楽しそうにしている絵本の世界のような絵です。

※本展終了のため画像の掲載を終了いたします。

大黒天図 白隠慧鶴筆 1幅 江戸時代・18世紀 個人蔵

まるまるモフモフ 光琳の虎図

大名御殿の襖絵に描かれる虎はもっとリアルで猛々しく、訪問者を威圧するような描写が多いですが、尾形光琳《竹虎図》の虎は、まるまるとふっくらしてモフモフです。

竹の描写とともに洗練された光琳の独創性が光る作品です。

※本展終了のため画像の掲載を終了いたします。

竹虎図 尾形光琳筆 1幅 江戸時代・18世紀 京都国立博物館蔵

新聞小説の挿絵のような奥之細道図

俳人与謝蕪村の奥の細道に描かれた絵。文と文の合間に描かれた奥の細道の一場面は、新聞小説の挿絵のようです。

淡い色合いと薄い墨でサラッと描かれた旅の一場面。画面の余白は、あるときは前へ進む道であり、流れる川、旅の空のようにも見えます。素朴で淡白な描写の中にも、人物描写の確かさが余白を効果的に見せています。

芭蕉が提唱した「軽み」の精神にも通ずる自由で力の抜けた親しみのある筆致です。

※本展終了のため画像の掲載を終了いたします。

重文 奥之細道図 巻上 与謝蕪村筆  2巻の内1巻 江戸時代 安永7年(1778)  京都国立博物館蔵

三井記念美術館 三井家ゆかりの美術品約4000点を所蔵

三井記念美術館は、多数の日本・東洋の優れた美術品を収蔵している三井文庫別館が、三井家及び三井グループに縁の深い日本橋に移転して、平成17年10月に開設した美術館です。

武井_三井記念美_建物

三井記念美術館 三井本館7F

武井_三井記念美_入口階段上jpg

三井記念美術館 入口

三井グループで知られる三井家は、家祖 三井高利(1622~94)が伊勢松坂から息子達に指示を出し、延宝元年(1673)に江戸本町に「越後屋」を開店したことに始まります。

三井家は三井高利の子ども達の時代に、惣領家北家、新町家、室町家、南家など11家とされました。特に享保から元文年間の時期は、茶道具を主とする名物道具の収集が盛んでした。

三井記念美術館は、北家、新町家、室町家、南家、三井家の親戚である鷹司家からの寄贈を受けた美術品約4000点を所蔵しています。(三井記念美術館ホームページより)

和カフェ MUSEUM CAFE

美術鑑賞のあとはMUSEUM CAFÉでランチやスイーツはいかがでしょう。

メニューは、季節の御膳、麺類、甘味、抹茶セット(季節の上生菓子)など。落ち着いた店内でくつろいだひとときを過ごせます。

今回は季節に合わせて涼し気な「ECO EDO 日本橋 金魚スイーツさんぽ企画メニュー 金魚フルーツゼリー」がお目見えでした。別添えのアマレットサイダーをかけていただきます。さっぱりした甘さで見た目もとても綺麗。

http://www.mitsui-museum.jp/floorguide/museum_cafe.html

武井_三井記念美_カフェ

ECO EDO 日本橋 金魚スイーツさんぽ企画メニュー
金魚フルーツゼリー¥601円(税抜)

※現在ご提供のメニューについてはこちら↓

http://www.mitsui-museum.jp/floorguide/museum_cafe.html

武井_三井記念美_カフェ

営業時間 美術館の開館日に合わせて営業(MUSEUM CAFÉ 三井記念美術館)

ミュージアムショップ

開催中の展覧会の図録や、関連グッズが並びます。「日本の素朴絵」の図録は「ゆるい、かわいい、たのしい」内容でした。

※現在ご案内のグッズ類についてはこちら↓

http://www.mitsui-museum.jp/floorguide/museum_shop.html

武井_三井記念美_ショップ

ミュージアムショップ(三井記念美術館)

○三井記念美術館 Mitsui Memorial Museum
URL:http://www.mitsui-museum.jp/index.html
住所 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
交通 東京メトロ銀座線「三越前」駅A7出口徒歩1分/東京メトロ半蔵門線「三越前」駅徒歩3分A7出口へ/東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅B9出口徒歩4分
メトロリンク日本橋(無料巡回バス)乗降所「三井記念美術館」徒歩1分
URL:http://www.mitsui-museum.jp/guide/map.html
お問合せ ハローダイヤル:03-5777-8600
※三井記念美術館の入口は日本橋三井タワー1階アトリウムです。
※当館には専用駐車場はございません。

○特別展「日本の素朴絵 ―ゆるい、かわいい、たのしい美術―」
Soboku-e: Japanese Innocent Paintings through the Ages
URL:http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html
期間 2019年7月6日(土)− 9月1日(日)
※本展は終了いたしました。
開館時間 10時-17時(入館は16時30分まで)
ナイトミュージアム 会期中毎週金曜日は19時まで開館(入館は18時30分まで)
休館日 月曜日(但し、7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)
主催 三井記念美術館、NHK、NHKプロモーション
監修 矢島 新(跡見学園女子大学教授)
入館料 一般1,300(1,100)円/大学・高校生800(700)円/中学生以下無料
※ 70歳以上の方は1,000円(要証明)。また、20名様以上の団体の方は( )内割引料金となります。
※ 親子割引:会期中、親子で来館された場合、乳児を除く中学生以下のこども1名につき、保護者1名の
一般入館料(1,300 円)を700 円にいたします(中学生の方は生徒手帳呈示。他の割引との併用不可)。
※ リピーター割引:会期中一般券、学生券の半券のご提示で、2回目以降は団体料金となります。
※ 障害者手帳をご呈示いただいたお客様、およびその介護者(1名)は無料です。
ナイトミュージアム割引:会期中毎週金曜日17時以降のご入館で一般1,000円、大学・高校生500円となります。
◎ 東京駅周辺美術館特別企画「学生無料ウィーク」:7月20日(土)~7月31日(水)の開館日、学生の方は無料です(要証明)。
会場 三井記念美術館Mitsui Memorial Museum
※音声ガイドでわかりやすく解説いたします。(貸出料500円/1台)

○イベント
・土曜講座 7月20日(土)14時−15時30 分
「日本の素朴絵 ~ゆるカワ日本美術史~」
URL:http://www.mitsui-museum.jp/event/lecture.html
講 師:矢島 新 氏(跡見学園女子大学教授)
会 場:三井記念美術館 レクチャールーム
定 員:50名  聴講料:2,000円(無料観覧券1枚付)
※現在ご案内のイベントはこちら↓
http://www.mitsui-museum.jp/event/lecture.html

○巡回予定
龍谷大学 龍谷ミュージアム(京都)  2019年9月21日(土)−11月17日(日)

○次回展覧会
特別展 茶の湯の名椀「高麗茶碗」
URL: http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index2.html
期間 2019年9月14日(土)−12月1日(日)
入館料 一般1,300(1,100)円/大学・高校生800(700)円/中学生以下無料
※ 70歳以上の方は1,000円(要証明)。また、20名様以上の団体の方は( )内割引料金となります。
※ リピーター割引:会期中一般券、学生券の半券のご提示で、2回目以降は団体料金となります。
※ 障害者手帳をご呈示いただいたお客様、およびその介護者(1名)は無料です。
休館日 月曜日、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)
※但し、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・振休)は開館

 

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 644 アクアマリン
美術館めぐりと声楽が趣味です。古今和歌集などのいにしえの歌人の歌や、歴史に関わる古文を原文で読みたくて書道を始めました。写真を撮るのも好きで、季節の花が咲く公園や、旅先で一眼レフは欠かせません。出かけた先で気になるお店を見つけたときは必ずチェックしてます。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. お買い物
  3. 趣味・雑貨・スポーツ
  4. 【日本橋】三井記念美術館 日本の素朴絵 ゆるい、かわいい、たのしい美術

特派員メンバー

  • 純ここ
    特派員No.337純ここ
    毎日笑顔にあふれ~幸せに感謝して!!
  • ビート
    特派員No.340ビート
    営業経験を活かして取材します!
  • ufumeg
    特派員No.341ufumeg
    おいしいもの、変わったものが大好きです
  • うえっち
    特派員No.342うえっち
    強く楽しく美しい体験をレポート
  • よこも
    特派員No.033よこも
    英語と新しいものが大好きな2児のママ
  • パンダ特派員
    特派員No.034パンダ特派員
  • yumyum
    特派員No.035yumyum
    お散歩大好き!
  • きりとび
    特派員No.210きりとび
  • yoko
    特派員No.283yoko
    イベント大好き!
  • ま-ちん
    特派員No.424ま-ちん
    お酒が好き、特にオヤジの集まる所が好き!
  • エドポッパー
    特派員No.428エドポッパー
    都内名所、イベント、などなど
  • frankie
    特派員No.429frankie
    美味しいコーヒーが飲みたいな
  • 世田子
    特派員No.503世田子
    街歩きと自然が大好き!
  • ローズウッド
    特派員No.504ローズウッド
    世田谷線沿線のお店開拓中です
  • あをによし
    特派員No.505あをによし
    スイーツやエスニックが大好き!
  • ぽのりん
    特派員No.508ぽのりん
    一人で楽しむ体験イベントご紹介
  • chaory
    特派員No.510chaory
    新宿エリアはおまかせ!期間限定、イベント、コスパ良いものが好きです♪
  • 紅子
    特派員No.511紅子
    紅茶、チョコレート、レモンタルト、コップのフチ子が好き♪
  • アクアマリン
    特派員No.644アクアマリン
    ボタニカルライフ楽しんでます!
  • マーブル
    特派員No.645マーブル
    美味しく楽しく暮らしたい!
  • 東京かとちゃん
    特派員No.646東京かとちゃん
    池袋エリアは、私におまかせ!!
  • a.a
    特派員No.647a.a
    季節に沿ったことが大好きです。
  • ふぃぐ
    特派員No.649ふぃぐ
    方向音痴だけど、気ままにてくてく♪
  • MIYUKI
    特派員No.650MIYUKI
    東京穴場スポット情報発信中!
  • bon
    特派員No.652bon
    人生を思いきり楽しみます!
  • yotsu
    特派員No.653yotsu
    城東エリアの魅力を探ります!
  • パクチーすまいる
    特派員No.817パクチーすまいる
    ハーブたっぷり♪タイ料理が大好き
  • しまんだ
    特派員No.818しまんだ
    子供とお出かけ先を探しています
  • キム姉
    特派員No.819キム姉
    食べることが大好きです!
  • DECO
    特派員No.820DECO
    笑顔になれる情報をお届けしたいです!
  • よーこ1106
    特派員No.821よーこ1106
    下町の可愛いお店を沢山紹介したいです
  • マウ
    特派員No.874マウ
    ナチュラル、インド、パン、アウトレット、にアンテナピーンです