1. 東京トップ
  2. 地域特派員レポート/地元ブロガー
  3. 下町でおいしいフランス料理のお店発見!(Canailleカナイユ)
記事検索

下町でおいしいフランス料理のお店発見!(Canailleカナイユ)

特派員No. -
地域特派員(東京)さん
  • 2012/10/25 UP!

 

 

下町でおいしいフランス料理のお店発見!(Canailleカナイユ)

リビング地域特派員No.026 ラベンダー

 

浅草には、老舗日本料理店もたくさんありますが、

今回は、おいしいものには目がない下町っこが大満足の

フランス料理店を紹介します。

 

フランス料理といえば、ゴージャスで高級そうなイメージなので

敷居がちょっと高いですよね。

でも、ここCanaille(カナイユ)さんでは、

フランス人が普段食べている料理を、気軽にガッツリ食べられると聞いて、

行ってみることにしました。

一皿の量が多く、複数名でシェアすると

いろいろな料理が楽しめるようなので、

今回は、中学生の娘と一緒にディナーで利用してみました。

カジュアルなカフェっぽい外観で、店のガラスにメニュー表があります。

定番のア・ラ・カルトメニューが並びますが、

コースやセットメニューはないようです。

フランス料理は、結婚式の披露宴でのフルコースや、

ランチのコースしか食べたことのない私たちですが、

大丈夫でしょうか・・・?

 

店内は、4人テーブル2卓 と2人テーブル3卓の合計14席で

こじんまりとしたシンプルな感じです。

開店の夕方6時に行ったので、私たちだけの貸切り状態でした。

・・・よけいに緊張します。

 

店内のメニューです。

 ハウスワインは、Rouge (赤)2種 Blanc(白)2種  Mousseux(スパークリング)1種の計5種

 

ボードには、定番のメニューが並びますが、

何をどのぐらい頼めばいいのか、見当もつきません。

 

「がっつり食べようとお腹をすかせてきたのですが、

お料理はどうやって選べばいいでしょうか?」

と、 店員さんに相談してみると、

「女性お二人なら、全部で3~4皿ぐらいを目安に

選んでみてはいかがでしょうか?

前菜には冷たいものと温かいものがありますので、

それぞれ選んでみますか?

量が多いので、半分にもできますよ。

今日のメニューの中から一番食べたいものを決めて

それを中心に料理を組み立ててみませんか?」

とのアドバイスをいただきました。

 

オーダーが入ってから、シェフが一人で作り始めるそうなので、

最初に全部オーダーした方がいいようです。

 

「食べたい」というより、気になるメニューがあったので聞いてみることにしました。

ブーダン・ブランとブーダン・ノワールです。

ブーダンはソーセージで、ブラン(blanc)が〝白〟に対し、

ノワール(noir)は〝黒〟という意味ですから

白ソーセージと黒ソーセージということでしょうか?

「ブーダン・ノワールは、豚の血と背脂をベースに作っていて、肉は使わないんですよ」とのこと。

肉を使わないソーセージ?!

フランス料理では定番のようですが、恥ずかしながら、知りませんでした。

まずは、温かい前菜としてこちらをチョイス。

「ブーダン・ノワール」を中心にメニューを組み立てることにしました。

 

今回のオーダーは、以下の通りです。

・パテ・ド・カンパーニュ(半分の量にして)

・豚耳サラダ

・ブーダン・ノワール

・えぞ鹿の赤ワイン煮

 

ようやくメニューが決まり、

その際に、店員さんともいろいろお話しできたので、

お店に入った時の緊張感がとれてきました。

リラックスして食事も楽しめそうです。

 

アミューズは、「生ハムのクリームチーズ巻き」です。

まずは、スパークリングワインで乾杯!

娘は、もちろん、ノンアルコールのスパークリングワインです。

奥がノンアルコールのスパークワイン。ほんのり色づいています。

 

娘は、初めてのシャンパングラスにとても嬉しそうです。

母娘でこういった場所に行くのもいいものですね。

 

冷たい前菜はすぐにサーブされました。

粒マスタードとピクルスが添えてある「パテ・ド・カンパーニュ」

 

「パテ・ド・カンパーニュ」は、ハーフにしてもらいましたが、

それでもこのボリュームです。

しっかりと挽いた豚肉と背脂をつかったパテは、

なめらかでクセがなく食べやすい味でした。

仕込みに2日をかけ、湯せんにして低温のオーブンでゆっくりと時間をかけて焼きあげるそうで、

旨みが逃げず、しっとりと柔らかいパテでした。

「保存料を使っていないので、切った断面が次第に変色してきますが、

気になさらなくても大丈夫ですよ。」と言われましたが、

あまりのおいしさに、あっという間に食べきってしまいました。

 

つづいては、お待ちかねの「ブーダン・ノワール」。

マッシュポテトと柿のコンフィ添え。

 

「ブーダン・ノワール」は、ソーセージ状のものとテリーヌ状のものから選べます。

先ほどパテを食べたので、ソーセージ状のものを勧められました。

ちょっとボソボソした感じですが、

レバーのような鉄系の味とクローブの香りがたまりません。

付け合わせには、りんごのコンフィが定番のようですが、

柿のコンフィもさっぱりとしておいしかったです。

 

前菜は2品と思っていたのですが、

どうしても、「豚耳のサラダ」が食べたくてチョイスしてしまいました。

豚耳といえば、沖縄料理のミミガーを思い出しますよね。

軟骨のコリコリとした独特の食感を、フランスの人も楽しんでいるのかしらと

ちょっと興味があります。

片耳をそのままの形で焼き上げた料理。

 

ゆでて千切りにされた豚の耳を想像していたのですが・・・。

サラダというよりは、メインにしてもいいいようなボリュームです。

「味に変化が欲しくなったら、レモンを絞ってみてください。」と言われました。

大きな耳がそのままの形で1枚.

味は濃かったのですが、外側がカリカリに焼かれていて、

大盛りのサラダと茹でたジャガイモがたっぷり添えられていました。

 

ボードのメニューにはなかったのですが、パンを注文しました。

近所のパン屋さんが焼いたバケットで、温かくふわふわしていました。

かなり厚切りです。

 

ここで、メニューにスープがなかったことに、ようやく気づきました。

「スープとしてはメニューに入れていませんが、

 魚料理をスープ仕立てにすることもできますよ」とのこと。

本格的な料理とワインを楽しむお店なので、スープはないのかな?

 

いよいよ、メインの「エゾシカの赤ワイン煮込み」です。

アスパラとマッシュポテト添え

 

ここで、ナイフとフォークが変わりました。

「先がとても切れやすいのでお気を付けください」とのこと。

 使ってみると、包丁とかわらない切れ味です。

押しながら切る感じではないので、肉汁を押し出すことなく、肉が簡単に切れました。

後からいらした常連さんらしきお客さんが教えてくれたのですが、

このナイフは、ラギオールのナイフだそうです。

こういったことにこだわりを持つお店って、いいですね。

エゾジカは、高タンパクで低カロリー、鉄分豊富で、

余分な脂肪がなく、引き締まった赤肉です。

味付けがしっかりしていたので、赤ワインが欲しくなり、

グラスワインでフランス産のものを頼んでみました。

獣の臭みもなく、ラム肉よりも食べやすかったのですが、

独特の味と食感は、娘には今一つといった感じでした。

 

最初のオーダーはここまででしたが、

「本日のデセール」が気になり、内容を聞いてみたところ

「栗のパイ包み アイスクリームのせ チョコレートとあんのソースがけ」だったので、

メイン料理があまり食べられなかった娘の分だけ注文しました。

 

こちらのお店では、メニューが毎日変わります。

シェフが、その日に触りたいと思う食材で食べたい料理を作るのだそうです。

作る過程で手間を惜しまず、基本に忠実に料理しているのがわかります。

 

店側が用意したコース料理ではなく、

自分で食べたいものを1つずつチョイスする楽しさを初めて体験しました。

気軽に店員さんに聞いてみたり、

常連さんのメニューの選び方を参考にしながら、

自分の食べたいものを「選ぶ」ことから、食事は始まるんですね!

メニューにはないものでも、

「クリーミーなパスタが食べたい」

「シェフが作ったオムレツを食べたい」

羊はまだなの?」など

食べたいものをリクエストすることもできるようです。

フランス料理が身近に感じられて、

ちょっと自分の世界を広げることができる素敵なお店でした。

※肉にも旬があります。羊は、夏の間、草原の草を食べてので、秋から冬にかけてが一番おいしいようです。

 

 

[Canailleカナイユ 施設情報]

●住所: 東京都台東区寿3-19-2シュロス浅草1F

●電話番号: 03-5830-3886

●最寄駅: 銀座線田原町駅 徒歩5分

●営業時間: ランチ12:00~売切れまで 。予約不可。         

         ディナー18:00~21:00(L.O.)。予約不要。ただし、席数が少ないため、予約したほうが確実。

●予算: ランチ セットメニュー(前菜、サラダ、パン、コーヒー、メイン)1500円。予告なしの変更あり。 

      ディナー 一人6000~7000円

                ・・・今回のディナーは、テーブルチャージ(アミューズ)込で一人5000円強でした。

●定休日: 不定休

 

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. 地域特派員レポート/地元ブロガー
  3. 下町でおいしいフランス料理のお店発見!(Canailleカナイユ)

特派員メンバー

  • りり子
    特派員No.335りり子
    都心部の素敵な情報を発信していきたい
  • 純ここ
    特派員No.337純ここ
    毎日笑顔にあふれ~幸せに感謝して!!
  • ビート
    特派員No.340ビート
    営業経験を活かして取材します!
  • ufumeg
    特派員No.341ufumeg
    おいしいもの、変わったものが大好きです
  • うえっち
    特派員No.342うえっち
    強く楽しく美しい体験をレポート
  • よこも
    特派員No.033よこも
    英語と新しいものが大好きな2児のママ
  • パンダ特派員
    特派員No.034パンダ特派員
  • yumyum
    特派員No.035yumyum
    お散歩大好き!
  • きりとび
    特派員No.210きりとび
  • yoko
    特派員No.283yoko
    イベント大好き!
  • ま-ちん
    特派員No.424ま-ちん
    お酒が好き、特にオヤジの集まる所が好き!
  • エドポッパー
    特派員No.428エドポッパー
    都内名所、イベント、などなど
  • frankie
    特派員No.429frankie
    美味しいコーヒーが飲みたいな
  • Nokko
    特派員No.501Nokko
    美味しい物を食べることが好きです??
  • esperanza
    特派員No.502esperanza
    育児真っ最中
  • 世田子
    特派員No.503世田子
    街歩きと自然が大好き!
  • ローズウッド
    特派員No.504ローズウッド
    世田谷線沿線のお店開拓中です
  • あをによし
    特派員No.505あをによし
    スイーツやエスニックが大好き!
  • ぽのりん
    特派員No.508ぽのりん
    一人で楽しむ体験イベントご紹介
  • chaory
    特派員No.510chaory
    新宿エリアはおまかせ!期間限定、イベント、コスパ良いものが好きです♪
  • 紅子
    特派員No.511紅子
    紅茶、チョコレート、レモンタルト、コップのフチ子が好き♪
  • みやび
    特派員No.642みやび
    世田谷、渋谷地域は、お任せください!
  • りぼん7
    特派員No.643りぼん7
    美味しくてお得なものを探します!
  • アクアマリン
    特派員No.644アクアマリン
    ボタニカルライフ楽しんでます!
  • マーブル
    特派員No.645マーブル
    美味しく楽しく暮らしたい!
  • 東京かとちゃん
    特派員No.646東京かとちゃん
    池袋エリアは、私におまかせ!!
  • a.a
    特派員No.647a.a
    季節に沿ったことが大好きです。
  • あーぼう
    特派員No.648あーぼう
    下町で、リーズナブル美味しいお店、他にはないお店など紹介しますので…
  • ふぃぐ
    特派員No.649ふぃぐ
    方向音痴だけど、気ままにてくてく♪
  • MIYUKI
    特派員No.650MIYUKI
    東京穴場スポット情報発信中!
  • はぴはぴ39
    特派員No.651はぴはぴ39
    日本の伝統文化が大好きです
  • bon
    特派員No.652bon
    人生を思いきり楽しみます!
  • yotsu
    特派員No.653yotsu
    城東エリアの魅力を探ります!