1. 東京トップ
  2. ランチの神様 ハワイへ飛ぶ
  3. ランチの神様
  4. ◆ローカルタウンに佇むビアパブ in ハワイ◆

カテゴリー

プロフィール

  • 大沢陽子

    大沢陽子

    商社で会長秘書、道路交通情報センター勤務を経て、フリーランスアナウンサー& ライターとして活動。そろそろ次のステージへ!と念願のハワイへ引っ越す。シンプルに暮らしを楽しむローカルの生活に触れて以来、“シンプルライフで心豊かに” をテーマにハワイ生活満喫中。

最新記事

最新コメント

埼玉ブロガーズバックナンバー

◆ローカルタウンに佇むビアパブ in ハワイ◆

2018/9/13

Aloha! 陽子です^^。

先週末は晴れたのですが、またまた新たなトロピカルストームがやってきていて、今日は1日雨が降ったり止んだり。時々強い風も吹いていました。

明日は私の幼なじみがハワイに来るので、本当に晴れてほしい!と何度も天気予報をチェックしているのですが、ハワイの天気予報は基本的に当たりません 地形的にもエリアによって天気が全然違うからなのかもしれませんが、1日に晴れマークと雲と雨マークが全部書いてあったりしますから。

天気がイマイチでも、美味しいお酒とつまみとおしゃべりで過ごすのも一つ。今回は友人をぜひ連れて行きたいビアパブをご紹介します。

場所は、かつて日系人が多く住んでいたカイムキタウン。今は、昔ながらのお弁当屋さんから、地産地消レストラン、クリエイティブな料理が食べられる洗練されたおしゃれなレストランなどが集まるグルメタウンとなっています。

 

そんな中で、最近のお気に入りが

『Brew’d Craft Pub』

br-1

メイン通りとなるワイアラエ通り沿いに佇むビアパブで、こじんまりしたところがなんとも良い雰囲気を醸し出しているんです。

 

店内は、カウンター席とテーブル席があり、テレビモニターもあって、フットボールシーズンはスポーツバーとしても盛り上がりそう。

でも一番心踊るのは、25種類のクラフトビールと、100種類を超えるボトルビール。ハワイで醸造されたビールも数多くそろうので、メニューとにらめっこしながら選んでみるのも楽しいですよ(急ぐ必要はありません!)。

 

 

左が Makakilo Brown Brown Ale($8.00)、

右はChirashi Session Hazy IPA($9.00)

br-2

左はホノルルで醸造されたブラウンエール。マイルドな口当たりのミディアムボディ。右もハワイで作られたビールで、ニューイングランドスタイルのIPAなんだそう。フルーティーで軽くて飲みやすいビールでした。

 

ビールに合わせるフードもセンスが光るメニューばかり。地元の食材を多く使った料理がそろっているんです。

 

ローステッド・ビーツサラダ($11)

br-3

地元のグリーンに、エアルームチェリートマト、ハワイ産キュウリ、マカデミアナッツ、キヌアとブルーチーズに、レモンビネガーがかかった、完成度の高いサラダ。

 

 

ビアバタードフィッシュ&チップス($12)

br-4

フィッシュ&チップスは店によって見た目も味も違う料理の一つ。このお店はアメリカンドックのようにふっくらした衣の中にハワイ沖で獲れた白身魚が入っていてホックホク。タルタルソースとモルトビネガーをつけて食べればビールにぴったり!

 

 

ビール2杯とつまみ2皿で十分満足!
br-5

ちょっと夕方に一杯だけ飲んで帰るのもよし。夜遅くまで営業しているので食事の後に立ち寄るのもよし。知っていると便利なビアパブで、ロコたちは上手に利用しています。ダラダラと飲まずにサラッと楽しむのがロコ流の過ごし方。フラッと立ち寄ってみるのもよいかもしれません♪

ちなみに、午後4時から6時のハッピーアワーに行けば、ビールは1ドルオフですよ!

 

 

『Brew’d Craft Pub』

住所 3441 Waialae Avenue A, Honolulu
TEL 808- 732-2337
営業時間 4:00pm〜2:00am
(ハッピーアワー 4:00pm〜6:00pm)
定休日 日曜
http://brewdcraftpub.com/index.html



人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. ランチの神様 ハワイへ飛ぶ
  3. ランチの神様
  4. ◆ローカルタウンに佇むビアパブ in ハワイ◆


会員登録・変更