1. 東京トップ
  2. ランチの神様 ハワイへ飛ぶ
  3. ランチの神様
  4. ◆ホリデーシーズンに堪能する外さないイタリアン in ワイキキ◆

カテゴリー

プロフィール

  • 大沢陽子

    大沢陽子

    商社で会長秘書、道路交通情報センター勤務を経て、フリーランスアナウンサー& ライターとして活動。そろそろ次のステージへ!と念願のハワイへ引っ越す。シンプルに暮らしを楽しむローカルの生活に触れて以来、“シンプルライフで心豊かに” をテーマにハワイ生活満喫中。

最新記事

最新コメント

埼玉ブロガーズバックナンバー

◆ホリデーシーズンに堪能する外さないイタリアン in ワイキキ◆

2019/11/28

Aloha! 陽子です^^。

先日、トンボ帰りで日本へ行きました。最高気温が10度、翌日は19度という気温差に戸惑い、あまりに進化を遂げている渋谷の街にも戸惑い、いろいろな刺激を受けてハワイに戻ってきました。いくつかのレストランにも行き、おいしい料理も堪能しました。ハワイの友人たちは口を揃えて「日本はハワイと比べ物にならないくらいレストランのレベルが高い」と言います。でも、ハワイに戻り、ランチをしたイタリアンレストランでは、日本に負けていないレベルを確信。何を隠そう、ここのエグゼクティブシェフはイタリアで修業を積んだ日本人です!

今回はワイキキの人気イタリアンレストランのランチコースをご紹介します。

ハワイはホリデーシーズン真っ只中。明日28日はサンクスギビングデー。この時期のハワイ旅行ではちょっと豪華においしい食事をするのがオススメです。

 

イチ押しのレストランが

『タオルミーナ・シチリアン・キュイジーヌ』

 

三村シェフの抜群のセンスと腕前がキラリと光る名店。日本から著名人をはじめ、多くの旅行者が訪れ、その味に感動してはリピーターとなるイタリアンレストランです。

シックな空間が広がるテーブル席のほか、カジュアルで明るい雰囲気のテラス席があります。

ランチのイチ押しは、この店の味をさまざまな角度から味わえるプリフィクスコース。

 

前菜、パスタ、メインディッシュ、デザートのコースで46ドル。かなりリーズナブルです。

 

まずは、アンティパスト

カンパチのカルパッチョをチョイス

to-1

ハワイ島コナ沖のカンパチを洋梨の冷製ソース、ハワイ産のオゴ(海藻)とともにいただきます。新鮮なカンパチは程よい弾力がありつつやわらかく、自家製ソースとオゴの酸味と相まって完璧な味わいを演出。この時点で感動が押し寄せてきます

 

 

イカ墨パスタ

to-2

Frutti di mare(海の幸)と名付けられたこのパスタ。イカ墨を練りこんだパスタにプリプリのエビ、身が大きなアサリ、トマト、ガーリックを、シンプルにオリーブオイルで味付けしてあるのですが、この上ないほど豪華な味わいなんです。「バランスが命」という三村シェフによる絶妙なバランスが作る絶品料理。この他、カニのパスタなどのチョイスがあります。

 

 

メインディッシュの魚料理

to-3

その日にとれた新鮮なハワイの魚を使った料理。白身魚を香ばしく焼き上げ、オレガノソースで。グリルした野菜も味が濃くて味わい深かった! ちなみに肉料理はフィレミニヨン(プラス8ドル)。

 

シーズナルパンナコッタ

to-5

ベリー系のパンナコッタはフルーツの甘みと酸味が程よく、はち切れそうなお腹にスッとおさまってしまったデザート。

 

前菜からデザートまで計算され尽くしたセットメニューに、「恐れ入りました」と言いたくなるほど完成度の高い料理。ハワイ産の食材をクリエイティブに使いつつも、素材の味をストレートに感じさせるクオリティーは、ハワイで食べておきたい味。ちなみにこの日は偶然芸能人にも遭遇。舌が肥えているであろう方たちも、やはり常連さんなのですね

 

 

『タオルミーナ・シチリアン・キュイジーヌ』

住所 227 Lewers St, Honolulu
TEL 808-926-5050
営業時間 11:00am〜10:00pm、金・土〜11:00pm
定休日 なし
http://taorminarestaurant.com/jp/



人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. ランチの神様 ハワイへ飛ぶ
  3. ランチの神様
  4. ◆ホリデーシーズンに堪能する外さないイタリアン in ワイキキ◆
電子ブックを読む
現在東京エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年12月13日号

電子ブックを読む



会員登録・変更