1. 東京トップ
  2. ランチの神様 ハワイへ飛ぶ
  3. アロハなイベント
  4. ◆今年も盛り上がったホノルルマラソン2019◆

カテゴリー

プロフィール

  • 大沢陽子

    大沢陽子

    商社で会長秘書、道路交通情報センター勤務を経て、フリーランスアナウンサー& ライターとして活動。そろそろ次のステージへ!と念願のハワイへ引っ越す。シンプルに暮らしを楽しむローカルの生活に触れて以来、“シンプルライフで心豊かに” をテーマにハワイ生活満喫中。

最新記事

最新コメント

埼玉ブロガーズバックナンバー

◆今年も盛り上がったホノルルマラソン2019◆

2019/12/12

Aloha! 陽子です^^。

ハワイの12月の風物詩といえば「JALホノルルマラソン」。今年は大学時代の友人が初フルマラソンに挑戦すると言い、我が家にステイ。友人と共にどっぷりホノマラに浸かった週末でした。

その友人は練習の成果もあり、5時間03秒でゴール。道端の応援に感動し、フィニッシュできたという達成感を味わい、「来年も出る!」 と言って帰国していきました。今回は、いつもと違うハワイを体験できるホノルルマラソンをご紹介します!

 

まず、盛り上がりのスタートは、

大会前日まで行われる『ホノルルマラソン EXPO』

hm-01

出場する人はハワイコンベンションセンターに

ゼッケンをピックアップに行きます

hm-02

入り口を入ると・・・

hm-03

シューズやウエア、栄養ドリンクや湿布、

携帯バッグなどなど、

ランナーに魅力的な商品販売ブースやサービスが並んでいます

hm-05

ここでは、自分の目標タイムを書いて

それを掲げて記念撮影をしていました

 

* * *

いよいよ当日

3万人余りがエントリーするお祭り

スタート地点のアラモアナセンター前の道路を
参加者が埋め尽くします

スタートは朝5時

hm-1

スタート地点に近く、

折り返した選手が通る6kmポイントを

陣取ってしばし眺めていました

実は…ここだけの話?!

毎年、華やかな花火が打ち上げられる中

スタートをきるのですが

今年は数分遅れて花火が打ち上がっていました。

なので

花火が鳴り始めた頃、

すでに車いすランナーのトップは

ダウンタウンを折り返して6キロ地点を通過!

hm-2

そのスピードたるや! 風のように速いんです

花火が遅れたおかげで

結果的にランナーと花火が1枚に収まって Good shot!

 

 

まもなくして、先頭集団が!

hm-3

結構なスピードでした

迫力ある!

 

 

スタートから40〜50分程すると、

ランナーたちが続々と折り返してアラモアナセンター前を

通過していきました

hm-5

ものすごい人数なので途絶えることがありません

沿道からは「頑張れ〜」と日本語も多く聞かれました

数時間後

 

カピオラニ公園の横のフィニッシュラインへ移動すると

感動のゴールは、さまざまな表情で彩られていました

hm-6

今年の優勝者は、タイタス・エキル(ケニア)で2時間8分。コースレコードで連覇だったのだとか! 日本人の大迫傑が大健闘の6位。日本人男子では1位でした。芸能人ランナーとしてお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さんも5時間台でゴールしていました。

 

午後1時から行われた表彰式

IMG_9077

会場から拍手が送られていました

 

帰り道に

カピオラニ公園から望むダイヤモンドヘッド

hm-7

この絶景が走った後のご褒美になると思います

 

 

フルマラソンはとてつもなく長い距離ですが、ホノルルマラソンは、応援するローカルもボランティアもアロハの気持ちを持ち、ハワイが誇る景色を眺めながら走る唯一無二の大きなイベントです。「ハワイがもっと好きになった」という声も聞きます。来年はチャレンジしてみてはいかがですか?

 

 

JALホノルルマラソン
ウェブサイト:www.honolulumarathon.jp

 

 



人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. ランチの神様 ハワイへ飛ぶ
  3. アロハなイベント
  4. ◆今年も盛り上がったホノルルマラソン2019◆
電子ブックを読む
現在東京エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2020年2月14日号

電子ブックを読む



会員登録・変更