1. 東京トップ
  2. ランチの神様 ハワイへ飛ぶ
  3. ハワイを遊ぼう, ランチの神様
  4. ◆マウイ島で美味しくて幸せになった❤️とっておきの場所◆

カテゴリー

プロフィール

  • 大沢陽子

    大沢陽子

    商社で会長秘書、道路交通情報センター勤務を経て、フリーランスアナウンサー& ライターとして活動。そろそろ次のステージへ!と念願のハワイへ引っ越す。シンプルに暮らしを楽しむローカルの生活に触れて以来、“シンプルライフで心豊かに” をテーマにハワイ生活満喫中。

最新記事

最新コメント

埼玉ブロガーズバックナンバー

◆マウイ島で美味しくて幸せになった❤️とっておきの場所◆

2020/1/16

Aloha! 陽子です^^。

雨季のハワイ。お正月から雨がとても多く、降ったり止んだりとぐずついた天気が続いていました。晴れていてほしいと思いつつも、雨の恵みも大切。夏場は茶色い山も、雨の季節になると緑色になって、そんな色の変化を楽しむのもこの季節ならでは。オアフ島のシンボル、ダイヤモンドヘッドは茶色いイメージが強い山ですが、今は青々としていますよ!

さて、今回は前回に引き続き、マウイ島にフィーチャー。中でも、マウイ島でしか食べられない美味しいモノをご紹介します。

 

 

まずは、かわいらしい街並みが人気のパイア。一軒ずつの店がおしゃれで、1店舗ずつゆっくりと見て回りたくなる街です。

 

そんな中にあって、マウイに住む友人も

「めちゃくちゃ美味しいよー!」とオススメの

フラットブレッド専門店

『Flatbread Company』

mu-0-1

フラットブレッドとはその名の通り、平らなパン

店内はカジュアルです

mu-0-2

下の写真がフラットブレッドの窯。これで生地を焼きます。

mu-0-3

サラダも自慢とのことなので、

オーガニックサラダ($8.50)に

ゴートチーズをトッピング($3.00)

mu-0-4

マウイは地産地消を早くから意識していた島。今や、マウイ島産の食材を使うのは当たり前のようになっていて、この野菜もほとんど地元のもの。

 

 

パイア・ベイ・オハナ($15.25)
mu-0-5

高温で焼き上げたフラットブレッドに、自家製トマトソース、甘みのあるマウイオニオンとハーブがトッピング。シンプルだからこそ、パンとソースの味が引き立ちます。

 

パイアの街に行ったら、絶対に行くべきお店。人気店なので混んでいますが、店内がかなり広いので、待たずに入れることがほとんどのようです。

 

 

『Flatbread Company』

住所 89 Hana Hwy, Paia
TEL  808-579-8989
営業時間 11:00am9:00pm、金・土・日曜〜9:30pm
flatbreadcompany.com

 

 

*************

ハレアカラ山の中腹にある高原の街、クラ

ここにある老舗レストランが

『クラロッジ&レストラン』

mu-3-1

窓の向こうに広がる景色、見えますか? このレストランが丸ごと展望台のような特別な場所なんです。

 

木の温もりを感じる、この建物は1947年に建てられたもの

mu-3-2

標高976mの高さにある、この場所からは、マウイ島の西側半分とラナイ島が見渡せ、1年中美しいサンセットが、どの席からも見られるのだそうです。

mu-3-4

外にも席もあって、石窯が置かれ、ハワイのキアヴェという木で焼かれるピザも人気です。

 

でも、店内で食べられるメニューも素晴らしい!
mu-3-7

手前はクラ・スピナッチサラダ($14)、右奥はマウイのゴートチーズやオニオン、グリーンを使用したロッジ・キッシュ($16)、左奥はマウイのビーフを使ったクラロッジ・バーガー($18)。

ma-3-5

クラの街の名産といえばイチゴ。このサラダは欠かせません!

「景色もごちそう」

という言葉は、このレストランのためにあるのかと

思うほどの絶景を眺めながらの食事は、

忘れられない時間になるはずです!

 

『Kula Lodge & Restaurant』

15200 Haleakala Hwy, Kula
808-878-1535
営業時間
https://www.kulalodge.com

 

 

*************

マウイ島のマカワオの街といえば、カウボーイタウンと呼ばれていたところ。こじんまりしたこの街は、現在はセンスあるショップが立ち並ぶ注目エリア。こだわりの雑貨屋さんや、アパレル店が、かわいらしい店構えで軒を連ねています。

 

そんな中にあって、

抜群の人気を誇るカフェが

『Sip Me』

mu-6-1

かわいらしい店の中は、いつもお客さんでいっぱい。地元の人の憩いの場でもあります。

 

フランスから仕入れているというローズシロップでほんのりピンク色をしたローズゴールドラテ($6.95)など、オリジナルのエッセンスを効かせたメニューがそろいます。
mu-6-2

ソロエスプレッソ($2.45)、チャイラテは香りも濃さも甘みも絶妙なバランス($7.40)。ヘルシーなビーガン・スーパーフードクッキー($4.25)、アボカドベーグル(&5.45)など、どれもセンスも味もシンプルながら、クオリティーが高いカフェでした。お客さんが絶えることない、地元にも、観光客にも愛されているカフェであるのを納得

 

『Sip Me』

3617 Baldwin Ave, Makawao
営業時間 6:00am〜5:00pm、日曜7:00am〜4:00pm
TEL  808-573-2340
https://www.sipmemaui.com

 

 

*************

マウイ島にある、お店の数々。いかがでしたでしょうか? マウイ島は、それぞれの街に個性があって、さらにそこにある店にもキャラクターが際立っていて、どこものんびりしている雰囲気が流れています。

ぜひ、ゆっくりマウイで美味しい瞬間を味わってみてくださいね!



人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. ランチの神様 ハワイへ飛ぶ
  3. ハワイを遊ぼう, ランチの神様
  4. ◆マウイ島で美味しくて幸せになった❤️とっておきの場所◆
電子ブックを読む
現在東京エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2020年2月14日号

電子ブックを読む



会員登録・変更