1. 東京トップ
  2. スタッフの東京コレクション

ロイヤルパークホテル「Sweets&Bakery 粋」をイキに味わう!

2018/2/16

ケセラセラ

日本橋エリアの散策がてらホテルメイドのスイーツやケーキ、パンを気軽にテイクアウトできるのが、「ロイヤルパークホテル」に今年1月オープンした「Sweets&Bakery 粋」。2/14のバレンタインデーに、そのおいしさを味わう試食会にご招待いただきました。

7170
「Sweets&Bakery 粋」外観

P1130864P1130866
“粋な街の、意気なおもてなしを”と“粋”なハッピを羽織ってご案内してくださったのは総支配人の笹井高志さん。とても明るくサービス精神旺盛なお人柄で、ショップスタッフとも仲良し!

P1130832
試食会は1階シェフズダイニング「シンフォニー」で開催。オシャレなテーブルセッティングにワクワク感が高まります
P1130838
インスタ映えしそうな艶やかで愛らしいケーキたち。「ひな祭りのケーキ」もありました
P1130850
フォトジェニックなバッグ型チョコをオンした「ラムチョコレートケーキ」は濃厚で大人の味わい。デイジーの帽子がキュートなチーズケーキ「デイジー」はレモンの風味がきいてあっさりすぎず、こってりすぎず。いくらでも食べられそう!
P1130876
ベーカー課シェフの松島哲郎さん。スイーツ一つひとつの特徴はもちろん、素材の小麦粉やチョコレートなどについても丁寧に教えてくれました
P1130848
個人的なイチ押し「チョコレートクロワッサン」(1個280円)。ふんわりサックサク、バターたっぷりのクロワッサン生地に甘さをおさえたチョコレートがイン。おやつはもちろん、朝食にもぴったりです。今年1月に登場して以来、すでにヘビーリピーターも多いそう
5292
パンも種類豊富。常連と思しき方が、レーズンブレッドや総菜パンなどを大量購入していく姿が印象的でした

同ホテルは「水天宮前」駅直結とアクセスも便利。おいしいのはもちろん、写真映えもするケーキたちに「ハッピー」をもらったバレンタインデーになりました。

ロイヤルパークホテル

https://www.rph.co.jp/

 

| コメント (0)

東京名物注目スポット

希少でおいしい高知食材を新宿で! ニュウマンFOOD FESTIVAL

2018/2/14

駒子

新宿駅直結、オシャレなショップがいっぱいの「NEWoMan(ニュウマン)」で、明日から気になるグルメイベントが開催されると聞いて行ってきました♪aikyatti
その名は NEWoMan FOOD FESTIVAL<土佐編>

都心ではなかなか味わえない、高知県(土佐)が生んだ5つの魅惑食材
極上の赤身肉「土佐あかうし」
黄身が別格「土佐ジローの卵」
柑橘類の王様「土佐文旦」
アールグレイ薫る「土佐ベルガモット」
甘みほとばしる「フルーツトマト」。
が、ニュウマンだけのオリジナルメニューに!

いずれも各ショップのシェフやパティシエが土佐まで赴き、生産地を見学し、試食し、生み出されたこだわりのメニューばかり。

ではさっそく一部をご紹介します!


まずは、和牛!
約2000頭しかいないという希少品種「土佐あかうし」は、赤味と霜降りのバランスがいいお肉と聞いて期待が高まります。
FotoJet(1)
ROSEMARY’S TOKYOの高知県産あかうしのたたき風 カルパッチョ仕立て
なんと、一皿1100円(税別)。コスパ高っ! 彩りもキレイでテーブルの上に花が咲いたよう。プライベートでもきっと、いや確実にオーダーします。
奥に写っている自家製YUZUスカッシュは、土佐ベルガモットの香りが優美で、爽やかな微炭酸のドリンクです。

read_pic6
GARDEN HOUSEの土佐あかうしのビーフカツサンド
ビーフカツは超肉厚でジューシー。食べ応えがあって、女子なら3~4人でシェアして十分かも。“内もも肉”というヘルシーな部位が使われているのも、女子にうれしいポイントです。トリュフバターの香りで、さらにハッピーな気分に。

read_pic4
SALON BUTCHER&BEERの土佐あかうしのグリル 春の香りのフリットと菜の花のピュレ
肉本来の旨みを味わえるグリル料理。もはや美味しいという言葉しか出てこない。付け合わせはビールの衣でフリットした香り高い山菜。ホクホクしてこれまた美味。一足先に春を感じられる、贅沢な一品です。


土佐といえば、まず思い浮かべるのが文旦
あたたかな日差しでゆっくり熟した大きな果実は、爽やかな香り、上品な甘さ、酸味のバランスがとれた柑橘類の王様。read_pic5

TORAYA CAFE・AN STANDのあんコッペ[土佐文旦]
土佐文旦を丸ごと煉り込んだ白あんと、老舗とらやの「こしあん」、2種類のあんペーストを挟んだ小ぶりのコッペパン。控えめで上品な甘さです。

くず湯
TORAYA CAFE・AN STANDの土佐文旦のあんペースト葛湯は、白あんと土佐文旦のやさしい甘さと香りを吉野本葛でとじ込めた葛湯。テイクアウトしましたが、30分後もほんのり温かかったですよ。


高知県民に愛される地鶏、土佐ジローの卵を使ったメニューは
read_pic3

GARDEN HOUSEのプリンアラモード
甘さ控えめな手作りプリンが本当においしくて、口いっぱいに幸せが広がります♪ フルーツたっぷりで見た目もcute。大人にちょうどいいデザートです。


希少な国産ベルガモットの香りを楽しめるメニューにも注目!
FotoJet
Lady Bearシュガーフリー・ベルガモットショコラ
低GIのアガベシロップで仕込んだ砂糖不使用チョコレートと、土佐ベルガモットが奏でる4種のボンボンショコラ。頭が冴えるようなカカオの苦みと、ベルガモットの香りやフルーツの酸味が相性抜群。大人のためのチョコレートです。

まだある魅惑のメニューは、全20種類
稀少な食材で作られた、ニュウマンだけの美味メニューが味わえるイベント。
どれも女性に嬉しいメニューばかりで、至福のひとときを堪能できますよ。


「NEWoMan FOOD FESTIVAL」
2018年2/15(木)~3/14(水)
<キャンペーン参加ショップ>※11ショップ
2Fエキナカ フルーツクチュールタカノ/Lady Bear/仙臺たんや 利久
2Fエキソト TORAYA CAFE・AN STAND/800゜DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA/JANICE WONG
2Fフードホール  tavern on S /ベーカリー&レストラン 沢村/SALON BUTCHER&BEER
4F GARDEN HOUSE
6F ROSEMARY’S TOKYO
http://newoman-foodfes.jp

期間中、ココルミネストアでは「土佐ベルガモット塩」「だしが良く出る宗田節」など選りすぐりの商品を販売。あわせてチェックを!

東京名物 注目スポット | コメント (0)

ランチ&グルメ注目スポット

ザ ストリングス 表参道「バー&グリル ダンボ」の新メニューをチェック

2018/2/10

駒子

昨秋オープンした「ザ ストリングス 表参道」には、もう行きましたか? 青山ダイヤモンドホールの跡地にできた話題のスポット。ウエディングのイメージがあるかもしれませんが、カフェやダイニング、バーのある複合施設なんです。

2階レストラン「BAR & GRILL DUMBO」の、新メニュー発表会へ行ってきました。
まずは店内の雰囲気をご覧あれ〜。
DUMBO店内
都会的でスタイリッシュな空間。インテリアがお洒落☆

実はこちら、お料理が大評判のホテル インターコンチネンタル 東京ベイ内「シェフズ ライブ キッチン」がプロデュースするダイニング。コンセプトはフレッシュ・ヘルシー・ビュティー、さらに出来たてをいただけるライブ感も魅力です。
ランチとデザートは、ブッフェ♪ ディナーはグリルやローストで調理した料理がメインのヘルシーなラインナップ。女性の心をギュッとつかみます。

では、新しいディナーメニューを一足お先にいただきます!

まず大HIT!と思ったのが、3月から新登場のコチラ
ヘルシー蒸し鶏とキヌアとソルガムのスーパーフードサラダ 柑橘ドレッシング
サラダ
スーパーフードをたっぷり使ったグルテンフリーのサラダは、まさにフレッシュ・ヘルシー・ビュティー。
フルーティーなドレッシングが爽やかで、春風を呼ぶ一皿でした。鶏肉はやわらかくて彩りのきれいな野菜も美味しい。

続いて
仔羊のハンバーグとフォアグラのロッシーニ バンズなしバーガースタイル
仔羊バーガー
シェフ自慢のスペシャリテ。通常は牛肉を使うロッシーニを、仔羊のハンバーグに替えて。
ローカロリ—な羊肉は、都内でも食べられるお店が増えましたよね。こちらはほぼ臭みがなくスパイスも効いていて、羊がニガテな方もきっと大丈夫。
フォアグラと、トリュフのソースを贅沢に重ねて、あえて「バンズなし」のバーガースタイルに。3人でシェアしましたが、十分すぎるほど食べ応えがありました。

そうそう、ここは数人でシェアするメニューが基本スタイル。その分、ホテルクオリティのお料理を気取らず、カジュアルにいただけるメリットが。写真映えもするのでSNSにアップしたくなります♪

新メニュー2つ目は
US Tボーングリル
Tボーン
ロースとフィレ、2つの部位を食べ比べできるUS Tボーン600gをダイナミックにグリル。焼く前の分厚いお肉や、カットする様子を見られる楽しみもあって、パーティーにぴったりなメニューです。
2種類あるソースは、特にソースシエンがお気に入り。さっぱりとしながら表情豊かな味わいです。

もう一品、ポークのグリルをいただきましたが、これもソースがビックリするほど美味。スパイシーなグリーンペッパーとオニオンの甘さが複雑に絡み合い、絶妙なハーモニーでした。

それもそのはず、なんと!
ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのファインダイニング「ラ・プロヴァンス」料理長を務めた今関一久シェフが、今はこちらの料理長を務めているんです。本場フランスの、数々の星付きレストランで修業を積んだ今関シェフの料理は、ホテルにいらした時から大人気。ゼッタイに訪れる価値あり!ですよ〜。

この日のデザートは
チョコレートドーム「ハート」のチェリージュビレ
デザートまあるいチョコレートドームに、温製のチェリーソースをかけると、中からハート型の木苺シャーベットとバニラアイスが登場。実際に目の前で見ると想像以上に可愛くて、キュンとします。ビターチョコと甘酸っぱいチェリー&ベリーの相性も抜群。幸せいっぱいの一品です。

食事の前にはバーで食前酒を。ロゼワインを桜のリキュールで割った「桜スパークリング」は、ほのかな香りと甘み、そして桜の花びらにうっとり。
食前酒
ウェイティングスペースはレッド&ブラックのソファがキュートで、心ときめく空間です。

パーティープランもあるので、これからの季節にぜひ利用してみて。

おまけにもう一つ。
同施設1階のカフェ&ダイニングは、並木通りに面したテラス席に注目。
ここはなんと床暖房が入っているんですよ! イスには電気で温まるブランケットもあって、寒さ対策は万全。
テラス
炎を囲めばキャンプファイヤーのように話がはずみそう。
一方、可愛いすぎるテーブル席もあって、女性に大人気です。

ハッピーな気持ちで満たされる「ザ ストリングス 表参道」は、東京にいながら非日常を味わえるますます注目のスポットです。


ザ ストリングス 表参道
バー&グリル ダンボ(BAR & GRILL DUMBO)
所 在 地 港区北青山3-6-8 2階
アクセス 表参道駅 B5出口地下通路直結
営業時間 11:00~22:00
ランチブッフェ 第1部 11:00~12:30/第2部 13:00~14:30
デザート&ライトミールブッフェ 15:00~16:30
ディナー 17:30~22:00
予約・問い合わせ 03-5778-4534
http://www.strings-hotel.jp/omotesando/restaurant/

ランチ&グルメ 注目スポット | コメント (0)

注目スポット

【日本橋】花の体験型アート展「FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲」開催

2018/1/23

クロ

1月23日(火)から日本橋三井ホールで開催の「FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲」。
そのオープン前日に開催された内覧会に行ってきました!

IMG_5141

まずは歌手のMayJ.さんが華やかな「LANVIN en Bleu(ランバンオンブルー)」のドレスで登場!
同イベントとのテーマソングとして書き下ろされた新曲「ロンド」を披露してくれました。

IMG_5215

続いてNAKED代表の村松亮太郎さんとのトークがスタート。
MayJ.さんは「月明かりの下で輝く白い百合の凛とした美しさに感動したことがあった。私も強く美しく生きたい。咲いて散ってを繰り返す花のように愛と命を次の世代に伝えたい」とこの新曲に込めた思いを語り、またイベントについても「外は雪なのにここは暖かくて、花の香りや飲み物もあって、本当の花見より楽しいかも」と感想を話してくれました。

IMG_5418

入場者を出迎える木のオブジェ「BIG BOOK」。
プロジェクションマッピングでイベントのみどころを紹介。

IMG_5362

IMG_5369

生花、オブジェの花、映像の花など、さまざまに“花”を表現。
花と舞いと音楽の輪舞曲をテーマに、ダンサーやヴァイオリン奏者によるライブとの融合も!
会場内にはさまざまな仕掛けが散りばめられていて、驚きの体験が満載です。

IMG_5410

生花や花のグッズを購入できる「花図鑑エリア」。

入場料は大人1400円。2月26日(月)まで。

■FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲
https://flowers.naked.works/2018rondo/

注目スポット | コメント (0)

ランチ&グルメ

“食の都かごしま”フェアの試食会に行ってきました♪

2017/12/22

ケセラセラ

12月20日(水)「-両国-江戸NOREN」で「第2回“食の都かごしま”フェア」の試食会が開かれる!というのでさっそく取材に行ってきました。駅直結の「-両国-江戸NOREN」は開業して1年。粋な江戸の食文化を楽しめるとあって注目のスポットです。

フェアは1月14日(日)~2月11日(日)「-両国-江戸NOREN」の7店舗と薩摩料理専門店「さつまやグループ」から4店舗が参加。鹿児島の高級食材である、黒豚、黒さつま鶏、かんぱち、3つのテーマ食材を自在に使ったオリジナル料理がいただけます。食材のおいしさはもちろん、各店が競い合って作り出す料理は醤油、味噌、黒酢、黒麹焼酎、黒糖焼酎などで味付けされた絶品の薩摩グルメ。しかも限定メニューですから、これを見逃す手はありませんよね。さっそくチェックして、スケジュール帳に予定を入れましょう。

s-s-DSCN1592

江戸の町屋を意識した吹き抜けの空間が開放的な「-両国-江戸NOREN」。土俵もあります

s-s-DSCN1545

森博幸鹿児島市長も駆けつけてご挨拶

s-門前茶屋 成る口「黒さつま鶏純米粕漬け 黒ほう葉味噌焼き」

「門前茶屋 成る口」の黒さつま鶏純米粕漬け黒ほう葉味噌焼き。黒味噌の香ばしさが鶏の旨みを引き立てます。ごはんでもお酒でもこれはいけます!

鶏はな「黒さつま鶏の唐揚げ ジャバラポテト添え」

「根津 鶏はな」の黒さつま鶏の唐揚げ ジャバラポテト添え。焼酎を使って鶏を柔らかく揚げていて美味。黒さつま鶏は旨み成分のアミノ酸が豊富で、脂のノリがよいのが特徴。弾力がありながら柔らかい食感はくせになるおいしさ!

霧島「鹿児島産 特選 黒豚ちゃんこ鍋」

「ちゃんこ霧島」の鹿児島産特選黒豚ちゃんこ鍋。こってり過ぎず、あっさり過ぎずが霧島ちゃんこの特徴だそう。たっぷりの具材から出る出汁はひと言「うまい!」。柚子胡椒がアクセントになって、野菜もたくさん食べられそう

s-かぶきまぐろ「鹿児島産かんぱちと築地魚のあつめし」

「かぶきまぐろ」の鹿児島産かんぱちと築地魚のあつめし。アツアツのごはんに漬けの魚と大根おろしなどの薬味をたっぷり。ぷりぷりのかんぱちと鹿児島の甘めのお醤油が絶妙なおいしさです。555円というスペシャルプライスもうれしい

s-やぶ久「黒豚カレー南ばん」

「日本ばし やぶ久」の黒豚カレー南ばん。「足踏み製法」で作る「やぶ久」のそばと奄美産黒糖焼酎で仕込んだ黒豚を使ったカレー南ばんは相性抜群のおいしさです

ほかにも、絶品料理がいっぱい。鹿児島グッズが当たるスタンプラリーもあるので、要チェックです。

「-両国-江戸NOREN」
アクセス:JR「両国」駅西口隣接、都営大江戸線「両国」駅A3出口徒歩7分
開館時間:10:00~23:30
定休日:1月1日・2日、施設点検日
TEL:03-6658-8033
http://www.jrtk.jp/edonoren/

ランチ&グルメ | コメント (0)

ハイアット リージェンシー 東京の コスパ最高!エナジーチャージスパ

2017/12/15

ケセラセラ

日頃、何かとせわしない時間を過ごしているせいか、スパやマッサージ巡りが大好きな私。仕事の後にちょっと足ツボでリフレッシュ、疲れが溜まってヘロヘロになったら整体系のがっつりメンテナンス、リゾートバカンスでリッチなエステメニューと、その時の気分や予算に応じて楽しんでいますが、中でもお気に入りがラグジュアリーなホテルエステ。というのも立地、雰囲気、施術内容と質の高さ、多彩なサービスなどトータルで「料金以上の満足感」が得られて、実は 〝とってもコスパがイイ〞のです。
そこで今回、「癒やしだけでなくエナジーをリチャージできる」と評判のハイアット リージェンシー 東京「スパ&ウェルネス ジュール」を取材してきました。

IMG_2127
コンテンポラリーな雰囲気が漂うスパ&ウェルネス「ジュール」。同ホテル最上階にあり眺望もバツグン
IMG_2162
新宿中央公園の緑を見下ろすロケーション
IMG_2175
案内してくれたのは同ホテルセールス&マーケティング部スタッフの近藤さん。優しい笑顔のイケメン!

スパ利用者は、室内プールやフィットネスジムも無料で利用OK。「予約時間前にお越しいただき、プールで泳いだりジムで体を動かして代謝をあげればスパメニューの効果も一層感じられますし、プールサイドでのんびりリラックスするのもオススメですよ」
IMG_2147
天井から日の光が差し込み、まるでサンルームのように明るいプール。仕事帰りに、新宿の夜景に囲まれながら泳ぐのもデキル女性っぽいかも…と想像が膨らみます
IMG_2144
プールサイドにはジャグジーバス
IMG_2140
トレーニングウエアや水着はレンタルできます(有料)

トリートメント前にカウンセリングを受けつつ、スペシャルドリンクをいただきます。オリジナルの酵素ドリンクは、野菜や果物など100種類以上かラ抽出した酵素に沖縄の黒糖などをブレンド、爽やかな甘さで濃すぎず、飲みやすい!
IMG_2167
「Koso Collections」は400年以上の歴史を持つ老舗酒蔵の蔵付き酵母菌を使用

近藤さんと別れ、いざトリートメントエリアへ。
ミストサウナを備えた温浴施設でひと汗流し、スッキリしたらガウンに着替え、あたたかな日差しが快適なパワーブースティングエリアでのんびりリラックス。ここではホテルメイドのクッキーやパウンドケーキ、ハーブティーや水などが用意されており、自由に飲食できます。
IMG_2218
温浴施設には、広々としたズィッツ・バス(腰湯)
IMG_2200
IMG_2251
あまりの心地よさに、日頃の憂さもどこへやら

パワーブースティングエリアで「このままずっとくつろいでいたい~」とまったりするうちにトリートメントの時間となり、個室へ案内されました。
まずはフットバスで足元を温めながら、今日の体調やマッサージの強さ、好みに応じたエナジーエッセンスなどをセラピストがカウンセリング。その後、全身トリートメントに入ります。
IMG_2267
IMG_2272
IMG_2276
IMG_2275

オールハンドのトリートメントは強すぎず弱すぎず、絶妙の力加減で、ガチガチにこわばっていた身体がす~っとほどけていくのが分かります。前半はとにかく疲れがリリースされ、癒やされていくうちに、ついうとうと…。ところが後半、徐々に身体全体にパワーが満ちてくるのが実感できて、なんとも不思議な感覚に。
通常だとトリートメントを受けた直後は全身が軽くなったような、それでいてだるくなるような開放感があり、ベッドから起き上がるのもやっとな状態。なのに、今回はスッと上半身が起こせたのです。
言葉ではなかなか表現しがたいのですが、「あれ、いつもと違う?体が軽いし何だか元気になったみたい!エナジーをチャージするって、こういうこと!?」というのが心と体で分かります。
IMG_2264
施術を担当してくれたセラピストの池本さん。施術後、自分ではまるで気づいていなかった体の使い方のクセなどを教えてくれて、「そんなことまでわかってしまうとは…」とビックリ!自分でできるデイリーケアについても詳しくアドバイスしてくれました

60分のトリートメントを受けた後は、再びパワーブースティングエリアへ。
トリートメント後のお楽しみ、スパミールをいただきます。
IMG_2283
シャキッとリチャージした体に優しいおいしさが染み渡り、自然と笑顔に

最後には、お気に入りパワーストーンのプレゼントも。
時間が許す限りのんびり滞在して、至れり尽くせりのサービスを満喫したい!いろいろスパ体験してきた中でも、コスパの良さとトリートメント後のパワーチャージ感がハンパない!と、すっかり虜になりました。

| コメント (0)

ピカール代官山店でオシャレなクリスマスリース作りを体験!

2017/12/11

ケセラセラ

美食の国フランスで愛されている冷凍食品専門店「ピカール」。
今回、冷凍食品特集(https://mrs.living.jp/tokyo/a_feature/article/2874390)で「ピカール代官山店」を紹介したことをきっかけに、「クリスマスリースワークショップ」のお誘いを頂き、生まれて初めてのクリスマスリース作りを体験してきました。

IMG_2518

講師は、フランス人からフラワーデザインを学び、国内外で活躍中のフラワーデザイナー・前田恭子さん。
IMG_2496
分かりやすく教えてくれました

まずは、フレッシュな香りが漂うヒムロスギをリース台にどんどん挿します。「正面からだけでなく、リースの内・外側にもたっぷり挿してくださいね」「その調子ですよ」「ここにもグリーンを足しましょう」といった優しく丁寧なアドバイスを受けながら、約10分ほどで何となく形に。
その後、シナモンやスターアニス、赤いオーナメント、前田さんがベルギーで見つけてきたふんわり華やかなゴールドのリボンで飾り付け。超初心者の私でも30分少々で「えっ、こんなに!」と驚くほどゴージャスなクリスマスリースが完成しました(少々残念な出来栄えなのは初心者なので…と言い訳)。
IMG_2499

リースが完成したら、ピカールの人気メインディッシュ、「サーモンのパイ包み焼き シャンピニョンソース」を試食。
サーモンの身が思った以上に厚く、しっかりしていて食べごたえたっぷり!パイ生地もサクサクでおいしい!見た目で盛り上がることはもちろん、1箱で6人分相当とのことなので、クリスマスや年末年始のパーティーにもってこいです。
添えられたソースは、これまたピカールで取り扱っている「7種類のキノコミックス」「エシャロット」を炒めて生クリーム・塩を加えただけ、というシンプルきわまりない、それでいて超本格派の味わい。
きのこミックス」は、パスタや肉料理など、さまざまなアレンジがききそうなので、冷凍庫に常備しておくと大活躍してくれそうです(私は無類のキノコ好き)。

IMG_2507
(ちょっと残念な)リースとおいしいサーモンのパイ包み焼き

できあがったリースを自宅のリビングに飾りつけたところ、グリーンのさわやかな香りに加え、シナモンやスターアニスからもエキゾチックな香りがふわっと広がり、なんとも幸せな気分に。

ちなみにこの体験後、私から冷凍食品の魅力を聞いた母が「気になる」というので、先日二人で「ピカール麻布十番店」へ。
電子レンジでチンすればOKの「フォンダンショコラ」や解凍するだけでOKの「マカロン」、温めるだけの「パルミジャーノ・レッジャーノとグリンアスパラガスのクリームスープ」などを買い、「今年のクリスマスはすでに準備OK」と思いきや、「まずは試食を」と食べたマカロンがおいしくて、すでにすべて胃袋へ。
もう一度買い出しに行くべきか、母ともども迷っています。
IMG_2481
見た目もキュートな冷凍食品デザートにうっとり
IMG_2485
マストアイテムの保冷用バッグも購入できます

| コメント (0)

注目スポット

超絶技巧の撮影OK! ホテル雅叙園東京「神の手●ニッポン展Ⅲ」

2017/12/8

ハチスバ

日本人ならではの手先の器用さや感性の豊かさ、とても人間技とは思えない、神の手によって創られたような高度な技術に裏打ちされた作品群の展覧会「神の手●ニッポン展Ⅲ」が、12/24(日)まで開催中。会場は、目黒のホテル雅叙園東京。文化財「百段階段」を舞台に、超絶技巧を持つアーティストたちの饗宴が堪能できます。

内覧会では「神の手」を持つアーティストの皆さまが、「神の手ポーズ」をとってくださいました。左から、シャドーボックスアーティストの大橋禾苗さん、立体切り文字アーティストの笹尾真さん、現代切絵アーティストの中村敦臣さん、組み木絵アーティストの中村道雄さん、ペットボトルアートの本間ますみさん。

kaminote

階段上り

どんな作品が待っているのかワクワクしながら文化財「百段階段」を上って行くと、最初はシャドーボックスの作品がお目見え。

シャドー

作品展がここで開かれると決まったときから、制作しようと決めていたのが源氏物語絵巻だそうです。そのほか、制作するのに途方もない時間がかかるのでは? と思ってしまう大作からクスッと微笑んでしまうカワイイ小品までいっぱい! 見ごたえたっぷりです。

次は文字を立体の芸術作品にした、まさに「かみわざ」の立体切り文字の世界。

切り文字

芥川龍之介や夏目漱石の作品が、不思議な力を秘めてせまってきます。

第1期・第2期アーティストの作品をはさんで、3つ目は現代切絵の作品。

人気ブランドのバッグをアートに、壁にかけられるバッグシリーズの1作品。

切り絵

ほかにも、今までの切絵では見たこともない異素材との組み合わせやテーマ、サイズ感など、密で根気のいる作業で作りあげた作品の数々にただ驚くばかり。

そして、着色せずに木が持つ色を活かして組木で絵を描く組木絵の部屋へ。

組木

東京タワーもやさしくほっこり。心癒やされる作品が並んでいます。

さらに、第1期・第2期アーティストの作品をはさんで、99段目を横目に最後のお部屋へ。

階段

ここに広がっていたのは、

ジャ~ン!

ペットボトル

ペットボトルによる立体作品の数々! 捨てられる運命のペットボトルが、ここまで美しいアートになれるとは! その発想と技術に感嘆。

開催概要
日程:2017年12月1日(金)~12月24日(日)
時間:10:00~18:00 ※最終入館17:30
場所:ホテル雅叙園東京・百段階段
入場料:当日1,500円、学生800円、小学生以下無料
交通アクセス:JR、東急、東京メトロ「目黒駅」徒歩3分
※「神の手 ● ニッポン展 Ⅲ」では、写真撮影可能。フラッシュ撮影や三脚を立てての撮影は不可

注目スポット | コメント (0)

ランチ&グルメ注目スポット

エントランスに滝が! リニューアル大変身「浅草ビューホテル」

2017/12/6

ハチスバ

1985(昭和60)年に、浅草・国際通り沿いに開業した「浅草ビューホテル」。ホテル名が示す通り、27階東側のレストランからは東京スカイツリーを眺めながら食事でき、夜景がキレイと評判です。12/1オープンの前に行われた内覧会に伺いました。

今秋、1階のロビーフロアの改装をホテル営業を3週間もお休みして断行! 待ちに待った全面リニューアルを祝して、豪華な花が並ぶエントランスを入ると…

01

除幕式を前にワクワク。幕が下りると何が登場するのでしょうか? 見る角度によって縦格子にもアーチにも見える「浅草変わり格子」をまとったファーストロビーは、伝統的でもありモダンでもあり、新しい浅草の魅力を発信する場所にぴったりのデザインに思えました。

03

ジャ~ン、幕が開くと、3段の滝がお目見え! 階段状に水の落ちる滝のことをカスケードというそうです。天井同様モダンでおしゃれ! インターナショナルなムードをかもしだし、2020年に向けての意気込みが感じられます。インバウンドのゲストにも喜ばれそうです。

04

この滝の横には、和モダンのスタイリッシュなラウンジ&バーの「THE LOUNGE」が。思わず食べた~いと思わせるスイーツがズラリ! 軽食と各種アルコールが楽しめます。

02

「THE LOUNGE」の後ろ側は、宿泊者専用のセカンドロビーになっています。

05

三社祭でかつがれる御神輿が鎮座し、本物の浅草を体感できる空間です。下町情緒をおしゃれに取り入れ、落ち着きとモダンが同居。ここに泊まって、東京見物するのは、通な感じがします~

さらに、フロントロビー横には新コンセプトのレストランもオープン。天然の遠赤外線で火を入れ、木の香りをつけてうま味を包み込んで焼き上げる「GRILL DINING 薪火」は、ブナなどの薪火を生かした料理としてステーキ、ロティサリーチキン、オリジナルのたれで漬け込んだスペアリブなどが味わえます。

06

かなり激しく燃えています! 熱い! 仕事とはいえ、シェフは大変です。

0807

薪の香りがアクセントになった肉は、外はカリッと中はジューシーで間違いないおいしさ! 焼き野菜も、ほかの調理法とは違う味わいが新鮮です。ここに来ないと楽しめない味は、家族の集まりやお祝い、記念日のイベントにもぴったりですよ~

ランチ&グルメ 注目スポット | コメント (0)

年の瀬はTCKのイルミ&ラーメンフェスに注目!

2017/12/6

ケセラセラ

日頃、競馬にはあまりなじみのない私。そもそも馬券の買い方も分からないし…。そんな中、「TCK(東京シティ競馬)でOLを対象にした競馬ビギナー向けセミナーが開催される」という情報をキャッチ。「会場では食べ放題」とあって、参加してみることに。
最初は「大井競馬場か~、遠いなぁ…」と思ったものの、有楽町駅から約20分で到着。「意外と近い!そしてイルミがキレイ」と気分も盛り上がります。

IMG_2293
ピンク、グリーン、ブルー…と変化するイルミがとても華やかでキレイ!

IMG_2299
馬が出走準備をしているパドックを横目に会場へと向かいます

セミナー会場は今年4月にリニューアルした競馬観戦型レストラン「ダイアモンドターン」。まるでホテルのようなラグジュアリーな空間に「競馬場に抱いていたイメージと違う…」とビックリ。まず、エレベーターを降りると巨大プロジェクターがお出迎え。人感センサーで映像が変わるという、こだわりぶりです。レストラン内は、ゆったりとしたつくりです。セミナーが開催されたのは金曜の夜ということもあり、会社帰りの仲間たちと思われる方々がビュッフェ料理やお酒をいただきながら、競馬観戦していました。競馬をしに来た、というより、コミュニケーションを楽しむためのアミューズメント施設にいるかのようです。

P1130358
シックな雰囲気が漂う「ダイアモンドターン」※今年度の営業は12/31(日)まで。2018年度の営業は同年4月からとなるそう

P1130351
カッコイイ馬がエントランスでお出迎え

とりP1130440
人感センサーで馬が大きくなるなど、映像による仕掛けも楽しみ

セミナーでは、馬券の種類や購入方法など、基本のキから学んだ後、ビュッフェ料理を楽しみながらレースを観戦したり、実際に馬券を購入したり。最終レースが終わるまで、アッ!という間のひとときを過ごしました。
とりみんぐP1130399

P1130425

とりP1130428
さまざまな料理が並ぶビュッフェコーナーにデザートも充実、さらにゴージャスな雰囲気たっぷりのバーカウンターも!

トリミングずみP1130374
レース観戦で盛り上がりました

「イルミもロマンチックだし、今度は友達と来ようかな」と思っていたら、さらに見逃せないニュースをゲット!
TCKでは12/25(月)~27(水)・29(金)~31(日)、毎年恒例のラーメンイベント「#ラーメンフェス2017 in TCK」を開催。今をときめく8つのラーメン店が登場、加えてラーメンと相性のいい餃子と、から揚げの名店も参加するそう。実際に販売しているメニューに加え、TCK限定のオリジナルメニューやインスタ映えするラーメンも登場予定だとか。年の瀬は、TCKでラーメン・餃子・から揚げを楽しんでみませんか。開催時間等の詳細は下記HPで確認を。
参加ラーメン店:BASSO ドリルマン/くじら食堂/鬼そば 藤谷/肉そば けいすけ/志奈そば 田なか/豚骨麺 あの小宮/鯛塩そば 灯花/麺屋 中川會
ブログ用ラーメンフェス1023ol
詳細は「#ラーメンフェス2017 in TCK」HPで。
https://www.tokyocitykeiba.com/news/38067/

| コメント (0)

  1. 東京トップ
  2. スタッフの東京コレクション


会員登録・変更