1. 東京トップ
  2. 街ニュース
  3. 父の面倒を見てきた私 相続は弟妹で1/3ずつ~後編~

父の面倒を見てきた私 相続は弟妹で1/3ずつ~後編~

Q父の面倒を見てきた私
相続は弟妹で1/3ずつ

父が亡くなり、相続人は私と弟妹の3人。数年前父を自宅に引き取り妻と面倒を見てきましたが、弟も妹も手伝いませんでした。遺言がなく1/3 ずつ相続は納得できません。(港区/Mさん)
A
前回に続き寄与分に関するご説明をします。ご相談のケースでは、①奥さまの貢献や、②扶養の精算も問題となります。 ①前回ご説明した寄与分は、遺産を増やした(または維持した)相続人に、その貢献に応じて他の相続人よりも多くの遺産を相続させ、相続人間の公平を図るものです。そのため、奥さまのように相続人でない方(お父さまの養子であれば別です)の貢献は本来対象外です。しかし、相続人の妻等の貢献を寄与分の算定に当たって考慮する審判(家庭裁判所の裁判)もあります。 ② 寄与分は「特別の」ものである必要があり、介護が扶養義務の範囲内の場合には寄与分は認められません。しかし、その場合でも、子のうちの一部のみが介護をした場合には、同じく親の扶養義務を負う他の子(即ち兄弟姉妹)に対し、兄弟姉妹の経済状況等の具体的な事情により、精算を請求できる場合があります。詳しくは弁護士にご相談ください。

弁護士・中村雅男さん
弁護士法人中村綜合法律事務所代表。15人の弁護士が所属。民事・家事相続・交通・刑事・商事・労働・行政・知財等や法律相談業務を扱う。平成25年にはほがらか信託株式会社を設立。高齢者の財産管理等の信託業務を展開

弁護士・中村雅男さん

身の回りの「困った!」を弁護士・中村雅男さんに相談してみませんか?

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. 街ニュース
  3. 父の面倒を見てきた私 相続は弟妹で1/3ずつ~後編~
電子ブックを読む
現在東京エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更