1. 東京トップ
  2. 街ニュース
  3. 隣家敷地内の糞尿の悪臭、法律で規制できる?

隣家敷地内の糞尿の悪臭、法律で規制できる?

Q隣家敷地内の糞尿の悪臭
法律で規制できる?

隣家の敷地内で、飼い猫か野良猫かは分かりませんが、猫のものらしい糞尿が放置されており、悪臭に悩まされています。法律でなんとかすることはできないでしょうか。(江東区/Wさん)
A
動物の糞尿は、軽犯罪法や自治体の条例などで規制されます(その他、悪臭防止法や廃棄物処理法などで規制される場合もあります)。これらの法令の規定は、動物の糞尿を捨てたり放置したりせず適切に処理すべきことなどを要請しています。

しかし、隣家の敷地は、隣地の所有者や賃借人が原則として自由に使用することができます。そのため、隣家の敷地内のことが法令の規制対象となるのは、例外的なことであると考えられます。先に述べた法令も、事業活動に関連しない場合は、原則として、公の場所について規制しています。

そのため、まずは隣家の人と話し合って適切な処理を求めたり、自治体に相談するなどされると良いでしょう。 ただし、隣家の糞尿による被害の程度によっては、損害賠償その他の法的請求が認められることもあります。話し合いによる解決が難しければ、弁護士に相談してみるのも良いでしょう。

弁護士・中村雅男さん
弁護士法人中村綜合法律事務所代表。15人の弁護士が所属。民事・家事相続・交通・刑事・商事・労働・行政・知財等や法律相談業務を扱う。平成25年にはほがらか信託株式会社を設立。高齢者の財産管理等の信託業務を展開

弁護士・中村雅男さん

身の回りの「困った!」を弁護士・中村雅男さんに相談してみませんか?

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. 街ニュース
  3. 隣家敷地内の糞尿の悪臭、法律で規制できる?
電子ブックを読む
現在東京エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更