1. 東京トップ
  2. “ゼロからママ”の中学受験ナビ
  3. 先輩ママの中学受験体験レポート
  4. 【帰国枠受験】中学受験ができる幸せ

【帰国枠受験】中学受験ができる幸せ

2019/5/21

小波
小波

「教育こそが、ただ一つの解決策です。」

深夜にアラーム音が鳴り響き、ハッと目を覚ましました。外を見ると、向かいの家の玄関から黒い人影が飛び出し、車に乗り込むやいなや急発進。すぐにパトカーがサイレンを鳴らしながら到着しました。黒い人影は泥棒だったようです。夫がつぶやきました。「またか…」。

私たち家族が欧州で住んでいたのは、ほどほど落ち着いた住宅街。豪邸街でもなければ貧困地区でもないのですが、約3年間の滞在中に、ご近所や知り合いが泥棒や強盗にあった話を20件以上、耳にしました。パスポートを盗まれた人、車を盗まれた人、婚約指輪を盗まれた人…。さらに、自宅から2キロ以内の場所で、殺人事件が2件起きました。

日本に帰ってくるたびに感じるのは、「ここは天国のように穏やかだ」ということ。赴任先は、先進国の首都。それでも、犯罪や貧困を身近に感じる日々でした。

KyouikuBlog_Konami 5.21

海外赴任の辞令が出たときは、「ブランドのバッグが安く買えるかも!」と喜んでいた私ですが、欧米での生活経験は私の視野を変えてくれました。十数年前の冬のある日、生まれたばかりのはかなげなわが子を抱きながら、「この子の生きる世界が平和なものでありますように」としみじみ願ったことを、海外の地で思い出しました。

娘が受験勉強の最中、女子教育の自由を訴えてタリバンに撃たれた、ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんのスピーチ文を目にしました。その中で、強いインパクトを受けた言葉があります。「Education is the only solution.(教育こそが、ただ一つの解決策です)」

日本で、自分で選んだ中学に通えるとは、なんと贅沢なことでしょう。

入試本番を迎える直前、私の気持ちがふっと軽くなりました。(結果は、もうどっちでもいいや。娘が学校に通えるだけで、有り難いことだ。)

「勉強の進め方がおかしい!」と大きな声を出して、娘を泣かせたこともありました。受験生の親としての過程は、決して褒められたものではありませんでしたが、“有り難い”という境地に至ったことは、財産だと感じます。帰国枠受験という経験を通して、娘だけでなく、私自身も少しは成長できたかな、と思っています。

私の受験ブログは、今回が最終回となります。皆さんにとって、中学受験が実りあるものでありますように。結果だけでなく、そこにたどり着くまでの経過も含めて。心からお祈りしながら、パソコンを閉じます。

小波
小波

都内の私立中学校に通う娘を持つ、ライター&主婦。 夫の海外転勤に伴い、北米とヨーロッパに約6年間、滞在し、 娘は帰国枠で入学試験に挑みました。 帰国枠受験を考える人のためになる記事を心がけます。



プロフィール

  • 小波

    小波

    都内の私立中学校に通う娘を持つ、ライター&主婦。 夫の海外転勤に伴い、北米とヨーロッパに約6年間、滞在し、 娘は帰国枠で入学試験に挑みました。 帰国枠受験を考える人のためになる記事を心がけます。

ブログメンバー

最新記事

2020年2月
MTWTFSS
« May  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 

人気記事ランキング

  1. 東京トップ
  2. “ゼロからママ”の中学受験ナビ
  3. 先輩ママの中学受験体験レポート
  4. 【帰国枠受験】中学受験ができる幸せ
電子ブックを読む
現在東京エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2020年2月14日号

電子ブックを読む



会員登録・変更