1. 横浜トップ
  2. 特集
  3. オトメの電車旅<江の島>“パワスポ”江の島で食べて運気アップ!

オトメの電車旅<江の島>

 年末年始は“パワースポット”として人気の江の島を訪れませんか。島の中心に建つ「江島神社」で良縁や仕事運を祈願した後は、地元の名物料理や開運メニューをチェック!
祈って、食べて、幸運を呼び込もう。

※この特集は姉妹紙「シティリビング(横浜版)」12/8号に掲載されたものです


20171214-otome02
潮の香りがギュッ!
「開運ドッグ」を手に島散策

20171214-otome03

 店頭のヤシの木と赤と白のギンガムチェックのテーブルクロスが目印の「Aloha Beach Cafe 江ノ島」 。ハワイアンミュージックを聴きながら、「開運ドッグ」(756円)はいかが。大葉とシラスをマヨネーズで合えた特製ソースに、“幸運を呼ぶ” 桜エビの赤とチーズやマヨネーズの金色が鮮やか。香ばしい桜エビの風味や海苔が味のアクセント。テークアウトOKなので、島散策のお供に。生クリームたっぷりの「カフェラテホイップ」(702円)も甘過ぎず人気。

Aloha Beach Cafe 江ノ島
藤沢市江の島1-6-8
TEL:0466-47-7794
http://alohabeachcafe.com/
午前10時〜午後6時。不定休


20171214-otome02
店主の笑顔に運気もアップ
心も体も温まる「江の島丼」

20171214-otome04

 地元で獲れたプリプリのサザエと新鮮な釜揚げシラスを、甘めの自家製ツユと卵で丁寧に仕上げたこだわりの「江の島丼」(みそ汁付き・1300円)は「江の島 ハルミ」が発祥の丼。「アツアツの丼ぶりで、冷えた体を温めて」とさわやかな笑顔で話すのは、同店の3代目・浜口大輝さん 。店名の「ハルミ」は、「祖母が春の海をイメージして命名しました」(浜口さん)。店頭では海鮮汁やツブ貝、ホタテ貝の串焼きを販売。食べ歩きも楽しそう。

江の島 ハルミ
藤沢市江の島2-1-12
TEL:0466-22-3629
http://enoshima-harumi.com/food/
午前10時〜午後5時。金曜定休


20171214-otome02
自然のパワーを感じながら
絶景カフェでひと休み

20171214-otome05

 島の中腹に位置する「Café Madu江の島店」。店内の大きな窓からは、キラキラ輝く相模湾と大きな青い空、生い茂る緑が一望 。絶景を愛でながら、地元のシラスを使った豊富なメニューが楽しめます。おすすめは「カリカリじゃこと半熟たまご そば粉のクレープ」(1490円・デリサラダ・スープ付き) 。天気の良い日には、木の温もりを感じるテラス席へ。自然の美しさに癒やされそう。センスの良いオリジナル雑貨はお土産にも。

Café Madu江の島店
藤沢市江の島2-6-6
TEL:0466-41-9550
https://www.hakka-group.co.jp/brands/cafemadu-enoshima/
月〜金曜=午前11時〜午後6時(LO5時)
土・日曜、祝日=午前10時〜午後7時(LO6時)。不定休

江島神社で良縁祈願!

三姉妹の女神様をまつった「江島神社」は、幸運・財宝・芸道上達だけでなく、恋愛成就などさまざまなご利益があるそう。女性のパワースポットとして注目されています。
問い合わせ TEL:0466-22-4020

20171214-otome07-1

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. 特集
  3. オトメの電車旅<江の島>“パワスポ”江の島で食べて運気アップ!

平成30年度版暮らしのガイドwith Living Eye

平成30年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更