1. 横浜トップ
  2. 特集
  3. SHUFUのスゴ技を拝見「おうち開き」で輝く私に
  • 2018/03/15 UP!

主婦ならではの目線で、暮らしを楽しく元気にする技を持つ「SHUFU-1(シュフワン)」。今回は、横浜市の自宅で教室やサロンを開いた“おうち開き”の主婦3人に、始めたきっかけやスゴ技を教えてもらいました。暮らしのヒントにして。

SHUFU-1とはサンケイリビング新聞社主催の優れた主婦ワザをたたえる「SHUFU-1グランプリ」で選出されたメンバー。スゴ技を持つメンバーの活動の様子やスゴ技は下記のURLをチェック!
https://mrs.living.jp/shufu-1

おうち開き01大崎章子

第1回SHUFU-1グランプリ。整理収納と掃除術が学べる整理収納ハウスキーピングサロン「relaxing home」を主宰。整理収納アドバイザー、宅建士、ブレットマイスター、薬膳師など多種の資格を持つ

20180315-shufu1-04

整理収納術で女性をハッピーに導きたい!

 整理収納アドバイザーの資格を取った大崎さん。その理由は、家に遊びに来たママ友に収納術をほめられ、「教えて」と言われたから。以前取ったパン講師や、薬膳師の資格も生かせるランチ付きのハウスキーピングサロンを開始。収納のノウハウを詰め込んだわが家を見て、「参考になる」と喜ぶ生徒の顔を見ると、やりがいを感じるそう。
 収納術で家を整えると、自然と家族がモノを散らかさなくなり、生活に余裕が生まれて心が豊かになることを多くの人に伝えたい。家事や子育て、仕事に忙しい女性がハッピーになれる教室であり続けたい、と言います。

20180315-shufu1-05

右/ロフトを子どもの遊び場にしています。プラレールのように場所をとる遊びはここで、と決めておけば、リビングは常にキレイに保てます
左/2階の階段下を子どもの本棚に。オープンスペースが居心地いいのか、子どもたちがここで読書をするようになりました

スゴ技紹介

今すぐ実践!
リビング収納

20180315-shufu1-07

 使いやすさを考えたリビング収納。手の届きにくい上段に、普段使わない家電のマニュアルを。2段目、4段目に来客用の大皿を。食器、書類など、ジャンルの異なるものを、ひとつの場所に収納させる柔軟なアイデアは、すぐに実践できそう。

リフォームするなら
リビングクローゼット

20180315-shufu1-08

 洗面所とリビングの間に、2畳ほどの“リビングクローゼット”を設け、リビングに衣類やカバンを持ち込まない工夫を。「生活導線に合わせて収納を作れば『片付けなさい!』と怒ることもなくなります」と大崎さん。

整理収納・ハウスキーピングサロン relaxing home 開催

 くつろぎの空間で、生活に役立つ整理収納を学びませんか?
日時 4/24(火)、5/13(日)10:30~13:30(いずれか1日を選択) 
場所 横浜市神奈川区の大崎さん宅
   (「横浜」駅からバス約5分。参加者に詳しい住所をお知らせ)
受講料 6000円(ウェルカムドリンク、ミニテキストブック、ランチ付き) 
定員 6人(先着順)・女性限定 
詳細 大崎さんのブログからhttps://ameblo.jp/serendipity7777777
※大崎さんのメールアドレス(a-housekeeping@outlook.jp)から直接申し込みもできます

おうち開き02原田奈緒

第5回SHUFU-1 準グランプリ。自宅でパン教室、料理教室「Con blio(コンブリオ)」を主宰。企業へのレシピ提供など多彩に活動

20180315-shufu1-10

“作って食べる”をもっと楽しく

 2011年パン講師の資格取得をきっかけに、パンと料理の教室を自宅でスタートさせた原田さん。口コミで集まった生徒が友人を連れてきてくれ、輪が広がりました。“活き活きと楽しく食べる”がモットー。ドイツと中国在住時に触れた食の経験を生かし、和の食材を洋風にアレンジ。簡単で見映えがする料理を中心に教えています。料理動画作成の本格始動など、これからも多方面で活動をしていきたいとのことです。

20180315-shufu1-11

「桜の花と菜の花の洋風ちらし寿司」に、中国で習った中国茶を添えて

スゴ技紹介

簡単レシピ
春ゴボウのカルボナーラ風(2人分)

20180315-shufu1-12

❶ ゴボウ(1本)を麺棒でたたき、繊維を崩して3㎝に切る。沸騰した湯(適量)に酢(大さじ1/2)を加え、ゴボウを約2 分ゆでる
❷ フライパンにオリーブオイル(大さじ1)、スライスしたニンニク(1かけ)を入れて火にかけ、香りがたったら1㎝幅に切ったベーコンを加えて中火で炒める
❸ ❶を加えて、塩、コショウ(各少々)、生クリーム(大さじ4)、粉チーズ(大さじ2)、パセリのみじん切り(大さじ1)を加えてあえる
POINT 柔らかい春ゴボウを使うと、より食べやすくできあがり

パン教室、料理教室 Con blio(コンブリオ)

場所 横浜市都筑区の原田さん宅
教室開催情報は、原田さんのブログを検索 https://ameblo.jp/naotrnao/
料理情報も満載です!

おうち開き03鈴木かおり

「SHUFU-1」3 期メンバー。「美魔女のためのネイルサロン Moani Lau」オーナー

20180315-shufu1-14

女性のキレイをネイルでサポートします

 出産後の32歳のとき、ネイルの緻密さに魅了され資格を取得した鈴木さん。手始めに知り合いが所有するマンションの一室で、育児のかたわらサロンを開始。個室できめ細かく対応できるのが楽しく、続けようと決意。自宅の一角にサロンを作り、開業しました。
 年齢を重ねても現役のネイリストでいることが夢。今後も、「キレイでいたい」と願う女性のサポートをしていきたい、と語ってくれました。

20180315-shufu1-15

種類豊富なネイルとカラーのサンプル。お客さんの要望に合わせた色を提供できるのは、カラーコーディネーターでもある鈴木さんならではの技

スゴ技紹介

自宅で簡単に!
爪の甘皮処理

20180315-shufu1-16

❶ 手は湯でふやかすか、風呂上がりの皮膚が柔らかい状態にする
❷ ハンドクリームを爪の根元に塗る
❸ 綿棒で爪の根元を優しくこすり、余分な甘皮をとる
※ お手入れは、2週間に1度を目安に

美魔女のためのネイルサロン Moani Lau(モアニラウ)

料金 ハンド7000円、フット6500円(付け替えの場合は、オフも料金に含まれます)
営業時間 月~金曜 10:00~20:00(最終受け付け18:00)、土・日曜 10:00~19:00(最終受け付け17:00) 
場所 横浜市栄区本郷台の鈴木さん宅 
予約・問い合わせ https://moanilau.jimdo.com/

人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. 特集
  3. SHUFUのスゴ技を拝見「おうち開き」で輝く私に

平成30年度版暮らしのガイドwith Living Eye

平成30年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更