1. 横浜トップ
  2. 特集
  3. オトメの電車旅<JR・鎌倉駅>ユニークな“新顔”に注目!

オトメの電車旅<JR・鎌倉駅>ユニークな“新顔”に注目!
ユニークな鎌倉の“新顔”に注目!

 年末年始、多くの参拝客でにぎわう鎌倉。バラエティーに富んだショップが数多く並ぶ人気スポットです。今年も多彩な“新顔”が仲間入りし、話題になりました。地元の人にも愛される、ユニークな3店を紹介します
※本特集は姉妹紙「シティリビング(横浜版)」12/28号の巻頭特集を採録したものです


20181227-otome03

鎌倉銘菓“クルミッ子”のカフェ
和食器に盛られたデザートも人気

 「鶴岡八幡宮」鳥居のすぐ近く「鎌倉紅谷 八幡宮前本店」 2階に、同店の鎌倉銘菓“クルミッ子”をコンセプトにしたおしゃれなカフェ「Salon de Kurumicco」がオープン。店内の大きな窓から望む鳥居や緑豊かな鎌倉の自然、クルミッ子を模した遊び心のあるインテリアに心が癒されます。人気は、美しい和食器に盛られた「デセール・クルミッ子」(918円)。クルミッ子のキャラメル、ミルクチョコレート、プラリネをベースにしたムースがサブレ生地にサンドされ新感覚デザートとして誕生。濃いめのコーヒーとの相性も抜群。ほかにも「クルミッ子・パフェ」(1080円)など多彩です。

Salon de Kurumicco

TEL:0120-36-9635
鎌倉市雪ノ下1-12-4、鎌倉紅谷八幡宮前本店2階
月~金曜、午前9時30分~午後5時(LO4時30分)。
※土・日曜、祝日は午後5時30分(LO5時)まで 年中無休
https://www.beniya-ajisai.co.jp/sdk/


20181227-otome04-1

レトロな商店街の一角で発見
クリームたっぷりのフルーツサンド

 「鎌倉」駅東口、昭和を感じさせるレトロな丸七商店街の一角にある「フツウニフルウツ」は、代官山で人気のフルーツサンド専門店の2号店。フルーツサンド用に焼かれたフワフワの食パンの間に旬のフルーツと、甘過ぎないさっぱりしたクリームがたっぷり! 「今なら『冬イチゴ』(450円)がおすすめ。こしあんとギュウヒを挟んだ和風な味わい」と店長の三上恭平さん。ほかにもバナナやキウイ、オレンジなどが入った「フツウニフルウツ」(380円)など常時6種類。「テークアウトする人も多いですよ」(三上さん)。水出しコーヒーで作る「コーヒーギュウニュウ」(400円)は濃いめの味でフルーツサンドとの相性も抜群です。

フツウニフルウツ鎌倉駅前販売所

TEL:0467-81-5022
鎌倉市小町1-3-4、丸七商店内 
午前10時~午後6時 不定休
http://www.bread-espresso.jp/shop/fruits_kamakura.html


20181227-otome05

ビールサーバーから注ぐお茶も
オシャレに楽しむ日本茶専門店

 「気軽にオシャレに日本茶の世界を楽しんで」と話すのは、「日本茶エンターテインメント」をコンセプトにした日本茶専門店「CHABAKKA TEA PARKS」のオーナー三浦健さん。「日本の伝統文化、もの作りの世界を伝え、応援したい」と、日本茶の世界に飛び込んだ三浦さん。一番茶とオーガニック栽培にこだわり、全国の農家から仕入れたお茶は常時13品種。人気は、ビールサーバーから自分で注ぐ、見た目がビールのようなドラフトティー「あさつゆ」(756円)。とろりとした、まろやかな口当りで、うま味が強く、フルーティーなのが特徴。オリジナルデザインの茶壺に入った茶葉 10 も贈答用に人気です。

CHABAKKA TEA PARKS

TEL:0467-84-7598
鎌倉市御成町11-10
午前11時~午後6時 水曜定休
https://shop.chabakkateaparks.com/


TOPICS

鎌倉のシンボル「鶴岡八幡宮」で初詣

20181227-otome06

 毎年、多くの参拝客が訪れる「鶴岡八幡宮」では、12月31日(月)~2019年1月4日(金)まで24時間参拝ができます。元日~7日(月)まで、同宮の御神印を額に押し当てることで厄除け、無病息災などを祈念する「御判行事」が行われています。鎌倉市雪ノ下2-1-31 (「鎌倉」駅東口から徒歩10分)TEL:0467-22-0315
https://www.hachimangu.or.jp/

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. 特集
  3. オトメの電車旅<JR・鎌倉駅>ユニークな“新顔”に注目!

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更