1. 横浜トップ
  2. 特集
  3. オトメの電車旅<関内・伊勢佐木長者町駅>隠れ家カフェめぐり

20180228-otome01

こだわりの一杯を求めて 隠れ家カフェめぐり

 「横浜大通り公園」の下を走る市営地下鉄ブルーラインの関内~伊勢佐木長者町エリア。平日には地元住民やオフィスワーカー、休日には親子連れなどが集う、にぎやかな街で見つけた隠れ家にしたいこだわりカフェを紹介します。
※本特集は姉妹紙「シティリビング(横浜版)」2/22号の巻頭特集を採録したものです


20180228-otome02

  関内  

アカデミックな空間でお気に入りの本をめくりながら

 吉田町の「Archiship Library & Cafe」は、建築事務所が経営しているライブラリーカフェ。手づくり人形の「北欧さん」が出迎えてくれる店内には、建築やアート関連の書籍が壁一面にディスプレイ。アカデミックな空間で、お気に入りの本をめくりながら味わう一杯は、地元関内発のコーヒー豆を使用。焼き菓子付きで500円。こだわりベーカリー作の焼き菓子はおみやげに。毎週金曜のみ10食限定で週替わりランチ700円も

●Archiship Library & Cafe
(アーキシップ ライブラリー&カフェ)

横浜市中区吉田町4-9
TEL:045-326-6611

午後1時~6時(金曜のみランチ午前11時30分~午後3時。土・日曜は正午から)。月曜休み
https://libraryandcafe.wordpress.com/


20180228-otome03

  関内  

マシン好き店主がいれる本格イタリアンコーヒー

 伊勢佐木町の路地裏。店先のVespaが目印。「カフェ emo.エスプレッソ+バイカーズ」は、バイク=マシンをこよなく愛する店主が惚れ込んだ、エスプレッソマシンが自慢。基本に忠実な本格イタリアンコーヒーが味わえる店内には、イタリア・ジノリの希少なアンティークをはじめとするカップ&ソーサーのコレクションがズラリ ! 自家製ビスコッティ200円は、カプチーノ600円に20秒浸して、ほろほろほどける食感を味わって

●カフェ emo.エスプレッソ+バイカーズ

横浜市中区末広町2-6-10、HKビル1階
TEL:045-263-0326

正午~午後8時30分<8時20分LO。日曜、祝日は午後6時(LO)まで>。不定休
http://www.cafe-emo.com/


20180228-otome04

  伊勢佐木長者町  

スペシャリティコーヒーと焼きたてパイをテークアウト

 スペシャリティコーヒーと焼きたてパイがテークアウトできる「グッド オン ユー コーヒー スタンド」 10 11 。オーストラリア在住経験があるオーナーの思いが詰まった、横浜では珍しいオーストラリアスタイルのカフェです。コーヒーの街で知られる清澄白河「ALLPRESS」の豆を使用。店内で入れるカフェラテ518円は、オーストラリアスタイルのラテグラスで 12 。アップルパイ432円、ロングブラック(ブラックコーヒー)486円 13

●グッド オン ユー コーヒー スタンド

横浜市中区弥生町1-7-3、クローバーリーフ102
TEL:045-334-7313

午前10時~午後6時(日曜は午前11時30分から)月曜定休。このほか不定休あり
https://www.facebook.com/IsezakichouYokohama/


同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. 特集
  3. オトメの電車旅<関内・伊勢佐木長者町駅>隠れ家カフェめぐり

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更