1. 横浜トップ
  2. だから母ちゃんはやめられない
  3. 実証! 買って良かったシリーズ, 本当はどうなの? 妊娠&子育てのウワサ, 母ちゃん的4コマ漫画
  4. 【子育てマンガ:2歳1カ月ごろ】トイレトレーニング開始!おすすめ補助便座紹介も

【子育てマンガ:2歳1カ月ごろ】トイレトレーニング開始!おすすめ補助便座紹介も

2018/6/29

ラフ用マンガ:ヒラマツオ

****************************

遂に登場しました、トイレトレーニングネタ。

何気に長い道のりだったわが家のトイトレ、一部始終(?)を今回から3部作(難航したくせに3部作で納まる一部始終…w)にてお送りいたします(。-∀-)w

候補の保育園を見学中、案内して下さったある園の保育士さんが

トイレトレーニングなんて、保育園でやってくれますから~(^^)私も、仕事で園の子たちのトイトレはするのに、わが子のトイトレは通っている保育園でやってもらいましたよ」

なんて、素敵な体験談を聞いて以来、お気楽に構えてきたトイレトレーニング。

自分の母親に聞いた「あんたは体が弱くて下痢が続いてケツがカビたから、生後半年でオムツを外した」というもろもろ信じがたいエピソードは、ひとまず聞かなかったことに(笑)。

チビが通う保育園にも、1歳児クラスの中盤(チビ1.5歳当時)に、今後どういう予定なのか問い合わせると、「本格的にトイトレを始めるのは2歳児クラス(チビ3歳)からなんです~そんなに焦らなくても大丈夫ですよー(笑顔)」というお返事。

いや別に焦っているわけじゃないんだけど…と思いつつ、チビが混乱しないように、平日、一日の大半を過ごす保育園の状況に合わせたほうがいいのかなぁ?とも思ったのですが、

◆そろそろオムツのサイズは最大クラスに達しつつある(先がない)
◆だいぶ前に一人で歩きはじめた(1歳過ぎ)
◆こちらの言っていることも理解しているようだ
◆多少の会話は成立する

という、「トイレトレーニングを始める一般的な条件」は見事にクリアしているという状況で、何もしないのも…と思い、試しに補助便座を買ってみることに。

私の性格上、心ゆくまで下調べをし(笑)どれがいいか検討した上で、

◆どうやら毎回子供を親が便座に持ち上げるのは大変なようだ(ステップがあると良さそう)
◆収納するのにわざわざスタンドなどを買うのは邪魔くさいな…
◆トイレの空間になじむカラーがいい(っていうか白でお願いします!)
◆キャラクターはできればない方向で…(子供向けキャラ嫌い)
◆オマタの前に取っ手などがないヤツがいい(拭くときに邪魔くさいので)
◆掃除が簡単

という“補助便座を選ぶポイント”をクリアしたこちらを購入しました!↓

リトルプリンセス「かえるのふかふかステップ式トイレトレーナー」

DSC_2543

便座に合わない?

意外とハマる許容範囲の広さ

まず最初に気になる設置可能な便器の条件「便座の内径(奥行き25cm以上、幅21〜24cm)便座の高さ(41〜45.5cm)」(ショップの公式データ)ですが、わが家は奥行は十分なものの、幅が1cm狭い!

でも口コミを読み込む(笑)と、幅19cmでも使えたという情報を発見したので、いけんじゃね?と購入を決意。19cmの場合、普通に設置するとハマらずに浮くものの、子どもが上に乗ってぴったりハマるという口コミでしたが、20cmの我が家は何の問題もなくむしろぴったり

便座カバーを使用してもすっぽりハマりました(むしろカバーありの方が滑りが良い気もする)。

補助便座もホワイトがいい!

ポップなカラーの方が、子どものテンションが上がるのは分かる。分かるけど、これから数年、トイレに常備されるアイテムとして、蛍光ピンクやオレンジなどのパンチ力ある系は大人が安らげなくなるから避けたい(子ども向けキャラがデカデカと付いてるのは論外)…というのがわが家における大人の心の声でした。

実際に買ってみたら、カエル型なのに便座がトリ柄っていうカオス感が気になりましたがw きれいな色かつ線画だったので、良しとしました。

チビが楽しいと感じる仕掛けは?

カラーは落ち着いたホワイトだし、キャラクターもついてない。それでもチビがテンション上がったポイントは、おそらく「階段(ステップ)」。便座が気に入ったというより、階段の上り下りが楽しい、というのがチビの本音だと思われます(笑)。

ラフ用

ちなみに、最初(2歳)は、ステップ上で自分で振り返り→座るという動作ができませんでした。ここは、上るのが楽しい!という気持ちに水を差さないよう、ステップ上で手を貸して、振り向くのを補助すると怖がらないで慣れてくれると思います。

ある程度しっかりパーツのネジを締めているからか(プラスチック素材なので、ギチギチに締めてはいませんが)、便座にすっぽりハマっているからか、便座カバーをしているからか、口コミでいくつか見かけたギシギシというような音は出ず、チビが怖がることも特にありませんでした(もしかして出てるのかもしれないけど、気にならない程度)

一体型で折り畳み式だから

「収納が楽」!

 

DSC_2546

補助便座を買う場合、必然的に気になるのが収納。トイトレ中はヘタすると数十分おきに「トイレ!」と言われたりするので、どこかに仕舞う、とかスタンドに引っ掛ける、とかの作業は思いのほか面倒なんでは…と思います。

常設ステップも検討しましたが、補助便座のほかに、ステップと補助便座スタンドなどを買うのはやっぱり割高

しかも外出先でスタンドに補助便座を引っ掛けようとしてスタンドを倒す、とかを経験し、「トイレから外すと同時に折り畳まる」→「そのまま壁に立てかける」という簡単アクションで使えるのはとっても楽だな!と実感しました。

そこまで「省スペース」ではないですが、わが家の狭いトイレでも便座と壁の間に置けたので、使い勝手は良いです。

ステップに足は届かないけど…

(裏ワザあり!)

補助便座を買う際に、「排泄するときに力が入るよう、足が届くステップがあると良い」という情報を見たのも、ステップ付きを検討した理由の一つなのですが、ステップの位置を一番上にしても、3歳を過ぎた今(身長90cmちょっと)も、踏ん張るにはちょっと低い様子。

そこで偶発的に発見した裏ワザが、組み立てる時に、ステップを挟む外枠を左右入れ替えるというもの。

バラすと半分に折りたためる外枠は、半ばあたりにジョイント部分が出っ張ってるんですが、それが足置きとしてちょうど良い高さのようなんですよ…!

わが家はたまたま左右を間違えて組み立ててちゃっていたので、この記事を書く際に公式ページを久々に見て、初めて間違いに気付きましたwww

DSC_2545▲てっきりスッキリしてる方が表だと思い込んでたんだけど、そうよね、子どもの物って、でっぱりとかない方が肌側なのよね…。まぁ結果オーライですけど(笑)

この状態で1年以上使っていますが、今のところ、強度的に不安な感じはないので、気になる方はお試しあれ(とはいえ子どもが使うものなので、強度などは自己責任で!)。

丸洗いには向いてないけど

掃除は楽です!

まず余計な突起やミゾがないので、掃除は楽。多少の跳ね返り汚れなどは拭き取ればすぐキレイになります。

ただ、大参事を引き起こして丸洗いしたい!となると、大きいからちょっと面倒?

でも素材的には洗えると思うので、頻繁に大参事を引き起こす自信のある人以外は、「丸洗い」にそこまで重きを置かなくても大丈夫なんじゃないかな?という気もします。

ちなみにわが家は、今のところ丸洗いはしないで済んでいます(笑)。

ちなみにKaribu(カリブ)とは別物?

ステップ付きでカエル型、というとおすすめ記事でも上位に出てくるのが「Karibu」というブランド。カラー展開が違うだけで、機能やフォルムはリトルプリンセスの商品とそっくりなんですよね。

気になって、購入前にリトルプリンセスに問い合わせましたが、「他社のことは分からない」ということで、「リトルプリンセス」として販売しているものは、同社が「独自で輸入した商品」、ということだそう。若干、“大人の事情”も感じますが、一応似て非なるもの、という認識にしておこうかと思います(笑)。

そんなこんなで、こちらがホクホク顔になってしまいそうなくらい、チビに喜んでもらえて幸先良いスタート…と思いきや、人生そう簡単にはいきませんね(苦笑)。

ということでトイトレネタ、次回も続きますw お楽しみに~(・∀・)ノ

(シュリ☆)



人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. だから母ちゃんはやめられない
  3. 実証! 買って良かったシリーズ, 本当はどうなの? 妊娠&子育てのウワサ, 母ちゃん的4コマ漫画
  4. 【子育てマンガ:2歳1カ月ごろ】トイレトレーニング開始!おすすめ補助便座紹介も

平成30年度版暮らしのガイドwith Living Eye

平成30年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更