1. 横浜トップ
  2. だから母ちゃんはやめられない
  3. 本当はどうなの? 妊娠&子育てのウワサ, 母ちゃん的4コマ漫画
  4. 【子育てマンガ:1歳~2歳】やってきましたイヤイヤ期

【子育てマンガ:1歳~2歳】やってきましたイヤイヤ期

2018/9/5

ラフ用
マンガ:ヒラマツオ

****************************

幼児期初期のハイライト?

天使と悪魔が混在“イヤイヤ期”

 

3時間起きの授乳や夜泣きといった赤ちゃん期の“子育ての試練”がひと段落したと思ったら、パワーアップして訪れる“試練その2”→イヤイヤ期。

このころから、“予定通りに事が運ばない”理由が細分化かつ複雑化してきて、こっちもだんだんワケがわからなくなってきます(笑)。

目的までのハードルが激増

でもそうそう時間に余裕なんてない

 

今までは「出がけにオムツがウ●コで爆発した」とか、「お茶ひっくり返されて朝からファッションショー」とか、頑張れば親の機転で回避が可能だったり、その後のリカバリーは短時間でなんとかなったりすることが多かったのに、

寝起きから「トイレに行くのヤダ」「パジャマ脱ぐのヤダ」「この服着るのヤダ」「朝ごはんじゃないテレビ見せろ」「靴はくのヤダ」「自転車乗るのヤダ」「ママとバイバイするのヤダ」などなど、朝の身支度にハードルが激増し、そのたびになだめすかして動かすことが求められます(あらためて書き出すとすげーな…(゚∀゚)ワオ)

だから時間に余裕を持って…とは思うものの、ただでさえ寝不足気味のチビを考えると、“余裕ある時間”を確保するのもそう簡単ではなかったり

買い物だって、ただ大根買って帰ってきたいだけなのに、チビと2人で行くとなると大騒動。

行動の目的とする「結果(大根を手に入れる)」にたどり着くのに、1人の時に比べて数倍の時間がかかるって部分が、一番大変と感じる部分かもしれないですね。

“そういう時期だ”と分かっていても、あんまりにも回り道が過ぎるから、ヘタすると自分が無能に思えて自己嫌悪になったり、チビにイライラした感情のまま怒っちゃったり。

 

イヤイヤ期は1択NG

2択で乗り切れ!というけれど…

 

そんなわけで、極力笑顔でいられる時間を引き延ばそうと思って意識的にやってみたのが「2択作戦」です

ウチの場合のイヤイヤ期は、

じわりじわりと、こちらの言うことをすんなりとはやらず、ナナメにかわすようになってきてから(ちょいイヤ期参照=ブロックを片すことを一度承諾→半分くらいまでたまったブロックを全部出す→あぜんとしている母に向かって箱で“いないいないばぁ”をかます)、

さほど時間をかけず「ヤダー」が出始めました。

「ヤダ」と言われ始めたら、質問を「●●しよ?」→「Yes(やる!)」「No(ヤダ!)」で答えられる1択ではなく、「●●と▲▲どっちがいい?」と本人に選ばせるというもの。

やってほしいことよりも「やりたくない」ことを並べて、本来の目的に誘導する…というスタイルです。

メリットは毎度「ヤダ!」と言われないで済むということと、本人がコロっとだまされれば、ウキウキと行動に移してくれる、という点。

とはいえ、今思い返せば、イヤイヤ“初期”は本当にチョロかった…。

2択大作戦が効果的だったのも、この初期かもしれないです(わが家調べw)。

ということで、次回も、徐々に過激になってゆく“イヤイヤ期”をご紹介します。

お楽しみに(笑)。

(シュリ☆)



人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. だから母ちゃんはやめられない
  3. 本当はどうなの? 妊娠&子育てのウワサ, 母ちゃん的4コマ漫画
  4. 【子育てマンガ:1歳~2歳】やってきましたイヤイヤ期

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更