1. 横浜トップ
  2. だから母ちゃんはやめられない
  3. はじめに

プロフィール

  • シュリ

    シュリ☆

    横浜をこよなく愛する母ちゃんエディター&ライター。29歳11カ月で結婚し、おふたり様生活を存分に謳歌したのち、35歳で妊娠、女の子を出産。今のところ30代。
    活字中毒で、神輿とハーレー(免許はない)好き。趣味はベランダに畑を持ち込むことほか多数。

カテゴリー

最新記事

はじめに

はじめまして、母ちゃんです。

2016/11/14

初めまして、こんにちは。編集部のシュリ☆と申します。

まさか、私が子育てブログを書く日が訪れるなんて。

「本当に私の育児、公開していいんですか…(汗)」と一応確認してみたんですが、答えは“Yes”だったんで、とりあえずやってみます(笑)。

****************************

そんな私の育児傾向は、“石橋、すっげー叩くけど、最後は結局『気合と勢い』”

“取説は最初にとりあえず読む”とか、“RPGは気付いたら攻略本読破→プレイするのどうでもよくなっちゃう”とか(笑)、

あと“子供苦手なんだけど、『子供はつくらない!』とは決めきれない…”そんな方にこそオススメなブログになっていくんじゃないかと思っております|д゚)タブンネ!

もちろんそうではない方々にも、“こういうこともあるんだな”というくらいに読んでいただければ幸いです<(_ _*)>

かくいう私は、子供を産むまで、本当に、本当に、子供が苦手でした。

通勤電車で遠足に行く子供の集団に出くわしたら、仮に乗り換えの階段からいくら遠のこうとも、間違いなく車両を替えるくらい。

オフィスに誰かが子供を連れてきたとしても、女子たちが「キャーカワイイーーーー」とやっている輪をデスクからふ~んと眺めつつ、仕事を続けるタイプ。

「産めば、自分の子供はかわいく感じるようになるよ」と言われても、“そんなバカな”とまったく信じられず(笑)、

それと同じ口で「子供が生まれたら自分のことは何もできなくなるし、本当に大変だ、大変だ」と言われれば、じゃぁなんで産んだんだ…と真面目に疑問に思い、

そんな風に思う自分は、人として欠陥商品なのかなーと真剣に悩んだこともあります。

読書、ライブ、ツーリングに飲み会。ベランダ菜園やDIY、セルフネイル。

私を構築している“好きなこと”は、“小さな子どもがいたらできない”と言われていることばっかり。

子持ちの人たちにいろいろ話を聞いたけど、ストンと腑に落ちる答えは一度も得られませんでした。

でも、産んでみてわかったこと。

こんな私でも、自分の子供はめちゃくちゃ可愛い。です。

はい。

疑ってゴメンナサイ(笑)。

ということで、

【“子供嫌い”が娘を産んでみてわかったこと】

■仕事に復帰する前夜、(日中チビと離れることが寂しすぎて)泣きました( ゚Д゚)マジカ

■仕事に復帰して初めての週末、「今日チビ(の様子は)どうだった?」とダンナに聞かれて「カワイカッタよ(*´Д`)ホウ…」と答える日が来ます( ゚Д゚)マジカ

■週末、酒飲みに出ないと落ち着かなかったのに、気付けば“酒<娘”となり、本人にあまり需要がなくなります( ゚Д゚)マジカ

■本、読んでる暇、ふつーにあります(=゚ω゚)ノダイジョブヨー

■ライブも、ダンナの教育次第では全然行けます(=゚ω゚)ノダイジョブヨー

■ベランダ菜園もDIYも、大概のことは(ちょっと忙しいけど)全然できます(=゚ω゚)ノダイジョブヨー

■さすがにチビ担いで3ケツするわけにいかないので、出産後のツーリングはしばらくお休み(。-∀-)ソリャソウダ

何より思うのは、“母ちゃんはやめられない”ということ。

「なんじゃオマエ、狙ってんだろチクショウメ!(*´Д`)グッフー」とデレデレなときも、

「ムッキャーーーー!!!(#`Д´)ノノ┻┻;:’、・゙」なんて脳内で絶叫しそうなくらいイライラしているときも、

あの愛すべき小さな生き物は、今のところ、お世話をする人がいないと生きていけないですからね。

そして、彼女の第一ご指名“お世話係”は、ワタクシ=母ちゃんですから。

ということで、娘=チビの巧みな“ツンデレ”(と、キャラ立ちまくりなダンナ=父ちゃん)に翻弄される、ドタバタな日常をお楽しみに(笑)。

(シュリ☆)

はじめに | コメント (0)

  • 1
  1. 横浜トップ
  2. だから母ちゃんはやめられない
  3. はじめに

平成30年度版暮らしのガイドwith Living Eye

平成30年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更