1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
プレス行ってきた

本日9/20オープンの「ブランチ横浜南部市場」へ

2019/9/20

こんにちは
しましです。
★福島02

中央卸売市場にまとまってしまい、しばらくそのままになっていた南部市場に新たな施設が誕生します。その名も「ブランチ横浜南部市場」。本日9/20(金)10時にオープンしました。
先ほど内覧会に行ってきたばかりですが、南部市場駅を出ると、広大な敷地が見事に変身!駐車場もきれいに整備され、見違えました(失礼!)。
IMG_0080

さすが、”市場”ですから、
「食のライブマーケット~地域と人が食でつながる交流拠点~」をコンセプトに、”食の賑わい”を創出する場所に! 「ブランチ横浜南部市場」は、横須賀方面で人気のスーパーマーケット「エイビイ」をはじめ、15店舗の複合商業施設です。

IMG_9997 IMG_0034

約1万坪の広大な敷地にはところどころに広場があり、芝生になっていたり、植栽にパレットを使っているところなんて、とても市場っぽいですね。

前日の内覧会に行ったので、だれもいない静かなうちに施設内をのぞいてみました。IMG_9998

ここはBBQができる場所。
什器、設備を貸してくれて海辺のバーベキューが楽しめます。
もちろん食材は南部市場内で調達可能!

7

生鮮三品が安くて質が良いお店はたくさんそろっているし、
この「ave(エイビイ)」も連日破格値が期待できるそうです。

レストランもあります。
IMG_0039 IMG_0037 IMG_0008

神奈川県産の葉山牛を中心に扱う「横浜南部晃進」は、「ミートダイニングコーシン」とアイスクリームなど販売する「コーシンファーム」を展開。

「葉山珈琲」では、コーヒーはもとより、まずはスペイン製マシンを使った「生絞りオレンジジュース」(540円)をお試しあれ。皮を絞らないので苦みのない甘くて透明感のあるオレンジの味を感じられます。
IMG_0047 IMG_0052

それもそのはず、青果店が経営しているお店だから。

IMG_0063 IMG_0064

特選NANBUバーガー(980円+税)、プルドポークポテトフライ(1050円+税)などボリュームあります。下はお店自慢のフルーツあんみつ(750円+税)。知る人ぞ知る「銚子屋」の寒天と豆を使っています!

IMG_0075

 

また、生活用品もあり、釣具店も!

IMG_0007
IMG_0022

nojimaでは、ベイスターズコーナーなど地元向けコーナーも。キッズコーナーもかわいい。
IMG_0012 IMG_0015 IMG_0017

 

ちなみに、従来店舗があるおとなりの食品関連卸売センターは、「横浜南部市場 食の専門店街」と名前を変えて、一般小売りにも対応してくれることになり、日曜や祝日も営業することに!時間もこれまでのようにお昼までではなく、午後も開くそうです。
1 4

紹介しきれませんが、明日も明後日もオープン記念のイベント目白押しです!

ブランチ横浜南部市場

コメント (0)

~ 健康と“未病”をテーマにした体験施設「ビオトピア」に行ってきました

2019/9/19

“未病”の改善で生き生き健康に!

190912_t-nak_ico

kuri
kuri(くり)

9/13号「リビング横浜」。もう読んでくれましたか?
※まだの人はこちらから読めます
1~3面で「アクティブシニアを応援!」を特集しています。その中のひとつ、健康と“未病”をテーマにした体験施設「ビオトピア」に取材に行ってきました。
“人生100年時代”と言われている今。神奈川県では、未病についてさまざまな情報発信、事業を推進しています。

【未病とは?】
人の健康状態は、ここまでは健康、ここからは病気と明確に区分できるわけではなく、健康と病気の間で連続的に変化しており、その状態を「未病」といいます。「未病」を改善するには、特定の病気になってから治療するのではなく、将来のために、普段の生活において自分の心身の状態を把握することが大切です。※神奈川県HPから

取材日は、まだ猛暑まっただ中の日。小田急線の新松田駅を降りると、ジリジリと真夏の太陽が照りつけていました。そこからバスで、未病バレー「BIOTOPIA(ビオトピア)」へ。
到着するとそこは、なんと東京ドーム13個分の広い敷地。鳥のさえずりが聞こえる癒やしの環境です。思わず深呼吸~~

IMG_9091

thumbnail_IMG_7003

施設のコンセプトは「運動」「食」「癒し」の3つ。まずは、自分の体を知るチェック体験「me-byoエクスプラザ」へ。

IMG_9108

ここでは、ゲーム感覚で体を動かして、自分の体力を知ることができます。
30秒間立ったり座ったり、1分間片足立ちでバランスを取ったり、自分の歩く姿勢をチェックしたり…と、いろいろな体験ができちゃいます。大人だけでなく、子どももワイワイしながらチャレンジできますよ。

IMG_9134

横から見た自分の歩き姿がプリントアウトされて出てきます。ちゃんと歩いていたつもりが、姿勢が悪い…と反省
体を動かしてお腹が空いたので、レストランへGO!和食レストラン「瑞穂ノ里」1人鍋のビュッフェを味わいました。地元の食材がずらりと並び、どれも健康に良さそうなものばかり!肉、野菜をバランスよく取ることって大切なんだな~と改めて実感しました。お隣には、フレンチレストランもあります。

thumbnail_IMG_6995

IMG_9173お鍋の食材を好きなだけ!サラダやご飯、スイーツもあります
明るくて広々としたマルシェには、地元の特産品や、オーガニック商品がおしゃれに並んでいて、「へぇ。これおいしそう!」「これ、欲しいな」と楽しくお買い物ができます。
IMG_9167

建物の外には、自然豊かな広大な敷地が広がっています。木々の香り、風のにおいに癒やされます。5.4㎞のコースをゆっくりウオーキングできる「森のみち」は、ストレス解消と運動が両方できちゃいそう。
ドッグランもあるので、今度は愛犬を連れてこようかな!

DE190913003

晴れた日には富士山、箱根、丹沢、相模湾も見渡せる「ビオトピア」。
詳しくは、https://www.biotopia.jp/でチェックしてみてくださいね!

コメント (0)

でかけてみた

【中華街】秋の風物詩・ローズホテル横浜の中秋大月餅を見てきました!

2019/8/29

こんにちは。
しましです。
★福島02

ローズホテル横浜の秋といえば、すっかりおなじみになったこの光景。今年も展示されたとうかがい、行ってきました!
正面玄関を入り、1階ロビー正面にデーンと置かれた、その名も「中秋大月餅」。聞きしに勝る大きさ。これは、もはや日本最大級だそうです!
IMG_9702
スタッフの方が手を広げて大きさを示してくださいました。まわりでは獅子たちが…、食べたいのかな?見守っているのですね、きっと

IMG_9699

展示の横では大きさクイズ実施中(上。直径と重さあてクイズです!)なので詳しくは取材を控えましたが()、中には竹炭入りの豆沙(とうさ)あんと塩漬けしたアヒルの卵(蛋黄・タンファン)700個がぎっしり。高さは7~8㎝ぐらい。約300人分もあり、とても重たそうです。これは重慶飯店が持つオーブンに入るぎりぎりの大きさとか。※クイズに正解すると抽選で宿泊券や食事券、中華菓子など豪華な賞品が用意されています
表面はクルミでかわいくデザインされ、「重慶飯店」の文字も正確に。
IMG_9705 IMG_9695

9/13(土)11:30から先着300人に無料で配布

今年の中秋節は9/13(土)。それまでここに展示され、中秋節の当日11:30から、この大月餅を切り分けて先着300人に無料で配布してくれます。26回も続くこの企画はすでにファンも多く毎年長蛇の列が。まだ行ったこと見たことのない方、今年は出かけてみませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ところで、どうして中秋節に月餅なのでしょうか。
それが驚くなかれ、日本では通年で売られている月餅ですが、もともとは中秋節の時期に食べるものなのだそうです!
「中秋節」は、中国では春節の次に大きな行事。国民の祝日にもなっています。十五夜に豊作を祝い、嫁いだ娘が唯一生家に帰る久しぶりに一家だんらんを楽しむ日で、別名「団円節」。満月はおめでたいことの象徴。満月をかたどった丸い月餅を中秋節の満月の夜に食べると幸せになるといわれています。

IMG_9709

売店にある豆沙蛋黄大月餅(8.5㎝)756円。このほか17㎝の豆沙蛋黄特大月餅3240円もあります。
切ると↓黒いあんの中に黄色い卵のコントラストがきれい!

IMG_9710 IMG_9713
切り方が下手ですが、雰囲気を感じてくださーい!💦

この時期にいただく特別な月餅が中秋月餅。ローズホテル横浜の売店には、展示されている中秋大月餅のミニ版?ではないですが、良く見る一般的な大きさの中秋月餅もありました。こちらはこんなふうに放射状に切り分けてみなさんでどうぞ。

 

ローズホテル横浜の中秋大月餅

コメント (0)

今が旬!“浜なし”の食味審査に参加してきました

2019/8/22

横浜市内で生産されたナシのブランド“浜なし”

kuri
kuri(くり)

おいしいフルーツは数々あるけれど、横浜で今の時季に注目されるものは浜なし
そんな“浜なし”を丹精込めて栽培している生産農家が、横浜市にはいくつもあります。
その品質と栽培技術を競う「持寄品評会」がJA横浜中里支店で開催されました。
長い横浜勤務の中で、一度も浜なしを食べたことがない…という、編集長とkuriが参加してきました。

【浜なしとは?】
「浜なし」は、ナシの品種名ではなく、「横浜農業協同組合果樹部」の統一ブランド名です。平成27年6月に登録商標。主な品種は、「幸水」「豊水」。スーパーや青果店に出回ることはほとんどなく、主に農家やJA横浜の直売所などで販売をされている、地産地消の代表選手です。

thumbnail_IMG_7055

thumbnail_IMG_7050

会場に入ると、甘~い香りが漂っていました。たくさんのナシが並べられ、すでに「横浜市長賞」「都筑区長賞」「緑区長賞」などが決定済。その中から、「食味大賞」を決定するのが食味審査。責任重大です…。

thumbnail_IMG_7046

番号だけが書かれて、お皿に並べられたナシが5種類。ひとつひとつ、ゆっくりと味見を開始。

thumbnail_IMG_7048

審査用紙に「甘み」「酸味」「食感」をそれぞれ3段階で評価をして、最後に第1~3位を付けていきます。途中でお水を飲みながら…ゆっくり…味わって…噛みしめて…。でも、途中で「あれ?」と舌が悩み始めます(笑)
「甘みよりも酸味が強い」「シャキシャキ感が一番いい」など、素直な感想を記入しました。

thumbnail_IMG_7058

そして「食味大賞一席」が決定しました!一席に決まったのは、品質と栽培技術などをトータルで評価をして、第一位となったナシと同じものでした。

thumbnail_IMG_7053一席のものはもちろんですが、どれも水分たっぷりでおいしかったです

thumbnail_IMG_7060

会場の外では、販売会も開かれていました。地元のみなさんが列を作っていましたよ。

持って帰った浜なしは、オフィスのみんなで美味しくいただきました。
「甘いね~」「うわぁ!初物だわ」「シャキシャキね」と大喜びでしたよ。
みなさんも、直売所などで見つけてみては。

浜なしだけでなく、地元の農産物が買えるところは、こちらからチェックしてみてね♪
https://ja-yokohama.or.jp/tenpo/hamakko

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

【横浜いずみ中央】達人プロデュースで気軽に立ち寄れる本格イタリアン誕生

2019/8/21

こんにちは。しましです。
★福島02
残暑厳しき折、夏バテ解消にはおいしいものをいただくのが一番!
ちょうど、達人プロデュースによる本格イタリアンがオープンするという情報が入り、メディア向け内覧会に行ってきました。

場所は相鉄線いずみ野線・いずみ中央駅下車。駅の改札口を出て右へ。壁沿いの右手。
駅に隣接して8/23(金)に誕生するこのお店は、生パスタとワインが味わえる「sacco(サッコ)」。
IMG_9598 IMG_9628

イタリア語で「袋」を意味する店名は、相鉄線の駅番号「35」ともかけて、物を集める袋のように人が集まる場所にしたいという思いが込められているとのこと。かわいらしい響きで覚えやすいですね。外観も店名ロゴもシンプルでスタイリッシュです。

店内へ入ると、まずはライブ感あふれるオープンキッチン。
IMG_9596

IMG_9614

奥へ行くとすっきりとした卓席が並ぶ中、その先に…
IMG_9573 IMG_9630 IMG_9629

窓の外は和泉川の親水公園が!なんともぴったりの借景。四季の移ろいも感じられる、明るくて気持ちのいい空間です。

ところでこのお店、実は相鉄沿線名店プロジェクトの誘致4号店。沿線のブランド価値向上を目的に2013年から進めている取組で、地産地消やこだわりをもって地域に根差した名店を開拓しています。
そのプロデュースを手掛けるのは、料理人としてローマやワシントンなどでグローバルに活躍されている山本秀正さん。
IMG_9587
山本さん(上)が推薦する料理人として、シェフ・佐藤雄太さん(下)が抜擢されたということです。イタリアでも学んできた根っからのイタリアンシェフが、横浜や神奈川の食材をいかにして提供するかが楽しみですね。
IMG_9588

さて、肝心のお味ですが。
この日はシェフの”名刺代わりの料理”を少しづつ試食です。
IMG_9609
バーニャカウダ(戸塚区・矢島農園の野菜を中心に)

IMG_9610
五島列島のメジナにあわの出汁のせ

IMG_9608
IMG_9611
左から藤沢の豚肉で作った生ハム、イタリアのハムとサラミ
この藤沢産豚肉の生ハムがとにかくおいしいんです。かめばかむほど深い味が出て、「ワインが欲しい」し、「ずっと飲み込みたくない!」と思ってしまいました。

パスタは、この2種。上は森林どりのラグーソースと唐辛子のラリアテッレに珍しい鶏花節(鰹節のように作った鶏節をけずったもの)がかかっているもの。下は食感がしっかりした細麺タイオリーニのトマトスース。なすがアクセントに。
IMG_9624 IMG_9625

自家製手打ち生パスタはもっちりとして、ソースとの絡み具合もちょうどよく、ボリューム満点。鶏のやわらかさや、なすの甘さにびっくりしました。

ちなみに、
個室があります。
IMG_9592 IMG_9575

8~9人は入れて、ドアを締めれば静かな別空間に。お子さん連れ、ご家族で、お仲間と、など幅広く利用できそう。
ランチ890円から、ディナーは一前菜580円から、パスタ1080円から。
おいしいもの好きにとっては、駅直結で気軽に立ち寄れるうれしいスポットの誕生ですね!

sacco(サッコ)
横浜市泉区和泉中央南5-4-13、相鉄ライフいずみ中央2階(いずみ中央駅改札階)
ランチ 11:30~15:00
ディナー 17:30~22:00
火曜定休
tel045-435-5731

相鉄沿線名店プロジェクト

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

ゴディバのデコレーションアイスバーやなつおとめのかき氷を横浜高島屋で

2019/8/6

こんにちは、しましです。
★福島02

冷たくて“熱い”イベント、「~ひんやりスウィーツの祭典~ アイスワンダーランド」が8/7(水)~12(月・振休)に横浜高島屋8階催会場で行われます。横浜高島屋の開店60周年を記念し、28店舗、約160種類を集めて大々的に催されるという内容を、プレス試食会で探ってきました。
IMG_9096

IMG_9093
プレス会場の中央に並んでいたのは、こんなに魅力的なアイスたち!

IMG_9119 IMG_9111
みんな大好き、ヨックモックのシガールがアイスクリームに! 天文館無邪気の白熊、アイス発祥の地・横浜ならではのあいすくりん「横濱馬車道あいす」も登場ですIMG_9114

 

特に気になるのは、高級チョコレート専門店ゴディバのブース。自由にデコレーションできるアイスバーがあるんです!その名も「デコれるゴディバ ゴディバ アイスバー デコラシヨン」。360パターンが用意されているとのこと。
さっそく作っていただきました。この日は、チョコレートがコーティングされたチョコレートアイスバー「デュブル ショコラ オンプラス」に、ダークチョコレートソースをかけて、ラズベリーチップとキャラメルチップをトッピング。さらにロゴ入りチョコを載せてくれて完成です。
IMG_9101 IMG_9104 IMG_9107
リッチなチョコレートの風合いをいろんな状態でいただける幸せを~。540円は決して高くないですね!

IMG_9110
こちらは地元代表、瀬谷の「オーガスタミルクファーム」です。この「ワッフルボウルアイス」は香ばしいワッフルの上に濃厚なジェラートがこんなに。お店がある相澤良牧場の新鮮な牛乳や季節の果物を使った大満足のひと品。横浜高島屋限定販売、820円。

高知県のアンテナショップ「まるごと高知」も参加。高知で人気のぼうしパンにアイスをはさんだ「ぼうしアイスパン」です。こちらも横浜高島屋限定販売、648円
IMG_9099

圧巻は、なんといっても栃木から初めて県外に登場する「寿氷-juhyo‐世界一を目指すかき氷」。氷と果物ソースを巧みに扱い、高さ30㎝もの仕上がりは、この迫力!(高すぎて、てっぺんまで撮影できてないですが💦)
IMG_9139

ソースはその場で作成。「なつおとめ」という希少品種の栃木・真岡産いちごは、畑で完熟させたもの。味が濃い。2160円。参加メディアのみなさんとひとさじずついただきました。
会場には「スムー寿」(スムージュ、つまりスムージー)もあります。こちらも「なつおとめ」で作ってくれました。濃くて冷たくて、なにより飲みやすい!500円から。
※いずれも8/7(水)~9(金)のみ
IMG_9125
IMG_9153

 

このほか、百貨店初出店や横浜高島屋限定販売が多数あります。

IMG_9146
原宿で話題の「原宿電気商会」も来るので、こんなかわいらしい電球ソーダ(700円)を片手にアイスワンダーランドの会場内を巡ってみては。

 

横浜高島屋

アイスワンダーランド

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

【みなとみらい】横浜ベイホテル東急クイーン・アリスはもう秋の気配!?

2019/8/2

暑~いですね。
こんにちは、しましです。
★福島02

世の中は夏真っ盛りの8月ですが、
横浜ベイホテル東急3階、フランス料理「クイーン・アリス」の田面山(たもやま)シェフは、早くも2カ月先を見据えていらっしゃいます。
IMG_9189 IMG_9155

というのも、特別ディナーコース「秋の収穫祭」が10/1(火)から始まるのです。11/15(金)まで※10/28のぞく
秋の食材が一皿ごとにふんだんに取り入れられたメニューを、一足早くメディア試食会で確認してきました。

では、クイーンアリスの世界観をご案内します!

まずは、アミューズ。
いきなりのサプライズ!なんと松茸、まつたけ、マツタケ!「松茸と帆立貝の香り焼き」。
IMG_9160

どうなってるの?芸術作品?鑑賞用?グラスの向きを間違った?
いえいえ、これこそさすがの演出、香りが閉じ込められた状態での登場です!

IMG_9162

いざグラスが開けられると、ふわぁ~っと松茸の香りが広がります。思わず手であおいでしまい、この香りを逃すまいとする本能ですね。
それにしても8月に松茸が登場するとは…食材ハンターですか、田面山シェフは…!
下に見える帆立はぎりぎりの焼き加減。銀杏も添えられています。秋です!

続いては、「タスマニア産サーモンのコンフィ、フレンチキャビア添え 塩ジュレとライムのアクセント」。
IMG_9165

10月が旬のサーモンにほんの少し火を入れ、温でも冷でも合うくらいの温度で提供。かわいらしいエディブルフラワーがちりばめられるあたりが、アリスらしさ。塩ジュレがおいしい。

とはいえ、ウナギ、フォアグラ、トリュフと高級食材が一皿に凝縮される「静岡産浜名湖鰻のキャラメリゼとカリフラワーのムースリーヌ フォアグラのポワレと共に トリュフ風味」こそ、このコースの中心かもしれません。
IMG_9171

中央に鰻、左手にフォアグラ、トリュフとカリフラワーのスライスがそれを覆っています。順番にズームしますね。
IMG_9176 IMG_9177 IMG_9175

このあたりで、ふぅとため息。なんてぜいたくな時間でしょうか。味はもちろん色合いも秋。

実は料理に合わせてワインもソムリエセレクトを出してくださり、無農薬シャンパーニュで乾杯し、白ワインは柑橘系のロワール。飲みやすくて危ないのです。赤ワインは銘柄をメモし損ねましたが軽めの味わい。それも料理を邪魔せず引き立てる名脇役です。

赤ワインといえば肉料理。「国産牛フィレ肉のポワレ 松茸とトリュフ風味のニョッキと共に コンソメスープを注いで召し上がれ」、と、長~いメニュー名で、盛り付けがおしゃれ。ここにもサプライズがあり、
IMG_9178
これを、
IMG_9179
こうして。
スープも余さずいただきます。絶妙な火入れ加減のフィレ肉はやわらかくとろけるよう。ころっとしているのがトリュフのニョッキ。お肉の上には松茸も!コンソメのスープには松茸も入っていて、さしずめ土瓶蒸しのような。いや~、秋ですね!

本番ではこのほかに料理が2品出るそうですが、すでに満腹感。
でも当然、別腹はあります!(笑)

IMG_9184
デセールは「洋梨のエレーヌ風と胡桃のクルスティアンとキャラメルのムース マロンのアイスを添えて」。…あら?2段になっている?
IMG_9186

ガラスの器をはずすと3タイプのデセールが。こうすることで味が混ざらずそれぞれをおいしくいただけるのですね。大好きな栗がアイスになっていて内心大興奮しつつ、溶けてしまう前に急いでいただきます。キャラメルにも目がないしベリーも好きだし、もうどこからいただいていいのやら。とにかくおいしいに決まっています。洋梨の中にはシャーベットというとどめのサプライズもお見逃し…あら?食べ逃し?なく。

IMG_9190 IMG_9169
(上)試食会でのメニュー。秋の収穫祭ではさらに「手長海老」、「天然平目」の2品も楽しめます。1万3000円税別。(下)自家製蒸しパンをトリュフ入りバターやエシレバターで

フランス料理「クイーン・アリス」

横浜ベイホテル東急

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

横浜桜木町駅前にモスバーガー初のフードホールスタイル店が本日誕生!

2019/7/19

こんにちは
しましです。
★福島02

桜木町駅前、クロスゲートの1階におしゃれなカフェが本日7/19に開店!
モスバーガーがプロデュースする「MOS PREMIUM(モスプレミアム)」と、「マザーリーフカフェ Tea Style」の2店が一つのお店になって登場しました。

先日、メディア向け記者発表会&内覧会に行ってきましたのでご報告。
IMG_9008 IMG_9005

「クロスゲートがいつになく(失礼💦)ステキに見える…!と思ったら、モスじゃん!」
そんな声が聞こえてきそう。
そうなんです。クロスゲートの1階。左手にこんなにスタイリッシュなお店ができたのです。

IMG_9003

店内は、天井が高く開放的。
左側ではグリルでパテを焼く様子が見られます。

IMG_8997 IMG_8998

左側はこんなに落ち着いたインテリア。
右側は明るいイメージなのです(TV撮影中だったので右側は写真なしです!ごめんなさい💦)

メニューは、通常のモスバーガーよりグーンとボリュームのある、
グルメバーガーが基本。
この日いただいたのは、桜木町のこのお店だけでいただけるモスプレミアムバーガー。
IMG_9014

ハンバーガー単品はメニューになく、
ハンバーガーにフライドポテト、飲み物が付いて1300円。
「高い」ですか?
いえいえ。ボリューム感を考えたら、結構「あり」なんです。
「軽くランチ」というよりは、「しっかりランチ」、あるいは「ディナー」でも十分です!
ほんと?と思ったら、召し上がってみてくださいませ!
サラダや軽い前菜などもありますよ。

IMG_9009
たっぷりチーズのシーザーサラダ
IMG_8980
丸ごとトマトのカプレーゼ
実はここ、昼と夜の会計方法が異なるということで、
昼は通常のファストフード店風、セルフ式。
夜(17時から)は着席のままタブレットで注文するタイプ。居酒屋さんで良く見る、あれです。
IMG_9019

買い物やお仕事帰りにみんなで立ち寄って、じっくりと楽しいひとときを過ごせますね。
もちろんクラフトビールなどのアルコール類も用意されています。
でもなんといっても、マザーリーフ自慢の紅茶はマストですよ~!
IMG_8988 IMG_9017
写真上は自家製レモネードのアイスティーとオリジナルアイスフルーツティー
下はレモンとパインのマスカルポーネチーズクリームワッフル

モスプレミアム

マザーリーフティースタイル

コメント (0)

プレス行ってきた

【横浜西口】星空のもと、街を見下ろしグリルを囲んで食べて飲んで!

2019/7/12

こんにちは。
しましです。
★福島02

梅雨寒でテンション下がっていませんか~?
こうなったらおいしいものを楽しく食べて飲んでテンションあげて!
「横浜高島屋ビアガーデン 星空GRILL」が開店しましたよ。
先日メディアレセプションが行われたのでご報告です。

IMG_8921 IMG_8927

明るいうちから始まりましたが、最後は明かりがともるように。
どっちも楽しいですが、ちょっと暗めの方が“気分”ですね。

ささ、食べ放題飲み放題です!いざ!

IMG_8894 IMG_8877 IMG_8910

ビールの写真は上から、
自動でそそいでくれるビールサーバー。「新しい」と聞いたので、プレミアムモルツのフルーティーな方にしました。
2枚目は話題のモクテル。いろいろMIXできます。
そして、アイス・ドラフト〈生〉。

IMG_8912

大ジョッキを4つも持っている方がいらしたので、パチリ!
「ボクはインスタ映えしないですよ」とご謙遜。いえいえ上腕二頭筋の強靭なパワーを感じましたので!

肝心のお料理は、グリルで焼くスタイル!
IMG_8887 IMG_8888

すきなだけ取っていいんです。
だって食べ放題ですから。
IMG_8906 IMG_8908

牛・豚・鶏のお肉はもちろん、チョリソ風ウインナーなど各種。ヤングコーンはすこし皮を残して蒸し焼きに。ほくほくおいしかったです!

続いて、
引換券を使ってセレクションコーナーの高級食材もいただきましょう!
IMG_8900 IMG_8916

上の写真、中央にあるのは、なんとサボテン。なんとメキシカン!でもこちらは日本で作られていて、大変希少な食材だそう。見つけたらぜひゲット!です。
サーロインステーキも塩コショウで焼きました。このあと海老も!帆立までは行きつかなかった~

そして、女子ですもの。
締めはこれ。
IMG_8924 IMG_8928

スイーツマジックのプリン。3種。

IMG_8925

雰囲気写真も撮ってみました。

買い物やお仕事帰りに、
ふらっと立ち寄れる楽しいスポット。
10/13(日)まで開催しています。

 

横浜高島屋ビアガーデン 星空GRILL

コメント (0)

7/7(日)OPEN!横浜アンパンマンこどもミュージアム ひと足先に行ってきました!

2019/7/4

アンパンマンと仲間たちに会って、げんき100ばいに!

kuri
kuri(くり)

7/7(日)、新高島に「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が移転オープンします。旧施設から、敷地面積も内容もグレードアップして新しくなりましたよ。先日、プレス内覧会が行われ、ひと足先に楽しんできました。

IMG_6583

入口の大きなアンパンマンが目印
【Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV】

館内はベビーカーの利用ができないため、入口付近には、広ーいベビーカー置き場があります。有料のコインロッカーも完備。

IMG_6502

コインロッカーの扉にもアンパンマンの仲間の絵が!かわいい~
【Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV】

3階の有料フロアのミュージアムには、ボタンを押したり・触ったり・動かしたり・覗いたり…いろいろなしかけの遊具がいっぱい。子どもはもちろん、大人も思わず声を出して喜んじゃいます。

IMG_6516 屋根があるので、雨でもOK。大きなアンパンマンたちのストレッチボールで遊べるボールパーク
【Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV】

IMG_6520
ボールプールの壁には、カバおくんや、ホラーマンなど、仲間たちの絵が
【Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV】

IMG_6529
アンパンマンごうの中には、「ノーズパ~ンチ」の音が出る楽しいしかけも
【Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV】

IMG_6527
収穫ごっこやお料理ごっこもできちゃう
【Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV】

IMG_6572

【Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV】

ひろばのメインステージでは「まもれ、みんなのパンこうじょう」を開催。アンパンマンと仲間たちがすぐ近くに!アンパンマンが戦ってくれる姿に感動します…。アンパンマンはとっても優しくて、みんなの夢を守るためにいつもパトロールをしてくれているのですね。
アンパンマンのマーチを久しぶりに聞いて、「何のために生まれて何をして生きるのか…」と歌詞をかみしめてしまいました(笑)

そんなアンパンマンの世界にどっぷりとつかった後には、1階のショップ&フード・レストランへGO! 1階フロアは、入場無料です。

IMG_6558

【Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV】

かわいいグッズもいっぱいそろっています。

IMG_6562【Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV】

広々とした明るいフードコートでは、ハンバーガーやさん、うどんやさん、ごはんやさんが並び、“おいしい時間”が過ごせます。

IMG_6564
ごはんやさんの「わっぱごはん」。アンパンマンの顔が入ったいなりも
【Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV】

IMG_6577

【Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV】

IMG_6581

【Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV】

そして、クオリティーの高い「ジャムおじさんのパン工場」で購入できるキャラクターパン。手作りしているところを実際に間近で見ることもできます。食べちゃうのがもったいないけど…アンパンマンと仲間たちのパンを食べて、げんき100ばい!!!

IMG_6545

【Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV】

パパ、ママ、キッズ、おじいちゃん、おばあちゃん、みーんな楽しい「横浜アンパンマンこどもミュージアム」。子どもがすっかり大きくなってしまった編集部員&子どものころにアンパンマンで遊んだ20代女子営業担当は、すっかり童心にかえり、アンパンマンに勇気をいっぱいもらって、元気に会社に帰りました!

7/7(日)オープン
横浜市西区みなとみらい6-2-9(新高島駅徒歩約3分)
045-227-8855
10:00~17:00(最終入館16:00)、ショップ&フード・レストランは18:00まで
3階ミュージアム入館料 2200円(1歳以上)。1階ショップ&フード・レストランは入場無料
https://www.yokohama-anpanman.jp

コメント (0)

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更