1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
プレス行ってきた

内と外、両方からの働きかけなら透明な美しさが実現できる!?

2019/2/15

こんにちは。
しましです。
★福島02
外はまだ寒いですが、来たるべき強い日差しの季節に向けて、今から情報収集しておこうと思っている人に注目の話題です。

「なるほど~」と、思わず言ってしまいました。先日プレスで訪れたFANCLの美白に関連する新商品のお話です。
新商品説明会では、必ず研究員さんが登場し、化学的に、
でもわかりやすく説明してくれるので、そこで得た情報に納得したというわけです。

1GetFileAttachment
まずはオリジナルの桜葉を使ったハーブティーでおもてなしいただきました
美白について、健康食品と化粧品を取り扱っているFANCLだからこそ気付いたのが、内側と外側の両方からアプローチすること。当然それは美白にとっての強力な味方になるはずです。

内側からに対する気付きは、体の中にもともと備わっている美白力を高めてシミの元を無色化することと、ターンオーバーを促進して、できてしまっているシミを排出し、改善へと持っていくこと。
3/20(水)から発売される「ホワイトフォース」シリーズの美容ドリンクと美容サプリメントで内側からディフェンスします。
5GetFileAttachment
ホワイトフォース ドリンク(30ml×10本入り、3240円)と、
ホワイトフォース(30日分180粒、2376円)

一方、外側を担当するのは、美白化粧品「ホワイトニングライン」の「ホワイトニング エッセンス」と「ホワイトニング マスク。2/18(水)から販売。
「シミが年々濃くなる!」「消えなくなった…」なんて、年齢を重ねていったら当たり前なことと思っていました。でもFANCLは、その〝居座りジミ〟を、サクラの葉エキスで薄くし、ムラサキシキブ果実でビタミンCの質を高めることに成功。シミへの効果がより期待できるホワイトニングラインが誕生したということです。
2GetFileAttachment
ホワイトニング エッセンス 3240円、
ホワイトニング マスク 3240円、
ホワイトニング 化粧液Ⅰ(さっぱり)、Ⅱ(しっとり)各1836円、
ホワイトニング 乳液Ⅰ(さっぱり)、Ⅱ(しっとり)各1836円

6GetFileAttachment 3GetFileAttachment
会場では、“美容食品”の展示や、潜在ジミの測定コーナーも(!)
“居座りジミ”もいやだけれど、潜在しているシミって…
ありますね…

明るい季節には、せめて肌も明るくなっていたいもの。
肌の内から外から両サイドからの守りは、きっと私たちの助っ人になってくれるはず!
アラフォー、アラフィフ、アラシス、アラ…、とにかくみなさま!
いつまでも白く美しく!ですね!

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

今年も霧笛楼のクリオロエールでバレンタイン

2019/2/13

こんにちは。
高カカオ好きのしましです。
★福島02
いよいよ明日はバレンタイン。
今年も、「横濱元町 霧笛楼」のクリオロエールがおいしくできたとお知らせをいただきました。
1mutekiro 2mutekiro
フランス・プラリュ社のクーベルチュール「マダガスカル」を使った深い味わいが特徴。
甘くないカカオビールだから、甘いチョコレートが苦手なメンズに喜ばれます!
冬の今だけ限定1000本、580円(税別)。
特別にクーベルチュールひとかけと一緒にいただいたのですが、よりショコラ感が増し、濃厚になりました。

また、おなじみ冬季限定生チョコレート「モトマチの石畳」が、
サイズと内容量ともにリニューアルです。
3mutekiro 4mutekiro
より食べやすい小粒になり、これまでの9カットから15カットに。
浮世絵デザインのパッケージが横浜らしいでしょ。
3月までの販売。1080円。
このサイズだと、パクパクいただけてしまいます。
ちょっと一口甘いものだ食べたいときにあるとうれしいな。

5mutekiro
人気の「横濱煉瓦」も、バレンタイン向けのパッケージで登場!
和のイメージで華やか。友チョコにもピッタリですよ。

さて、
どれをだれにあげようかな。

コメント (0)

プレス行ってきた

イチゴを満喫「ヨコハマ ストロベリー フェスティバル 2019」初日の様子!

2019/2/1

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。
いちごを存分に楽しむイベント「ヨコハマ ストロベリー フェスティバル 2019」が本日からスタートしました!昨年はなんと24万人も訪れたという人気のイベント。7回目の開催となる今回も、会場となる横浜赤レンガ倉庫には長蛇の列が…!なにがそれほどまで人々を惹きつけるのでしょうか。開催初日にその魅力を探りに行ってきました。

Resize_IMG_5011会場となる横浜赤レンガ倉庫。会場前には大きなイチゴがお出迎え

老舗店から話題店まで4店舗が初登場

開場特別に設置されたテント「いちごマーケット」には、全国からスイーツ店や雑貨店23店舗が集結!気になる初登場4店舗を紹介します。

「東京ストロベリーパーク」

Resize_IMG_4922

2018年4月にオープンして話題を呼んだ、いちごのテーマパークが出店!「めっちゃいちごパフェ」(500円)はその名の通りいちごづくしのパフェ。生クリームもヨーグルトも、すべていちごの優しいピンク色。生クリームは甘すぎず、イチゴの甘酸っぱさを引きたてます。中までゴロゴロっとたくさんのイチゴが詰まっていて満足感◎。

「伊豆いちごfactory」

Resize_IMG_4929

しっとりとしたバウムクーヘンと紅ほっぺが串刺しに!この斬新さは写真を撮ってシェアせずにはいられません。いちご大福が刺さっているものも。

「ミガキイチゴストア」

Resize_IMG_4937

“食べる宝石”ミガキイチゴをたっぷりと使用したスパークリングワイン。”成人を迎えた女性に飲んでほしい”とのこと。イチゴの上品な甘さのスパークリングは、初めてのお酒にぴったりかもしれませんね。赤と白2種類が用意されています。

「横浜元町 香炉庵」

Resize_IMG_4974

あの有名和菓子店も初登場!人気商品である黒糖どらやきにいちごを添えた限定商品です。

Resize_IMG_4970

その他、個性豊かなイチゴスイーツがたくさん。並べるだけでこの華やかさ!めちゃめちゃテンション上がります。友達や家族、パートナーと訪れていろいろなイチゴスイーツを食べ比べたいですね。

無料のいちごサンプリングがもらえる!

Resize_IMG_5000

期間中<2/1(金)~11(月)>毎日ブランドいちご1種類が無料で配布されます。2018年にデビューした佐賀県の新品種「いちごさん」など、全8種!無料サンプリングは数量限定。日にちによってその個数は変わりますが、本日は50パック限定だったので、なんと開始5分で配布終了。ゲットできたカップルはなんと9時から並んでいたのだとか…!「絶対にゲットしたい!」という方は早めに行くのがおすすめです。

Resize_IMG_4982本日は千葉のイチゴ配布日だったので、千葉県のキャラクター「チーバくん」と千葉県大綱白里市のキャラクター「マリン」にも会えちゃいました!ラッキー!

館内や屋外スペースもイチゴだらけ!

Resize_IMG_4951
右「グラニースミス アップルパイ&コーヒー」”ふくはる香”の苺ミルクアップルパイ(486円)
左「ハワイアンワッフル メレンゲ」イチゴのワッフル(1188円)

横浜赤レンガ倉庫2号館のレストランやカフェでも、ブランドイチゴを使ったスペシャルメニューが楽しめるので要チェック!

Resize_IMG_5004

屋外スペースには巨大なイチゴが出現。「いちごふわふわ」や「ジャンプゾーン」など、子どもが遊べるいちごのアトラクションです。その他、いちご農家さんの出張直売所や、ワークショップなど盛りだくさんの企画が用意されています。

フォトジェニックで美味しくて、しかも小さな子供まで楽しめちゃう!たくさんの人が訪れるのも納得ですね。そんなイチゴの魅力満載のイベントは2/11(月・祝)まで。家族や友達と訪れてみて。

Yokohama Strawberry Festival 2019
https://www.yokohama-akarenga.jp/strawberryfes/

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

横浜高島屋でチョコの祭典「アムール・デュ・ショコラ」が開催!試食会の様子をレポート

2019/1/17

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。バレンタインまであと1か月を切りましたね。横浜高島屋では今年もチョコレートの祭典「アムール・デュ・ショコラ」が開催されます。8階の特設会場に約120ブランドのチョコレートが国内外から大集結!開催直前のメディア向け試食会に参加してきましたので、注目商品を紹介します。

地元の人気店が出店

Resize_DSC_0004
パティスリー・ラ・ベルデュール「アソートショコラ」3301円

地元横浜からは「パティスリー・ラ・ベルデュール」が出店。緑園都市で愛されるパティスリーです。社内でも「すっごくおいしいお店だよ!!」と力説しているスタッフがいるほど。今回メディア試食会ではシェフの服部さんから直接チョコレートの説明をしていただきました。

Resize_写真 2019-01-16 11 36 04
シェフの服部明さん

服部シェフのチョコレートは、パリで秋に開催される祭典「サロン・デュ・ショコラ」でゴールドタブレット賞を3年連続で受賞。食に対して非常にシビアな審査をするパリでの受賞はとても大きな意味を持っています!世界で認められた味が今回出品されるアソートで楽しめます。

そのうちの1つ「プラリネオリエンタル」は湘南ゴールドを使用。横浜をはじめとする神奈川の地物を大切にしたいと考えて生まれた味です。また、「抹茶ミルク」はその美味しさに会場がざわめきました…!「抹茶ミルクだけの詰め合わせが欲しい」という要望もあるほど人気の味だそう。その他「さくらフランボワーズ」や「ほうじ茶」など、一つ一つ丁寧に味わいたいチョコレート全10個の詰め合わせになっています。なかなか店舗まで足を運べないという方も、シェフのチョコレートを口にすることができる滅多にないチャンスです。

愛らしいピンク色のルビーチョコレート

Resize_DSC_0020
左からブノワ・ショコラ「キャラモンド」2862円、メサージュ・ド・ローズ「ミニヨン・ルビー」1944円、ベル アメール「プレミアムタブレット ルビー」1728円

最近話題になっているピンク色のチョコレートも多く揃います。「第4チョコレート」と呼ばれるルビーカカオ豆を使用したルビーチョコレートです。鮮やかなピンクはもちろん着色料ではなく自然の色。気になるお味は、ベリーのようなフルーティーな風味が特徴。

日本初登場&タカシマヤ初登場!

Resize_DSC_0013
(左)デリス・デ・センス「高島屋セレクション」3456円、トゥジュール・ショコラ「ショコラ・オ・フリュイ」2592円

世界からもたくさんのチョコートが登場!
左はデリス・デ・センスの「高島屋セレクション」。丸みと色合いがかわいらしいチョコレート9つの詰め合わせ。なんと27歳という若さで2018年の「サロン・デュ・ショコラ・パリ~ワールド・チョコレート・マスターズ」で準優勝という実力派!そんな才能あふれる若きショコラティエによるチョコレートは、ピーチやマンゴーパッションなど、さわやかなフルーツフレーバーが特徴です。

右のトゥジュール・ショコラによる「ショコラ・オ・フリュイ」は、高島屋がチョコレート大国のベルギーのショコラティエと共同開発。フルーツの特徴を生かした6種のボンボンショコラが楽しめます。ルビーチョコレートも入っていて欲張りなアソートですね。

Resize_DSC_0014
グザビエ・ベルジェ「マロンショコラ」3996円

ピレネー山脈の谷間で育った「ビゴール栗」という栗を使用した「マロンショコラ」。ラム酒がけっこう効いています!栗独特の甘い香りとラム酒の香りがマッチしていて、今までに食べたことのない味わいでした。オレンジ色の包み紙とカラフルな缶がキュート!カジュアルでおしゃれなパッケージは女友達への贈り物としても喜ばれそう。

1/23(水)から開催!

Resize_DSC_0001

その他、フォトジェニックにこだわったものや、ここでしか手に入らないものなどが数多く揃っています!贈り物としても自分へのご褒美としてもワクワクするチョコレートを、ゆっくりじっくり選びに行ってみては!

「アムール・デュ・ショコラ」
横浜高島屋8階 特設会場
1/23(水)~2/14(木)
https://www.takashimaya.co.jp/yokohama/event/amour/index.html

コメント (0)

食べてみた

リビング横浜の読者レポーター6人が「生食パン食べくらべ」

2019/1/16

こんにちは。しましです。
寒くたって、
おいしいものがあれば元気に笑顔で過ごせる、という方はご注目!
★福島02

リビング横浜には、横浜東・横浜南の両エリア合わせて約130人の読者レポーターがいます。その中から特に感度の鋭いメンバー(!)で読者レポーター会議を毎月開催。地元の話題についてレポートし、話し合ったりしています。
昨年12月の読者レポーター会議で「話題の生食パンの食べ比べをしてみたい!」という声が上がり、それならやっちゃおう!ということで、先日行った1月の会議で実際に「(生)食パン5種類食べくらべ」を行いました。ちらっとご報告します。
190115a

本日の参加者は6人(左手前は編集長)。全員ミセスです。
銘柄を隠してまず4種類を“生”で食べくらべたところ、

190115b

奥からナンバリング。
①が一番おいしいと思った人=2人。理由は、「もちもち。味がはっきり。食感がしっかりしている。食べ応えがある」
②が一番おいしいと思った人=3人。「甘味があってミミまでおいしい。しっとりしている。生クリームが入っているような味」
③=全員「イヤミのない味。普通においしい」
④を一番おいしいと思った人=1人。「甘味がヘンに邪魔しない。ミミと中の生地のバランスがいい。サンドイッチにも合いそうだし、こどもが喜びそう」

…というところで答え合わせ。
「俺のベーカリー&カフェ」の「俺の生食パン ~香~」。2斤1000円
「乃が美」2斤864円
③なんと、セブンイレブンの「しっとり食パン」。1斤6枚切り108円
「一本堂」の「一本堂」。1斤280円

さらに、遅ればせながら登場したのが、
⑤金沢八景にある「ベーカリーハウス アオキ」の「生食パン」。
2斤分を縦に半分にしたサイズ(正味1斤ですね)で400円。
「香ばしくておいしい。サイズがちょうどいい」と好評だったのに、
写真を撮りそびれたので、お店の写真でごめんなさい。
190115c
食べ比べをした結果、
「どれもおいしいけれど、こんなに味が違うとは思わなかった」という声しきり。
「比べてみる機会はなかなかないので、楽しかった」
「次は菊名のあのお店にも行って並ばなくちゃ」
など、いつも以上に盛り上がった会議になりました。

編集部としては、並んで集めたかいがありました。
生食パンブームはしばらく続きそう。
みなさんはどこの生食パンがお好きですか?

【関連記事】続々OPEN!横浜の食パン専門店

コメント (0)

でかけてみた

【開店】1/11(金)関内にUCC新コンセプトカフェがオープン!

2019/1/11

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。関内に「Largo Cafe & Bar Lounge presented by UCC」という、気になるカフェがオープンしました!

Resize_写真 2019-01-11 13 08 49

「Larogo(ラルゴ)」とは、UCCが販売している業務用コーヒーのシリーズ。通常カフェやレストラン、ホテルなどで使用されています。このシリーズの美味しさを一般の方にも体験してほしいという思いから今回のオープンに至ったそうです。

そしてこちらのカフェの何が気になるかというと、「O:der(オーダー)」というモバイルオーダーアプリを導入しており、事前にネット注文&お支払いができるという点。

簡単!事前オーダー方法

利用方法は簡単!

1. 専用サイトに登録
2.商品をカートに入れる
3.受け取りの日時を指定
4.クレジットカード情報を入力(最初の1回目のみ)

コーヒー豆はラルゴの4種の豆から選択が可能。カフェラテなどのミルクはソイミルク、アーモンドミルク、ピスタチオミルクにカスタマイズもできます!自分好みのコーヒーをじっくりと選んでオーダーしてくだいね!アイスドリンクやフードもあります。

注文後は店頭で受け取るだけ

注文後、登録したメールアドレスに注文番号が送られてくるので、あとはスマホを店頭に持っていくだけ。仕事の合間など、時間を少しでも無駄にしたくない時は便利ですね。

Resize_写真 2019-01-11 13 09 56

入ってすぐのカウンターには「ラルゴ」に親しむ展示がたくさん。説明文だけでなく、香りを確かめるための豆が置かれていたり、試飲もできたり。コーヒー好きはもちろん、初心者にもそれぞれの魅力ががわかりやすくなっています。

Resize_2019-01-11 13 11 34サイフォンもあり、注文後にバリスタが入れてくれる様子も見られるのも楽しいですね。

広々としていて気持ちのいい空間

Resize_写真 2019-01-11 13 12 30

店内は想像以上に広く、テーブル席と、階段状の席がたくさん用意されていました。コンセントもあるので、パソコンで作業をしている方も。

Resize_写真 2019-01-11 13 10 53

入り口近くの席は日の光がたっぷり入り込みます。なんて気持ちよさそうなのでしょう…!

Resize_写真 2019-01-11 13 17 29
カフェラテ550円、カスクート(生ハム&チーズ)650円

明るくて広々とした店内があまりにも心地よくて、持ち帰り用に包んでいただいた商品をその場で広げちゃいます。
カフェラテは珍しいピスタチオミルクでいただいてみました。ピスタチオ独特の香りと深入りした苦味のあるコーヒーがマッチ!次回はブラックでラルゴの味わいをしっかり感じてみたいです。ミルキーなカフェラテとカスクートの塩気が相性抜群。癒しのオシャレランチを満喫しました。

場所は横浜スタジアムすぐそば。観光やお買い物、お仕事の合間にこだわりのコーヒーで一休みしてみては!

「Largo Cafe & Bar Lounge presented by UCC」
横浜市中区山下町204-1、ダイワロイネットホテル1階
7:30~22:00

コメント (0)

プレス行ってきた

横浜赤レンガ倉庫「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」会場の様子をレポート!

2018/12/26

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。
ディズニー好き必見のイベント「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」がついに横浜赤レンガ倉庫にやってきました!

ウォルト・ディズニー・アーカイブスとは、ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する史料を収集・保存するためにカリフォルニア州に設立された施設のこと。
何千におよぶコスチュームや小道具、400万点の写真資料が集められているそう。通常その内部は一般公開されていないのですが、今回、膨大なコレクションの中から日本初公開を含む約420点ものアイテムが公開されます!

開催直前の会場を、レック・ロレンツさんに案内していただきましたので、その様子をレポートします。
(レックさん:米国「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」収集&展示アーキビスト)

ミッキーマウス スクリーンデビュー
90周年を記念した
巨大なショーケース

Resize_IMG_4870
©Disney ウォルト・ディズニー・アーカイブスのロビーにある巨大なショーケースを再現

会場に入ると、大きなショーケースがお出迎え!
ショーケースの中に飾られるコレクションは毎回変わるそうですが、今回はミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念した特別な内容に。

Resize_IMG_4873
©Disney

一番古いミッキーグッズは左手のメモ帳。オリジナルのものはなんと1920年代製!その他1930年代の腕時計やハンドカーなど、長く愛されてきたミッキーの歴史をたどることができます。

ディズニー作品で使用された
衣装や小道具の数々

Resize_IMG_4855
©Disney 『美女と野獣』

ディズニー映画で実際に使用された衣装や小物が間近で見られます。去年大ヒットを記録した『美女と野獣』の衣装も。女子の憧れのあの黄色いドレスです!

Resize_IMG_4815
レックさんが特別に裾をまくり上げて見せてくれました ©Disney

有名な黄色いドレスの他にもう一点、セレブレーションガウンと呼ばれるドレスも。美しい花柄は丁寧に手描きされています。映画の中ではなかなか見られない靴もあるので、ぜひしゃがんで見てみてください!ドレスと同じくこちらも手描き。実物を見ると、細部へのこだわりがよくわかります。

その他、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』や『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』など様々な衣装や小物が展示されていますので、じっくりと細かい部分まで見てみてくださいね。

「ホーンテッド・マンション」のゴースト!

Resize_IMG_4830
©Disney 「ホーンテッド・マンション」

人気のアトラクション「ホーンテッド・マンション」で実際に使われた3体のゴーストも!
パークで使用されたものもこうして大事に保管されているのですね。私も大好きなアトラクションです!こうしてまじまじと見られるなんて不思議な体験。

ウォルト・ディズニーの仕事部屋

Resize_IMG_4833
©Disney ウォルト・ディズニーの仕事部屋

こちらは『ウォルト・ディズニーの約束』の撮影用に再現されたウォルト・ディズニーの仕事部屋。ウォルト・ディズニーは、フィギュアが好きだったそうで、プレゼントされたフィギュアを棚にたくさん並べていたそう。そんなデスク周辺の様子から、鉛筆の数まで忠実に再現されているそうですよ。この空間からあの名作の数々が生み出されていたのですね。

買いすぎ注意!限定品も多数のグッズ売り場

Resize_IMG_4884
©Disney

グッズ売り場も長居してしまいそうな品揃え。ここでしか買えないグッズがたくさんあります。今回の展覧会限定グッズはなんと約100種類もあるそう。

竭「-3 (2)©DisneyneoN ピアス/イヤリング 各2808円

光るピアスは会場初登場!色が4色あってかわいいんです。夜のディズニーランド・シーに着けていけば目立つこと間違いなしですね!

当イベントの開催は1/20(日)まで。めったに見ることのできないディズニーコレクションの数々をお見逃しなく!

ウォルト・ディズニー・アーカイブス展
~ミッキーマウスから続く、未来への物語~
【期間】1/20(日)まで
【会場】横浜赤レンガ倉庫1号館 2階スペース
【公式ウェブサイト】
https://www.disney.co.jp/eventlive/waltdisneyarchives.html

コメント (0)

プレス行ってきた

横浜が誇るホテル「ホテルニューグランド」の市民感謝DAYに潜入

2018/12/10

しましです。
師走になってしまいました~
今年はどんな一年でしたか~
★福島02

ところで、山下町の名門ホテルといえば、
ハマっ子が大好きなホテルニューグランドですね。
ここで、
「第5回市民感謝デー」なるものが行われると聞き、いざ取材へ。

実はリビング横浜の人気イベント、おいしい横濱めぐりでも、この夏にホテルニューグランドで開催した経緯があり、今日は勉強させていただくつもりで出席します!
★IMG_6138
91年前の12/1にホテルが開業したので、5年前から毎年この時期に市民感謝DAYが開かれています
横浜の歴史に触れ、利用客のみが入れる場所への館内の見学と伝統の味が楽しめるとあって、事前申し込みは約5倍だったそう。晴れて当選した市内在勤在住の120人が本館のレインボーボールルームに会しました。
★IMG_4685
★IMG_4687
参加者を出迎えてくれたのは、フェリス女学院大のバイオリン・森田綾乃さんとピアノ谷坂仁美さんによる美しい調べ。
代表取締役社長の濱田賢治さんの挨拶後、
横浜都市発展記念館副館長で主任調査研究員の青木祐介さんが「海からみた横浜の歴史~港都から工都へ~」と題して記念講演。
★IMG_4691 ★IMG_4693
ホテルニューグランドの生い立ち、横浜の歴史とともに歩んだこと、
また海と横浜のかかわりなど興味深いお話しに、皆さん真剣に聞き入ります。

震災の復興を目的に、市民や政財界の声からこのホテルが誕生したということを、ご存知だった方はいらっしゃいますか? 震災前に並んでいたホテルの中にグランドホテルがあり、新しく建てるホテルの名称募集で上がった中から選ばれたのが、「ニューグランドホテル」。これが、復興の象徴となり、現在のホテルニューグランド。ハマっ子も知らない情報だらけで約1時間があっという間に過ぎました。

それでは、館内見学へ参りましょう。
★IMG_4707 ★IMG_4708 ★IMG_4709
本館ロビーの天井、壁、柱、床、調度品…。
開業以来変わらないインテリアは、多くの人の憧れの場所。
テレビや映画の撮影によく使われることでも知られます。
このイスも、座面を張り替え、メンテナンスを施しながら大切に使われています。

★IMG_4712 ★IMG_4717
フェニックスルームは、この日はさながら博物館。
時代ごとの出来事や支えてきた人たちのパネル写真や、
この富士山皿など、開業当時から使われている食器セットも並べられました。
食器はもう作られていないので、こちらも大切に使い続けているそうです。
この気持ちがホテルのポリシーそのものに感じられました。

★IMG_6180
移動途中では、開業当時から使っている本館の階段も上り下り。
雰囲気も味もあります。

★IMG_6183
ん?この行列は?
と思ったら、ある意味ここが一番の見学ポイント、
大佛次郎ゆかりの部屋とマッカーサースイーツがこの先に。
(お着物の方、ドレスアップされた方多し。男性はジャケット着用のドレスコードがありました)

★IMG_6190
大佛次郎が定宿にしていたのは、318号室の「天狗の間」。
「ここが一番落ち着いて執筆できる」とご本人が言っていたそうです。

もう一つは、マッカーサーズスイート。
★IMG_6193
終戦後、連合国軍に接収されたホテルニューグランドですが、
当時マッカーサー元帥が好んで宿泊したのが、ここ315号室。
このスイートルームにある天蓋付きのキングサイズベッドにダイブしたい!と見学するみなさんが思ったと思います。
★IMG_6196
ちなみに、
大佛次郎の部屋もマッカーサーの部屋も、今でも一般宿泊用に利用されているそうです。
一度泊まってみた~い!

★IMG_4710
季節はちょうど銀杏並木が色づくころ。
こんな景色もすばらしいですが、なんといっても真の目的は、きっとこれ。IMG_6204
伝統のナポリタンや…
★IMG_4769 ★IMG_4771
料理の数々…
そしてスイーツ
IMG_6214
ア・ラ・モードではありませんでしたが、プリン(左上)もあって、もう満足です。
★IMG_4776
総料理長の宇佐神茂さんと営業企画主任の横山ひとみさん。「ホテル伝統のかわらぬ味を継承していることを、みなさんに知っていただけるいい機会でした」

さらに、
ロビーのツリー点灯式もあり、
★IMG_4785
盛りだくさんの内容でした。

帰りはお土産を手に、みなさんが笑顔でホテルを後に。
親子で何世代にもわたって利用しているという話をよく聞くのが、ここホテルニューグランド。市民の大好きなホテルはいまだ健在です。
今年の締めくくりに、あるいは来年、いつかの記念日に、
山下町の名門ホテルですてきな時間を過ごすのも横浜らしいひとときですね。
とりわけこの市民感謝DAYは、特別な体験ができるチャンスです。
また来年開催されるようでしたら、ぜひご参加を。

ホテルニューグランド

コメント (0)

深夜の大工事!相鉄線「開かずの踏切」廃止で交通がスムーズに

2018/11/30

こんにちは、編集部のヤギです。11/23~24の深夜に相鉄線「天王町」駅で行われた線路切替工事の見学会に行ってきました。この工事は、踏切を無くし、交通渋滞や踏切事故の解消など、私たちの暮らしをより快適でスムーズにするものです。★矢木

「線路切替工事」とは?

「天王町駅」と「星川駅」を含めた約1.9kmの区間には9箇所の踏切がありました。うち8箇所は開かずの踏切この踏切廃止事業(連続立体交差事業)が平成元年に始まり、いよいよ全線高架化!

「高架化」には、従来の踏切のある(道路と接している)線路から、踏切がない線路への切替が必要になります。そこで、重要なのが「線路切替工事」

今さっきまで使用していた線路を切断し、高架化用の線路に繋げる工事です!

resize_IMG_2974

終電から始発までが勝負!

工事は、終電から始発までのわずかな時間に約460人の手により行われました。「星川駅」で最終列車を見送った0:30。始発5:11の前に試運転があるので、工事の制限時間は約4時間。resize_IMG_2868
高架化前のラストランを写真におさめる鉄道ファンの姿がチラホラ

お隣の「天王町駅」で工事開始!
resizeIMG_2893
激しい工事音と威勢のいい声が飛び交う現場。深夜とは思えないほど活気と熱気に溢れています

resizeIMG_2913
切り離した線路は、なんと人力で動かします!声を合わせて少しずつ所定の位置に移動

resizeIMG_2934左が新しい線路、右が従来の線路。それぞれ長めに切っておいた線路を今から調整

resizeIMG_2954レコードのようで可愛らしい「でんでんむし」。実はコレ、線路を切る刃なんです!

resizeIMG_2980「でんでんむし」が線路を切る!激しい音、焦げ付く匂い、煙と熱気がたちこめ、現場に緊張が漂います

resize_IMG_3015ものの数分で線路は切れ、ぴったり繋がりました!

resizeIMG_2987
同時にホームも仮設。線路の位置が今までよりも奥まったので、その分、増床しています

resizeIMG_3027
線路の位置が決まると、電気系統の配線が始まります

現在3:20。とてもスムーズに工事が進んでいます!その一方で、踏切があった場所は封鎖され、任務を終えた踏切信号にはカバーが。踏切好きには少し寂しい光景・・・

resizeIMG_3039

resizeIMG_3041

始発直前に試運転!?

線路切替工事が無事に完了したら、いよいよ試運転の電車を待ちます。resizeIMG_3053
線路切替工事が行われた天王町駅から移動し、星川駅で待機します

resizeIMG_3062

試運転の速度は15km。線路をならす目的もあり、とってもゆっくり慎重に入線します。

resizeIMG_3066

ホームに着いた瞬間ッ・・・三角定規を持った人達がホームとドアの距離と高さを計測!乗降時の安全を検証中(ここ、利用者としては重要ですよね)。計測が済むと、すぐさま試運転の電車は次の駅へ。

rereresizeIMG_3070夜が明けない時間でも、向かいのホームには鉄道好きがいっぱい!

踏切廃止により待ち時間が解消され、毎日の暮らしがより快適になりそうですね。(夜を徹して工事してくださった職人のみなさん・・・ありがとうございますッッ!)

今後、高架下には歩道や駐輪場、商業施設などを予定しているそう。都心への相互乗り入れを控える相鉄線、益々注目です!


resize_20180117_102217【関連記事】相鉄線の新型車両「20000系」がかっこよすぎる!記者発表会で営業運転前の車両を拝見。その3つの特徴をお伝えします!


 

コメント (0)

「アテニア化粧品」のリニューアル新発売 エイジングケアライン「ドレスリフト」を使ってみた

2018/11/22

Resize_青山年齢とともに気になるお肌の悩みといえばハリ! 年齢的にお肌の変化が気になる編集部・よっしーです。

「アテニア化粧品」の、エイジングケアライン「ドレスリフト」シリーズと本格保湿ケアライン「プリマモイスト」がリニューアル(2019年1月21日発売)されます。今回、新作発表会に伺いました。

dress lift_shugou「アテニア」エイジングケアライン「ドレスリフト」。写真は「アテニア」より

「アテニア」は、ホームページによると「一流ブランドの品質を1/3価格で提供することに挑戦し続け、多くの女性の願いを形にした」と書かれています。

今回リニューアルした「ドレスリフト」は、「かつてない高密度のハリを目覚めさせます」がうたい文句のエイジングケアライン。「美しさをいかに引き延ばすか」がテーマ。「コラーゲン」をたっぷり補給させ、肌の内側から押し返すようなハリ肌感触に導いてくれるそう。

これは試したい!
肌のハリや質感、たるみ、柔らかさは歳を重ねた女性の共通の悩み。よっしーは、それに加え、シャープさが失われています。昔は小顔でシュッ!としていたのにー。そこで、アラフォー世代(かなーり過ぎていますが…)を代表して、エイジングケアライン「ドレスリフト」を使用してみました。

使用したのは、同シリーズの洗顔料、化粧水、乳液、ナイトクリームの全4品(写真上)。

まずはフェイシャルウォシュ。洗顔ネットを使うと、少量でクリーミーでモコモコの泡がすぐ出来上がります。洗い上がりは、サッパリというより、うるおう感じ。ツッパリ感は全くありません。

最近は手軽さから、オールインワン化粧品を愛用していたよっしーにとって化粧水→乳液の手順がとても新鮮! 「美肌効果を最大限に引き出す30秒タッチングメソッド」(ホームページに載っています)にそって、やさしく化粧水をなじませます。化粧水は想像以上にしっとりして、とろみがあります。伸びがよいので、少量でも十分。

朝ならこの後、乳液、夜ならナイトクリーム。

IMG_4355アテニア
こちらが「ナイトクリーム」

ナイトクリームは濃厚でコクがあるのに、ベタつかず、伸びもよく、肌に吸い込まれていきます。メソッドに沿って、肌の上をクルクル、やさしくマッサージ。最後はキュッと顔を引き上げて、笑顔の形状記憶!幸せホルモンを刺激して終了。ソファでテレビを見ながら、ゆったりお肌のマッサージタイム。バタバタの毎日でも、この時間は確保したいもの。

使い始めて1週間。ワーっと驚くような変化はありませんが、肌が柔らかく、しっとり感が増したような。

何よりも、自分の肌をいたわるようになりました。

年齢に合った化粧品を使うのって大切。パッケージがとても高級感があって、手にとる度に気分が良いのも大事。高級感があるのに、取り換え用もあったりで、エコだし、コスト的にも◎です。

毎日お肌をいたわるのが楽しくなってきました。

 

コメント (0)

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room

平成30年度版暮らしのガイドwith Living Eye

平成30年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更