1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
プレス行ってきた

「コード・ブルー」の実物セットも! 「セットデザインのヒミツ展2」開催中

2018/2/23

Resize_namiこんにちは、編集部namiです!

放送ライブラリーで本日から4/8(日)まで「フジテレビ セットデザインのヒミツ展2~月9ドラマ30年の軌跡~」が開催中。セットや小物を間近で見ながら、ドラマがどのように作られてきたのかを知ることができます。

30年間で放送された126のドラマを振り返る

Resize_IMG_4513

放送されてきた126ものドラマ。皆さんはいくつご覧になりましたか? イベント中ヒストリーエリアには、全作品の台本がずらり。どれを見た、どれが好きだったかなど話が弾むこと間違いなしですね!

Resize_IMG_45252006年に放送されていた「西遊記」。香取慎吾さんをはじめとする出演者が実際に来ていた衣装が展示されています。

その他、「ラブジェネレーション」の小道具や、「東京ラブストーリー」の監督の台本割り、「のだめカンタービレ」のマングースの着ぐるみなども。当時使われていた数々の品とともに懐かしいドラマを振り返ることができます。

気づいた?「貴族探偵」の紋章の意味

Resize_IMG_4521
2017年に放送された相葉雅紀さん主演「貴族探偵」のコーナーには、ドラマで登場した王座が忠実に再現されています。こちらは座って撮影をすることも可能!是非相葉さんの貴族ポーズで写真を撮ってみてくださいね。

私も「しっかりした高級そうな生地ね」と思いながら腰をかけてみると…見てはいけないものが…?

Resize_IMG_4519

カーテンの裏側にワイヤーを発見!!
「相葉さんはいつもこのワイヤーを見ながら座っていたんですよ」とデザイナーさんが茶目っ気たっぷりに話してくれました。

カーテンが開く演出では大道具さんが両端からこのワイヤーを引っ張っていたんだとか。美術セットは画面に映る世界を作るものなので、その裏側を見たり、素材を聞くと、驚くことばかりです。

Resize_IMG_4520

ところでデザイナーさんのお仕事は、画面に映るすべてのもののデザイン。もちろんこの紋章も0からデザインされていて、出演者にゆかりのあるものが配置されているんだとか。例えば相葉さんが昔飼っていたクジャク(!?)や、誕生花などなど…。

こんなにも細かなところにまで意味が込められているなんて。他にも何か隠れているのでは?とついつい探したくなりますね。デザイナーさんも視聴者が気づいてくれるととても嬉しいそう。

コードブルーのセットの裏側

Resize_IMG_4531
「コード・ブルー ドクターヘリ 救急救命 THE THIRD SEASON」医局のセット

2008年から放送され、シーズン3まで続いた人気ドラマ「コード・ブルー」のセット。読み込まれてふにゃふにゃになった資料や、フライトの順番を表すボードなど…ドラマのために作られたとは思えないほどリアリティに溢れています。もちろんすべてドラマ撮影に使用したもの。山Pこと山下智久さんや戸田恵梨香さんたちが触れたんだ…!とファンはもちろんミーハーな私もドキドキしてしまいます。

計算し尽くされた事故現場セット

Resize_IMG_4529
第9・10話の地下鉄線路内崩落事故現場の実物セット

事故現場の数々もコード・ブルーの見どころ。これらもやはり、デザイナーさんによってデザインされています。土砂を適当に積み重ねているのではなく、どうやって崩れるのか、緻密に計算したうえで作っています。

Resize_IMG_4534

Resize_IMG_4533

こちらは山車が民家に衝突する事件の現場。民家もドラマのために作られたのですが、まずは模型を作り、崩れ方や人の動きを確認していきます。すべて計算されているからこそ、あの緊迫感のある映像が出来上がるんですね!

画面に映るすべてのものをデザインしていくデザイナーさんのお仕事。その流れをざっくりと説明をすると、まず監督と打ち合わせをしてイメージを固め、デザイン画を何枚も描き、デザイン決定後、作ってくれる大道具さんや装飾さんなどに発注、作っている現場の指示をし、できあがった現場のチェック。

「仕事量多くないですか!?」と思わず心配してしまったのですが、「それでも、やっぱりやりがいがありますよ」とキラキラしながら答えてくださったのが印象的でした。デザイナーさんはじめ、セットデザインに関わる多くの方の熱意が、ドラマの世界をさらに魅力的にしているのですね!

セットデザインのヒミツ展は4/8(日)まで。美術デザイナーさんが制作過程を解説してくれるツアーもあるそうです。いろいろな裏話が聞けるのでおすすめ!気になる方はURLからチェックしてみてくださいね。

「セットデザインのヒミツ展2」
http://www.bpcj.or.jp/event/blog/2018/01/post20180124.html

コメント (0)

フランスのエスプリ感じる2日間限定ディナー!横浜ベイホテル東急「クイーン・アリス」の「アリスの感謝祭」

2018/2/21

編集部のこぢかです。Resize_こぢか

先日、横浜ベイホテル東急3階のフランス料理「クイーン・アリス」で行われたメディア試食会に行ってきました。3/8(木)・9(金)の2日間限定で「アリスの感謝祭」が開催されるのですが、同イベントでいただける特別メニューの一部を試食させていただきました。

「クイーン・アリス」シェフの田面山(たもやま)博憲さんが、8~11月の3カ月間、フランスに渡り、パリのプロフェッショナル養成校「フェランディ」での実習を経て、南仏マルセイユのレストランで研修へ。研修先のお魚にこだわる三ツ星レストラン「ル・プティ・ニース」では本場ならではの調理法を学んだそう。田面山シェフがフランスで感じたすべてが表現されたスペシャルなメニューが楽しめる2日間だけのスペシャルディナーコースです。

IMG_2999「専門学校での勉強はとても新鮮でした!」と話す田面山シェフ。「クイーン・アリス銀座店」「クイーン・アリス迎賓館」を経て、当時、石鍋裕シェフに作ったまかないが目にとまったのがきっかけ、27歳で「クイーン・アリス銀座店」のシェフになった!という経歴にも驚きです
IMG_3004

IMG_2997ウサギのお皿もとってもキュート!「不思議の国のアリスが訪ねてくるようなレストラン」…というコンセプトの通り、フォトジェニックなお部屋の雰囲気もすてき

まず、いただいたのは、「ズワイガニとトリュフのフラン そば粉のチュイルを添えて」。チュイルは、上にのっているうすい網状のもの。チュイルをパリッと割ると、ズワイガニのうま味とトリュフの香りが広がるフランが。ちなみに「フラン」とは、卵や牛乳、生クリームなどを使った液体をオーブンで焼いたり蒸したりしたもののこと。カマンベールチーズが隠れていたり、ユリ根の食感が楽しめたり、いろいろな味わいが楽しめる魅力的な一皿。

IMG_3007

こちらはお料理は、何だと思いますか?

IMG_3012

なんとこう見えて「ブイヤベース」なんです!スープを後で注ぐという斬新スタイル!「ル・プティ・ニース」のメニューで、シェフが特に驚いた一品。煮込むのではなく、軽く調理した魚と低温調理したスープをいただくスタイルだったそう。斬新スタイルのブイヤベースを田面山シェフ流にアレンジした渾身の一皿です。

金目鯛のポワレ、焼きタラバ、ハマグリ…に魚介のうま味たっぷりのスープはうま味が広がる感動的な美味しさ。オレンジの皮のトッピングで爽やかな香りもプラス。さらに!チーズバゲットをスープと一緒にいただくと、「味変」でまた違った味わいに。

メインは「オマール海老のロティ 塩レモンとローリエの香り」。上品な香りの生のローリエ、フォンドボーとレモンソース、ピンクペッパー&レーズンの甘味とスパイシーな味わい…一皿でさまざまな香り&味わいが楽しめる芸術的な一皿。オマールの付け合わせのホックホクのアーティチョークも絶品でした!

IMG_3021

デザートは、「ヴェルヴェーヌ風味のフィユテ 苺のソルベとともに」。ヴェルヴェーヌはハーブティーにも使われるバーベナのこと。ヴェルヴェーヌを生クリームとホワイトチョコレートで煎じて作られたクリームは、レモンのようなほんのり爽やかな香りが楽しめます。イチゴはシャンパンでマリネされた大人な味わい。盛り付けもかわいいですよね。

IMG_3025

フランスのエスプリを感じる2日間だけの限定ディナーコース。料理はこのほか「子鳩のロースト」など全10品。大切な人と思い出に残るディナーが楽しめそうです。気になる方は「横浜ベイホテル東急」のホームページまで!

コメント (0)

【横浜でシュークリームLOVE】vol.1は定番ですがコージーコーナー

2018/2/19

★福島02
このところ、シュークリームがマイブームのしましです。
今頃~?なんて言われそうですがお許しを。
これこそ帰宅後のお楽しみ!
ドラマやニュース、この頃はオリンピック中継を見ながら、食後のデザートにいただいているわけです。

なかでも安定のおいしさが、
銀座コージーコーナーなんですね。
定番中の定番で失礼。
今さらですが、コスパの良さはもちろん、
理想のシュークリームがいただけるので、第1回(シリーズか?)に登場です!
いたるところにお店がありますが、
たまたま「シァルプラット東神奈川店」に立ち寄りました。
ちょうど10%引きのSALEでした。ラッキー!
ケースの中にシュークリームは3種類。
迷ったら全部買いです。
(お手頃なので、そう自慢しなくても…
IMG_3135

まずは「ジャンボシュークリーム」(税込み124円!⇒この日は111円でした)。
袋を開けた途端にシュー皮の香ばしさとバニラのいい香り。
しっとりした皮がどこか懐かしく、クリームのずっしりとした手応え!これこれ。これこそ理想の正統派シュークリーム。
バニラビーンズの黒いつぶつぶは、口の中ではなめらかで、
鼻から抜けるなんともいえないいい香り。
外せないし、外れない。
シュークリームって、どんな味だった?と思ったら、とにかくこれ!です。
基本のシュークリームを思い出したいときに。
IMG_3142

続いて「ジャンボシュークリーム カスタード&ホイップ」(同)。
黄色いカスタードクリームと真っ白なホイップクリーム。
カスタードクリームはすっきりした味。ホイップクリームのホワホワ感とちょうど良い組み合わせの量。絶妙です。
ジャンボシュークリームの応用編とでもいいましょうか。
HPには「アングレーズソースを加えたクリームのなめらかさをお楽しみください」とありました。はい。楽しんでいます。
IMG_3137 IMG_3138
切り方がいまいちですが、とろ~り感が伝わっていますように

最後に「ジャンボシュークリーム 濃い苺味」(151円⇒この日は136円でした。わーい)。
こちらも袋を開けた瞬間からふわーっと香りが広がります。それも、甘ーいイチゴの香り。途端に春が来ます!
“濃い苺味”ってどうなの?と思いながら一口パクリ。
来た来た!いきなりぱーっとたっぷりのいちごクリームが来ますよ。
甘いけれどほのかに酸味があり、
そして確かに濃い。
彩りもかわいい。
女子受けしますので、世の男性のみなさま、女子が大人数の手土産にいかがですか。
IMG_3144

で、一度に3個食べたの?という疑問はないですか?
なくても答えちゃおうっと。
はい。いただきました。

ところで銀座コージーコーナーはこの1月で創業70周年を迎えたそうです。
定番の主力商品がさらにおいしくリニューアルですって。
あ、シュークリームもリニューアルされたんですね。
なんてタイムリー!
シンプルイズベスト。
基本のシュークリームを訪ねては。
IMG_3147

コメント (0)

プレス行ってきた

アトレ川崎リニューアルで話題のお店が続々登場!

2018/2/16

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。
昨年11月から大規模リニューアル中のアトレ川崎。続々と話題のお店がオープンしているんです! 2/17(土)にはデリやレストラン、書籍・生活雑貨ショップなど、さらに49もの店舗が登場。いったいどんなお店が入るのでしょうか?内覧会の様子をレポートします♪

GOOD DAYS DINER
気軽に寄れるレストラン・カフェがたくさん!

ResizeDSC03761

今回は‟食”のショップが多くオープン。改札を出てすぐのアトレ3階、「Good Days Diner(グッド デイズ ダイナー)」と名付けられたフロアにはイートインスペースもあり、まるでフードホールのようになっています。中でも気になったお店をいくつかご紹介します。

「COFFEE MILK」

Resize_DSC03745
中央通路沿いに店舗を構えるのは、「COFFEE MILK(コーヒーミルク)」。‟ミルクが主役”という面白いコンセプトのお店です! 牛乳だけでなく植物性ミルクを使用することで、コーヒーのいろいろな味わいが楽しめるそう。(詳細はコチラ)

Resize_DSC03742

店内はカウンター席とふったり座れるチェアがあり、居心地が良さそうです。

「DOU(ドウ)」

Resize_DSC03752

生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」。「クロッカンシュー ザクザク」や、「ベイクチーズタルト」って聞いたことありませんか?気になる洋菓子をたくさん作っている会社が出す、初の和菓子屋さんなんです。見るからにふわっふわな生地は店頭で焼いていており、食欲をそそります! (詳細はコチラ)

「Dexee Deli(ディキシーデリ)」

Resize_DSC03753

お惣菜やサラダを組み合わせて作るランチボックス屋さん「ディキシーデリ」。都内に数店舗ありますが、今回神奈川初出店! 私も都内で働いていた頃、仕事後「お腹はすいたけれど、バランスの取れた食事はしたい…」と思っているときに発見し、何度もお世話になったお店です。

Resize_DSC03754

旬の野菜がたくさん摂れるのが本当にありがたいんです。広々としたイートインスペースもありますよ。

北口通路側は飲みスポット

お酒好きな私は特にワクワクしてしまったエリア。ビール、日本酒、ワインそれぞれに特化したお店が並びます。

「プラチナ ビア マルシェ」

Resize_DSC03692

Resize_DSC03689

日本各地のクラフトビールがずらりと並ぶこちらのお店。上の写真は関東初上陸、京都「丹後」で醸造されたビールです。ピルスナーやヴァイツェンなど7種があり、それぞれ異なるお姉さんのラベルが貼られていて華やかです。クラフトビールはラベルのデザインも個性があるので目でも楽しめますよね。プレゼントにも喜ばれそう。

Resize_DSC03694

すぐ向かい側には実際にクラフトビールが飲めるバー「白金魚 プラチナフィッシュ クラフトビア バル」。スタイリッシュでカジュアルな空間も良い感じです。初めて見る「猫二匹」を試飲させていただきました。香りが強いのに飲みやすくてとってもおいしい! 最寄りの駅にあったらどれだけ頻繁に通うことでしょう。

「ENOTECA(エノテカ)」

Resize_DSC03704

ワインショップ「エノテカ」。元町に店舗があるのでご存じの方も多いのでは?店頭にかわいいパッケージのワインが並んでいたのですが、左半分が低アルコールワイン、右半分がノンアルコールワイン! 珍しい特集ですよね! 翌日も仕事があるけれど飲みたい大人の賢い選択肢かも。

Resize_DSC03701
フルーツワイン、大人のクリームソーダ

アトレ川崎店限定メニュー2種をいただきました。どちらもノンアルコールとアルコールが選べます。「大人のクリームソーダ」は、見た目は可愛らしいのですが、すっきりとした味わいでまっさに大人! 夜のデザートにぴったりです。

駅ナカの便利な食ゾーン

Resize_DSC03720

北側の改札内にはお惣菜やお弁当のお店を中心に店舗が並びます。から揚げの「鶏撰(とりせん)」や、「築地すし好 Iki 粋」など、食卓を彩る手軽なテイクアウト商品が手に入ります。

リミテッドショップは毎回の楽しみになりそう

Resize_DSC03717

こちらは期間限定のお店が入るスペース。オープンからの2週間は「プレスバターサンド」です。

Resize_DSC03718
写真はディスプレイ

ビスケットの中にバタークリームとキャラメルクリームがサンド。ビスケットザクザク感とクリームのとろっとした濃厚さがたまりません…!すっかり「プレスバターサンド」の虜になっていまった私は、2週間しかここで味わえないのが残念でなりませんが、「次は何かな?」と毎回の楽しみになりますね!

その他にも、神奈川初出店のお店や、新業態のお店など、魅力的なお店がたくさん! どんどんと川崎が楽しい街になっていますね。週末のおでかけ先の候補にしてみては!

「アトレ川崎」
https://www.atre.co.jp/store/kawasaki

コメント (0)

でかけてみた

横浜そごう美術館で色鍋島を鑑賞。

2018/2/13

こんにちは。編集部のかっきーです。

そごう美術館で行われている「今右衛門の色鍋島 人間国宝の技と美」に行ってきました。
会場内には180点もの作品が。
2014年に人間国宝として認定された十四代目の作品を中心に、江戸時代に作られたものまで陳列されているので見応えがあります。
テーブルアートの第一人者坂口恵子さんによるテーブルコーディネートの展示は、写真撮影できます。
たとえば、このようなコーディネートが。
IMG_3237
【正月】新しい年に思いを込めて集う
記念撮影をしてみては。

色鍋島とは?

パンフレットによると、

色鍋島は、江戸時代に佐賀・鍋島藩窯が生み出した、最高級色絵磁器です。将軍家をはじめ、公家・諸大名への献上品として、熟練の優れた陶工たちにより徹底した分業体制のもとで厳正に管理、制作された、精緻を極めた美しさと品格を持つ製品でした。

とあり、伝統のあるものということがわかります。
赤、青、緑。
花や鳥、蝶など自然のものが磁器に描かれています。
よく見ると白地のところに細かい模様が入っていたり、皿の裏面に葉の模様が描かれていたりと、見どころが満載です。

テーブルコーディネートの展示からいくつか。
IMG_3248
【七夕】涼やかな風に吹かれて川辺に集う
鳥がかわいらしいです。

IMG_3241
【雛祭り】平安の雅 ひいな遊びを楽しむ
おひなさまに合わせて形が作られていて面白いです。

十四代目の作品

もともと色鍋島を知っていたわけではなく、足を運ぶきっかけとなったのはポスターの写真。
「色絵薄墨墨はじき海芋文鉢」と銘をうたれたもので、グレーの陰影とプラチナの線が見る角度によって、キラキラと表情を変えます。
ポスターの作品と似ているのが、写真に写っている星形のお皿です。
IMG_3251【クリスマス】天からの贈り物~雪明りに集う
グレーの陰影を作っているのが、墨はじきという技法です。
先代の十三代目が初期伊万里の吹墨の作品の影響を受け、薄墨で彩色する技法を取り入れたのが始まりです。IMG_3245【月見】月を愛でながら一献このグレーがとても透明感があるな、と思いました。
ガラスのように透けているわけではないのに、陶磁器のべたっとした平面的な質感ではなく、奥行きを感じました。

会期は2月18日まで!

これらの色鍋島が見られる展示は2月18日(日)まで。
気になる人はぜひ、見学してみてはいかが。

今右衛門の色鍋島 人間国宝の技と美
そごう美術館(横浜駅東口 そごう横浜店6階)
午前10時~午後8時※入館は閉館の30分前まで
大人1000円、大学・高校生800円、中学生以下無料
電話 045-465-5515
そごう美術館 ホームページ

コメント (0)

マリン&ウォークでも!「ヨコハマストロベリーフェスティバル」

2018/2/7

Resize_namiこんにちは、編集部namiです!
先日赤レンガ倉庫の「ヨコハマストロベリーフェスティバル」に行き、「もっといちごが食べたい!」と私の頭の中まで、いちごづくしになってしまいました。(レポート記事はコチラ

「マリン & ウォーク ヨコハマ」も現在「ヨコハマストロベリーフェスティバル」に参加しているのをご存じですか?レストランやショップ8店舗がこの時期だけのオリジナルいちごメニューを用意しています。

Resize_写真 2018-02-03 13 25 51

「A16(エーシックスティーン)」のスイーツは
ボリュームしっかりめ

Reize_写真 2018-02-03 12 57 16

フェス参加店舗の中でも大好きなカリフォルニアイタリアン「A16」に行ってきました!

「A16」はカリフォルニアで人気のレストラン。パスタやピッツァがとてもおいしいんです。
そして海に面しているので、大きな窓から見える景色が気持ちいい。夏はテラス席が◎。みなとみらいってステキ!って改めて思えます。

赤レンガのフェスはワイワイ感や種類の多さが魅力ですが、マリン&ウォークのフェスは店内でゆっくりと食べられるのが魅力かもしれませんね。

Resize_写真 2018-02-03 12 43 34
いちごと柚子のトライフル(734円)

フェス限定メニューがこちら。ビン詰めのスイーツは見た目がアメリカンでかわいい!

Resize_写真 2018-02-03 12 44 38

スポンジ、カスタード、ゆずとイチゴのジャムのサンド。てっぺんのメレンゲはふわふわ!ジャムがさっぱりしているのと、スポンジが少しビスケットのような食感で、飽きずに最後まで食べられます!

コーヒーカップや、スプーンと比較してわかるように、ボリュームは大きめ。ランチもしっかりと食べたので一人一個食べるとかなりお腹がパンパン!いろいろなスイーツを楽しみたい方は、一緒に来た方とシェアをした方がいいかもしれません。

「カカアコ ダイニング&カフェ」
鮮やかなピンクの揚げドーナツ

Resize_写真 2018-02-03 13 11 52
ストロベリードーナツ(216円)

2軒目は、ハワイアンダイニング&カフェ「KAKA’AKO(カカアコ)」へ。
レジの下にずらっと並んだドーナツがいつも魅力的だな~と眺めていたのですが、期間限定と聞くとなおさら買わずにはいられない。

Resize_写真 2018-02-03 13 24 01

旦那へのお土産に1つ購入(味見済み)。

Resize_写真 2018-02-03 13 23 42

「とちおとめ」が生地に練り込まれており、とってもきれいなピンク色!

まだまだ気になるいちごスイーツがたくさん

Resize_写真 2018-02-03 13 09 20

パンやコーヒー、雑貨が取り扱われている「&Sell(アンド スエル)」は「イチゴパフェ(800円)」。テイクアウトOKなので、海辺で食べるのもありかも(まだ寒いですが)。こちらもなかなかボリュームがありそう。

Resize_写真 2018-02-03 13 26 55

パイ専門店の「Pie Holic」は「ベリーラヴリーパイ(1296円)」。パイ生地の中には濃厚チョコレート、パイの上にはいちごや、いちごカスタード、ソフトクリームという…間違いなくおいしい組み合わせではないでしょうか。17時以降限定とのことです。

これらのいちごスイーツが食べられるのは、赤レンガの「ヨコハマストロベリーフェスティバル」と同じく2/12(月・祝)まで!お見逃しなく。

マリン&ウォーク
http://www.marineandwalk.jp/

コメント (0)

プレス行ってきた

いちごづくしの「ヨコハマ ストロベリー フェスティバル2018」が開催!

2018/2/2

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。

この時期おいしい果物といえば‟いちご”ですね!
本日2/2から横浜赤レンガ倉庫で「Yokohama Strawberry Festival (ヨコハマ ストロベリー フェスティバル)2018」が開催!いちごづくしの会場に行ってきました♪

特設テント内「イチゴマーケット」

Resize_DSC03604

今年で6回目となる「Yokohama Strawberry Festival」。特設テント内には過去最多の20店舗が出店!それぞれのお店が、いちごのスイーツやかわいい雑貨などを販売。会場があま~い匂いに包まれていて、なんとも幸せな気持ちになります…!

Resize_DSC03558
毎回完売!?の人気商品「創作菓子アトリ」の「新しくなった!とちおとめのオムレット」
Resize_DSC03574
横浜赤レンガ倉庫限定!各日50食限定「アキズ」の「あまおう苺のスペシャルプリンアラモード」
Resize_DSC03560
「水信」の「4種食べ比べセット」希少な白い苺入り!
Resize_DSC03602
「馬車道十番館」の「とちおとめのショートケーキ」
Resize_DSC03578
「アッシュ×エム」ただでさえかわいいいちごが、ブーケになるとさらにかわいい!Resize_DSC03596
「パティスリースワロウテイル」子どもが喜びそうなスイーツも。うさぎもいます

無料サンプリングは早い者勝ち

Resize_DSC03631

会場入り口で、いちごの無料サンプリングあり!千葉県の「チーバベリー」、栃木の「とちおとめ」と「スカイベリー」、いわき市産、福島県オリジナル品種「ふくはる香」の4種が日替わりで配られます。先着順ですので、欲しい人はお早目に!

Resize_DSC03570

本日2/2は千葉の新品種「チーバベリー」でした。真っ赤でとっても大きな果肉です。頑張って早目に行く価値は大ありかと!

配布日にはチーバ君にも会える

Resize_DSC03564

配布日にはマスコットキャラクターが登場! 本日は「チーバベリー」の配布日だったので、千葉のチーバ君に会えました。カメラを向けるとかわいいポーズ♪

Resize_DSC03590

いちごにかぶりつくサービスショットもいただきました。カワイイ…。

横浜赤レンガ倉庫1号館、2号館もいちごづくし!

いちごづくしなのは特設会場だけではありません。館内のカフェやレストラン、物販34店舗でもいちごのメニューやアイテムを販売しています。

Resize_DSC03642
「グラニースミスアップルパイ アンド コーヒー」の「ふくはる香の苺ミルクアップルパイ」
Resize_DSC03618
「チャノマ」の「ガトーショコラ いちごのコンフィチュール添え」
Resize_DSC03657
「TUNE」の「ストロベリーノーチェ」

さすがは老若男女に愛される果物、いちご。雪のちらつく初日となりましたが、多くの人が来場していました。テント内にストーブはありますが、ちょっと寒かったかな…。しっかり暖かくして行ってくださいね!

「Yokohama Strawberry Festival」
https://www.yokohama-akarenga.jp/strawberryfes/

コメント (0)

プレス行ってきた

鉄道空白地帯に新駅誕生!「羽沢横浜国大」駅って?

2018/1/30

★resize矢木こんにちは、編集部ヤギです。相鉄線の新型車両「20000系」記者発表会と同時に、相鉄線「羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)」駅の内覧会が行われました。鉄道空白地帯(※)と呼ばれる羽沢南地区に新駅が誕生!これは生活が大きく変わりそう。

羽沢南地区は、最寄りの相鉄線「上星川」駅や「西谷」駅、市営地下鉄「三ツ沢上町」駅まで2㎞前後あり、鉄道空白地帯といつしか呼ばれるように・・・

開業は2019年!? 完成は2022年!?

2019年下期に開業予定の「羽沢横浜国大」駅は、相鉄線のJR直通線と東急直通線が、分岐する駅になります。resize_20180117_143948着々と工事が進む駅舎(2018年1月17日の様子)

【2019年下期(予定)】
JR直通線が運行開始に。近くにある
JR東海道貨物線(貨物専用線路)の連絡線を通り、鶴見付近からJR湘南新宿ラインと同じルートに入り、次の停車駅は「武蔵小杉」駅。品川方面へは行かず全列車が新宿方面へ行く予定。
resize_貨物20180117_143300↑新駅の目と鼻の先にあるJR東海道貨物線「横浜羽沢」駅は、貨物専用の駅

【2022年下期(予定)】
東急直通線が運行開始し、「新横浜」駅を経由して東急東横線・目黒線「日吉」駅までの相鉄・東急直通線が完成予定。この度、新型車両がお披露目された20000系が走行しますよ!

※「JR線直通が先なのに、新型車両は東急線対応の20000系の製作が先なの!?」と疑問に思った方・・・そうなんです! 実は相鉄線と東急線の車体は、違いが多いため、諸々の調整に時間を要するだろうということから、先に製作を開始したそうです

 

気になる「羽沢横浜国大」駅の内部へ

すでに土木工事を終えて、ホームの原形が完成している駅舎。その内部を写真とともに一挙公開! 駅舎のデザインも20000系同様、デザインブランドアッププロジェクトが取り入れられ、鉄・レンガ・ガラス、ダークグレーを取り入れたモダンなデザインに(なるそうです)。

resize_DSCF5673駅舎内部の様子。改札口は1箇所で、このあたり↑に改札ができる予定

resize_DSCF5677改札になる場所を通り抜けると、その先にはホームへ続く階段が・・・ある!?(近くに寄れず階段が見えず)

resize_DSCF5680仮設階段を降りて、いよいよホームへ・・・!参加者は皆、ヘルメット、ビブス、軍手を着用して見学

resize_20180117_140544工事中の駅、格好いい・・・!上下線が向かい合うホームの原形が出来ていました

ホームは相対式2面2線で、今後、ホームドアを設置。1/17現在は、「西谷」駅から「羽沢横浜国大」駅までの線路が敷かれています。

resize_20180117_141442ココ、何になるか分かりますか? 実はエスカレーターが設置される場所だそうです

resize_20180117_141551さらに歩みを進めると、都心方面へ続く線路が工事中

resize_DSCF5688相鉄本線「西谷」駅と「羽沢横浜国大」駅をつなぐにトンネルも出来ていました

今までの相鉄線は、東京方面に行くのに必ず「横浜」駅で乗り換えていましたが、「羽沢横浜国大」駅ができると乗換回数がぐんと減り、ノンストップで横浜と都心が繋がります。新幹線が停まる「新横浜」駅や新宿方面へのアクセスもよくなるので、お出かけの幅も広がりそうですね!

都心直通プロジェクト
http://www.sotetsu.co.jp/future/into_tokyo/index.html

コメント (0)

プレス行ってきた

ラ チッタデッラの「激盛りメニュー」にロシアン佐藤さんがチャレンジ!

2018/1/29

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。

川崎の商業施設「ラ チッタデッラ」で2/1(木)~28(水)に「チッタ激盛りダンク~あきらめたらそこで無料終了だよ~」が開催。
15店舗の飲食店でイベント限定の「激盛りメニュー」が楽しめます!

イベント参加方法
1.イベント開催飲食店で「激盛りメニュー」を注文
2.スタッフの合図でチャレンジ開始!
3.制限時間(メニューによって異なる)内に1人で完食できたら無料!

複数人でシェアして食べることも可能ですが(有料)、せっかくなら一人でもりもり食べてみたいですよね。

しかし「激盛り」って一体どのくらい盛っているのでしょうか?試食会でその実物を見てきました!

「激盛りメニュー」の一部を紹介

Resize_DSC_0097

コミュニティカフェ「THE CAMP CAFE&GRILL」の「ジャークチキンジャンバラヤ」。
総重量3.0Kg、制限時間45分。

チキンの存在感のでかさ!解体作業をしなくてはいけないので、難易度は高いかも?

Resize_DSC_0096

イタリア料理「イル・パッチョコーネ・ディ・キャンティ」の「大食漢のための魚介を使ったペンネアラビアータ」。
総重量3.0kg、制限時間30分。

写真で見るよりも大きく感じます。ペンネなんだか、エビなんだか…お皿の中がすごいことになっています。

Resize_DSC_0100

フレンチトースト&カフェの「テーブル895」の「焼きチーズオムカレー」。
総重量1.3kg、制限時間30分。

見るからにトロットロの卵とたっぷりチーズが食欲をそそります。が、やはり近くで見ると大きすぎます!

Resize_DSC_0098

イタリアンレストラン「イルピローノ」の「激盛りティラミス」。
総重量1.3kg、制限時間20分。

他のものに比べると、コンパクトなサイズに見えますが…甘いものって思っている以上に入らないですよね。もしかしたら一番難しいかも。

大食いタレント、ロシアン佐藤さんがチャレンジ!

Resize_DSC_0056

試食会では、大食いタレントとして活躍中のロシアン佐藤さんがチャレンジしてくれるとのこと。華奢でかわいい彼女の前に大盛のメニューが。え、2品も食べるの…?

Resize_DSC_0059

1品目は、和ビストロ「HANABI」の「もうオレには”ナポリタン”しか見えねぇ」。総量2.5Kg、制限時間は30分です。

鉄板の上にてんこ盛りにされたナポリタン。その上にはさらに2~3センチほどの分厚いベーコンが2枚も乗っています!

「ベーコンというかステーキ!すごい!」とロシアン佐藤さんもその迫力に驚くほど。

ベーコン以外にも野菜などのいろいろな具が入っていたり、麺を口に運ぶのに手間取ったりと食べづらそうな場面もありましたが、

「卵がふわふわ~!おいしい~」とぶれない可愛さであっという間に完食してしまいました。

Resize_DSC_0073

2品目は、この会場でもある「テーブル895」の「焼きチーズオムカレー」。総量1.5kg、制限時間は30分です。

Resize_DSC_0078

一口が冗談のように大きい…!

まるでデザートでも食べているかのように、パクパクとペースを変えずに食べていくんです。
食べているというよりカレーが吸い込まれていくよう…。

「チーズは焼いていて香ばしく、飽きない味付けになっている」とニッコリしながらコメントする余裕まで。

こちらも約8分でペロリと平らげてしまいました。

すべて一口サイズにスプーンですくっていけるので、難易度は低めなのだとか。

完食すれば賞状ももらえる

Resize_DSC_0088

「完食証明」をもらって満面の笑み!

始終笑顔でとーってもおいしそうに食べるロシアン佐藤さん。自分もできるんじゃないだろうかという気になってしまいます。

「総重量の幅は広いし、ジャンルもいろいろなので、難易度が低いものからチャレンジするのが良いかと。あとは自分の好きなものはたくさん食べやすいのでは?」と、アドバイスもいただきました。

皆さんも好きなメニューでチャレンジをしてみては?

「チッタデカ盛りダンク」
http://lacittadella.co.jp/gekimori/

コメント (0)

プレス行ってきた

相鉄線の新型車両「20000系」デビュー!車内を一足先に紹介

2018/1/29

★resize矢木遂に・・・相鉄線の新型車両「20000系」が2月11日(日)デビュー!相鉄線では9年ぶりの新型車両。営業運転前に行われた記者発表会へ編集部ヤギ、行ってきました!

目指すのは「乗りたくなる」電車!?

resize_20180117_102217かしわ台にある相模鉄道車両センターで初お披露目。相模鉄道代表取締役社長の滝澤秀之さんとマスコットキャラクターのそうにゃんが出席

20000系は、2022年開業予定の相鉄・東急直通線用に製作され、「デザインブランドアッププロジェクト」のコンセプトを反映した、初の完全新型車両です。

resize_DSCF5591
新型車両製作過程のムービーを上映。スタッフの情熱がほとばしるムービーに、ヤギは胸が熱くなりました・・・

記者発表では「横浜の顔として、乗りたくなる電車を目指す」というワードが繰り返されました。普段使っている路線でも、違う鉄道会社の車体に乗ること、ありますよね?そんな時「相鉄線に乗りたいから、1本見送って次を待とう」となることを願っているそうです。豪華列車や寝台列車は乗りたくなるプレミアム感がありますが、日常使いの電車でも「乗りたくなる」って、素敵ですよね!

気になる新型車両3つの特徴

デザインの総合監修をクリエイティブディレクターの水野学さん(くまモンの生みの親)と、空間プロデューサーの洪恒夫さんが務めている20000系。随所に光る特徴を3つに絞ってチラ見せ!

①YOKOHAMA NAVYBLUE/ヨコハマネイビーブルー
車体は塗装!何度も実車に色を塗り、吟味して生まれた相鉄線の新イメージカラーYOKOHAMA NAVYBLUE。2人がかりで1日1両、計10日で塗り上げたのだとか。ラッピングが増える昨今、何とも昔気質で私は好きです!
resize_IMGP6103光の当たり方で、キラキラ輝いたり、重厚な濃紺見えたり、色彩が変わるのです!

②優先席がとにかく”優しい”デザイン
全ての車両に、ベビーカー、車いす用のフリースペースを設置。一部には「ユニバーサルデザインシート」(写真左の赤いシート)導入! 深く腰掛けないので立ち座り時の「よっこいしょ」感がなく、楽々でした。
resize_DSCF5653通常の座面より9cm高く、5.26cm浅い「ユニバーサルデザインシート」。膝がいたい時や妊婦などに使いやすいシートです

③LED照明、ナノイー、個別ドアスイッチetc
LED照明、空気清浄機ナノイー搭載などなど、まだまだあるのですが、全然3つに絞れない・・・。ここからヤギ的いいなポイントを一挙に紹介。
resize_20180117_110608端っこ席とドア側の仕切りガラスが荷物置きまである!カバンやリュックなどなど、顔にぶつかることも無くなりますね!
resize20180117_111831車両を移動する時の開閉扉があけやすい! ノブを掴むとカチッというあけた感があり、滑らかにドアが動きます
resize_DSCF5654
Wi-Fiが使える!今どきの車両ですね~
resize_IMGP6114懐かしい人も多いのでは!? 相鉄線ならではの車内鏡が復活! 当時「ヨコハマにおしゃれしてお出かけ」という意味で鏡がついていたそうです
resize_20180117_111714駅に長時間停車する時にありがたい「個別ドアスイッチ」。真夏&真冬は、車内空調をキープしてくれるので助かりますね!

実は、東急線乗り入れに伴い、従来の車体幅から20㎝も狭い20000系(一番狭い目黒線対応なのです)。しかし、幅が狭くなってもそう感じないのが不思議。天井の中央部を高くしているのもありますが、窮屈さを感じないガラスの仕切り、ライトグレーの座席をはじめ、車内全体のデザインのまとまりがいいから、広々感じるのかも。

ちなみに、LED照明は朝と夜で明るさが変わりす。写真では伝わりにくいので、2月11日のデビュー後、乗車して体感してみてください!

SOTETSU 20000 SERIES SPECIAL SITE
http://www.sotetsu.co.jp/design-pj/20000/

コメント (0)

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room

横浜市くらしのガイド

横浜市 暮らしのガイド with Living Eye 平成29年度版

電子ブックを読む



会員登録・変更