1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
プレス行ってきた

横浜が誇るホテル「ホテルニューグランド」の市民感謝DAYに潜入

2018/12/10

しましです。
師走になってしまいました~
今年はどんな一年でしたか~
★福島02

ところで、山下町の名門ホテルといえば、
ハマっ子が大好きなホテルニューグランドですね。
ここで、
「第5回市民感謝デー」なるものが行われると聞き、いざ取材へ。

実はリビング横浜の人気イベント、おいしい横濱めぐりでも、この夏にホテルニューグランドで開催した経緯があり、今日は勉強させていただくつもりで出席します!
★IMG_6138
91年前の12/1にホテルが開業したので、5年前から毎年この時期に市民感謝DAYが開かれています
横浜の歴史に触れ、利用客のみが入れる場所への館内の見学と伝統の味が楽しめるとあって、事前申し込みは約5倍だったそう。晴れて当選した市内在勤在住の120人が本館のレインボーボールルームに会しました。
★IMG_4685
★IMG_4687
参加者を出迎えてくれたのは、フェリス女学院大のバイオリン・森田綾乃さんとピアノ谷坂仁美さんによる美しい調べ。
代表取締役社長の濱田賢治さんの挨拶後、
横浜都市発展記念館副館長で主任調査研究員の青木祐介さんが「海からみた横浜の歴史~港都から工都へ~」と題して記念講演。
★IMG_4691 ★IMG_4693
ホテルニューグランドの生い立ち、横浜の歴史とともに歩んだこと、
また海と横浜のかかわりなど興味深いお話しに、皆さん真剣に聞き入ります。

震災の復興を目的に、市民や政財界の声からこのホテルが誕生したということを、ご存知だった方はいらっしゃいますか? 震災前に並んでいたホテルの中にグランドホテルがあり、新しく建てるホテルの名称募集で上がった中から選ばれたのが、「ニューグランドホテル」。これが、復興の象徴となり、現在のホテルニューグランド。ハマっ子も知らない情報だらけで約1時間があっという間に過ぎました。

それでは、館内見学へ参りましょう。
★IMG_4707 ★IMG_4708 ★IMG_4709
本館ロビーの天井、壁、柱、床、調度品…。
開業以来変わらないインテリアは、多くの人の憧れの場所。
テレビや映画の撮影によく使われることでも知られます。
このイスも、座面を張り替え、メンテナンスを施しながら大切に使われています。

★IMG_4712 ★IMG_4717
フェニックスルームは、この日はさながら博物館。
時代ごとの出来事や支えてきた人たちのパネル写真や、
この富士山皿など、開業当時から使われている食器セットも並べられました。
食器はもう作られていないので、こちらも大切に使い続けているそうです。
この気持ちがホテルのポリシーそのものに感じられました。

★IMG_6180
移動途中では、開業当時から使っている本館の階段も上り下り。
雰囲気も味もあります。

★IMG_6183
ん?この行列は?
と思ったら、ある意味ここが一番の見学ポイント、
大佛次郎ゆかりの部屋とマッカーサースイーツがこの先に。
(お着物の方、ドレスアップされた方多し。男性はジャケット着用のドレスコードがありました)

★IMG_6190
大佛次郎が定宿にしていたのは、318号室の「天狗の間」。
「ここが一番落ち着いて執筆できる」とご本人が言っていたそうです。

もう一つは、マッカーサーズスイート。
★IMG_6193
終戦後、連合国軍に接収されたホテルニューグランドですが、
当時マッカーサー元帥が好んで宿泊したのが、ここ315号室。
このスイートルームにある天蓋付きのキングサイズベッドにダイブしたい!と見学するみなさんが思ったと思います。
★IMG_6196
ちなみに、
大佛次郎の部屋もマッカーサーの部屋も、今でも一般宿泊用に利用されているそうです。
一度泊まってみた~い!

★IMG_4710
季節はちょうど銀杏並木が色づくころ。
こんな景色もすばらしいですが、なんといっても真の目的は、きっとこれ。IMG_6204
伝統のナポリタンや…
★IMG_4769 ★IMG_4771
料理の数々…
そしてスイーツ
IMG_6214
ア・ラ・モードではありませんでしたが、プリン(左上)もあって、もう満足です。
★IMG_4776
総料理長の宇佐神茂さんと営業企画主任の横山ひとみさん。「ホテル伝統のかわらぬ味を継承していることを、みなさんに知っていただけるいい機会でした」

さらに、
ロビーのツリー点灯式もあり、
★IMG_4785
盛りだくさんの内容でした。

帰りはお土産を手に、みなさんが笑顔でホテルを後に。
親子で何世代にもわたって利用しているという話をよく聞くのが、ここホテルニューグランド。市民の大好きなホテルはいまだ健在です。
今年の締めくくりに、あるいは来年、いつかの記念日に、
山下町の名門ホテルですてきな時間を過ごすのも横浜らしいひとときですね。
とりわけこの市民感謝DAYは、特別な体験ができるチャンスです。
また来年開催されるようでしたら、ぜひご参加を。

ホテルニューグランド

コメント (0)

深夜の大工事!相鉄線「開かずの踏切」廃止で交通がスムーズに

2018/11/30

こんにちは、編集部のヤギです。11/23~24の深夜に相鉄線「天王町」駅で行われた線路切替工事の見学会に行ってきました。この工事は、踏切を無くし、交通渋滞や踏切事故の解消など、私たちの暮らしをより快適でスムーズにするものです。★矢木

「線路切替工事」とは?

「天王町駅」と「星川駅」を含めた約1.9kmの区間には9箇所の踏切がありました。うち8箇所は開かずの踏切この踏切廃止事業(連続立体交差事業)が平成元年に始まり、いよいよ全線高架化!

「高架化」には、従来の踏切のある(道路と接している)線路から、踏切がない線路への切替が必要になります。そこで、重要なのが「線路切替工事」

今さっきまで使用していた線路を切断し、高架化用の線路に繋げる工事です!

resize_IMG_2974

終電から始発までが勝負!

工事は、終電から始発までのわずかな時間に約460人の手により行われました。「星川駅」で最終列車を見送った0:30。始発5:11の前に試運転があるので、工事の制限時間は約4時間。resize_IMG_2868
高架化前のラストランを写真におさめる鉄道ファンの姿がチラホラ

お隣の「天王町駅」で工事開始!
resizeIMG_2893
激しい工事音と威勢のいい声が飛び交う現場。深夜とは思えないほど活気と熱気に溢れています

resizeIMG_2913
切り離した線路は、なんと人力で動かします!声を合わせて少しずつ所定の位置に移動

resizeIMG_2934左が新しい線路、右が従来の線路。それぞれ長めに切っておいた線路を今から調整

resizeIMG_2954レコードのようで可愛らしい「でんでんむし」。実はコレ、線路を切る刃なんです!

resizeIMG_2980「でんでんむし」が線路を切る!激しい音、焦げ付く匂い、煙と熱気がたちこめ、現場に緊張が漂います

resize_IMG_3015ものの数分で線路は切れ、ぴったり繋がりました!

resizeIMG_2987
同時にホームも仮設。線路の位置が今までよりも奥まったので、その分、増床しています

resizeIMG_3027
線路の位置が決まると、電気系統の配線が始まります

現在3:20。とてもスムーズに工事が進んでいます!その一方で、踏切があった場所は封鎖され、任務を終えた踏切信号にはカバーが。踏切好きには少し寂しい光景・・・

resizeIMG_3039

resizeIMG_3041

始発直前に試運転!?

線路切替工事が無事に完了したら、いよいよ試運転の電車を待ちます。resizeIMG_3053
線路切替工事が行われた天王町駅から移動し、星川駅で待機します

resizeIMG_3062

試運転の速度は15km。線路をならす目的もあり、とってもゆっくり慎重に入線します。

resizeIMG_3066

ホームに着いた瞬間ッ・・・三角定規を持った人達がホームとドアの距離と高さを計測!乗降時の安全を検証中(ここ、利用者としては重要ですよね)。計測が済むと、すぐさま試運転の電車は次の駅へ。

rereresizeIMG_3070夜が明けない時間でも、向かいのホームには鉄道好きがいっぱい!

踏切廃止により待ち時間が解消され、毎日の暮らしがより快適になりそうですね。(夜を徹して工事してくださった職人のみなさん・・・ありがとうございますッッ!)

今後、高架下には歩道や駐輪場、商業施設などを予定しているそう。都心への相互乗り入れを控える相鉄線、益々注目です!

コメント (0)

「アテニア化粧品」のリニューアル新発売 エイジングケアライン「ドレスリフト」を使ってみた

2018/11/22

Resize_青山年齢とともに気になるお肌の悩みといえばハリ! 年齢的にお肌の変化が気になる編集部・よっしーです。

「アテニア化粧品」の、エイジングケアライン「ドレスリフト」シリーズと本格保湿ケアライン「プリマモイスト」がリニューアル(2019年1月21日発売)されます。今回、新作発表会に伺いました。

dress lift_shugou「アテニア」エイジングケアライン「ドレスリフト」。写真は「アテニア」より

「アテニア」は、ホームページによると「一流ブランドの品質を1/3価格で提供することに挑戦し続け、多くの女性の願いを形にした」と書かれています。

今回リニューアルした「ドレスリフト」は、「かつてない高密度のハリを目覚めさせます」がうたい文句のエイジングケアライン。「美しさをいかに引き延ばすか」がテーマ。「コラーゲン」をたっぷり補給させ、肌の内側から押し返すようなハリ肌感触に導いてくれるそう。

これは試したい!
肌のハリや質感、たるみ、柔らかさは歳を重ねた女性の共通の悩み。よっしーは、それに加え、シャープさが失われています。昔は小顔でシュッ!としていたのにー。そこで、アラフォー世代(かなーり過ぎていますが…)を代表して、エイジングケアライン「ドレスリフト」を使用してみました。

使用したのは、同シリーズの洗顔料、化粧水、乳液、ナイトクリームの全4品(写真上)。

まずはフェイシャルウォシュ。洗顔ネットを使うと、少量でクリーミーでモコモコの泡がすぐ出来上がります。洗い上がりは、サッパリというより、うるおう感じ。ツッパリ感は全くありません。

最近は手軽さから、オールインワン化粧品を愛用していたよっしーにとって化粧水→乳液の手順がとても新鮮! 「美肌効果を最大限に引き出す30秒タッチングメソッド」(ホームページに載っています)にそって、やさしく化粧水をなじませます。化粧水は想像以上にしっとりして、とろみがあります。伸びがよいので、少量でも十分。

朝ならこの後、乳液、夜ならナイトクリーム。

IMG_4355アテニア
こちらが「ナイトクリーム」

ナイトクリームは濃厚でコクがあるのに、ベタつかず、伸びもよく、肌に吸い込まれていきます。メソッドに沿って、肌の上をクルクル、やさしくマッサージ。最後はキュッと顔を引き上げて、笑顔の形状記憶!幸せホルモンを刺激して終了。ソファでテレビを見ながら、ゆったりお肌のマッサージタイム。バタバタの毎日でも、この時間は確保したいもの。

使い始めて1週間。ワーっと驚くような変化はありませんが、肌が柔らかく、しっとり感が増したような。

何よりも、自分の肌をいたわるようになりました。

年齢に合った化粧品を使うのって大切。パッケージがとても高級感があって、手にとる度に気分が良いのも大事。高級感があるのに、取り換え用もあったりで、エコだし、コスト的にも◎です。

毎日お肌をいたわるのが楽しくなってきました。

 

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

オホーツク産蒸しカニも!横浜ベイホテル東急「こだわり食材 北海道」で北の大地の恵みを贅沢に

2018/11/19

編集部のこぢかです。Resize_こぢか
先日、横浜ベイホテル東急2階「カフェ トスカ」で開催中のナイト・キッチンスタジアム「こだわり食材 北海道」のメディア試食会に行ってきました。北海道と命名されて150年を迎えるという記念すべき今年。2016年・2017年に続き、北海道のこだわり食材が再登場!

北海道といえば、やはり豊富な海の幸!

注目は、“プラチナディッシュ”として席まで運んでもらえる「オホーツク産 蒸しカニ 丸ごと1本」(1人1皿・大人限定)。
IMG_3775

足の先まで、ギッシリ詰まった肉厚の蟹の身に大興奮!甘くてうま味たっぷり…涙。一生食べ続けたいほどの美味しさです。

絶対外せないのが、“スペシャルコーナー”に並ぶ「紅ズワイガニのボイル」と個人的に一押し!!「北海道産イクラ醤油漬け 丼スタイル」。好きなだけイクラをのせていただける、いくらLOVERにはたまらない贅沢な一品です。
IMG_3765

IMG_3764

↓こんな感じで、ごはんが見えないぐらいイクラを盛る夢みたいな贅沢丼♡ぷちぷち弾ける新鮮な山盛りイクラが堪能できます。

IMG_3785

小川シェフが一押しだったのが「角崎商店さんの“しじみ”のスープ」。あさり!?と思うほど大ぶりのしじみに驚き!なんでも、網走湖で採れるしじみは、しじみを食べる魚がいないので、サイズが大きく、味が濃いのが特徴だそう。貝でとったスープにしじみのうま味が凝縮された濃厚な味わい。オリーブオイルをプラスしても美味しかったです。

IMG_3776

IMG_3796

「北海道サーモンの握り寿司風」「北見市森谷ファームの白花豆のディップ」「北海道産とうもろこしのブルーテ」「北海道宗谷産もずくのアンティパスト風」等、冷製メニューも北海道の恵みが充実!イクラ丼のお米を少し控えて…サーモンの握りは絶・必!とうもろこしのブルーテ(写真左)は、「とうもろこし」よりも「とうもろこし」と思うほど、甘くて濃厚な味わいに癒やされました。

IMG_3768

他にも、「仔羊肉カルビのジンギスカン風」

IMG_3754

彩りが目をひく「北海道産鱈のお魚料理」

IMG_3761

「オホーツク産 道山さんの秋刀魚の糟漬けと千葉さんの山わさびのピラフ」

IMG_3752

などなどなど! お肉もお魚も充実のラインアップ!

「カフェ トスカ」といえば、出来立ての料理を提供してくれる「アクションコーナー」も見逃せません!「ローストビーフ」や「パルミジャーノ・レッジャーので和える大空町ジャガイモの芋もちニョッキ風」もぜひ。
IMG_3793

濃厚チーズソースでいただく、もっちもっちの芋もちは、チーズ好きはハズセナイ一品。

IMG_3789

北海道といえば、ソフトクリーム!ティラミスやロールケーキなど、スイーツも充実しているのも、女性には嬉しいですよね!
IMG_3792

IMG_3778

「ナイト・キッチンスタジアム「こだわり食材 北海道」」は2019年1月14日(月・祝)まで。
クリスマスのディナーにもおすすめです♪

コメント (0)

食べてみた

チョコレート専門店「バニラビーンズ」のクリスマスケーキを食べ比べ!

2018/11/16

クリスマスケーキの予約はもうしましたか?
横浜のチョコレート専門店「バニラビーンズ」でクリスマスケーキの試食をさせていただきましたので、食べ比べの感想をレポートします!まだ予約をしていない方、ぜひ候補の一つに検討してみてくださいね。

Resize_写真 2018-11-14 13 24 29
試食用とはいえ、とっても素敵なプレートで出していただきました

「忙しい年末だからこそ、クリスマスにおいしいケーキを家族でゆっくり囲んでほしい」という思いから「バニラビーンズ」では、取り寄せ限定のケーキ販売を行っています。取り寄せ限定ケーキ3種類と、店舗販売ケーキ2種類の計5種が、パティシエ・竹内さんの解説とともにお披露目されました。

【ネット販売限定】HOSHIKUZU(ホシクズ)

Resize_写真 2018-11-14 13 11 27
テーブルコーディネートまでかわいい

なめらかさにこだわったムースショコラが特徴の「HOSHIKUZU」。口に含んだ瞬間、ふんわりとした柔らかさに衝撃を受けました。すごい、想像とまったく違う!!何層にもチョコレートの層が重ねられているのに、くどさは全くありません。そして、さりげなく入っているキャラメリゼしたバナナが味の変化を作り出していて、いくらでも食べられそう。

【ネット販売限定】AKANE(アカネ)

Resize_写真 2018-11-14 13 10 36

真っ赤なデコレーションがクリスマス気分を盛り上げてくれそうな「AKANE」。ベリー類のトッピングは乙女心をくすぐりますね…♪美しい赤はラズベリーのゼリー。ホワイトチョコとフロマージュのムースには、クリームチーズが入っているため、さっぱりとした甘さ。ラズベリーの酸味ととってもよく合います。

【ネット販売限定】TSUKIYO(ツキヨ)

Resize_写真 2018-11-14 13 10 06

月のデコレーションがかわいらしい「TSUKIYO」。甘めのミルクチョコムースと、ほろ苦い自家製キャラメルのムースが幸せな組み合わせ。甘×ほろにがのミックスは、大人も子供も大好きな味です。ムースの下に敷かれたビスキュイショコラ生地のサックリとした食感がたまりません!

【店舗限定】FULL MOON(フルムーン)

Resize_写真 2018-11-14 13 08 29

フルムーンは「TSUKIYO」の形違い、店舗限定です。満月のオーナメントがインパクト◎!

【店舗限定】WREATHE AU CHOCOLA(リース・オ・ショコラ)

Resize_写真 2018-11-14 13 08 10

チョコレート好きが大興奮間違いなしの「WREATHE AU CHOCOLA」。
トリニダ産77%のチョコレートと、コロンビア産70%のチョコレートの食べ比べができちゃいます!ケーキを飾るボンボンショコラもこの2種のチョコレートから作られたものだそう。トリニダ産のチョコレートムースは、チョコレートをふんだんに使用。そのため、なめらかに仕上げるのに苦労したそうですよ。パティシエの技が感じられる濃厚なめらかなチョコレートと、オレンジの酸味がぜいたく。ちょっぴり大人な味わいです。

以上、4つのケーキを食べさせていただきました。すべて「チョコレートケーキ」なのですが、それぞれがまったく異なる魅力を持ち、驚きの連続でした。
どれにしようか迷ってしまうはず。一緒に過ごす人の顔を思い浮かべながら選んでみては!

VANILLABEANS(バニラビーンズ)
取り寄せ限定ケーキ情報
http://chocolatedesign.co.jp/new/2018-10-11-102502.html

【関連記事】
横浜のクリスマスケーキ特集2018

コメント (0)

プレス行ってきた

【みなとみらい】クリスマスツリー点灯式にベイスターズの選手登場!?

2018/11/15

こんにちは!トビーです。

MARK IS みなとみらいで「Brilliant Blue ★ Christmas ~ひかりと心でつなぐMARK IS Happiness~」が、12月25日(火)まで開催中!初日の11月14日に開かれた「Brilliant Blue Tree」点灯式に行ってきました!

横浜の輝く「青」といえば!?

ブリリアント・ブルー、横浜の輝く「青」といえば…ベイスターズ!ということで、ゲストは横浜DeNAベイスターズの三上選手倉本選手です。

resizeIMG_2632

朝7時から整理券を求めて並んだファンはなんと80人!選手の登場を待つ人たちで、会場はとてもにぎわっていました。

resize_IMG_2619
選手も登場していよいよツリーがライトアップされます

選手たちのほか、近くにお住まいの人たちやMARK ISみなとみらい内の保育園の子どもたちが点灯ボタンを押してツリーに明かりが灯りました!間近でみる野球選手は、やっぱりカッコいいですよね。子どもたちもとてもうれしそうです。

resize_IMG_2645詰めかけたファンのみなさんのお待ちかねはトークショー

選手会長の三上選手(右)はチームの投手陣のリーダーだけあり、終始しっかりとしたコメントでしたが、倉本選手(左)は素直で飾りっ気のない性格がダダ漏れという感じ(笑)。会場も笑いに包まれていました。

そんなコメントだけを聞いていると、どこか頼りなく感じる倉本選手ですが、チャンスでの勝負強い打撃はチームでも一、二を争うほど!おっとりした性格とのギャップにファンも多い選手です。

resize_IMG_2673
トークショーの最後に発表した来シーズンの抱負は、お二人とも「優勝」

日本一にあと一歩と近づいたものの、惜しくも敗れた昨シーズン。今シーズンは、最後まで白熱した戦いを演じるも、終わってみれば4位と悔しい思いをしたシーズンになりました。それだけに来年は…!という思いは選手もファンもみんな同じ。会場からは今日一番の拍手が起こりました。

三上選手、倉本選手が書いた星形のメッセージカードは、12月25日まで「MARK IS Baseball Tree」に飾られています。そしてこのベースボールツリーには、ファンが投函した応援メッセージも一部飾られるそう。クリスマスのお買いものついでに、「がんばれ!ベイスターズ!」の思いをツリーにこめて、サンタさんにお願いしてみるのもいいかもしれませんね!

MARK IS みなとみらい
http://www.mec-markis.jp/mm/

コメント (0)

プレス行ってきた

クイーンズスクエア横浜のツリー点灯式!ムーミンたちが登場

2018/11/9

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。「クイーンズスクエア横浜クリスマス2018」が12/25(火)まで開催中(一部イルミネーションは2019年の2月いっぱいまで)!初日の11/7に行われた「みらいステーションツリー」の点灯式に参加してきました。

Resize_IMG_7896

クイーンズスクエア横浜、クイーンモール2階に設置された大きなツリー!平成最後の年ということで「時空を紡ぐステーション」というテーマのもと、大きな時計が飾られています。

ムーミンたちが登場!初のツリーに大興奮

Resize_写真 2018-11-07 18 12 32

点灯式には、ムーミンとムーミンパパ・ママ・ミィが駆けつけてくれました。ムーミンたちは、冬はお住まいが雪に覆われるので冬眠してしまうらしく(衝撃…!)、クリスマス自体を知らないらしいですよ。

初めて見るクリスマスツリーに大興奮のムーミンたちと一緒に点灯を見守りました。

Resize_DSC04583
カラフルに色を変えながら点灯するツリーResize_DSC04586
ツリーを見たりミィの手をつかんだりと始終楽しそうなムーミン

毎日見られるツリーのショータイムは1日6回(17:30/18:30/19:30/20:30/21:30/22:00)。ショータイム音楽はオルガニストの山口綾規さんによるアレンジ・演奏です。「ルーシー」の愛称で知られる横浜みなとみらいホールのパイプオルガンの奏者でもあります。

クリスマスらしいものはもちろん、平成から次の時代へつながる曲などが、ツリーの光に合わせて流れます。今年至る所で流れていた安室奈美恵さんのHeroや、ダパンプさんのUSAなども!「今年はこんな年だったね」と会話が弾みそう。

みらいステーションツリー
公式サイトはコチラ

各所でイルミネーションも

ツリー以外にも、クイーンズパークや、反対側のけやき通りがライトアップされています。

Resize_DSC04639クイーンズパーク

Resize_DSC04641
けやき通り側

イルミネーションは2/28(木)まで。だんだんと寒くなってきましたので、ぜひあたたかくして、クイーンズスクエアのツリーやライトアップを見に行ってみてくださいね!

 

コメント (0)

プレス行ってきた

11/4(日)まで「スマートイルミネーション横浜2018」開催中!

2018/11/1

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。
11/4(日)まで、象の鼻パークと横浜市内各所で「スマートイルミネーション横浜2018」が開催中!「スマートイルミネーション」とは、2011年の東日本大震災をきっかけに生まれた、省エネルギー技術をテーマとした国際的なアートイベントです。8回目の開催となった今回はアーティストに加え、大学や企業が参加。たくさんのアート作品やワークショップが用意されています!
初日10/31のプレスツアーに参加しましたので、その様子を少しお伝えします。

大きな存在感を放つ「海足」

Resize_DSC_0306

会場で一際目を引く大きな作品「海足(うみあし)」。農耕で使われる金網やネットを素材として、農民の労働と生産へのオマージュとして制作されたこちらの作品。これまで小豆島や広島など、さまざまな会場で展示されてきたそうです。

当初は土の上に設置されることを想定して作られていましたが、今回横浜の会場にやってきたことで、新たに「海」という要素が加わりました。大きな2本の足は、海を背景に置かれることで、横浜港にやってきて大きな影響をもたらしたペリーを彷彿させたり、海底から現れた未知の生物だと思えたり!?「置かれる場所によって見え方が変わるのは、制作当初は考えていなかったことです。」と話すのは、アーティストの久保さん。「いったい何者の足なのか」というのは、見る人に自由に考えてもらいたいとのことでした。

作品の前には足跡型の踏み台があり、踏むことでライトの色が変わるんだとか!また、ぜひ作品の中にも入ってみてください。光に照らされた足の中に入ると、みなとみらいの夜景がまた違って見えますよ。

学生による作品も展示

Resize_写真 2018-10-31 17 26 27

大学も参加している今回のスマートイルミネーション。こちらの「光球(ひかるたま)」という作品は、関東学院大学の建築学部の学生による作品です。1500本の角材を繋いで作られています。球体の中からは水素電池による光が漏れ、柔らかそうに見えるから不思議!

今しか見られない!?光をまとったクイーン

Resize_写真 2018-10-31 17 48 08

クイーンと呼ばれる横浜税関が、現在外壁補修のために工事中。その姿が見られずに寂しく思っていた方もいらっしゃるのでは?しかしイベント期間中、いつもと違った美しい姿が見られますよ!

Resize_写真 2018-10-31 17 48 26

クイーンの向かい側にHAPIドラムという楽器が2つ置かれており、鳴らすとその音に反応して工事幕に色鮮やかな光が映し出されます。工事幕をスクリーンにしてしまうなんて…アーティストの発想はやはり斬新!

HAPIドラムが奏でる音色がなんとも不思議で心地良い。音を背景に、ドラムに合わせて色合いを変えるクイーンの姿を眺めていると、非日常の空間にいるようです。

子どもと一緒に楽しめるプログラムも

Resize_写真 2018-10-31 17 57 18

昨年も好評だった「光の実」。「被災地にスマイルを」をコンセプトとした参加型アート作品です。笑顔やメッセージが書かれた光の実がカラフルに横浜の夜を照らします。

Resize_DSC_0301

カッティングシートの企業によるワークショップも。キラキラと光る素材のシートを貼ってオリジナルのマスクを作ることができます。こちらも簡単なので、子どもと一緒に楽しめそうですね。

以上、一日目の様子でした!まだまだ紹介しきれない作品やプログラムがたくさん!友達やパートナー、お子さんと一緒に、光の大切さを改めて感じながらゆっくり回ってみては。

スマートイルミネーション横浜2018
http://smart-illumination.jp/

コメント (0)

人々の未来をつむぐ演奏を神奈川フィルハーモニー管弦楽団で堪能

2018/10/24

こんにちは。編集部あきです。

聴く人の心に響く音楽を届ける「神奈川フィルハーモニー管弦楽団(神奈川フィル)」。横浜みなとみらいホールなどを拠点にコンサートを行うほか、神奈川県内の小学校で子どもたちと演奏する「ゆめコンサート」など、地域に密着したオーケストラとして精力的に活動を続けています。

神奈川フィルの魅力のひとつは、常任指揮者・川瀬賢太郎さんの情熱あふれるタクトと、それに応える楽団員の表情豊かな演奏です。それに触れたくて、10/13に横浜みなとみらいホールで開催された定期演奏会に行ってきました。

minatomiraihall

前半は権代敦彦さん作曲「子守歌-メゾソプラノ、ピアノ、児童合唱とオーケストラのための」

152870970773748

定期演奏会の曲目は、権代敦彦さんが作曲した「子守歌-メゾソプラノ、ピアノ、児童合唱とオーケストラのための」と、マーラー作曲「交響曲第4番 ト長調」の2曲。

なかでも「子守歌-」は、川瀬さんが神奈川フィルとの演奏を切望し、今回実現したものです。「初めてこの曲を聞いたとき、涙が止まらなかった」と言う川瀬さん。皆さんは、この曲が生まれた背景をご存じでしょうか。

「子守歌-」は、2001年6月、大阪府池田市で起きた小学生無差別殺傷事件の犠牲者の母親の手記を「鎮魂歌」にという22世紀クラブからの委嘱により作られました。初演は2005年。川瀬さんは2015年に、指揮者陣として名を連ねる「名古屋フィルハーモニー交響楽団」でこの曲を演奏しています。

今回の演奏は、オーケストラのほかに、野田清隆さんのピアノ、メゾソプラノ波多野睦美さん、横須賀芸術劇場少年少女合唱団による合唱で構成されていました。

演奏は、まず、校内での子どもたちが発するたわいもないざわめきを表したような、メゾソプラノと児童合唱の歌の応酬と演奏から始まります。やがて訪れる不気味な不協和音。それは徐々に大きくなり、しまいには会場いっぱいの大音量となって、聴衆に襲いかかりました。

それは、あの事件のおぞましさや壮絶なさまを物語ると同時に、ささやかな幸せや平和が突然断ち切られた悲鳴のように感じました。

その後、合唱団とメゾソプラノによる独白のような言葉の数々を、涙なしで聴くことはできませんでした。透明感のある美しい声が絶望を語り、痛みを、やるせなさを紡ぐ。そこにそっと寄り添うオーケストラの演奏は、悲しみをたたえながらも、凛とした響きが感じられました。まるで、天にのぼった子どもたちを悼み、残された人々をなぐさめるかのように。

後半はマーラー作曲「交響曲第4番 ト長調」

休憩をはさんで演奏された、マーラーの「交響曲第4番 ト長調」は、「子守歌-」の“アンサーソング”のような役割を担うために川瀬さんがセレクトした曲です。

コンサート前に舞台に立ち、今回の演奏のポイントを解説してくれた川瀬さん。

「マーラーは幼いころ、兄弟を多く亡くしたため、生と死が常に身近にありました。その兄弟たちが、天上で安らかな暮らしを楽しみ、自分たちはこんなところで生活をしているよ、というメッセージを込めたのが『交響曲第4番 ト長調』です。権代さんの『子守歌-』を聞いた後、マーラーのこの曲が皆さんにどう聴こえるか、どう感じるかを受け止めてほしいです」と語ってくれました。

演奏を聴くと、確かに明るく、陽気とも思える曲なのですが、だからこそそこに存在する暗い影を感じました。と同時に、この“影”は、人間が一生背負っていく“業”のようなものかもしれない、と思いました。あくまでも個人の感想ですが。

「子守歌-」と併せて演奏されることで、ある人にとっては、この曲が“救い”のように感じたり、またある人には“絶望”がひときわ浮き彫りになったりと、聴く人によって、さまざまな感情が押し寄せたのではないかと思います。

人々の五感に訴える豊かな世界を、川瀬さんと神奈川フィルが見せてくれたコンサートでした。

未来への道しるべを音楽で表現する神奈川フィル

私は音楽にあまり詳しくないので、クラシック音楽の聴き方の正解はよく分かりません。ですが、神奈川フィルのコンサートを聴くと、音楽を通じて喜びや悲しみ、希望といったメッセージを常に感じ、心に栄養を与えてくれると思っています。

今シーズンの神奈川フィルのコンサートのコンセプトは「音楽は人生の道しるべ」。神奈川フィルが癒やしや幸せ、平和へとつながる道筋を表現し、未来へと音楽で導いてくれる贅沢なひと時を体感してみては。

153265747817682

神奈川フィルの公演のお知らせ
定期演奏会みなとみらいシリーズ
【日時】11/30(金)19:00開演
12/1(土)14:00開演
【会場】横浜みなとみらいホール 大ホール
【曲目】イベール/交響組曲「寄港地」3つの交響的絵画ハイドン/交響曲第44番 ホ短調 Hob.I:44「悲しみ」ベルリオーズ/「イタリアのハロルド」-独奏ヴィオラ付き交響曲Op.16
【料金】S席6000円、A席4500円、B席3000円、ユース(25歳以下)当日1000円
http://www.kanaphil.or.jp/

 

 

 

コメント (0)

プレス行ってきた

日本初上陸「レゴⓇモザイクメーカー」!横浜で自分の顔がレゴになる!?

2018/10/19

こんにちは。編集部ヤギです。2018年10月19日、横浜ランドマークプラザにオープンする「レゴストア 横浜ランドマークプラザ店」。日本初上陸の凄いモノがあると聞き、プレスに行ってきました!★矢木resize

そっくりすぎる…
自分の顔がレゴになる!?

注目は「レゴⓇモザイクメーカー」自分の顔をモザイク画風のレゴブロックで再現できるんです。なんと日本初上陸!国内では横浜だけで体験できます!その再現性の高さが、驚異・・・見てください!!

resizeLEGO
横浜のNewface営業トビー。似すぎてて「写真、ブログに載せるんですか!?」と一度拒否られました

そっくり過ぎませんか!?
なんというクオリティの高さ…

約10分で完成!
世界で1つの設計図

resizeIMG_2535ニューヨーク、ロンドン、ベルリン、上海に続いて、横浜に上陸!

コチラが世界中で話題の「レゴⓇモザイクメーカー」。証明写真を撮る要領で、10分程で作ることができます。※人気殺到のため、事前予約が必要です!店頭に電話orホームページでの予約をお忘れなく

resize_IMG_2501まず、レジで「レゴモザイクメーカー エクスペリエンスカード」を購入します。ブースに入り、カードリーダーにカードをかざしてスタート!

resize_IMG_2503画面の指示に従って操作。ポーズを決めたら撮影開始!3回撮ることができ、好きな写真を選択します。

resizeIMG_2509写真を選択したら、コントラストの調整。顔のホリに濃淡がつき、かなり仕上がりイメージが変わります!

resize[IMG_2516
写真が決まったらブースを出て、ほんの少し待つと・・・
上段からブロックのキット、下段から設計図(モザイク写真)が出てきました!

resizeIMG_2537キットには、ベース(グレー。1辺約38㎝)と5色のブロックが入っています。

resizeIMG_2551
早速、設計図(モザイク写真)を見ながら制作中!これが思った以上に楽しい・・・決してナルシシストとかではなく(笑)。「似てる―」とか「恥ずかしいー」とか言いながら、わいわいみんなで楽しめるのも良いですね。

今回は、画面ぎちぎちに顔を入れましたが、あえての余白を作ってブロックで文字を作るなど、創造力を働かせれば楽しみ方は無限大です!結婚式のウェルカムボードにも需要があるそう。おしゃれー!

「レゴⓇモザイクメーカー」は、1回1万4815円(税抜)。事前予約が必要なので、絶対やりたい!という人は店舗へ連絡、またはWeb予約を忘れずに!

 

”遊び”がいっぱい
創造力溢れる店内

10月19日オープンの「レゴⓇストア 横浜ランドマークプラザ店」。自由に遊べる「セミビルドプレイテーブル」や壁面をブロックで自由に彩れるスペースも。また、スタッフにお願いすれば、実際に商品を試すこともできるそうです(知らなかった)!

resizeG_2529
手前が「セミビルドプレイテーブル」。天井のライトもレゴブロック仕様に!resizeIMG_2526
試したくなる問いかけ。私は160個分でしたresizeIMG_2543
ブロックキーリングのオリジナルも作れるみたい!

プレスに来ていた子供達はもちろん、大人達もみんな笑顔でした!また、商品パッケージを見ているだけで、ストーリーが浮かんでくるレゴの世界にワクワクがとまらない…!童心にかえる?とは違くて、「自分にもこんな創造力があったんだ」と新発見する感覚。

皆さんも心躍るストアで、創造を楽しんでみてください!

レゴⓇストア 横浜ランドマークプラザ店
横浜ランドマークプラザ 2階
℡045-670-0505
http://clickbrick.info/

コメント (0)

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room

平成30年度版暮らしのガイドwith Living Eye

平成30年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更