Yokohama Editor's Room | リビング横浜Web
  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
いろいろ

【そごう横浜店】体験型ビューティーフロアがグランドオープン!

2018/8/17

★resize矢木こんにちは、編集部ヤギです。
本日(8/17)に、そごう横浜店1階ビューティーフロアがグランドオープン!従来の「売り場」から、さまざまな体験ができる「遊び場」に進化した、新しいコスメフロアに注目です。

体験型ブースがいっぱい!

陳列されたモノを購入するのではなく、「なりたい自分」のニーズに応えてくれるブースがいっぱい!例えば・・・

<ソゴウキレイ ステーション>resize_IMG_2145
「この中に何があるの!?」と思いますよね?実は、ビューティーアドバイザーが肌状態をチェックしてくれたり、お手入れ方法やコスメの提案をしてくれるブースです。予約制で、6月のリニューアル以降、常に予約がいっぱいなんだとか!

resize_IMG_2177
中に入ると、白とグリーンで爽やかな感じ。奥には、フェイシャルケアの体験も(要予約)!
resize_IMG_2163
20分、または50分じっくり肌解析!予約制なので事前予約を忘れずに

resize_IMG_2176予約不要のセルフ肌解析機なら、今日のお肌の状態が約5分でわかりますよ!編集長もさっそくお試し

<メイクアップステーションresize_IMG_2179
ビューティースタイリストが、好みのメイクに合わせ、そごう横浜店で取り扱いのあるブランドからアイテム選びとメイク方法を提案!

<ソゴウ ビューティー ルーム>resize_20180817_091755
美や健康についてプロから学べる参加型スペース。エクササイズやメイクアップなど、定期的にセミナーを開催するそう!
resize_IMG_2128
セミナールームの様子。セミナーは有料と無料があり、そごう横浜店のHPからチェックできます

各店舗の体験にも注目!

商品購入前に体験&体感して、自分に合った美を楽しむことができる、ブランドごとの体験も充実しています。人の目があまり気にならない、店舗の少し奥にあるので、要チェックです。例えば・・・

<ダイソンヘア>
resize_IMG_2111
売り場の奥では、常駐スタイリストによるドライブブローとスタイリングサービスが受けられます。話題のドライヤーの威力を体感!

<クラランス with OpenSpa>
resize_IMG_2149
売り場内で、約30分のフェイシャルトリートメント(5400円)が受けられるんです!

resize_20180817_092410こちらには、国内初出店のジュースバーも!「クラランス コールド プレス ジュース」は1杯810円から

<スティーブン ノル プロフェッショナル>
resize_IMG_2131髪を切らずにイメージチェンジができる、ブローバー。ヘアスタイリストがヘアアレンジ(約20分2160円から)をしてくれます。NYでは、プレゼンやデートの前に訪れる人が多いそう!

ハワイ生まれのスイーツも日本初出店!?

resize_IMG_2162
「The Original Cup」1001円。口に入れた瞬間、バナナの濃厚な甘みと香りがふわり!私はバナナが苦手なのですが、スプーンが止まらないおいしさ・・・バナナ苦手な人でも大丈夫かも
ハワイで人気のバナナソフトクリームの店「Banan(バナン)」も同時オープン!バナナがベースになり、砂糖・ミルク不使用のヴィーガンスイーツです。バナナのこっくりとした甘みが強く、でも後味さっぱりな新感覚。日本限定の「Japan Limit Cup」は、柚子蜜や抹茶、フリーズドライの小豆に求肥がトッピング!

体験で発見!新しい自分へ

今回の体験で「自分が思っていた肌質と違っていた」「こうゆう自分もありかも・・・」など、さまざまな発見が。プロに助けてもらい、新たな自分の魅力を発見できそう!たくさんの体験ができる、そごう横浜店1階のビューティーフロア。ぜひぜひ、体験&体感して”なりたい自分”を極めてくださいね。

そごう横浜店 ビューティーサイト
https://www.sogo-seibu.jp/yokohama/beauty-floor/

コメント (0)

松茸と和牛の贅沢コラボ!ひと足早く秋を満喫 横浜ベイホテル東急「秋の収穫祭」

2018/8/13

編集部のこぢかです。Resize_こぢか
先日、横浜ベイホテル東急3階「クイーン・アリス」で、9/18(火)~11/15(木)期間限定で提供される特別ディナーコース「秋の収穫祭」のお料理を、ひと足早く試食させていただきました。秋の味覚の王様・松茸や和牛、フォアグラにトリュフ…美食の秋ならではの食材をふんだんに盛り込まれた、毎年人気のスペシャルコースなのです!美しい盛り付けと、田面山(たもやま)博憲シェフの珠玉のスペシャリテに美味しすぎて終始感激…(溜息)

まず、最初の一皿目からも盛り付けの美しさと美味しさにノックアウト…。こちらは「フォアグラ・穴子・里芋のプレッセ」。フォンドボーのゼリー、フォアグラ、穴子、里芋が美しい層になった逸品。穴子をこんなにオシャレにいただいたのは初めて!この3つの組み合わせが絶妙で、バルサミコと金柑のソースがこれまた素敵なアクセントに(フランスでも金柑のソースは良く使われるそうです。金柑って日本にしかないと思っていたので、驚きでした)。付け合わせは、贅沢なトリュフサラダ~(*’▽’)

bayhotel5

そして、一足早く秋の味覚の王様・松茸が登場!!「ズワイガニと松茸のガレット」。すだちの香りがふんわりと残る、フレンチ?和食??いやいやフレンチ!!の不思議な一皿。ガレットといえば、そば粉のいわゆるあのガレットを想像しておりましたが、こちらのガレットは、バターの濃厚な味わいが楽しめるサックサクのパイのよう。オマール海老のうま味たっぷりのソースでいただくのですが、まるでデザート?!のような華やかな美味しさ。松茸のお花のようで、盛り付けもかわいらしいのです。

bayhotel1

松茸の香り、うま味が凝縮された「松茸と豚バラ肉の蒸しスープ」も絶品でした。すだちをぎゅっと絞ればまた違った美味しさに。フレンチ流松茸の土瓶蒸し??…のような味わい。
bayhotel2

メインの「牛の生ハムを添えた和牛のロティ 松茸と半熟卵で召し上がれ」。こちらは松茸と和牛の贅沢なコラボが楽しめるシェフ渾身の一皿。感動したのは、神戸牛を使った「牛の生ハム」。濃厚なコクと肉の旨みがあふれる感動的な美味しさ!その生ハムと、低温調理で柔らかく仕上げた和牛と松茸といただくのですから…美味しすぎて涙。シェフ曰く、すき焼きをイメージされた…と仰っていたように、ネギや春菊、半熟卵が添えられていて、これはまさにすき焼き??と思う一皿。卵を絡めるとまた違った美味しさが楽しめます…が、すき焼きを相当超える贅沢な美味しさですよ。トランペット、ジロール茸といったキノコも個性的な味わいが楽しかったです。

bayhotel3

お楽しみのデザートは、「銀河」と「サプライズ」をテーマに考案された「プラネットショコラ」。

bayhotel7

あたたかいキャラメルソースをかけると…bayhotel10

チョコレートの惑星の中から、パッションムースとオレンジのシャーベットが。パッションシードの食感も楽しいスイーツ。柑橘系の爽やかな酸味で、さっぱりといただけるデザートでした。何よりも、サプライズが楽しい!インスタ映えるし、アップするなら動画がおすすめ。

bayhotel12

お料理と一緒に楽しむ、ソムリエセレクトのワインも秋の味覚に合わせた逸品が勢ぞろい。メインには、スパイシーな香りで個性的な味わいの赤ワイン「ジャン・リュック・コロンボ クローズ・エルミタージュ」を。ソムリエにいろいろ聞きながら、料理とのマリアージュも楽しんでみて。

bayhotel4

今回いただいたのは、コースの一部。大・大・大満足でしたが、このほかメニューには、「真鯛と焼き茄子のカルパッチョ」「天然平目のポシェ 蛤とパプリカのソース」、(プラネットショコラの前に)「アヴァンディセール」が。

丁寧に作られた、スペシャルなお料理と温かなサービスで、忙しい毎日から少し離れて過ごす非日常な時間。特別なひと時を味わうって、やはり心豊かになるものです(おいしいものをいただくって、やっぱり元気が出ます!)。この秋、ぜひ大切な人と出かけみては♪申し込みは、8月中旬から「横浜ベイホテル東急」ホームページで。

コメント (0)

「ピカチュウ大量発生チュウ」初日!黄色に染まった会場周辺も要チェック

2018/8/10

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。
今年もみなとみらいで「ピカチュウ大量発生チュウ」が始まりました!5年目となる同イベントですが、今年は1500匹以上のピカチュウたちが昼も夜も登場。イーブイの大行進も見られるなど、さらにパワーアップした内容になっているようです。
さっそくイベントのトップバッターとなる「ピカチュウの大行進」を見に行ってきたので、レポートします。

駅からピカチュウがお出迎え

Resize_写真 2018-08-10 13 09 22

JR桜木町駅ホームに降り立つと、まずは駅名の看板にピカチュウを発見!

Resize_IMG_4507

駅の出入り口や

Resize_IMG_4504

駅前の広場にも!一体何体のピカチュウがみなとみらいに潜んでいるのでしょうか!

右を見ても左を見てもピカチュウだらけ。「ピカチュウ!あ、違った!」と、黄色いものを見るやいなや何でもピカチュウだと思ってしまうほど…。

会場までの道のりでたくさんのピカチュウがお出迎えをしてくれ、どんどんと気持ちが高まります。

リズムに合わせて行進するピカチュウがかわいすぎる

昼間の大行進の会場はクイーンズスクエア横浜。本日も暑い中たくさんの方がピカチュウを一目見ようとじっと待機をしていました。

Resize_IMG_4486
来た…!

Resize_IMG_4494

お姉さんの誘導に合わせてピカチュウが左右に揺れながら前進してきます。大きな体で足並みを揃えて歩いてくるんです。なんて愛おしいんでしょう!

Resize_IMG_4499

カメラ目線(たぶん)いただきました!

Resize_写真 2018-08-10 10 48 23

ほくほくしながら乗った帰りのみなとみらい線にもピカチュウが。おうち(会社)に帰るまでが「ピカチュウ大量発生チュウ」ですね。

みなさんも、暑さも忘れるピカチュウの癒しパワーを感じに出かけてみては!

ピカチュウ大量発生チュウ!
~Science in Amazing!かがくのちからってすげー!~
https://www.pokemon.co.jp/ex/pika_event/

コメント (0)

いろいろ

【読者特典付】「極上肉」で夏を乗り切る!?

2018/8/6

★resize矢木こんにちは、編集部ヤギです。
皆様のご自宅には、8/4号のリビング新聞横浜は届きましたか?今号の巻頭特集は読者特典付き「ホテルの極上肉」です!暑~い夏は、美味しいお肉を食べて乗り切りましょう!

お得!読者限定特典付き

resize_oniku巻頭特集「ホテルの極上肉を召し上がれ」では、横浜の7つのホテルがおすすめする、コースまたはアラカルトの肉の一皿にフィーチャーして紹介しています。そして、すべてお得な読者特典付きです!

読者特典の使い方
◆事前の電話予約で「リビングを見た」と伝える
◆(ホテル・ザ・ノット ヨコハマのみ)オーダー時に紙面を提示
※読者特典の内容、有効期限はホテルごとに異なります

Webで詳細をチェック!
https://mrs.living.jp/yokohama/a_feature/article/3127301

シェフ渾身の一皿を試食!

7つのホテルを取材して、シェフたちの熱~い思いに感動!

産地、素材、焼き方、ソース、付け合わせなど「こだわり」があるのはもちろんですが、シェフたちの並々ならぬ試行錯誤の末、美味しい一皿が完成。その美味しさは・・・編集長のこの笑顔を見れば伝わるはず!

resize_20180713_104620

この夏は、リビング読者限定特典を使って、
お得にホテルの極上肉を楽しんでくださいね!

Webで詳細をチェック!
https://mrs.living.jp/yokohama/a_feature/article/3127301

コメント (0)

プレス行ってきた

いよいよ開幕!「Dance Dance Dance」のオープニングパーティーに行ってきた

2018/8/3

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。
横浜を舞台としたダンスの祭典「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018(DDD)」がいよいよ明日8/4(土)に開幕します!3年に一度開催され、今年で3回目となる同イベント。9/30(日)までの期間中、子どもから大人までが楽しめる約200ものダンスプログラムが用意されています。

昨日はオープニングレセプションパーティーが開かれ、私も参加させていただきました。

Resize_写真 2018-08-02 17 42 59
横浜をはじめとした神奈川の食材をたっぷり使った料理が振る舞われました。「横浜岩井のごま油とカツオのポキ」や、「湘南しらすのカッペリーニ」などなど、どれも美味!

林市長の挨拶から始まり、ディレクターを務めるフランス在住のドミニク・エルヴァさんが登壇。2018年は日仏交流160周年!横浜市の姉妹友好都市であるフランス・リヨンのダンス・ビエンナーレと連携をしており、日仏のコラボレーションも見どころの一つだそう。「エッジのきいたプログラムから、親しみやすいものまで紹介したいと思っている。」とドミニクさん。ダンスのジャンルが多彩なのはもちろん、様々な世代、国籍、趣味の人たちが一緒に楽しめる内容になっているようです。

「ベイサイドバレエ」のゲネプロ(最終リハ)

Resize_IMG_4450

オープニングパーティーが終わると、DDDの第一弾プログラムであり、8/4(土)と8/5(日)に開催される「ベイサイドバレエ」のゲネプロを見させていただきました。東京バレエ団による「タムタム」と「ドンキ・ホーテ」、「ボレロ」です。
私はこれが初のバレエ鑑賞!恥ずかしながらなんの知識もないまま見させていただきましたが、3つとも演出も雰囲気も異なり、バレエの幅の広さに驚きました。

誰もが曲を耳にしたことのある「ボレロ」ももちろん初鑑賞。メロディ役は日本人女性で唯一「ボレロ」を踊ることを許された上野水香さん。単調にも感じる音楽ですが、上野さんのだんだんと激しさを増す踊りに目が離せなくなります!一緒に見ていた編集部よっしーも「周りの男性ダンサーの力強い動きにドキドキした」と興奮冷めやらぬ様子でした。舞台のバックに見えるみなとみらいの夜景と潮風も心地よく、横浜という舞台だからこそ感じる良さもあるのだろうなと思いました。

バレエ鑑賞は敷居が高いように感じていた私でしたが、初めてにしてすっかり夢中になっていました。本物を知ることは大切ですね。
ドミニクさんがおっしゃっていた通り、誰でも楽しめるイベントです。私のようなダンス初心者でも大丈夫!是非、興味のあるプログラムを見つけて参加し、ダンスの世界に触れてみてくださいね!

Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018
https://dance-yokohama.jp/

コメント (0)

プレス行ってきた

【みなとみらい】人気絵本「ウォーリーをさがせ!」のイベント開催中

2018/7/31

★resize矢木こんにちは、編集部ヤギです。今日(7/31)から横浜赤レンガ倉庫で「誕生30周年記念 ウォーリーをさがせ!展」が開催!オープニングイベントに編集部よっしー&インターンシップで来社中の市内高校生と一緒に行ってきました。

日本初公開の原画や限定アートも!

今年で誕生30周年を迎えるウォーリー(すごい!)。それを記念して人気絵本「ウォーリーをさがせ!」の原画が初来日し、初期設定やウォーリー以前のイラストなど約150点も公開。一部撮影OKの場所もあったり、展示会オリジナルグッズも400アイテム以上!横浜限定アイテムも。

オープニングイベントには、”ひょっこり”つながり(!?)で芸人ひょっこりはんが登場!?それでは、ここから高校生のレポートでお届けします!


「ウォーリーをさがせ!展」にひょっこり!?

オープニングイベントに登場したひょっこりはんは、会場にあるレジの陰からひょっこりと顔を出し、集まったたくさんの子供達に手を振りながら登場。ウォーリーの絵本からひょっこりするネタを披露し、子供達を笑わせたり、会場に来場した方のチケットを受け取り、抽選で当選した子供達との撮影会で「ウォーリーをさがせ!」と声を合わせたり、来場者を喜ばせていました。

resizegakusei_IMG_4344

よく「ウォーリーに似ている」といわれるひょっこりはんは、幼少期によくウォーリーを探していたそうです。幼稚園に置いてあったウォーリーの絵本に、自分がウォーリーを見つけたことをアピールするため、丸を付けていたそうです。幼稚園ではそれが問題になったという思い出話も(笑)「今回の『ウォーリーをさがせ!展』にはたくさんの魅力があり、展示されているすべての原画の中からウォーリーを見つけ出すには何時間もかかる」とコメントしていました。

会期中は横浜赤レンガ倉庫1・2号館内にスタンプラリーが設置されています。「ウォーリーをさがせ!展」の会場にとどまらず、楽しむことができます。

ウォーリーは30歳、ひょっこりはんは31歳と年齢も近く、ひょっこりはんは「30年間売れ続けているウォーリーの絵本はすばらしい」と話していました。

今回、ウォーリーに扮し丸いメガネと赤いボーダーの服を着用。私服は黒いズボンにシャツを合わせるというシンプルな服装をしているひょっこりはん。また、「(顔が似ているので)ハロウィンなどのイベントで、今回のような赤いボーダーの服を着て街を歩きたい」と話していました。「実はネタを考えるときにウォーリーをヒントにしたこともあり、ウォーリーに感謝し、自分はウォーリーの仲間だと思っています」とひょっこりはん。

resize_IMG_4410

ひょっこりはんも子供の頃から大人になってもネタ作りでお世話になったウォーリー。絵本の原画を見ることが出来るので「絵本はもう読んでいない」という大人も楽しむことが出来ます。子供は今読んでいるウォーリーを探しに、大人は昔絵本で読んでいたウォーリーを探しに、ぜひ来場して下さい。(text:K.Yさん)

WHERE’S WALLY?「ウォーリーをさがせ!展」

「ウォーリーをさがせ!展」では、絵本原画が壁に飾られたり、机の上に並んでいるほか、色々な展示の仕方があり、さまざまな視点から楽しむことができます。
resize_IMG_4419

絵本原画の展示では、夢中になりながらウォーリーを探すという楽しみも味わえます。さらに、本展のための限定ウォーリーイラストもあります!そして、展示コーナーの最後には、ウォーリーやウォーリーの仲間たちと写真撮影のできるパネルが展示されているので、展示会を訪れた記念に写真を撮ることも。

resize_IMG_4432

「ウォーリーは子供しか楽しめないのでは?」と思っていましたが、展示された絵本原画に夢中になりながらウォーリーを探す楽しさは、子供から大人まで誰もが味わうことができると思いました。限定ウォーリーイラストもあるので、ぜひ見に訪れてください。(text:T.Hさん)


以上、高校生のレポートでした!

私も原画の緻密さに感動しつつ、やっぱり「ウォーリーどこ?」と探してる自分がいて、もう幼少期に染みついたクセですね(笑)。また、本展のために、3人の日本人アーティストが制作した新作アートもとってもおしゃれ!時代を超え、世代を超えて楽しめるウォーリー。この機会に、ウォーリーを懐かしみつつ、新たな魅力を見つけてくださいね。

resize_repoIMG_2068
高校生は、囲み取材や撮影にも挑戦!

写真:(C)DreamWorks Distribution Limited.All rights reserved.

「誕生30周年記念 ウォーリーをさがせ!展」
期間:2018年7/31(火)~8/15(水)※会期中無休
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 2階スペース
時間:10:00~17:00(土・日曜、祝日は19:00まで)※閉場は各30分前
料金:一般1000円、高校生700円、中学生500円、小学生300円
http://wally30.jp

コメント (0)

プレス行ってきた

【中華街】日本初!女性がつくる美しい“お化け屋敷”に行ってきた

2018/7/20

★resize矢木こんにちは、お化け屋敷がとんでもなく苦手な編集部ヤギです。今夏、中華街にある横浜大世界アートリックミュージアムに、日本初のお化け屋敷が期間限定オープン!横浜ミセスのmisamisaに誘われ、プレスに行ってきました。

日本初!?の美しいお化け屋敷

8月から開催されるお化け屋敷「THE WITHCH(ザ・ウィッチ)」は、怖くて逃げ出したくなる従来のお化け屋敷と違い、“美しく見ていたくなるダークファンタジー”の世界観が斬新!その世界観に”没入”するためマスク着用&私語厳禁。さらに注目ポイントは3つ!

<POINT>
1:全て女性が手がける“美しいお化け屋敷”
2:日本初上陸!ダウンステア式お化け屋敷
3:アートリック×お化け屋敷

1:全て女性が手がける“美しいお化け屋敷”
ホラーエンタメで活躍する
夜住アンナさん
率いる女性ホラープロジェクト「ギミホラ」が、女性の感性と世界感を盛り込んだ“魅せるお化け屋敷”がコンセプト。
resizeHOLA1
女性ホラープロジェクトのメンバー。一番前のドクロ柄ワンピースの女性が夜住アンナさん。皆さん妖艶な美しさ…!

2:日本初上陸!ダウンステア式お化け屋敷
ダウンステア式とは、エレベーターで最上階まであがり、1フロアずつ降りながら楽しむ、海外のお化け屋敷に多いシステムです。日本で楽しめるのは、ここだけですよ!
resizeHOLA2先が見えないと不安になる人間の心理と、階段を降りるわずかな間が物語のページをめくるドキドキ&ワクワク感に似ています

3:アートリック×お化け屋敷
ある1枚の絵画がキーワードのお化け屋敷。展示されている絵画を”覗く”と…思わず息をのむ瞬間が!私、驚いて思わず声を出てしまいました…涙
resizeHOLA4
覗いた瞬間思わず…ビクッ!

ここが凄い!体験レポ

フロアに入るとふわりといい香りが漂い、約100本のキャンドルの幻想的な光に癒やされます(お化け屋敷なのに!)。キャンドルは全てキャンドルアーティストの手作りなんだとか!reeizeHOLA3
アートリックを使ったフォトスポットも。インスタグラムで流行中の「#エンジェルウィング」は撮影OK

人がいる…。話しかけてくる…。予測不可能な動きが本当に怖い…。さらにお化け屋敷内でステージパフォーマンスが!女優さんの迫真の演技に注目です。
resizeHOLA5
約20人の女性キャストがフロアを歩き周り、ゲストを恐怖の世界に誘います

日本初のお化け屋敷は、怖いだけでなく美しくもあり、物語が進むにつれ感情に変化が生まれるかも。この夏、ぜひ美しいホラーの世界に”没入”してみて!

美味しいホラー作品も!

横浜大世界2階にある「横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム」では、コラボスイーツが期間限定で登場!
resize_IMG_1976
手前から「魔女のカクテルゼリー(青アルコール/黄ノンアルコール)」各680円。「ガトーショコラ~ザ・ウィッチ仕様~」680円。「メルティナイト」1080円
resize_IMG_1981
カクテルはレモンゼリーをベースに、ノンアルはマンゴー味、アルコールはブルーキュラソー。仕上げにカシスシロップで血管模様に。グラスに浮かぶ目玉はチョコレート!

resize_IMG_1998「メルティナイト」は熱々のソースをかけると…中から美しいあるモノが!お皿の縁を彩る血しぶきはカカオバターでできているそう

イベントは12日間限定!

お化け屋敷苦手な私も、思わず立ち止まってじっくり見たり、うっとりした…今までのお化け屋敷とはひと味違う「THE WITCH」。大人のための体験&体感型ホラーエンターテインメントは、12日間限定開催です。気になる人は、この機会を逃さないでくださいね。

「THE WITCH(ザ・ウィッチ)」
【期間】2018年8月3日(金)~5日(日)、17日(金)~19日(日)、24日(金)~26日(日)、31日(金)~9月2日(日)※計12日間
【時間】18:00~22:15(最終受付21:30)※初日除く
【金額】事前予約2900円、当日3500円
【会場】横浜大世界アートリックミュージアム
【備考】15歳以上(中学生不可)
http://www.gimihora.com/thewitch/

コメント (0)

「グリーン ライフ フェスティバル」アクアリスト×盆栽アーティスト×フラワーアーティストの共演!

2018/7/13

こんにちは!きじまです。

暑さ厳しいこの季節涼しくて癒されるもので心も体も浄化したいですね。
グランツリー武蔵小杉で7月13日(金)~8月19日(日)の期間限定で開催される「Green Life Festival(グリーンライフフェスティバル)」のプレス内覧会に行ってきました。

昨年も開催されたメインコンテンツ「グリーンアクアリウム」。第二回目となる今回は盆栽アーティストやフラワーアーティストとのコラボでパワーアップ!さらに緑をテーマとしたカフェやマルシェも楽しめるイベントになっています。
昨年の様子はコチラhttps://mrs.living.jp/yokohama/hamablog/article/2794197

IMG_1289正面玄関を入ってすぐにある特別ブースにて開催されています。

 

730本のヒマワリがお出迎え

DSC_0196

会場に入って一番最初に目に入るのがフラワーアーティストのJOCA(ジョーカ)さんとAQUARIST(アクアリスト)とのコラボ作品です。
夏を代表するヒマワリ730本と水面に浮かぶ水草、魚たちが涼しさを感じます。
この作品は7/21から8/13の期間は蘭で展開、8/14からは再度ひまわりで展開とのこと。
「何度訪れてもまた違った楽しみ方ができると思いますよ。」と話すJOCAさん。

DSC_0165多摩川の流れと水の中を表現した作品

アユ、ウグイ、ヨシノボリなどが実際に川の中でどのように生活しているかを表現。
子供が川の中を実際に覗いているように展示してあります。

「無限」がテーマのコラボ作品

IMG_1267

続いて、盆栽アーティスト平尾成志さんの「無限」がテーマのコラボ作品。
こちらは、海に浮かんでいる島を「静と動」で表現しているとのこと。

通常では、20分~30分の間でパフォーマンスしながら盆栽を作り上げていくが、今回は、1時間半かけてじっくり作品を作り上げたそう!
こんな芸術的な作品が1時間半で出来上がってしまうのは、驚きでした。

DSC_0194ガラス張りの空間に広がる水草と魚たち

今年から登場「Green Life Cafe &Bar」

カフェ外観
緑のアーチがお出迎えしてくれます!

1F正面エントランス横の屋外スペースに、”Green life”を食と共に体験できる素敵なお店を期間限定で営業しています。ミシュラン星付きレストランで修業をしたシェフによる本格的な料理を、カジュアルなバルスタイルで提供し、”Green Life”を感じられるドリンクやフードメニューを用意しています。(公式HPより引用)

DSC_0207生ハム5種盛り合わせ

夏の定番ふわふわかき氷
夏の定番 ふわふわかき氷 (キウイソース)

ロックフルーツカクテル
ロックフルーツカクテル(お店の定番ドリンク)

「グリーンアクアリウム」を楽しんだ後は、おいしい食事と冷凍フルーツがゴロゴロ入ったカクテルで一杯っていう癒しの時間を楽しんでみたら夏の思い出になりそう!

グランツリー武蔵小杉 公式HP
http://www.grand-tree.jp

コメント (0)

プレス行ってきた

川崎の秋はジャズばかりか、サルサ、バーンスタインに、初音ミクも!

2018/7/11

こんにちは。一年が早い…とつくづく思っているしましです。
★福島02

何が早いかって?
「かわさきジャズ2018~ジャスは橋を架ける~」の記者発表が、先日行われたのです。
前回行ったばかりと思っていたのに…
おちおちしていたら、もう真夏です。開催の秋は目の前です。はい。

今年の発表会は、ミューザ川崎シンフォニーホールのステージで行われました。
出演者にならないと足を踏み入れられない場所ですから、
自ずとテンションが上がります。
演奏者目線で会場を見渡すと、
ステージがホールの中央にあり、360度に客席が広がっているさまが改めてよくわかります。
各席に置かれた譜面台に資料が載せられているという粋な計らい。
「やるなぁ~」と内心。
DSC_0158

さて、ことしのポスターはこんな感じ。
aimage1

DSC_0168
左からかわさきジャズ2018実行委員会顧問・福田紀彦川崎市長、かわさきジャズ2018実行委員会委員長・山田長満川崎商工会議所会頭、ピアニスト、作・編曲家・福本純也さん、ジャズボーカリスト・斉田佳子さん、ジャズピアニスト・宮本貴奈さん
「開催4回目にして、多くの橋が架かりました」という、
かわさきジャズ2018実行委員会顧問・福田紀彦川崎市長の言葉どおり、
今年もバラエティーに富んだ内容のプログラム満載です。

まず、
この日登壇されたジャズボーカリスト・斉田佳子さんとジャズピアニスト・宮本貴奈さんは、
11/9(金)に新百合トウェンティワンホールで、「Jazz Bar」なるものを展開。
なんと日野皓正さんをゲストに迎え、
「Cinema Jazz Paradise~映画音楽ジャズ特集」をテーマに、1ドリンク付きでの公演が予定されています。
早速演奏してくれました。
スコット・ジョップリンの「ジ・エンターテイナー」と、サウンド・オブ・ミュージックから「マイフェイバリット シングス」。いきなりステキすぎます。
DSC_0162

このほか注目は、ジャズ界のレジェンド・佐藤允彦さんらが、バーチャル・シンガーの初音ミクと巡音ルカとフィーチャリングする、
11/11(日)の「佐藤允彦 JAZZ BAND&ELECTRIC VOCAL ENSENBLE feat.初音ミク&巡音ルカ Jazz、Anime&Internet Songs vol.1」。
会場のカルッツかわさきで、どのように展開されるのか注目です。

11/14(水)のラゾーナ川崎プラザソルでの「オルケスタ・レグルス」はサルサでにぎやかに。
ミューザ川崎シンフォニーホールでは、11/18(日)の「デイヴ・グルーシン・ビッグ・バンド」によるバーンスタイン生誕100周年のウエストサイド物語も楽しめます。

おっと!肝心の日程を!
開催は、11/8(木)~18(日)。
プレイベントが9/11(火)~11/7(水)。
いずれも川崎市内各所を会場に繰り広げられます。

秋のひととき、ジャズ色に染まってみませんか。

都市型音楽フェス かわさきジャズ2018~ジャズは橋を架ける~

コメント (0)

プレス行ってきた

【みなとみらい】期間限定ルーフトップバーでスパニッシュタパスと夜景を!

2018/7/3

★resize矢木こんにちは、編集部ヤギです。早くも梅雨明けした関東は、毎日うだるような暑さですね。そんな夏の夜は、海風が爽やかなルーフトップバーなんていかがでしょうか!

みなとみらいにある「THE GRAND ORIENTAL MINATOMIRAI(グランド オリエンタル みなとみらい)」では、今年も「THE OCEAN’S BAR 2018」が開催中。先日、プレイベントに行ってきたので、その様子を紹介します。

みなとみらいの夜景を見渡す特別空間!

まず、「THE OCEAN’S BAR 2018」の会場がこちら。結婚式場としても営業している「グランドオリエンタル みなとみらい」の上層階、ルーフトップバー!resize_20180629_195832
THEみなとみらいの夜景!夏の夜風が気持ちよく開放的

resize_20180629_195854
まるで海に浮かぶ船のデッキにいるような感覚に!横浜ならではの贅沢空間

「THE OCEAN’S BAR 2018」の開催期間は、7/1(日)~9/17(月・祝)まで。SUMMER TRIP with Spanish TAPAS(最高の“夏”を 五感で味わう)ショートトリップがコンセプト。

2018年度は、スペイン、サンセバスチャンの旅へご案内いたします。スペイン全土で7店舗のミシュランの三ツ星レストランのうち3店舗を有する、世界でも希な海辺の小さな美食の街サンセバスチャンをイメージし、船旅をテーマにしたグランドオリエンタルみなとみらいで体感する、スパニッシュタパスで楽しむショートトリップ。(公式HPから引用)

今年は、スパニッシュタパスとともに贅沢な空間を楽しんで!事前予約制なので「行きたい!」という人は、HPから予約を。7/14(土)・15(日)は「HANABI NIGHT」のスペシャルイベントも!
http://www.grandoriental.jp/restaurant/bar/

 

プレイベントは「ホワイト」一色!?

プレイベントでは「ホワイト」のドレスコードが!そのため、会場にはスーツ、着物、リゾートスタイルまで、さまざまな「ホワイト」をまとった素敵な大人がたくさん!resize_20180629_200650
みんながホワイトコードだから、ほの暗い会場でもなんだか明るい!?

resize_20180629_200347 ドリンクもホワイト!

resize_20180629_200611
料理は「THE OCEAN’S BAR 2018」と異なりますが、オリエンタルな料理がたくさん並んでいました

resize_20180629_200913
料理もホワイト! エディブルフラワーがふんだんに使われ、華やか!

resize_20180629_201700
サテ、ナシゴレン、ライスコロッケなど多国籍な料理の数々に、旅情感を感じます
resize_20180629_200630
みなとみらいを代表する観覧車が目の前に広がるお部屋も

お料理のひとつひとつが美味しくて「THE OCEAN’S BAR 2018」スパニッシュタパスも期待大!ロケーションも抜群な「グランドオリエンタル みなとみらい」。今年は、夏&大人ならではの遊びを楽しんでくださいね。

resize_20180629_205144

グランドオリエンタル みなとみらい
http://www.grandoriental.jp/

コメント (0)

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room

平成30年度版暮らしのガイドwith Living Eye

平成30年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更