1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. プレス行ってきた
  4. 「パンのフェス2018春 in 横浜赤レンガ」個性豊かなパン屋が大集合!

「パンのフェス2018春 in 横浜赤レンガ」個性豊かなパン屋が大集合!

2018/3/2

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。
毎回たくさんの人でにぎわう赤レンガ倉庫の「パンのフェス」が本日から3日間開催中!
今回初出店のお店も多く、ワクワクしながら初日の様子を撮影してきました!

18店のパン屋さんが初出店

たくさんの初出店のお店があり、どれも気になりますが、私が気になったお店を数店舗勝手に紹介していきます!

「アンデ」

Resize_DSC03852

1店舗目は「アンデ」。京都で生まれたデニッシュ食パンの専門店! チョコレートやキャラメル、イチゴなど、さまざまな味が練り込まれたデニッシュが味わえます。朝食にバターたっぷりのデニッシュ…想像するだけで幸せです。

Resize_DSC03847ポップデニッシュ3種12p

人気のプレーン・メープル・チョコラーデのロールデニッシュが一度に楽しめる商品。
きっとすぐに食べきっちゃうだろうなあ…。

「よろず茶屋444」

Resize_DSC03792

2店舗目は「よろず茶屋444」。視線を感じて思わず足が止まってしまいました。ネコのキュートな顔がたまりません。ネーミングがすべてダジャレになっていて、写真はネコのコロネ「ネコロネ」!

Resize_DSC03787

「パンのフェス」限定だというこちらは桜味のラッコ。さて、名前はなんでしょう?
正解は「サクラッコ」でした! 名前も見た目もかわいすぎます。

「HAPPO-EN BLUE TREE(ハッポウエン ブルーツリー)」

Resize_DSC03834

3店舗目は青い看板が目印「HAPPO-EN BLUE TREE(ハッポウエン ブルーツリー)」。結婚式場としても知られる八芳園のベーカリーです。国産素材にこだわっているからでしょうか。中央に陳列された野菜のパンが鮮やかな色をしていて食欲をそそるんです。

Resize_DSC03820

今のおすすめは桜を使ったクロワッサンやメロンパン、ブリオッシュだそう。どれもうっすらピンク色でとってもきれい。お土産に持っていきたくなるパンですね。

その他、個性あふれるパン屋が多数!

その他にも魅力的なパン屋さんがたくさん。すべての商品がカロリーが200キロカロリー以下だという「お豆腐マフィン&豆乳スコーン専門店 Guruatsu(ぐるあつ)」や、町田のメロンを使用するシルクメロンパンを販売する「パンの木」などなど…。どこのパン屋さんを覗いてもこだわりが伝わってきて、食べてみたくなります。

是非、ぐるりと会場を回って新たなパンとの出合いを探してみてくださいね!

Resize_DSC03771「お豆腐マフィン&豆乳スコーン専門店」Resize_DSC03802
「パンの木」

「パンのフェス2018春 in 横浜赤レンガ」
https://pannofes.jp/



人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. プレス行ってきた
  4. 「パンのフェス2018春 in 横浜赤レンガ」個性豊かなパン屋が大集合!

平成30年度版暮らしのガイドwith Living Eye

平成30年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更