1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. プレス行ってきた
  4. 【中華街】日本初!女性がつくる美しい“お化け屋敷”に行ってきた

【中華街】日本初!女性がつくる美しい“お化け屋敷”に行ってきた

2018/7/20

★resize矢木こんにちは、お化け屋敷がとんでもなく苦手な編集部ヤギです。今夏、中華街にある横浜大世界アートリックミュージアムに、日本初のお化け屋敷が期間限定オープン!横浜ミセスのmisamisaに誘われ、プレスに行ってきました。

日本初!?の美しいお化け屋敷

8月から開催されるお化け屋敷「THE WITHCH(ザ・ウィッチ)」は、怖くて逃げ出したくなる従来のお化け屋敷と違い、“美しく見ていたくなるダークファンタジー”の世界観が斬新!その世界観に”没入”するためマスク着用&私語厳禁。さらに注目ポイントは3つ!

<POINT>
1:全て女性が手がける“美しいお化け屋敷”
2:日本初上陸!ダウンステア式お化け屋敷
3:アートリック×お化け屋敷

1:全て女性が手がける“美しいお化け屋敷”
ホラーエンタメで活躍する
夜住アンナさん
率いる女性ホラープロジェクト「ギミホラ」が、女性の感性と世界感を盛り込んだ“魅せるお化け屋敷”がコンセプト。
resizeHOLA1
女性ホラープロジェクトのメンバー。一番前のドクロ柄ワンピースの女性が夜住アンナさん。皆さん妖艶な美しさ…!

2:日本初上陸!ダウンステア式お化け屋敷
ダウンステア式とは、エレベーターで最上階まであがり、1フロアずつ降りながら楽しむ、海外のお化け屋敷に多いシステムです。日本で楽しめるのは、ここだけですよ!
resizeHOLA2先が見えないと不安になる人間の心理と、階段を降りるわずかな間が物語のページをめくるドキドキ&ワクワク感に似ています

3:アートリック×お化け屋敷
ある1枚の絵画がキーワードのお化け屋敷。展示されている絵画を”覗く”と…思わず息をのむ瞬間が!私、驚いて思わず声を出てしまいました…涙
resizeHOLA4
覗いた瞬間思わず…ビクッ!

ここが凄い!体験レポ

フロアに入るとふわりといい香りが漂い、約100本のキャンドルの幻想的な光に癒やされます(お化け屋敷なのに!)。キャンドルは全てキャンドルアーティストの手作りなんだとか!reeizeHOLA3
アートリックを使ったフォトスポットも。インスタグラムで流行中の「#エンジェルウィング」は撮影OK

人がいる…。話しかけてくる…。予測不可能な動きが本当に怖い…。さらにお化け屋敷内でステージパフォーマンスが!女優さんの迫真の演技に注目です。
resizeHOLA5
約20人の女性キャストがフロアを歩き周り、ゲストを恐怖の世界に誘います

日本初のお化け屋敷は、怖いだけでなく美しくもあり、物語が進むにつれ感情に変化が生まれるかも。この夏、ぜひ美しいホラーの世界に”没入”してみて!

美味しいホラー作品も!

横浜大世界2階にある「横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム」では、コラボスイーツが期間限定で登場!
resize_IMG_1976
手前から「魔女のカクテルゼリー(青アルコール/黄ノンアルコール)」各680円。「ガトーショコラ~ザ・ウィッチ仕様~」680円。「メルティナイト」1080円
resize_IMG_1981
カクテルはレモンゼリーをベースに、ノンアルはマンゴー味、アルコールはブルーキュラソー。仕上げにカシスシロップで血管模様に。グラスに浮かぶ目玉はチョコレート!

resize_IMG_1998「メルティナイト」は熱々のソースをかけると…中から美しいあるモノが!お皿の縁を彩る血しぶきはカカオバターでできているそう

イベントは12日間限定!

お化け屋敷苦手な私も、思わず立ち止まってじっくり見たり、うっとりした…今までのお化け屋敷とはひと味違う「THE WITCH」。大人のための体験&体感型ホラーエンターテインメントは、12日間限定開催です。気になる人は、この機会を逃さないでくださいね。

「THE WITCH(ザ・ウィッチ)」
【期間】2018年8月3日(金)~5日(日)、17日(金)~19日(日)、24日(金)~26日(日)、31日(金)~9月2日(日)※計12日間
【時間】18:00~22:15(最終受付21:30)※初日除く
【金額】事前予約2900円、当日3500円
【会場】横浜大世界アートリックミュージアム
【備考】15歳以上(中学生不可)
http://www.gimihora.com/thewitch/



人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. プレス行ってきた
  4. 【中華街】日本初!女性がつくる美しい“お化け屋敷”に行ってきた

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更