1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. プレス行ってきた
  4. 7階建てになった「重慶飯店本館」10/10(本)にグランドオープン!

7階建てになった「重慶飯店本館」10/10(本)にグランドオープン!

2018/10/4

Resize_namiこんにちは、編集部のnamiです。
元町中華街の「重慶飯店本館」が今年で60周年を迎えるにあたり、10/10(木)に新装オープンします!

Resize_YC181012010画像提供:重慶飯店

もともと2階建てだった本館は7階建てになり、この存在感!
外装を手がけたのは、香港の有名デザイナーAlan Chan。ゴールドと黒、赤がメインという中国をイメージさせる色の組み合わせと、重厚感を感じるデザインになっています。

Resize_IMG_7351

店内に入ると、重慶飯店のこれまでを語る写真がずらりと飾られています。この長い歴史を継承しつつも、今年新たなスタートをきる重慶飯店。内装に関しても、別館から持ち運んだ画や装飾が多くあり、歴史と新しさが融合しています。
それでは、7階から順に紹介していきたいと思います!

7階 プライベートダイニング
6階 個室フロア
5階 バンケットフロア
3階 個室フロア
2階 ダイニング

7階 VIPな空間 プライベートダイニング

Resize_IMG_7312

ドーナツ状のテーブルの中央からスタッフが料理をサーブしてくれ、ライブ感のある食事が楽しめるそうです。テーブルや装飾はもちろん、使用されるお皿やお箸、箸置きなど細部まで厳選されており、大切な時間を過ごす空間が演出されています。

Resize_IMG_7314

食事スペースの隣には、スツールが並んだバースペースも。ウェルカムドリンクを振る舞うことなどができるそうです。
こちらのプライベートダイニングはすでに予約が入っているそうなので、今後人気のフロアになる予感。

6階 明るくモダンな印象の個室

Resize_IMG_7327

6階の個室フロアには、10人用の個室が3つ(パーテーションをなくして20人の利用も可能)。
窓際の2部屋は、白い壁と大きな窓から入って来る日差しによってとても明るいんです!モダンな幾何学模様の壁紙やシャンデリアが中華料理店のイメージを覆します。

Resize_IMG_7330

反対側の1室は柔らかな灯りによって温かな印象。

Resize_IMG_7329
中国伝統のランタンは眺めていたくなる美しさです。
先ほどのシャンデリアもランタンも別館から持ってきたものだそうですよ。雰囲気の異なる2種類の個室は、好みやシーンに合わせて選んで利用したいですね。

5階 最大60席 バンケットフロア

Resize_IMG_7334

20~60席があり、館内で一番多くの人数が入るフロア。映像や写真を映し出すスクリーンもあり、忘年会や同窓会に活躍しそう。そしてよく見ると壁紙が竹柄!さりげなく中華の要素が入っているのがステキです。

3階 新メニュー「火鍋」が食べられるのはココだけ!個室フロア

Resize_IMG_7338
個室フロアは四角いテーブル。肩肘張らず、普段使いができそうですね。個室なので、家族や、女子会にぴったりなのでは?

Resize_RS0204
画像提供:重慶飯店

このたび新たに登場する新メニュー四川火鍋。これからの寒い季節に嬉しい一品ですね。4種のスープから選べ、辛くないスープもあるとのことなので、どなたでも楽しめるとのこと。食べられるのは、この3階のフロアだけなのでお間違いなく!

2階 赤い提灯が写真映えするダイニング

Resize_IMG_7342

Resize_IMG_7347

もともと2階まであった本館ですが、すべて建て替えているため、こちらもがらりと新しく生まれ変わりました。カジュアルに利用できるダイニングフロアですが、赤い壁紙とお花のような赤い提灯で落ち着いた空間になっています。端っこの扇上のソファは取り合いになりそうですね!写真映えもばっちりです。

7階建てに生まれ変わった「重慶飯店本館」は各階それぞれが異なる印象に。ぜひシーンに合わせて利用してみてくださいね!

重慶飯店 本館
https://www.jukeihanten.com/honkan/

 



人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. プレス行ってきた
  4. 7階建てになった「重慶飯店本館」10/10(本)にグランドオープン!

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更