1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. 横浜ビールの“やりたいこと”が20個あるというので…

横浜ビールの“やりたいこと”が20個あるというので…

2019/4/26

こんにちは
しましです。
★福島02
横浜の中区住吉町に醸造所をもつ「横浜ビール」が今年で20周年を迎えるので、
2階のビアレストラン「驛の食卓」でスタートアップパーティーが行われました。
IMG_7552
「驛(うまや)の食卓」1階入口

IMG_7503
ご挨拶する3代目社長・高橋智己さん。★20周年の記念ロゴが決まりました

IMG_7545 20周年限定LAGER
★記念デザインラベルの「横浜LAGER」を3000本限定出荷が決定! ★デザインは、横浜のペイントアーティスト・Kensuke Takahashiが制作。浮世絵のような波をビールに、船にはビール木樽が搭載され、横浜ビールのキャラクター「キング」が描かれています

IMG_7523
特に興味深かったのは、これ。
★BEER BIKE(ビールバイク)を日本初で公道を走らせるそうです。
海外ではすでに実施されているもので、運転手がハンドルを握り、乗客がビールを飲みながらペダルを漕ぐという乗り物。まずはGWの赤レンガで行われる「フリューリングフェスト」でお目見えです。

このほか、★いよいよビンだけでなく「缶ビール」を発売したり、
★1階のYokohama Beer Standをリニューアル(ビアタップが6→12へ、モニター設置でスポーツ観戦しながら飲めるなど。主にビーコル応援とか)
★20周年限定ビールを歴代醸造長が集結して秋ごろ誕生!
★6/23(日)に「YOKOHAMA BEER CRAFT FUSION」というアーティスト、ミュージシャン、技術職人が集結するイベント開催
★ランニングクラブ発足
★厩の食卓で20歳の1年間、横浜ビール1杯無料になる「ビールとのファーストキス」~20歳になったら横浜ビール~
…などなど、ごめんなさい、書ききれません。

もちろん“食”にもこだわり、
★厩の食卓で新定番メニュー「驛のポテトサラダ」が登場!
IMG_7529 IMG_7532
大きなジャガイモとやさい、「横浜醤油」で漬け込んだ「織茂養鶏」のゆでたまご、「蔦金海苔商店」のバラ海苔を好みでつぶし、「清水屋ケチャップ」と「岩井の胡麻油」、「美濃屋あられ」ぶぶあられを味のアクセントに。“横浜のうま味凝縮”を誇る新メニューです

あてを確保したら、はい。いやいや実は最初の乾杯でいただいていましたよ。
IMG_7502 IMG_7543 IMG_7544 IMG_7542
どちらも横浜を意識した1杯です!
「道志の湧水仕込」はきりっとさわやか。きっと誰もがうなる口あたり。
「苺ウィート」は甘い香りとともに口に含むと意外にすっきり、甘くないから飲みやすい。女性が好きなんでしょと侮るなかれ。

IMG_7540 IMG_7539
こんなお料理もたくさん用意され、20周年にかける思いが伝わりました。

ビール発祥の地・横浜の名前が付いた「横浜ビール」。
今後は市内や県内だけでなく、世界も今以上に視野に入れるそうです。
横浜人なら一度は飲んでおきゃなきゃ、ね!

横浜ビール



人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. 横浜ビールの“やりたいこと”が20個あるというので…

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更