1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. プレス行ってきた, 食べてみた
  4. 神奈川・横浜の食材をさらにおいしく変身させたのは宮本シェフ!

神奈川・横浜の食材をさらにおいしく変身させたのは宮本シェフ!

2019/6/6

こんにちは
しましです。
★福島02

横浜ベイホテル東急のカフェ トスカで開催中の
「ナイトキッチンスタジアム こだわり食材 神奈川・横浜 ~地産地消~」
新任シェフ・宮本英幸さん初のメディア試食会が行われるというお知らせが届き、
わくわくしながら出かけました。

★IMG_8238

神戸出身で、関西のホテル、レストランで活躍され、
神戸三宮東急REIホテル料理長を経て、横浜へいらした宮本シェフって…
★tokyuuyokohama
「この断面、すごいでしょう!」と自らカットしたお肉を見せてくれました

きさくでお話が上手な明るい方でした~!

ところで、肝心のキッチン・スタジアム“現場”はどうなっているのでしょう。
前菜から行きますよ!
★IMG_8171
★IMG_8172

まずはきれいに整列している前菜コーナー。
ほとんが県産品と聞き、意外な食材の豊富さに驚かされます。
なかでも寒川の「おかひじき」が、食感といい味といい、知る人ぞ知る地元の名物かも!
★IMG_8229
少しづつお皿に。中央に「トウモロコシの冷たいスープ ミントの香り」、その手前から「おかひじきをトッピングした古代米とシーフードのサラダ」「三崎のマグロ SUSHIスタイル」「鎌倉ハムのコールミート&キャロットラペ」「千歳屋の豆腐の肉味噌~ピーナツソース~」など

アクションコーナーには、
★IMG_8234
★IMG_8233 ★IMG_8231
上から「神奈川県産お野菜とはまぽーくのせいろ蒸し あおみかんソース」「やまゆり牛 牛鍋トスカスタイル」「湘南ポーク オリーブプレミアムのローストポーク 下中たまねぎソース」
★IMG_8215

豚肉は「はまぽーく」「湘南ポーク」「やまゆりポーク」の3種をそれぞれの調理法で使いわけ。「やまゆり牛」とともに地元の上質なお肉をいただけるのがうれしい!
宮本シェフは、「下中たまねぎ(小田原産)のおいしさにびっくり」と、ステーキとソースで湘南ポークに添えています。これはぜひ味わって!

お野菜では、注目は「タイニーシュシュ」。
★IMG_8232
上のはまぽーくのローストにも蒸して添えられ、単品をしゃぶしゃぶしてオリーブオイルのみでいただいたのがこちら。
ナマを見てわかりました。つまりミニ白菜です(下の写真左上)。
通常の白菜よりやわらかくて甘味がありました。
★IMG_8210

中央のお料理コーナーには
★IMG_8200
★IMG_8202★IMG_8203★IMG_8204★IMG_8205
上から「きんたろう牛乳のチキンのミルク煮」「スパニッシュオムレツ 清水屋ケチャップと共に」「スパイシービーフピラフ トスカスタイル」「スペアリブと神奈川県産お野菜のバーベキュー仕立て」「トスカお魚マイスター・嘉山さんセレクト ~アクアパッツァ~」
もちろんスイーツにも横浜食材が使われて…
★IMG_8223 ★IMG_8235「神奈川県産牛乳を使用したプリン」「ヨコハマクラシック モカブレンドを使用したティラミス」「ヨコハマクラシック モカブレンドを使用したコーヒーシフォン」「箱根山麓紅茶を使用した紅茶のゼリー」など
これでもか!のおいしいお料理がならぶのがブッフェの醍醐味。
ただ神戸出身の宮本シェフが、着任早々ホテルの地元、神奈川・横浜をテーマに料理を編み出すのは、相当なご苦労があったかと…。
いえいえ、
そんな心配が全く不要、というのは、ぜひご自分の五感で!
DSC_2057
「はまぽーくはあまり火を通さず上に、野菜は下で肉のうまみを吸っておいしくなります!」と宮本シェフ

7/21(日)まで開催中のディナーブッフェ「ナイト・キッチンスタジアム こだわり食材 神奈川・横浜 ~地産地消~」では、
宮本シェフのアイデアで、神奈川・横浜の食材がさらにおいしい料理に大変身しています!

【topics】7/2(火)はスペシャルイベント「KANAGAWA NIGHT」。
生産者が県内食材について語り、限定メニューには希少な「ちがさき牛」が登場するそう。

 

横浜ベイホテル東急 オールデイダイニング「カフェ トスカ」



人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. プレス行ってきた, 食べてみた
  4. 神奈川・横浜の食材をさらにおいしく変身させたのは宮本シェフ!

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2020年2月14日号

電子ブックを読む

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更