1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room

横浜ビールの“やりたいこと”が20個あるというので…

2019/4/26

こんにちは
しましです。
★福島02
横浜の中区住吉町に醸造所をもつ「横浜ビール」が今年で20周年を迎えるので、
2階のビアレストラン「驛の食卓」でスタートアップパーティーが行われました。
IMG_7552
「驛(うまや)の食卓」1階入口

IMG_7503
ご挨拶する3代目社長・高橋智己さん。★20周年の記念ロゴが決まりました

IMG_7545 20周年限定LAGER
★記念デザインラベルの「横浜LAGER」を3000本限定出荷が決定! ★デザインは、横浜のペイントアーティスト・Kensuke Takahashiが制作。浮世絵のような波をビールに、船にはビール木樽が搭載され、横浜ビールのキャラクター「キング」が描かれています

IMG_7523
特に興味深かったのは、これ。
★BEER BIKE(ビールバイク)を日本初で公道を走らせるそうです。
海外ではすでに実施されているもので、運転手がハンドルを握り、乗客がビールを飲みながらペダルを漕ぐという乗り物。まずはGWの赤レンガで行われる「フリューリングフェスト」でお目見えです。

このほか、★いよいよビンだけでなく「缶ビール」を発売したり、
★1階のYokohama Beer Standをリニューアル(ビアタップが6→12へ、モニター設置でスポーツ観戦しながら飲めるなど。主にビーコル応援とか)
★20周年限定ビールを歴代醸造長が集結して秋ごろ誕生!
★6/23(日)に「YOKOHAMA BEER CRAFT FUSION」というアーティスト、ミュージシャン、技術職人が集結するイベント開催
★ランニングクラブ発足
★厩の食卓で20歳の1年間、横浜ビール1杯無料になる「ビールとのファーストキス」~20歳になったら横浜ビール~
…などなど、ごめんなさい、書ききれません。

もちろん“食”にもこだわり、
★厩の食卓で新定番メニュー「驛のポテトサラダ」が登場!
IMG_7529 IMG_7532
大きなジャガイモとやさい、「横浜醤油」で漬け込んだ「織茂養鶏」のゆでたまご、「蔦金海苔商店」のバラ海苔を好みでつぶし、「清水屋ケチャップ」と「岩井の胡麻油」、「美濃屋あられ」ぶぶあられを味のアクセントに。“横浜のうま味凝縮”を誇る新メニューです

あてを確保したら、はい。いやいや実は最初の乾杯でいただいていましたよ。
IMG_7502 IMG_7543 IMG_7544 IMG_7542
どちらも横浜を意識した1杯です!
「道志の湧水仕込」はきりっとさわやか。きっと誰もがうなる口あたり。
「苺ウィート」は甘い香りとともに口に含むと意外にすっきり、甘くないから飲みやすい。女性が好きなんでしょと侮るなかれ。

IMG_7540 IMG_7539
こんなお料理もたくさん用意され、20周年にかける思いが伝わりました。

ビール発祥の地・横浜の名前が付いた「横浜ビール」。
今後は市内や県内だけでなく、世界も今以上に視野に入れるそうです。
横浜人なら一度は飲んでおきゃなきゃ、ね!

横浜ビール

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

ヘルシー!みなとみらいでフレンチテイストのベジタブルorビーガンコース

2019/4/23

こんにちは。
しましです。
★福島02
先日、横浜ベイホテル東急でいただいたコース料理をご紹介。
IMG_7421

ステーキあり、
IMG_7429

エビあり、
IMG_7428

イカ、マグロあり、
IMG_7422

…って、わかりますか?
実は素材が全部野菜なのです。
ステーキに見立てたものもエビもイカもマグロも!

このコースは、ビーガンメニュー。
横浜ベイホテル東急が、
この先の横浜におけるインバウンド対策として開発した新メニューです。

今年から来年にかけて日本で開催されるスポーツイベントでもたくさんの外国人が来浜することでしょう。
それを見越して、
ベジタリアン(菜食者)やビーガン(完全な菜食者)向けのメニューを、これまでと違って予約なしで注文できるグランドメニューにするそうです。

開発したのは、横浜ベイホテル東急の新旧シェフ陣。
IMG_7896

フレンチのシェフたちはベジタリアンやビーガン料理が初めてだったため、
プロジェクトを組み、研究、開発を進めたとのこと。

ステーキやエビ、イカなどは、
大豆ミート、タピオカ、ナタデココなどを駆使し、
動物性食品や添加物、化学調味料を使わず仕上げます。
ビーガンメニューでは、ネギやニラ、ニンニクなど五葷(ごくん)と呼ばれる野菜も取り除かれています。

この「オリエンタルビーガンコース」のほかに、
「オリエンタルベジタリアンコース」も。
各8316円、アミューズ付き9504円(税・サ料込み)。
IMG_7427

ちなみにこのコースは、宴会向けのメニュー。

このほか、2階オールデイダイニング「カフェ トスカ」では、
一日10食限定の、
「スマートベジバーガープレート」
「スマートビーガンカレープレート」
が提供されます。
各5346円(同)。
IMG_7417 IMG_7425

ミニサイズを試食されていただきました。かわいかったのでこちらもパチリ。
IMG_7903 IMG_7902 IMG_7904

これらのメニュー、どちらもヘルシーなので、
ベジタリアンやビーガンに限らず、健康志向の人にうってつけです。
ただし、野菜だけとあなどるなかれ。ボリュームたっぷりですから!

横浜ベイホテル東急

コメント (0)

横浜観光親善大使が編集部に来てくれました!

2019/4/18

kuri
kuri(くり)

公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューローの平成31年度「横浜観光親善大使」が、編集部を訪れてくれました。

今年度の大使は、川内美月さん(青葉区在住・大学3年生)と、渡部結郁子さん(中区在住・大学4年生)。フレッシュな笑顔が印象的です。

お2人が意気込みを語ってくれました。
【川内さん】
「横浜の街を歩いて楽しむことが好きです。魅力あふれる横浜の良さを笑顔いっぱいでPRしていきたいです」
【渡辺さん】
「1歳から中区に住み、四季折々に風景を変える横浜が大好きです。歴史あふれるこの地の魅力を多くのみなさんにアピールしていきたいと思っています」

IMG_7869

(左)川内さん。特技は絵を描くこと、テニス、社交ダンス
(右)渡部さん。特技はトロンボーン演奏

この日が活動初日だったそう。元アナウンサーにレクチャーを受けたり、立ち振る舞いの練習もしているとか。持っているバッグや靴も横浜ブランドです。

あふれる「横浜愛」を持って、横浜市の“市の顔”として活動するお2人をリビング横浜も応援します!

コメント (0)

プレス行ってきた

この夏、横浜で№1ジェラート決定!ジェラートワールドツアージャパン

2019/4/8

IMG_7287
いきなりですが、これはなんでしょう?…実はジェラートなのです (アナナスリコッタ by Erika Fujita)

こんな大会があるのね~!
プレスリリースをいただいて、つい笑顔になったしましです。
★福島02

その名は、
「ジェラートワールドツアージャパン2019横浜」。
ジェラート職人が技と味を競う世界大会に向けて、日本代表を選ぶ大会で、
8/31(金)・9/1(土)に、横浜港大さん橋の大さん橋ホールで行われます。
(主催:ジェラートワールドツアージャパン2019実行委員会、協賛:カルピジャーニ・ジェラート・ユニバーシティ)
日本開催は4年ぶり2回目。横浜は初めてとのこと。
ジェラート好きなら、これは見逃せない!

先日、その予選会「カルピジャーニ チャレンジ」が行われたので、
様子を見に行ってきました。
IMG_7280

予選会ってどんなもの?
北海道から沖縄まで25人のジェラート職人が、
世界約55%のジェラート製造機シェアを誇るイタリア・カルピジャーニ社の最新製造機を使い、オリジナルのジェラートを製造。
夏の本選に向けて味や独創性、食感、装飾を競いました。

うかがったのは、全製造が終了した後。
つまり、25作品が出そろっていました。
IMG_7283 IMG_7282

最初に目にしたこれらの作品が衝撃的で、
「これは何?これがジェラート?」が真っ先に出た言葉。
そのあとに、「うわぁ!きれい!」となったのです。

続いて、
IMG_7284 IMG_7286

以上25作品。
「すごい!」「すごい!」の連発。
(心底感動すると言葉が出ないものですね~)
飴細工やチョコレート、木、葉、花などを駆使し、使った素材がイメージできるパフォーマンスはとてもアメージング!
ジェラートですが、もはや芸術作品。
どれも個性的で、どれも味見してみたい!

…と思っていたら、取材陣全員に、25作品をすべて試食させてくださいましたよ。
※作品とは別に試食用ジェラートがありました
IMG_7295

1スプーンごとのテイスティング。
意外性あり、納得の味あり、期待以上のものもあり。
本当にそれぞれの味が楽しめました。

審査の結果、
11人のトップジェラートが決定。
地元横浜や神奈川県からも選出されているので、ちょっとほっとしました。
本選は会場を訪れた人の人気で決まるそうです。
詳細と味は、夏に行われる大さん橋での本選でぜひお確かめください。

ジェラートワールドツアージャパン2019横浜
(横浜市観光局HPから)

IMG_7299
イタリア本社から来日していた同社マーケティングディレクター、アッキーレ・サッソリーニさん。左は優勝トロフィー

コメント (0)

プレス行ってきた

15周年を迎えパワーアップ!「フェスタサマーミューザKAWASAKI 2019」

2019/4/1

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。「フェスタサマーミューザKAWASAKI 2019」の記者発表会が開かれ、ラインナップや魅力を聞いてきました!

Resize_IMG_5129
左から指揮者、ミューザ川崎シンフォニーホール チーフアドバイザー・秋山和慶さん/オルガニスト、ミューザ川崎シンフォニーホール アドバイザー・松居直美さん/川崎市長・福田紀彦さん/ピアニスト、ミューザ川崎シンフォニーホール アドバイザー・小川典子さん/日本オーケストラ連盟・名倉真紀さん/東京交響楽団 専務理事・楽団長・大野順二さん

ミューザ川崎シンフォニーホールは今年で開館15周年!「15年目の熱狂へ!」をキャッチフレーズに開催されるサマーミューザは、バラエティに富んだプログラムが用意されています。一昨年に続き札幌のPMFオーケストラが参加し、仙台フィルハーモニー管弦楽団が初参加。首都圏のフェスから、日本のフェスへとパワーアップします。

注目の一つが、開館15周年記念公演の「グレの歌」。なんと400人もの演奏者が必要なんだとか!川崎市フランチャイズオーケストラ東京交響楽団、東響コーラス、世界中で活躍する歌手陣たちが、指揮者ジョナサン・ノットのもとに集います。

6月いっぱいの工事でどう変わる?

Resize_MUZA_DSC_6023(c)堀田正矩
(c)堀田正矩

同館は、6月いっぱいまで工事中。美しい音が変わってしまわないように、内装は変えないのですが、スピーカーなどの機材が変わるとのこと。現在は席によって聞きづらい場所もあるため、それを改善する最新のスピーカーが設置され、その他の機材も最新のものに一新します。この工事によって、1個1個の音がちゃんと届くように変わるらしいですよ。楽しみですね!特に、400人の演奏者による「グレの歌」ではミューザらしいドラマチックな音楽が響き渡るはず!

7/28(土)から始まるフェスタサマーミューザ。
さまざま嗜好の人が楽しめるよう、たくさんのプログラムが用意されています。
オーケストラに精通している人も、初心者の方も、この機会にオーケストラデビューをしてみては!

フェスタサマーミューザKAWASAKI2019
https://www.kawasaki-sym-hall.jp/festa/

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

3周年記念「パイホリック」が43種のパイを提供!おすすめメニューをレポート

2019/3/22

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。
マリン&ウォーク内のパイ専門店「Pie Holic(パイホリック)」が3周年を迎えました!カリフォルニア・ロサンゼルスで親しまれているパイを日本で楽しめるとあってオープン当初から話題に。ランチの食べ放題を目当てに訪れた人も多いのでは?
今回、3周年を記念し、アメリカ50州にちなんだメニューが考案され、なんと全43種ものパイが味わえるようにパワーアップ!

パイホリック1

メディア試食会でおすすめのメニューを味わってきたので、その様子をレポートします。

どこまでも伸びる!チーズポットパイ

パイホリック4
内覧会では特別に調理工程から見させていただき、パイの美味しさをご説明いただきました

今回おすすめメニューの1つが「チーズポットパイ」。
マッシュルームや牛肉などの具材の上にアリゴ(チーズとマッシュポテトを混ぜ合わせたもの)をたっぷりと。さらにゴーダチーズとモッツァレラチーズを独自の配合でミックスしたものを、もりっとトッピングします。

パイホリック5

オーブンで焼き上げてカットをすると…伸びてる~!

パイホリック cheese

トロンとしたチーズにテンションが上がります!!こってりしているかな?と思いきや、中のマッシュポテトのおかげか、しつこさがなく食べやすい。マッシュルームなどの具材との相性もよく、意外とたくさん食べられちゃいます。

美味しさup「プレミアムアップルパイ」

お次の注目すべきメニューは「プレミアムアップルパイ」。通常よりも糖度の高いリンゴを使用。5時間もかけてしっかり煮込んだリンゴを、1つのパイに1.5個分も敷き詰めます。丁寧にパイで包み込み…

パイホリック リンゴパイ

形が出来上がったアップルパイを袋に入れてしまいました!
紙袋も蓋をして、それごとオーブンに…!

紙袋ごと焼くことで、リンゴの香りを閉じ込め、蒸すようにして焼き上げるそうです。

パイホリック7

焼きあがったパイは袋に入ったまま席に届けられます。ナイフでバリバリとあけてみると、閉じ込められていたリンゴとバターの芳醇な香りがふわ~っ!なんと幸せな香り!

しっかりとマリネして煮込まれたリンゴは果実の甘味がよく出ているのがわかります。パイ生地は他のパイとは異なる「練りパイ」という種類の生地が使用され、高温で焼き上げられているために歯ごたえがとてもいい。進化したアップルパイをぜひトライしてみて。

飲んで味わうシェイク

パイホリック10

パイを一つ丸ごと使用したシェイクが登場!飲むパイだなんて、パイへの愛の強さがうかがえる一品ですね。
牛乳と混ぜているので、甘すぎることなく、大きなサイズでも余裕で飲めちゃいそうです。パイの食感や香ばしさが少し残っているのがおいしい。テイクアウトもできるそうなので、お散歩のお供にもぴったりです。

食べ尽くしたい43種のメニュー

その他、甘味と酸味がたまらない「トマトパイ」や、揚げたトルティーヤが香ばしい「チミチャンガ」など、美しくユニークなメニューの数々をいただきました。具材や調理方でいろんな顔を見せるパイ。43種類の中からお気に入りを見つけてみては!

パイホリック8
トマトパイ

パイホリック9
チミチャンガ

Pie Holic
https://www.tgn.co.jp/hall/yokohama/ph/

 

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

<期間限定OPEN>台湾の人気ティーショップ「CHA NUNG(チャノン)」日本初上陸!

2019/3/20

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。
タピオカ好きに朗報です。台湾の人気ティーショップ「CHA NUNG(チャノン)」がついに日本にやってきました!

4/27(土)の第一号店となる表参道店がオープン。それに先駆け31(日)まで、そごう横浜店にポップアップストアが登場!

チャノン2
そごう横浜店地下2階グルメステーション内

「チャノン」は、台湾で生まれ、現在アメリカやシンガポールなど、世界にも展開しているティーショップ。お茶の種類に加え、タピオカやバジルシードなど、組み合わせるトッピングによって100種類以上というメニューの豊富さが特徴です。日本のテレック株式会社の伊藤社長が現地でその美味しさに惚れこんで日本出店を交渉し続け、今回の開店に至ったそう。
日本でも大流行中のタピオカドリンクですが、人気店チャノンのお味はいかに!

チャノンの美味しさを生み出すこだわり

チャノン3

美味しさのこだわわりはまずお茶。手摘みにこだわり、新芽のみを使用!そのため、香り高い茶葉の風味が味わえます。

タピオカは、煮込み方に他店と異なる特徴が。通常は黒糖で煮込むのですが、チャノンの場合はハチミツで煮込んでいます。

厳選された3種のドリンク

チャノン1

種類豊富なティーを提供する「チャノン」ですが、今回ポップアップストアで楽しめるのは厳選した3種の味。

左)「タピオカ台湾ブラックミルクティー」(540円)
ハチミツの香りと甘みを感じるタピオカは初めての味!そして文句なしのモチモチ感。定番のこちらのメニューが一番他店との違いを感じられそう。

真ん中)「タピオカ抹茶ラテ」(702円)
緑と白のバイカラーがキレイ。抹茶は台湾でも今ブームらしく、定番メニューとしておいてあるそうですよ。ミルクは甘く、抹茶はさっぱりしているので、よく混ぜて飲むがおすすめ。

右)「プリッチ黒糖ラテ」(648円)
手作りの自家製プリンをまるまるトッピングした驚きのメニュー!
飲んでみてまたびっくり。激甘と思いきや、黒糖とお茶のさわやかさで、ほどよい甘さになっています。弾力のあるプリンがつるんと口の中に入ってきて、癖になる美味しさでした。一緒に飲んでいた営業さんは3つの中でも一番お気に召したよう♪

チャノン6
イケメンのスタッフさんに胸もいっぱい!

横浜で「チャノン」を味わえるのは今月いっぱいまで!タピオカ好きはこの機会を逃さずに行ってくださいね!

「CHA NUNG(チャノン)」
期間 3/19(火)~31(日)
営業時間 10:00~20:00
場所 そごう横浜店地下2階 グルメステーション内

コメント (0)

プレス行ってきた

「横浜スタジアム」に新設!ライト側スタンドと個室観覧席お披露目会に行ってきた

2019/3/18

ついにこの時が…

ハマスタ1

「横浜スタジアム」は、2017年の11月から2020年にかけて大規模な増設・改修工事を段階的に行っています。だんだんと大きくなっていくスタンドを見てわくわくしながら、仮囲いの向こうを覗いてみてはうずうずしていました。

そして2019年の横浜での最初の試合を明日に控えたこの日、やっとその内側が明らかに。

ライト側に新しくできた「ウィング席」とネット裏の「NISSAN STAR SUITES(日産スタースイート)」のお披露目会に行ってきました。

新設されたライト側のウィング席からの景色

ハマスタ2

最上段からはこの景色、高い…

上からのぞき込むような、いままでにない視点での観戦も、スタンドの傾斜が急なこともあってグラウンドからの距離も思ったほど遠くなく、臨場感を楽しめそうです。

ハマスタ3

ウィング席のコンコースでは新設の売店も。「BAYSAIDE ALLEY(ベイサイド・アレイ)」では、若手選手寮のカレーが入ったカレーパンなどハマスタならではのグルメが楽しめます。

ぜいたくな個室観覧席「日産スタースイート」

今までにない贅沢な観戦スタイルが楽しめる個室観覧席「NISSAN STAR SUITES(日産スタースイート)」が30室、バックネット裏に新設されました。豪華な料理とリラックスできるホテルのような個室では上質な野球観戦が楽しめます。

ハマスタ4

このかわいい特製スター巻きも、使われているのは飛騨牛。

ハマスタ5

おいしそうにほおばるラミレス監督はさっそくお土産に買って帰るそうです(笑)

ハマスタ6

スタンドからの眺めはまさに圧巻。むこうに見えるのはみなとみらいのビル群。この景色は唯一無二ですね。

ハマスタ7

内覧会の間も、選手たちは来るシーズンに向けて調整に励んでいました。

昨年までよりもっとたくさんのブルーで埋め尽くされるハマスタで、選手たちが躍動してくれるのを期待しましょう!

コメント (0)

千葉は食材の宝庫!?注目食材は「落花生スプラウト」

2019/3/14

こんにちは、編集部のヤギです。2019年4月14日(日)まで、横浜ベイホテル東急「カフェ トスカ」で開催中のナイト・キッチンスタジアム「こだわり食材 房総半島~ちばの恵み」プレス試食会に行ってきました!★矢木

なぜ「千葉」?

日本各地・世界各国のご当地フェアを定期的に開催している横浜ベイホテル東急のオールデイダイニング「カフェ トスカ」。今回はなんと千葉です!

「カフェ トスカ」の小川シェフは「千葉県の食材は、生産量日本一の産品が多く、水産・畜産・農作物など食材の宝庫です!ずっと前からやりたかった」と話します。

re1_IMG_4444
小川シェフが「食材探しの旅」で出会い、見つけた食材たち

注目の落花生スプラウト

re2_IMG_4484
豆もやしのような見た目の「落花生スプラウト」。味はしっかり落花生!

千葉ではそんなに珍しくないそうですが、私は初めて食べました。落花生の甘みと淡泊な豆の風味に、ポリポリしゃきしゃきと独特な歯ごたえが新食感!今回は「ローストビーフ グレービーソース 落花生スプラウトのソテーと共に」いただきました。こってりしたお肉に、落花生スプラウトの味としゃきしゃきした食感がいい相性♪

re3_IMG_4461

1人1皿の希少食材は「ハマグリ」!?

「カフェ トスカ」のご当地フェアでは、希少食材を1人1皿限定で提供するプラチナディッシュが恒例となっています。今回の食材は、なんとハマグリ!

re4_IMG_4469
器とほぼ同じサイズのハマグリがどん!「千葉県産 地蛤のナージュ風」春の房総半島の香りが楽しめます

スープ仕立てで、飲む前からハマグリのあの香りが漂い、ひとくちでふわっ~と甘くて濃厚なハマグリのお出汁が・・・(美味しい~!)。おかわりしたいところですが、1人1皿限定です。

イメージが覆る料理の数々

千葉の食材、美味しいんです! 今まで千葉の魚介類や畜産類に、注目していなかったのが不思議なくらい・・・。

re5_IMG_4415冷製。「有機ニンジンのマリネ アーモンドとレーズン風味」はニンジンの味の濃さに感動・・・

re7_IMG_4474
食べたいモノをちょっとずつ♪ブッフェの醍醐味ですね

re8_IMG_4434温製。千葉産の恋する豚、菜の花、鯖、錦爽どりがそれぞれ使われています

re9_IMG_4432
「香取市 恋する豚とキャベツのポトフスタイル」。豚とキャベツの甘みがじんわり溶け出したスープ・・・ポテトのほくほくっとしたうま味もいいアクセント

その場で作る!美味しいひと皿

「カフェ トスカ」といえば、オーダー後に作ってくれるアクションコーナーも人気。先ほどのローストビーフをはじめ、全4品の千葉食材が味わえます。

re11_IMG_4430「オリーブオイルで揚げる フィッシュフライ&マグロのメンチカツ タルタルソース添え」

re13_IMG_4429「5種の海鮮“まかない丼”トスカスタイル」

re14_IMG_4464「海の恵み ブイヤベース風スープ トスカスタイル」

デザ―トも千葉食材!

忘れちゃいけないデザートも、千葉のミルクで作られています。
re16_IMG_4481
ふんわりやわらかな「ヴァニラシフォンケーキ」と「シュークリーム」

小川シェフが「ずっと千葉食材でやりたかった」という熱い思いを感じられる料理の数々・・・料理を通して千葉の魅力を教えていただきました!

「千葉食材!?」と驚きの美味しさを楽しめるのは、2019年4月14日(日)まで!ホワイトデーのお返しをしていない方・・・誘ってみてはどうでしょう?

ナイト・キッチンスタジアム「こだわり食材 房総半島~ちばの恵み」
【場所】オールデイダイニング「カフェ トスカ」(横浜ベイホテル東急2階)
【期間】2019年3月4日(月)~4月14日(日)※ディナーのみ
【詳細】https://ybht.co.jp/restaurant/cafe_tosca.php

コメント (0)

プレス行ってきた

冷凍食品店「ピカール横浜ベイクォーター店」がオープン!おすすめ商品を紹介

2019/3/14

Resize_namiこんにちは編集部namiです。フランスの冷凍食品「Picard(ピカール)」がついに横浜にもやってきました!青山や麻布十番、中目黒などに店舗を構える話題の冷凍食品お店です。3/14(木)に神奈川第一号店として横浜ベイクォーターにオープンしたので、内覧会に行ってきました。

ピカール1

ピカールといえばやはりコレ!

ピカール2
※写真はミニクロワッサン

ピカールで一番人気の商品といえばクロワッサン!
サックサク!冷凍食品っぽさは全くなく、バターのいい香りがただよいます。店頭試食も行っているそうなので、ぜひこの美味しさを試してみて。

ピカール4

食べ方は180℃にあたためておいたオーブンで約25分。休日の朝にゆっくり焼き上がりを待ちながら目を覚ます…なんていうのもいいですね。

イートインコーナーもあり

ピカール7
電子レンジの側面の紙に温め方が書かれています

横浜の店舗には、イートインコーナーと電子レンジがあります。
モーニングにぴったりのクロワッサンとドリンクのセットの他、ランチに便利な商品も用意されています。illy(イリ―)のコーヒーや、その場で絞ってくれるオレンジジュースなど、飲み物へのこだわりも感じられます。

ピカール3

今回はオレンジジュースをいただきました。3つのオレンジをそのまま機械に入れるだけで、皮をむいたのち、ギュッとしぼってくれます。なんだか元気がでそうな生搾りジュース。朝食にこのオレンジジュースとサクサクのクロワッサンが食べられたら一日がんばれそう!

買ってみたいアイテム

ここからは私が勝手に欲しいと思ったアイテム3つピックアップして紹介。

1.ベジタブルミックス

ピカール9

ズッキーニやパプリカなど、海外らしい食材がたくさん入っていて、なんともカラフル。サラダ、スープ、カレー、パエリア…どんな料理にも使えるからいいですよね。少し添え物として使用するだけでもパッとテーブルが華やかになりそう。
2人暮らしなので、いろんな種類の野菜を一気に買えないので、冷凍に忍ばせておきたいアイテムの一つでした。

2.おしゃれなお惣菜

ピカール12

サーモンのパイ包みや、エスカルゴなど、オシャレで手間がかかるお惣菜も買ってみたいアイテム。普段の夕飯に食べてもいいし、急な来客時にあったら助かるのでは!

3.スイーツ

ピカール8

スイーツもたくさん並んでいますが、中でもカラフルなエクレア「食いしん坊のミニエクレア」に一目ぼれ。かわいらしい見た目にテンションがあがります。解凍するだけで食べられる手軽さもいい。こんなものが冷凍庫に常備してあったらダイエットなんて一生できなそうですが…!

初導入!便利なシステム

ピカール6

横浜の店舗で初めて導入された冷凍ロッカー(100円入れて、後で戻ってくるシステム)。おでかけの途中に買い物をした場合も、こちらに預けておくことができるんです。

以上、内覧会レポートでした。普段のごはんもパーティーフードも揃うピカールでおうちごはんの幅を広げてみては!

Picard(ピカール)横浜ベイクォーター店
https://www.yokohama-bayquarter.com/floor_guide/picard/

コメント (0)

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更