1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. でかけてみた
でかけてみた

【編集後記】大人の工場見学~味の素 川崎工場~

2019/6/14

【編集後記】大人の工場見学~味の素 川崎工場~

編集部Sです。

6月14日号「大人の工場見学」特集、見ていただけましたか?
どこも行ってみたいところばかり。

https://mrs.living.jp/yokohama/a_feature/article/3507252

私Sは、「味の素 川崎工場」へ取材に行ってきました。

dig

川崎駅から大師線で「鈴木町」下車。
線路沿いに「味の素川崎工場」が広がります。
駅名の鈴木町の由来は味の素の創設者、鈴木三郎助さんの名前からだそうですよ。

こちら川崎工場の見学コースは「ほんだし®」「味の素®」「Cook Do®」の3つ。

今回は「味の素®」コースの見学です。
集合場所にめったに見られないキャラクターのアジパンダが登場してくれました

まずはシアター見学で「味の素®」のルーツを紹介。
なんと縄文時代から始まるんですよ。
さわやかな風も吹いてくる、体感できるシアターです。

次はジオラマで製造工程を。

IMG_0026
模型の工場内を走るミニカーがカワイイ

こちらのジオラマとパネル展示は「味の素うま味体験館」内で、予約なしで見学できます。

その後、バスに乗って線路の向こうの工場へ移動。

IMG_0010
ピンクのキャラクターは妹の「アジパンナ」

「味の素®」の原材料はサトウキビ、キャッサバなど。
現在では原材料を調達しやすいアジア各地の製造工場で「味の素®」を作り、川崎工場でパッケージしています。

まずは袋詰めの過程を見学。
クリーンな環境で人がいなくてもどんどん箱に詰められていきます。ベルトコンベヤーにも自動的に乗っていきます。

次は自分で「味の素®」をきちんと量って瓶に入れ、検品をする体験。専用の計量器を使うとはいえ、ドキドキしますね。

IMG_0035

IMG_0037

最後に“「出汁の入っていないお味噌汁」に「味の素®」を入れるとこんなに変わる!” 体験があるのですが・・。
出汁の存在ってスゴイですね!

川崎工場の見学はこちらから申し込みを
https://www.ajinomoto.co.jp/kfb/kengaku/kawasaki/calendar.html

コメント (0)

でかけてみた

【編集後記】大人の工場見学~崎陽軒 横浜工場~

2019/6/13

kuri
kuri(くり)

リビング横浜 6/14号の巻頭特集「大人の工場見学」。ご覧になっていただけましたか? こちらから読めます

5月のある暑い日に、編集部Sと一緒に「崎陽軒 横浜工場」へ取材に行ってきました。
IMG_6250新横浜駅からバス「港北インター」停留所下車してすぐの場所にあります

1日になんと80万個も作られるという、横浜名物「崎陽軒のシウマイ」の製造工程や、「シウマイ弁当」の手作業でのおかず詰めを見学することができます。

こちらでは、紙面ではご紹介できなかった見学ブースをお見せしますね!

IMG_6238

おなじみ、しょうゆ入れの「ひょうちゃん」で~す

シウマイ弁当を買うと入っているのが、この「ひょうちゃん」。いろいろな表情があってかわいいですね。ついついコレクションしちゃいたくなります♪企業とコラボをしたり、限定の激レアのものもあります。そんな歴代の「ひょうちゃん」がずら~っと展示してあります。圧巻です!

IMG_6237

 

IMG_6239

じゃーん!大人も子どもも、あるとついつい顔を入れたくなる「顔はめパネル」。もちろん、私も「はい、チーズ」の代わりに「はい、シュウマイ」と言いながら(笑)顔を出しましたよ。

楽しい展示はまだまだいっぱい。
IMG_0011
当時のシウマイ売りになった気分で、コスチュームを着て記念撮影をすることもできます。大人用(男女)、子ども用もあるので、家族みんなで撮ることもできますね。

IMG_0012

歴代のシウマイ娘のコスチュームも展示。当時、シウマイ娘は女性の憧れの職業だったそうです。でも、158㎝という身長制限があり、電車の中にいるお客さんと窓越しに対応するためにはあまり身長が低かったり、高すぎたりするとうまくできないので…という理由だったとか。

そして、お待ちかね!見学の最後は、「できたてシウマイ」の試食です。

dav

「昔ながらのシウマイ」「特製シウマイ」。できたて、アツアツです!そして、シウマイと同じくらいファンが多いといわれている「筍煮」。お菓子「ひょうちゃんサブレ」も付いています。「昔ながらのシウマイ」は、電車の中で食べるには、ひと口サイズが食べやすいから…という理由で、小ぶりなんですって。そんな気遣いもうれしいですね。

説明をしてくださった方のお話でとても印象に残ったことを最後にひとつご紹介。
崎陽軒のシウマイは、どうして「シューマイ」じゃないの?って思いませんか?
シウマイの「シ」を取ると「ウマイ」になるから…と初代社長がおっしゃったからですって!なるほど~納得です。

工場見学の予約はこちらからできます。

みなさんも、楽しい&おいしい工場見学に行ってみませんか?
首都圏の工場見学の特集もここをクリックして見てね!

コメント (0)

でかけてみた

【開店】1/11(金)関内にUCC新コンセプトカフェがオープン!

2019/1/11

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。関内に「Largo Cafe & Bar Lounge presented by UCC」という、気になるカフェがオープンしました!

Resize_写真 2019-01-11 13 08 49

「Larogo(ラルゴ)」とは、UCCが販売している業務用コーヒーのシリーズ。通常カフェやレストラン、ホテルなどで使用されています。このシリーズの美味しさを一般の方にも体験してほしいという思いから今回のオープンに至ったそうです。

そしてこちらのカフェの何が気になるかというと、「O:der(オーダー)」というモバイルオーダーアプリを導入しており、事前にネット注文&お支払いができるという点。

簡単!事前オーダー方法

利用方法は簡単!

1. 専用サイトに登録
2.商品をカートに入れる
3.受け取りの日時を指定
4.クレジットカード情報を入力(最初の1回目のみ)

コーヒー豆はラルゴの4種の豆から選択が可能。カフェラテなどのミルクはソイミルク、アーモンドミルク、ピスタチオミルクにカスタマイズもできます!自分好みのコーヒーをじっくりと選んでオーダーしてくだいね!アイスドリンクやフードもあります。

注文後は店頭で受け取るだけ

注文後、登録したメールアドレスに注文番号が送られてくるので、あとはスマホを店頭に持っていくだけ。仕事の合間など、時間を少しでも無駄にしたくない時は便利ですね。

Resize_写真 2019-01-11 13 09 56

入ってすぐのカウンターには「ラルゴ」に親しむ展示がたくさん。説明文だけでなく、香りを確かめるための豆が置かれていたり、試飲もできたり。コーヒー好きはもちろん、初心者にもそれぞれの魅力ががわかりやすくなっています。

Resize_2019-01-11 13 11 34サイフォンもあり、注文後にバリスタが入れてくれる様子も見られるのも楽しいですね。

広々としていて気持ちのいい空間

Resize_写真 2019-01-11 13 12 30

店内は想像以上に広く、テーブル席と、階段状の席がたくさん用意されていました。コンセントもあるので、パソコンで作業をしている方も。

Resize_写真 2019-01-11 13 10 53

入り口近くの席は日の光がたっぷり入り込みます。なんて気持ちよさそうなのでしょう…!

Resize_写真 2019-01-11 13 17 29
カフェラテ550円、カスクート(生ハム&チーズ)650円

明るくて広々とした店内があまりにも心地よくて、持ち帰り用に包んでいただいた商品をその場で広げちゃいます。
カフェラテは珍しいピスタチオミルクでいただいてみました。ピスタチオ独特の香りと深入りした苦味のあるコーヒーがマッチ!次回はブラックでラルゴの味わいをしっかり感じてみたいです。ミルキーなカフェラテとカスクートの塩気が相性抜群。癒しのオシャレランチを満喫しました。

場所は横浜スタジアムすぐそば。観光やお買い物、お仕事の合間にこだわりのコーヒーで一休みしてみては!

「Largo Cafe & Bar Lounge presented by UCC」
横浜市中区山下町204-1、ダイワロイネットホテル1階
7:30~22:00

コメント (0)

でかけてみた

関内で「大陶器市」開催中! 掘り出し物に出合えるかも

2018/5/30

Resize_かっきーこんにちは。
編集部のかっきーです。

暑くなってきたので夏らしい食器がほしいな、と思い、「全国大陶器市」に出かけてきました。

掘り出し物に出合えそう

JR「関内」駅南口を出てすぐにある「大通り公園 石の広場」には、大型テントが張られ、お店がずらり。
チラシによると、約50万点の商品が並べられているそうです。

リサイズIMG_0361

全国各地の陶器がそろっているので、色や模様もさまざま。
お買い得商品もあるので、気に入ったものがあればまとめ買いをしてもよさそうですね。

リサイズIMG_0362

小皿や湯飲み、茶碗など。

リサイズIMG_0366

品揃えも豊富です。

リサイズIMG_0364

一輪挿しがあったら、花を飾るのも楽しくなりそうですね。

リサイズIMG_0367

箸置きと一緒に売られているのはボタン。
手づくりバックの留め具に使ったらおしゃれになるかな、と妄想も膨らみます。

リサイズIMG_0369

夏の風物詩、風鈴も。
風に吹かれて、ちりーん、と涼しげな音を鳴らしていました。

リサイズIMG_0372

陶器だけではなく、ガラスや漆器の家具、食品も販売されています。
かわいらしいものも多いので見ているだけでも楽しめます。

結局、食器の数が多くて迷ってしまったので、買ったのはトンボ玉のみ。
細いゴムに通して、ヘアゴムにしようと思います。
Uピンに通せばヘアアクセサリーに、革製の紐に通せばネックレスになりますね。

無料の体験イベントも

会場内では、6/2(土)まで無料のろくろ体験も開催。
窯元の指導で茶碗などを作れます。

時間:11:00~16:00
問い合わせ:090-1655-3005(あじさい工房)
※荒天の時は中止する場合あり

掘り出し物を探しに出かけませんか。

全国大陶器市
日時:6/3(日)まで 10:00~18:00(最終日は16:00まで)
会場:横浜市大通り公園 石の広場 特設会場
問い合わせ:090-3327-6520
全国大陶器市 ホームページ

コメント (0)

でかけてみた

横浜の桜の名所、大岡川をぶらり散歩

2018/3/27

Resize_nami暖かい日が続き、桜のつぼみが一気に開きましたね。編集長・山内です。
満開の美しい桜を愛でたい! と、横浜の桜の名所、大岡川を散歩してきました。20180327_091157 20180326_124901

大岡川のほとりからスタート。
会社のランチタイム1時間をつかい、桜木町寄りの櫻川橋から日ノ出町、黄金町まで歩き、Uターン。平日の昼間とあって散歩する人はまばらで、この3月26日は、桜は八分咲き(山内観測)で見ごろでした。

20180326_125302

右側は野毛の名物の2階建ての都橋商店街ビル。桜越しに見ると、いつもの夜のディープ感はなく、奥ゆかしい風情の雰囲気に。桜マジック!でしょうか。

20180326_125506

しばらく進んだ「日ノ出桟橋」に、クルーズ船を発見。
3/24~4/15までお花見運航をしているそうです。船の名前は「ベネチア号」、40分の乗船で2500円程度とか。次回、チャレンジします!

20180326_130032

20180326_130800

川面にうつる桜、とてもきれいです。写真に撮ると美しさが半減してしまうので実際は、↑この写真の2倍、いや100倍きれいでした。

そして、「大岡桜まつり」4月7日(土)・8日(日)に先駆け、黄金町近くの川沿いでは、白いテントの屋台が昼からすでに営業していました。

20180326_130921

20180326_130844

屋台でつまみながら花見。最高ですね! 今回は時間がないのでこれも次回チャレンジです。

_DSC3572色

↑このブログ用に桜をスマホで撮る私。一緒に散歩したカルチャー担当の清水さんが撮影してくれました。一眼レフ、さすがです。

大岡川のお花見散歩、昼間は人もまばらでゆっくり散策できておすすめです。ぜひお出かけくださいね。

大岡川桜まつり http://river-sakura.com/

コメント (0)

でかけてみた食べてみた

横須賀西海岸のおススメスポットを巡ってきました<後半>

2018/3/23

Resize_namiこんにちは編集部namiです。
先日、横須賀観光協会様からご招待いただいた横須賀のツアー。絶景スポット「長者ヶ崎」、地元で人気の「新倉さんちの手づくりジャム」、しらすランチをいただいた「佐島マリーナホテル」、新鮮なしらすの直売所「平敏丸」までを前回レポートさせていただきました(前回の記事はコチラ)。
ツアーの後半は「関口牧場」と「ソレイユの丘」! さっそくレポートしていきます。

自家製ソフトクリームが絶品「関口牧場」

Resize_DSC03933

三浦半島で唯一の酪農牧場「関口牧場」。ジャージーとホルスタインが全部で22、3頭飼育されています。

Resize_DSC03927

牧場のすぐ横ではソフトクリームが食べられます。搾乳から製造まですべて牧場内のソフトクリームは大人気! この大きさが伝わりますか?渡されるとみんな思わず「わあ!」と声が出てしまうほど。甘さは控えめで、まるで生クリームのような食感! アイス大好き編集部namiは今まで食べたことのない味わいに夢中で完食しました。ミルク味をいただきましたが、この日は抹茶とミックスもありました。フレーバーは3日ごとに変わるそうなので、毎回の楽しみになりそうですね。交通機関が無いため、車かバイクでの来店になってしまうのですが、わざわざ足を運びたくなる味です!

関口牧場
http://www.sekiguchifarm.com/

オートキャンプ場と観覧車がオープン
「ソレイユの丘」

Resize_DSC03937

お次は“三浦半島で自然や動物とふれあえる体験型の横須賀市営公園”「ソレイユの丘」へ。今の時季は菜の花が満開! まぶしい黄色の絨毯が広がっています♪丘の上なので、少し風が強めかも…。この日は日中ずっとあたたかかったのですが、もう一枚羽織るものがあるとよかったなと思いました。寒がりさんはご注意を。

Resize_DSC03968

まずは「ふれあい動物村」内の「カピバラ・カンガル」広場へ。どちらも人に馴れていて、おとなしいんです。カンガルーからキックをくらうこともありません。なんて癒されるんでしょう…! 3/17からはカピバラも仲間入りしているそうですよ!

相模湾が一望できる観覧車

Resize_DSC03957

昨年10月には観覧車がオープンしています。丘の上にある観覧車なので、景色がいいことはすぐに想像がつきますが…

ソレイユの丘観覧車からの風景
※画像提供:横須賀市観光協会晴れの日にはこの絶景が広がります!! 富士山が美しい!

「くるくるチョコパン作り」体験

Resize_DSC03944

ソレイユの丘ではさまざまな体験教室が開かれているのですが、観覧車オープンを記念し、現在「くるくるパン作り」に挑戦できます。一人ずつ材料が配られ、優しい先生の指導のもと手を動かしていきます。

Resize_DSC03951

パンとカラフルなクッキー生地を合わせてくるくると巻くだけ! とっても簡単なので、小さなお子様も楽しめると思います。形ができあがった後は、先生に焼いてもらいます。

Resize_DSC03994

出来上がりがこちら。いかがでしょうか? おいしくいただきました!

その他、かわいいどうぶつ形のパン作りや、アロマキャンドル作り、レジンアクセサリー作りなど、さまざまな教室が用意されています。

三浦半島初のオートキャンプ場

Resize_DSC03993
写真はバンガロータイプ

昨年4月にはオートキャンプ場がオープンしています。目の前は海! 夏のキャンプには気持ちのいいロケーションでしょうね。キャンプ用品のレンタルが揃っているので、手ぶらで来ても楽しめます。サイトは、オートキャンプサイト、フリーサイト、バンガローが用意されています。

Resize_DSC03991

バンガローは電源とライト、エアコン完備。BBQスペースも、露天風呂も敷地内にあるので、キャンプ初心者でも安心ですね。この夏、キャンプを考えている方は早目にホームページのチェックを♪

ソレイユの丘
https://www.seibu-la.co.jp/soleil/

以上でツアー終了です。絶景あり、絶品グルメありの横須賀西海岸。まだまだおもしろいスポットがたくさんありそうです。これからの季節、ちょっと足を延ばして横須賀観光はいかがですか?

コメント (1)

でかけてみた

横浜そごう美術館で色鍋島を鑑賞。

2018/2/13

こんにちは。編集部のかっきーです。

そごう美術館で行われている「今右衛門の色鍋島 人間国宝の技と美」に行ってきました。
会場内には180点もの作品が。
2014年に人間国宝として認定された十四代目の作品を中心に、江戸時代に作られたものまで陳列されているので見応えがあります。
テーブルアートの第一人者坂口恵子さんによるテーブルコーディネートの展示は、写真撮影できます。
たとえば、このようなコーディネートが。
IMG_3237
【正月】新しい年に思いを込めて集う
記念撮影をしてみては。

色鍋島とは?

パンフレットによると、

色鍋島は、江戸時代に佐賀・鍋島藩窯が生み出した、最高級色絵磁器です。将軍家をはじめ、公家・諸大名への献上品として、熟練の優れた陶工たちにより徹底した分業体制のもとで厳正に管理、制作された、精緻を極めた美しさと品格を持つ製品でした。

とあり、伝統のあるものということがわかります。
赤、青、緑。
花や鳥、蝶など自然のものが磁器に描かれています。
よく見ると白地のところに細かい模様が入っていたり、皿の裏面に葉の模様が描かれていたりと、見どころが満載です。

テーブルコーディネートの展示からいくつか。
IMG_3248
【七夕】涼やかな風に吹かれて川辺に集う
鳥がかわいらしいです。

IMG_3241
【雛祭り】平安の雅 ひいな遊びを楽しむ
おひなさまに合わせて形が作られていて面白いです。

十四代目の作品

もともと色鍋島を知っていたわけではなく、足を運ぶきっかけとなったのはポスターの写真。
「色絵薄墨墨はじき海芋文鉢」と銘をうたれたもので、グレーの陰影とプラチナの線が見る角度によって、キラキラと表情を変えます。
ポスターの作品と似ているのが、写真に写っている星形のお皿です。
IMG_3251【クリスマス】天からの贈り物~雪明りに集う
グレーの陰影を作っているのが、墨はじきという技法です。
先代の十三代目が初期伊万里の吹墨の作品の影響を受け、薄墨で彩色する技法を取り入れたのが始まりです。IMG_3245【月見】月を愛でながら一献このグレーがとても透明感があるな、と思いました。
ガラスのように透けているわけではないのに、陶磁器のべたっとした平面的な質感ではなく、奥行きを感じました。

会期は2月18日まで!

これらの色鍋島が見られる展示は2月18日(日)まで。
気になる人はぜひ、見学してみてはいかが。

今右衛門の色鍋島 人間国宝の技と美
そごう美術館(横浜駅東口 そごう横浜店6階)
午前10時~午後8時※入館は閉館の30分前まで
大人1000円、大学・高校生800円、中学生以下無料
電話 045-465-5515
そごう美術館 ホームページ

コメント (0)

  • 1
  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. でかけてみた

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更