1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. プレス行ってきた
プレス行ってきた

便利なデリカが充実「食品館イトーヨーカドー瀬谷店」OPEN

2018/4/5

食品館イトーヨーカドー瀬谷店OPEN
忙しい時にも便利なデリカが豊富!

Resize_namiこんにちは、編集部namiです! 地元の方はもうご存じかとは思いますが、3/30に瀬谷駅に「食品館イトーヨーカドー瀬谷店」がオープンしました。1階が生鮮食品、2階が惣菜・イートイン、3階が専門店という構成。2階が駅直結となっているのが嬉しい。

同店の商品の特徴は「即食・簡便」! お仕事帰りにすぐ食べたい方や、仕事から帰って家族のご飯を作らないといけない方など、忙しい皆さんに便利な商品がたくさんあります。

Resize_DSC04121

イトーヨーカドー初! 調理キット

1階生鮮コーナーには、イトーヨーカドー初となる調理キットが登場。回鍋肉やガーリックチキンなど中華が中心になっています。フライパンで炒めるだけで簡単に本格的な味を楽しめる商品です。

Resize_DSC04123

 

2階はすぐに食べられる商品とイートインスペースが充実

2階のお惣菜コーナーはレンジアップデリカや、気軽に楽しめるお寿司のセットなどが並びます。もちろん電子レンジやポットも設置されています。イートインスペースは28席。駅チカでさくっと食べられるスペースというのは重宝しそうですね。

Resize_DSC04098
「ちょっと食べたい」を叶えるデリカ
Resize_DSC04096
お寿司も充実。従業員さんの写真と言葉があるとなんだか安心しますね
Resize_DSC04112
ポットやレンジコーナー
Resize_DSC04115
イートインコーナー。まるでカフェのような空間

店内で手作りのベーカリー
瀬谷限定メニューは「ワッフル」!

総菜パンから菓子パンまで約30種類ものパンが並びます。「ワッフル」は瀬谷限定メニューです! プレーン、メープル、抹茶、ショコラ、プレミアムチョコ、アーモンド、チョコチップ、ストロベリーの計8種類。同店で販売されているコーヒーと合わせて楽しんでみては!

Resize_DSC04107

Resize_DSC04102
どれもおいしそうで迷います!

カフェタイムや、夜に便利な商品を紹介しましたが、昼食限定ミニタイプの弁当や、チーズの鑑評騎士がおすすめするチーズが並ぶコーナーなど、試してみたい商品がたくさん。

家でのお料理も大切ですが、忙しい毎日のたまの息抜きとして、すぐに食べられるイトーヨーカドーの商品を利用してみては?

食品館イトーヨーカドー瀬谷店
http://blog.itoyokado.co.jp/shop/283/index.html

コメント (0)

プレス行ってきた

食べる花も楽しめる「フラワー ガーデン 2018」開催

2018/4/3

Resize_namiこんにちは、編集部namiです! 先週まで桜がきれいでしたが、お花見は行かれましたか?だんだんと桜の木には緑が目立ち始めていますが、チューリップやバラなど次に見ごろを迎える草花で横浜の街が華やいでいますね! 現在横浜の各地で花と緑のイベントが行われており、その中の一つ、横浜赤レンガ倉庫の「FLOWER GARDEN(フラワーガーデン)」が3/31に始まりました。前日に行われたオープニングセレモニーに行ってきたのでレポートします。

マーチングバンド演奏によって幕開け

Resize_写真 2018-03-30 11 11 11

オープニンセレモニーは横浜市立港中学校吹奏楽部による演奏でスタート。風が強い日でしたが、青空に音が響いて、こちらまで元気になりました!

個性豊かな4つのガーデンが登場

Resize_DSC04081

お花のアーチをくぐっていよいよ庭園の中へ。今年で12回目となる「FLOWER GARDEN」のテーマは「ワイルドフラワーガーデン」。1万4200株の草花を用いた4つのガーデンが広がっています。カラフルな花畑「ワイルドフラワーガーデン」、青い海と空をイメージさせる「スカイブルーガーデン」、歩くながら香りを楽しむ「香りのガーデン」、葉もの野菜が美しく植えられた「ベジタブルガーデン」。どれも個性豊かで美しい…!

Resze_写真 2018-03-30 11 32 25
「ベジタブルガーデン」には、コマツナやパセリが植えられています
Resize_写真 2018-03-30 11 27 39
横浜の海を思わせる「スカイブルーガーデン」

今年初! お花を“食べて”楽しむ

Resize_写真 2018-03-30 11 51 42

今年の「FLOWER GARDEN」の特徴は、花を視覚と嗅覚だけでなく、味覚でも楽しめるところ! 昨年10月に池袋にオープンした「HANABAR(ハナバー)」が会場内に併設されています。最近よく見かけるようになった「エディブルフラワー(食べられるお花)」を使ったフードとドリンクを提供しています。

Resize_写真 2018-03-30 11 43 28
セレモニー参加者限定で
ウェルカムドリンク「アンチャイティー」をいただくことができました。タイの青いお花のお茶なんですが、添えられたレモンをストローでつつくと…

Resize_写真 2018-03-30 11 45 39

なんと紫色に! とても鮮やかですが、お花から出た色なんです。不思議ですね。

Resize_写真 2018-03-30 12 09 28
桜ジントニック(700円)、ブルーラテ(600円)、ウタ・ドライ(700円)
見た目のかわいさにテンションが上がるお花のカクテル。あたたかくなったので、外で花に囲まれながら飲むのは気持ちよさそうですね。

Resize_写真 2018-03-30 12 21 17 (1)
HANABARプレート(1200円)、レアチーズのバラジャムソースがけ(500円)

フードメニューも美しい! 色鮮やかなドリンクとフード、背景には花々。どうしたってフォトジェニックになります。

会場の外にも…

Resize_写真 2018-03-30 12 29 29

会場を出て、会社までの帰り道…赤レンガ倉庫の前の広場にも花が咲き乱れていました。気持ちのいいこの季節、緑と花を楽しみながら横浜をお散歩をしてみては!

「FLOWER GARDEN 2018」
https://www.yokohama-akarenga.jp/event/detail/553

コメント (0)

プレス行ってきた

現代のアラサーと20年前のアラサー、肌弾力はどっちが上?

2018/4/2

お花見はしましたか?★福島02
花吹雪と川面の花びらがきれいな大岡川沿いを歩いて来た、しましです。
GetFileAttachment

さて、先日こんなに春らしい招待状をいただきました。中は横浜の企業・FANCLの新製品発表会のご案内。商品を見る前からワクワクしてきます。
IMG_3734

会場は六本木・グランドハイアット東京。
満開のさくら坂を横目に会場へ。
sakura

席に案内された途端に、
桜のスイーツが。
春らしさがそこかしこにあふれています。
IMG_3711 aDSC_0021

そんな中、新商品の発表です。
新ブランドは「AND  MIRAI(アンドミライ)」。
〝スマホが手放せないアラサー女性に〟とあります。

FANCLによると、現代のアラサー世代は、20年前のアラサーと比べて筋肉が弱く、それが肌弾力の低下につながっているといいます。ということは、今アラフィフの方、自信を持ってください!(笑)
そこのアラフォーさん、たくさん喋って顔が疲れたーと思ったら、もしかしたら肌弾力が衰えてきたのかも!?
肌弾力低下の原因は、長時間のスマホによるブルーライトダメージやスマホ下がり肌、あるいはマスク習慣や噛まない食事により顔を動かさないことから肌の居眠り状態になっていることだそう。
IMG_3712

スキンアップウォッシュ(120g、1200円)スキンアップローション(180ml、2300円)スキンアップジェルクリーム(85g、2800円)

新商品は、3つのスキンケア。
桜発酵チャージ成分ということで、桜づくしの訳がわかりました! 桜効果で透明感とハリをアップさせ、きれいホルモン・マイオカインを増やすアラサーに必要なケアを実現したとのこと。桜色のきれいな容器。お手頃な価格もうれしいポイント。

生活習慣による肌ダメージって、あるんですね。
一日のうちでスマホをよく見る方、
肌にも影響が出ているかもしれません。ご注意を。
最後に、こーんな春いっぱいのディスプレイもご紹介しまーす。
DSC_0026 DSC_0027

ちなみに通販とバラエティーショップでの販売だそうです。
くわしくは下記へ
FANCL

すてきな春をお過ごしください。

コメント (0)

プレス行ってきた

【川崎】バーンスタインやラヴェルものフェスタサマーミューザに期待

2018/3/31

このプレス発表があると、今年も夏が来るのね~と思います。
こんにちは、しましです。★福島02
先日、ミューザ川崎シンフォニーホール
で毎年行われる「フェスタサマーミューザKAWASAKI2018」の記者会見に行ってきました。

IMG_3705

今年のテーマは「奏(so)クール!」。
ポスターはブルーを基調に4人のアーティストが爽快感満載で演奏している様子です。
サマーミューザの開催は暑い夏。でも美しい演奏で爽やかなひとときが体感できそうですね。

DSC_0005 DSC_0012

登壇したのは、「音楽のまち・かわさき」の福田紀彦川崎市長(左から3人目)をはじめ、左から東京交響楽団専務理事・大野順二さん、指揮者でミューザ川崎シンフォニーホールチーフアドバイザー・秋山和慶さん、市長の右は日本オーケストラ連盟専務理事・吉井實行さん、オルガニストでミューザ川崎シンフォニーホールアドバイザーの松居直美さん、そしてジャズピアニストでやはりミューザ川崎シンフォニーホールアドバイザーの佐山雅弘さん。

福田市長は「14回目の開催。23日間を19公演で楽しんでほしい。期間中は周辺飲食街でも特典があると聞いていますよ」と笑顔でPR。
「いつもは高齢化しているクラシック演奏会ですが、夏の間に若い方にも気軽に聞きに来ていただきたい」というのは吉井さん。「若手の優秀なプレーヤーが登場するのがみものです」と大野さん。秋山さんは「バーンスタイン生誕100年を記念してのオープニングコンサートや、洗足学園音楽大学のラヴェル三昧が聞きごたえありますよ」と、それぞれ見どころを説明してくれました。

なかでも注目は、2018年度から就任するパイプオルガンの新ホールオルガニストです。
オーディションで選ばれた大木麻理さんと近藤岳さんに、大いに期待したいところ。
そのうちの一人、大木麻理さんも会場に駆けつけ、ご挨拶をされました。
IMG_3704

東京芸大大学院卒の才媛。笑顔のかわいらしい、でも芯の強そうな大木麻理さん。
サマーミューザでも活躍しますが、
近々では、4/25(水)に新ホールオルガニスト就任記念ナイトコンサートが予定されています。
大木さんの演奏を聴いてみたい方は、19時開演ですからお仕事帰りにおでかけを。

ところでこの日、
記者たちが別件で奇声を上げたことがあります。
それはこちら。
IMG_3719 IMG_3694

なんと、ミューザオリジナルのどら焼きや、サマーミューザのラムネ!
アイデアもユーモアもいっぱいのミューザ川崎シンフォニーホールから、
今年も目が離せそうにありません。

コメント (0)

プレス行ってきた

【みなとみらい】関東初上陸!出来たてモッツァレラ食べ放題

2018/3/30

★resize矢木こんにちは、編集部ヤギです。マリン&ウォークにオープン(3月19日)した「goodspoon(グッドスプーン)」。関西発のチーズ専門店で、関東では横浜が初出店。自家製モッツァレラチーズ食べ放題&鮮度が命のブッラータチーズが食べられる魅力的なレストランです。

世界初?名物ブラックブッラータチーズ

resize_IMG_1649
数量限定のブラックブッラータ(1個1580円)

ブッラータは、細かくしたモッツァレラチーズとクリームを巾着状のモッツァレラチーズで包んだ、フレッシュチーズのこと。店内併設のグッドスプーンチーズラボ毎日手作りされ、竹炭を入れたブラックブッラータは、世界初なんだとか!中身は真っ白で美しい…。鮮度が命すぎて、提供できる店が少ないそうです。

ランチ限定!モッツァレラ食べ放題

ランチセットは1850円から。自家製モッツァレラとフレッシュチーズ5種類が食べ放題+選べるメイン+ブッフェ&スープ付き(選んだメインにより値段が変動します)。

resize_20180316_200041
モッツァレラチーズを包む直前は、こんなに伸びます!
resize_20180316_200103
ぷりんっとハリのある見た目と、生乳のフレッシュな香りが食欲をそそります

本当に驚いたのが、歯ごたえ! スーパーで買うモッツァレラは熟成されて、柔らかな弾力ですが、出来たてはシャキシャキっとした瑞々しい歯切れ感があるんです! さっぱりしているので、食べ放題できる理由がわかりました。

resize_IMG_1668
島根の牧場から毎朝届く「木次乳業」の限りなく生乳に近い牛乳で作る、自家製フレッシュチーズ。マスカルポーネ、リコッタチーズ、モッツァレラなど。レモンやクミンなどのフレーバーソルトも

食べ放題はランチ限定ですが、ディナーでは、フレッシュチーズ4種が盛られた自家製チーズプラッター(1980円から)で食べ比べができます!

メイン料理の満足度も高い!

チーズだけでなく、メイン料理も美味しく、どれもボリューム満点。ランチではメインに頼むことができ、ディナーではアラカルトで注文できます。

resize_IMG_1691
丸ごとブッラータチーズのボロネーゼ(1880円)。もちもちの生パスタに絡む肉にくしいソースとチーズのさっぱり感が好相性。フォークがとまらなかった
resize_IMG_1694
じっくり2時間火を入れた国産牛のローストビーフ(2280円)。口に入れると熱で脂身がとろけだし、ふわっとジューシーなうま味が…このお肉、舌が肥えてしまう大人の食べ物!!

ドリンク&デザートも凄いんです

キリンのクラフトビールとチーズのマリアージュが楽しめるのも魅力のひとつ! さらに、ビール、ハイボール、ワイン、カクテルだけでなく…、クリームチーズがたっぷりのったチーズカクテルも!reseize_1658
キリンビールが手がけるクラフトビール4種

resize_20180316_205728BLACKソフトパフェ(880円)。生乳に竹炭を入れてBLACKに!とってもさっぱりした牛乳の味が美味しくて、食後にぴったり。クランチとブルーベリーが食感のいいアクセントに

知っておきたい!入替システム

美味しそうな料理の数々をお見せしましたが、完全回転制レストランで入店時間が【1部】11:00【2部】13:00【3部】15:00 となっています。「あのチーズが食べたいからグッドスプーンに行く!」というアミューズメント感覚にしたくて、回転制にしたそうです。なので、絶対食べたい!人は、事前予約をして行ってくださいね!

夏にはテラス席でBBQも楽しめますよ。
resize_20180316_211730

goodspoon(グッドスプーン)
https://www.goodspoon.jp/

【関連記事】
みなとみらいのおすすめランチ12選!

コメント (0)

プレス行ってきた

横浜赤レンガ倉庫「Cafe&Rottiserie LA COCORICO」オープニングレセプションに行きました

2018/3/30

こんにちわ。
編集部のかっきーです。

3月29日に横浜赤レンガ倉庫にオープンした「Cafe&Rottiserie LA COCORICO(カフェアンドロティサリー ラ ココリコ)」。
オープニングセレモニーにご招待いただいたので伺いました。
当日は、プレオープンも兼ねていたので一般の人も食事をしていて、にぎわっておりました。
窓際の席に案内されれば、向かいの赤レンガ倉庫1号館と、海を眺めることができます。

おすすめはクラフトビール

IMG_0002

店員さんのおすすめが「よなよなエール」。
柑橘系のような香りで、苦味がまろやかなので飲みやすいです。
レギュラー(864円)とハーフ(702円)があるので、飲み比べると楽しそう。

専用グラスで提供されるビアカクテル、ルービーは5種類。
いちごや桃の果物とシャンパンが楽しめるアペリティーボも気になります。

パルマ産12ケ月熟成ハムと「ブッラータ」

IMG_0006

まず、いただいたのが『パルマ産12ケ月熟成生ハムと「ブッラータ」』(1944円)。
生ハムが敷き詰められたお皿の上に載っているのは、「ブッラータ」というチーズ。
モッツァレラチーズと似ていて、むっちりとした食感でクリーミーです。
生ハムの塩分と溶け合って、お酒がどんどん進みます。
レーズンも付きで甘いものがほしくなったら、ぱくっとつまめます。

メニューはタパス、チーズ、シャルキュトリー(生ハムやサラミのこと)、魚介温菜とフリット、肉イタリアンのツマミなど、お酒に合うものが豊富。

お食事を楽しむならピザやパスタも。
パスタはいくつか種類があり、絵で描いてあるので、一目瞭然。
量も価格も1.5倍で大盛りできるのもうれしいポイントです。

名物はローティサリーチキン

IMG_0008

こちらのお店は、ローティサリーチキンが名物だそう。
フル(3132円)とハーフ(1566円)があり、3人以上ならフルがよい、と目安が書かれていました。
写真のサイズはハーフ。
皮がパリッとしていて、肉汁はじゅわ。
かぶりつきたくなるおいしさです。
下味はついていますが、お好みでミックスハーブのソースやサルサソース、岩塩で味の変化を楽しんでみては。
焼き上がりに20〜30分かかるようなので、早めに注文すると良さそうですね。

その後はデザートのティラミス(540円)をいただいて、大満足の食事をいただきました。

 

Cafe&Rottiserie LA COCORICO 横浜赤レンガ倉庫店
横浜市中区新港1-1-2、横浜赤レンガ倉庫2号館1階
045-225-8231
LA COCORICO ホームページ

コメント (0)

プレス行ってきた

新スタイル「スシローコノミ」がNEW OPEN!

2018/3/22

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。
横浜駅西口の「クイーンズ伊勢丹横浜店」が一時閉店をしていましたが、3/20(火)に「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」としてリニューアルオープンしました!

Resize_DSC04063

デイリーな食材が揃うスーパーマーケットから、気軽に食事を楽しめるお店、ゆっくりと食事ができるダイニングまでさまざまな形態のお店が並びます。共有のイートインスペースは約130席! ちょっと立ち寄ってなにか食べたい…という時にとっても便利になっています。

新業態「スシローコノミ」

Resize_DSC04033

今回はたくさんの飲食店の中でも、回転寿司チェーン「スシロー」の新業態「スシローコノミ FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA店」について紹介したいと思います!

イートインとテイクアウトが用意されているのですが、特徴的なのがなんといってもイートインの「コノミメニュー(アラカルトメニュー)」。1貫60円から提供されるお寿司の中から好きなものをチョイスできます。“好きなものを好きなだけお腹いっぱい食べてほしい!”というスシローの思いから生まれた新スタイルのお寿司屋さんです。

と言ってもよくわかりませんよね。実際にどう注文をするのか、見てみましょう!

コノミメニューのオーダー方法

Resize_DSC04035

レジの横にオーダー用紙が置いてあるので、1枚引き抜き、そこへ記入していきます。初めてのお店だと注文に戸惑うこともありますが、記入スタイルだとしっかり悩む時間がもらえるので安心しませんか?

Resize_DSC03998

記入事項はこんな感じ…

1.「ご注文貫数」を6貫、8貫、10貫、12貫の中からチェック☑を入れます。

2.①でチェックをした数だけ好きな寿司ネタを選び、チェック☑を入れます。

3.サイドメニューやドリンクメニューもチェック欄があります。

Resize_DSC04001

オーダーシートへ記入ができたらレジに持っていき、お会計。フードコートでよく見かけるブルブルマシーン(名称がわかりません…)を渡されますので、お席で待ちましょう。

Resize_DSC04031
笑顔が優しい店長の髙徳さん

ブルブルマシーンを渡されますが、時間はそれほどかからないようにしているとのこと。新型のシャリロボット(奥に見える機械)導入などにより、素早く提供できるようオペレーションを効率化しているそうです。

“おまかせ”寿司盛りメニュー。お子様セットも。

セットメニューは5種類。並盛8貫、並盛10貫、上盛10貫、特上盛10貫、キッズ盛6貫が用意されています。こどもが喜ぶセットも用意されているので家族利用もしやすいのでは!

Resize_DSC04021

Resize_DSC04027

Resize_DSC04028

テイクアウトメニューも充実

「まぐろづくし」や「上盛10貫」など、テイクアウトメニューも充実しています。オフィスや家で食べたい方、忙しい方にはありがたいですね。

Resize_DSC04032

「コノミ」という回転寿司とはまた違うスタイルの登場で、お寿司が今よりももっと手軽に食べられそうですね!

「スシローコノミ FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA店」
http://www.akindo-sushiro.co.jp/conomi/

コメント (0)

プレス行ってきた

日本大通りに面した「Kosha33」オープニングセレモニーに行きました。

2018/3/22

こんにちは。
編集部のかっきーです。

日本大通りに「Kosha33」が完成しました。
4月2日(月)のオープンに先駆けて、オープニングセレモニー&内覧会が行われたので、出かけてきました。

オープニングセレモニーの様子

まずは、神奈川県住宅供給公社理事長・猪股さんのご挨拶。IMG_3326

「(“マイホームを買う”のではなく、)“生涯賃貸”を提案していく」とのこと。
また、「“住宅のリノベーションだけでなく、生活もリノベーションしていく”ために、会社から変わっていきたい」というお話もされました。

次に、神奈川県知事・黒岩知事のご挨拶がありました。IMG_3333

「こんなおしゃれな場所に変わっていてびっくり」と、まず一言。
「未病を改善して、健康寿命を延ばしていく、という取り組みの拠点として利用・活用していきたい」と述べられました。

一般財団法人シニアライフ復興財団理事長・安室さんのご挨拶。IMG_3338

「Kosha33」の中にあるカフェを運営するのが、このシニアライフ復興財団だそう。
「交流の場にしたい」と展望を語りました。

最後に、Kosha33ライフデザインラボ所長・船本さんがお話をされました。IMG_3343

「結婚・介護・転勤・自身の健康状態の変化など、今までの生活を変えなければいけない出来事は誰にでもある。(ライフデザインラボをそのような人が)リスタートを切れる場所にしたい」と、ご自身の子育ての経験も踏まえてお話されていたのが印象的でした。

内覧会の様子

「人を、まちを、住まいをつなぐ33番地」をキーワードとして開設された「Kosha33」。
1階に、Kosha33 スタジオ・Kosha33 カフェ・ライフデザインラボがあり、2階にKosha33 ホールがあります。

全面ガラス張りの建物は開放感があり、木目のフローリングが温かみを感じます。
建築された当時の姿に戻した、というらせん階段が素敵。

IMG_3373

この日は演奏場所となっていました。

このらせん階段の奥にあるのが、ライフデザインラボ。

IMG_3364

かわいらしいテントが設置されています。
4月からさっそくイベントも計画されているよう。
詳細はWEBサイトで確認を。Kosha33 ライフデザインラボ

 

イベントに参加したら、カフェの利用も。

IMG_3378

Kosha33 オリジナルブレンドコーヒー(380円)、Kosha33 オリジナルエスプレッソ(300円)、Kosha33 オリジナルカフェ・ラテ(400円)のほか、ソフトドリンクのメニューもあるそうです。
コーヒー豆はいくつか種類があるので、好みのものを選べるのがうれしい!
しかも、その場で挽いてくれるので、香りが楽しめます。
ブレンドコーヒーはサイフォン式で淹れてもらえるので、おしゃれだな、と思って眺めていました。
カフェは室内のほかに、テラス席も。

IMG_3389

日本大通りの花だんや樹木が鮮やかになると、景色を楽しむ場所としてもよさそうです。

イベントやセミナーなどの開催を予定しているKosha33。
出かけてみてはいかが。

Kosha33
横浜市中区日本大通33番地
Kosha33 ホームページ

コメント (0)

プレス行ってきた

横浜・みなとみらいで、神話の国・島根の神がかった?おいしさに遭遇

2018/3/20

こんにちは。
しましです。★福島02
“神話の国”からおいしい食材が届いたと聞き、
みなとみらいの横浜ベイホテル東急に行ってきました。

目指すは2階オールディダイニング「カフェ トスカ」
4/15(日)まで、「ナイト・キッチンスタジアム こだわり食材 島根」が開催されています。
“神話の国”とは島根県のこと。
出雲大社をはじめ、各地に神話が残る島根県は、高品質の食材が豊富なのだそうです。
つまり“神がかって”いる…??

IMG_3386
手前の貝は、有名な宍道湖のしじみ(中央)や希少な「ベベ貝」など。真ん中のお肉は島根県産。奥にはやまと芋、菜っ葉は「あすっこ」、「雲太」という奥出雲しいたけ、大きな唐辛子「おろちの爪」

そんな疑問もありながら、では会場を覗いてみましょう。
まずアミューズが並ぶコーナーでは、
IMG_3325

早速、島根産が勢ぞろい。「島根産ポークのコリコリサラダ」「島根県オリジナル野菜・あすっこのマリネ」「島根県。奥出雲椎茸のバージンオリーブオイル」「やまと芋のジュリエンヌ」など。神とかわからないけど、片っ端から盛り付けて!

続いて、温かい料理のコーナーへ。
IMG_3349 IMG_3345 IMG_3333 IMG_3334

ここでは一部ですが、上から、「島根県水揚げお魚料理」「ケンボロー芙蓉ポークとトマトの煮込み」「宍道湖産大和しじみと生姜のピラフ」「島根県産いろいろな貝類のナージュ風 フレッシュハーブ風味」。
やっぱりしじみは“本場”もの。大きくてうまみたっぷり。はい。おいしいです。
生姜を食べるピラフははじめて。はっきりした味の生姜ならではの大胆な料理。

アクションコーナーでは、
絶対はずせないのが「パルミジャーノレッジャーノで和える“おろちの爪”のペペロンチーノ風」。
なんと、メディアプレスのこの日は、この唐辛子の大ファンになったという小川勝哉シェフが、自ら仕上げる特別パフォーマンス。チーズをたっぷりからめての一皿。マイルドなチーズが何ともいいかおりなのです。
IMG_3369 IMG_3372

もちろんお肉料理も各種。
特にこちらのローストビーフはこんなに「フレッシュハーブをまとって」いまして、人気でしたよ。
IMG_3337

IMG_3336

盛ってみたらこんな感じ。
これだけでもすでに満足。
IMG_3378
中央の「やまと芋のジュリエンヌ」がおしゃれでしょ。やまと芋を細く切り、スープにつかっています。右上にやまと芋のフリッターがありますが、ぜひ食べ比べて!

スイーツの撮影がうっかり遅れてしまいました。
IMG_3385 IMG_3384 IMG_3382
上から島根県産牛乳を使用したプリンやシュークリーム、ヤオルトフレーズ(いずれも手前のスイーツ)
なるほど、どれもしっかりした格別の味わいがあり、これが“神がかっている”云われでしょうか。
そんな中、島根食材LOVEの小川シェフが、
それぞれ食材の“神がかったおいしさ”について説明してくださいました。

最初にシェフが手にしたのは、「由来の大しょうが」です。
薄く切ってくださり、みんなでお味見。
あー、濃いですね。キリッとしてる。
いろんな感想が。
IMG_3311 IMG_3314

続いて「やまと芋」。
これもシェフ自らがスライスしてくださいます。
しっかりした歯ごたえ。
密度がはんぱない。
お好み焼きにすって加えようとしても、まとまってしまって伸びない、あの感じ。
IMG_3324

このあと、特別にすり流しを出してくださいました。
ねっとり。
こちらも濃厚でした。
IMG_3379

ペペロンチーノにのっていた大きな唐辛子「おろちの爪」は、
食材探しの旅の途中、道の駅で偶然見つけたというもの。
「辛さの中にまろやかなうまみがあるでしょう」とシェフ。
「食材すべてのポテンシャルが違うんです!」

日本海に面した島根県は、確かに海の幸も山の幸も豊富。
古くから残る神話に守られているからもっとおいしくなる!と考えると、
食材のどれもにロマンを感じたり…
料理がおいしいのは、もちろんシェフの腕さながらですが、
どう“神がかって”いるのかは、ぜひみなさんの舌で感じてください。

「ナイト・キッチンスタジアム こだわり食材 島根」は、4/15(日)までの
ディナータイム(17:30~21:30)に開催。

なお、3/24(土)には、
小川シェフと「松江 エクセルホテル東急」料理長による
一夜限りのスペシャル島根イベント」。
あの島根のノドグロを加え、島根づくしの贅沢な料理合戦が繰り広げられます。
乞うご期待。

コメント (0)

プレス行ってきた

NEW OPEN!「JACK&MARIE(ジャックアンドマリー)」内覧会の様子

2018/3/16

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。

横浜ベイクォーターに新しいお店が続々と開店しています。その一つ、以前にも紹介をした「JACK&MARIE(ジャックアンドマリー)」が本日3/16(金)にオープン! これまではZOZOTOWNかポップアップショップでしか購入ができなかったのですが、初の実店舗として横浜に登場しました。内覧会で見てきた店内の様子を紹介します。

合言葉は”GO FOR A RIDE”
「ドライブに出かけよう」!

Jackandmarie1
店内には車が!

「ジャック&マリー」は、大自然に囲まれたオーストラリアに住むジャックと日本人のマリーが楽しむ“クルマとのライフスタイル”がコンセプト。アウトドアにおける「パッキング」、「クルマに積み込む」、「移動中も妥協しない」、「心地よい車中泊」、「サイトでカフェスタイル」という5つのシーンを彩るアイテムが展開されています。

入り口にはバックドアの開いた車が置かれ、収納グッズや大きなバックが並び、アウトドアの始まりを想像させます。

店内中央へ進むと、“移動中も妥協しない”ジャックとマリーが用意する車内のフレグランス。さらに進むと、キャンプサイトや海辺でテーブルやその周りを飾るアイテムがたくさん。ちなみに、車中泊のグッズはこれから開発がされるそうで(気持ちよさそうなアイマスクはすでにありますが)、これからが楽しみですね!

Resize_写真 2018-03-15 14 04 08
たっぷりと入って丈夫そうなバッグや収納グッズ
Resize_写真 2018-03-15 14 17 17
ジャックとマリーの愛車
Resize_写真 2018-03-15 14 04 49
入れ物もかわいいソリッドパフューム
Resize_写真 2018-03-15 14 07 59
長い移動を快適にするグッズ
Resize_写真 2018-03-15 14 09 21
キャンプサイトや海辺でもオシャレにくつろげるグッズ

店内を進むことでアウトドア一連のシーンがイメージできるのが楽しい。 シャカシャカのテントでドロドロになるキャンプも好きですが、オシャレなグッズを揃えて出かけるのも違った楽しみ方ができそうですね。女性だけで行っても盛り上がるかも?

オーストラリアブランドのセレクトショップ

Resize_写真 2018-03-15 14 07 08

またブランドイメージの舞台がオーストラリアであるため、オーストラリアのブランドのアパレルグッズも置いています。シンプルでおしゃれなデザインなものばかりなので、プレゼントにも良さそうです。

OPEN記念! 雑誌「HONEY」とのコラボ商品

Resize_写真 2018-03-15 14 17 02ビーチライフスタイル誌「HONEY」とのコラボ商品「クルマのシートカバー」が登場! 防水加工なので、海に入って濡れたままでも車に乗れるという便利商品!(サーフィンをする方はみんな持っているのでしょうか?) レトロなイラストがカワイイんです。

ちなみに私はサーフィンどころか車の運転もしないのですが笑、たっぷり入る収納グッズやオシャレなアウトドア用品は見ているだけでもワクワクします。お出かけがしたくなりますよ! 私のようなミーハーも、アウトドア好きも、これからアウトドアを始めてみたいという方も是非覗いてみてくださいね。

「JACK&MARIE」
http://www.yokohama-bayquarter.com/page/shop/detail/?id=198

コメント (0)

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. プレス行ってきた

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更