1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. 食べてみた
プレス行ってきた食べてみた

【横浜いずみ中央】達人プロデュースで気軽に立ち寄れる本格イタリアン誕生

2019/8/21

こんにちは。しましです。
★福島02
残暑厳しき折、夏バテ解消にはおいしいものをいただくのが一番!
ちょうど、達人プロデュースによる本格イタリアンがオープンするという情報が入り、メディア向け内覧会に行ってきました。

場所は相鉄線いずみ野線・いずみ中央駅下車。駅の改札口を出て右へ。壁沿いの右手。
駅に隣接して8/23(金)に誕生するこのお店は、生パスタとワインが味わえる「sacco(サッコ)」。
IMG_9598 IMG_9628

イタリア語で「袋」を意味する店名は、相鉄線の駅番号「35」ともかけて、物を集める袋のように人が集まる場所にしたいという思いが込められているとのこと。かわいらしい響きで覚えやすいですね。外観も店名ロゴもシンプルでスタイリッシュです。

店内へ入ると、まずはライブ感あふれるオープンキッチン。
IMG_9596

IMG_9614

奥へ行くとすっきりとした卓席が並ぶ中、その先に…
IMG_9573 IMG_9630 IMG_9629

窓の外は和泉川の親水公園が!なんともぴったりの借景。四季の移ろいも感じられる、明るくて気持ちのいい空間です。

ところでこのお店、実は相鉄沿線名店プロジェクトの誘致4号店。沿線のブランド価値向上を目的に2013年から進めている取組で、地産地消やこだわりをもって地域に根差した名店を開拓しています。
そのプロデュースを手掛けるのは、料理人としてローマやワシントンなどでグローバルに活躍されている山本秀正さん。
IMG_9587
山本さん(上)が推薦する料理人として、シェフ・佐藤雄太さん(下)が抜擢されたということです。イタリアでも学んできた根っからのイタリアンシェフが、横浜や神奈川の食材をいかにして提供するかが楽しみですね。
IMG_9588

さて、肝心のお味ですが。
この日はシェフの”名刺代わりの料理”を少しづつ試食です。
IMG_9609
バーニャカウダ(戸塚区・矢島農園の野菜を中心に)

IMG_9610
五島列島のメジナにあわの出汁のせ

IMG_9608
IMG_9611
左から藤沢の豚肉で作った生ハム、イタリアのハムとサラミ
この藤沢産豚肉の生ハムがとにかくおいしいんです。かめばかむほど深い味が出て、「ワインが欲しい」し、「ずっと飲み込みたくない!」と思ってしまいました。

パスタは、この2種。上は森林どりのラグーソースと唐辛子のラリアテッレに珍しい鶏花節(鰹節のように作った鶏節をけずったもの)がかかっているもの。下は食感がしっかりした細麺タイオリーニのトマトスース。なすがアクセントに。
IMG_9624 IMG_9625

自家製手打ち生パスタはもっちりとして、ソースとの絡み具合もちょうどよく、ボリューム満点。鶏のやわらかさや、なすの甘さにびっくりしました。

ちなみに、
個室があります。
IMG_9592 IMG_9575

8~9人は入れて、ドアを締めれば静かな別空間に。お子さん連れ、ご家族で、お仲間と、など幅広く利用できそう。
ランチ890円から、ディナーは一前菜580円から、パスタ1080円から。
おいしいもの好きにとっては、駅直結で気軽に立ち寄れるうれしいスポットの誕生ですね!

sacco(サッコ)
横浜市泉区和泉中央南5-4-13、相鉄ライフいずみ中央2階(いずみ中央駅改札階)
ランチ 11:30~15:00
ディナー 17:30~22:00
火曜定休
tel045-435-5731

相鉄沿線名店プロジェクト

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

ゴディバのデコレーションアイスバーやなつおとめのかき氷を横浜高島屋で

2019/8/6

こんにちは、しましです。
★福島02

冷たくて“熱い”イベント、「~ひんやりスウィーツの祭典~ アイスワンダーランド」が8/7(水)~12(月・振休)に横浜高島屋8階催会場で行われます。横浜高島屋の開店60周年を記念し、28店舗、約160種類を集めて大々的に催されるという内容を、プレス試食会で探ってきました。
IMG_9096

IMG_9093
プレス会場の中央に並んでいたのは、こんなに魅力的なアイスたち!

IMG_9119 IMG_9111
みんな大好き、ヨックモックのシガールがアイスクリームに! 天文館無邪気の白熊、アイス発祥の地・横浜ならではのあいすくりん「横濱馬車道あいす」も登場ですIMG_9114

 

特に気になるのは、高級チョコレート専門店ゴディバのブース。自由にデコレーションできるアイスバーがあるんです!その名も「デコれるゴディバ ゴディバ アイスバー デコラシヨン」。360パターンが用意されているとのこと。
さっそく作っていただきました。この日は、チョコレートがコーティングされたチョコレートアイスバー「デュブル ショコラ オンプラス」に、ダークチョコレートソースをかけて、ラズベリーチップとキャラメルチップをトッピング。さらにロゴ入りチョコを載せてくれて完成です。
IMG_9101 IMG_9104 IMG_9107
リッチなチョコレートの風合いをいろんな状態でいただける幸せを~。540円は決して高くないですね!

IMG_9110
こちらは地元代表、瀬谷の「オーガスタミルクファーム」です。この「ワッフルボウルアイス」は香ばしいワッフルの上に濃厚なジェラートがこんなに。お店がある相澤良牧場の新鮮な牛乳や季節の果物を使った大満足のひと品。横浜高島屋限定販売、820円。

高知県のアンテナショップ「まるごと高知」も参加。高知で人気のぼうしパンにアイスをはさんだ「ぼうしアイスパン」です。こちらも横浜高島屋限定販売、648円
IMG_9099

圧巻は、なんといっても栃木から初めて県外に登場する「寿氷-juhyo‐世界一を目指すかき氷」。氷と果物ソースを巧みに扱い、高さ30㎝もの仕上がりは、この迫力!(高すぎて、てっぺんまで撮影できてないですが💦)
IMG_9139

ソースはその場で作成。「なつおとめ」という希少品種の栃木・真岡産いちごは、畑で完熟させたもの。味が濃い。2160円。参加メディアのみなさんとひとさじずついただきました。
会場には「スムー寿」(スムージュ、つまりスムージー)もあります。こちらも「なつおとめ」で作ってくれました。濃くて冷たくて、なにより飲みやすい!500円から。
※いずれも8/7(水)~9(金)のみ
IMG_9125
IMG_9153

 

このほか、百貨店初出店や横浜高島屋限定販売が多数あります。

IMG_9146
原宿で話題の「原宿電気商会」も来るので、こんなかわいらしい電球ソーダ(700円)を片手にアイスワンダーランドの会場内を巡ってみては。

 

横浜高島屋

アイスワンダーランド

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

【みなとみらい】横浜ベイホテル東急クイーン・アリスはもう秋の気配!?

2019/8/2

暑~いですね。
こんにちは、しましです。
★福島02

世の中は夏真っ盛りの8月ですが、
横浜ベイホテル東急3階、フランス料理「クイーン・アリス」の田面山(たもやま)シェフは、早くも2カ月先を見据えていらっしゃいます。
IMG_9189 IMG_9155

というのも、特別ディナーコース「秋の収穫祭」が10/1(火)から始まるのです。11/15(金)まで※10/28のぞく
秋の食材が一皿ごとにふんだんに取り入れられたメニューを、一足早くメディア試食会で確認してきました。

では、クイーンアリスの世界観をご案内します!

まずは、アミューズ。
いきなりのサプライズ!なんと松茸、まつたけ、マツタケ!「松茸と帆立貝の香り焼き」。
IMG_9160

どうなってるの?芸術作品?鑑賞用?グラスの向きを間違った?
いえいえ、これこそさすがの演出、香りが閉じ込められた状態での登場です!

IMG_9162

いざグラスが開けられると、ふわぁ~っと松茸の香りが広がります。思わず手であおいでしまい、この香りを逃すまいとする本能ですね。
それにしても8月に松茸が登場するとは…食材ハンターですか、田面山シェフは…!
下に見える帆立はぎりぎりの焼き加減。銀杏も添えられています。秋です!

続いては、「タスマニア産サーモンのコンフィ、フレンチキャビア添え 塩ジュレとライムのアクセント」。
IMG_9165

10月が旬のサーモンにほんの少し火を入れ、温でも冷でも合うくらいの温度で提供。かわいらしいエディブルフラワーがちりばめられるあたりが、アリスらしさ。塩ジュレがおいしい。

とはいえ、ウナギ、フォアグラ、トリュフと高級食材が一皿に凝縮される「静岡産浜名湖鰻のキャラメリゼとカリフラワーのムースリーヌ フォアグラのポワレと共に トリュフ風味」こそ、このコースの中心かもしれません。
IMG_9171

中央に鰻、左手にフォアグラ、トリュフとカリフラワーのスライスがそれを覆っています。順番にズームしますね。
IMG_9176 IMG_9177 IMG_9175

このあたりで、ふぅとため息。なんてぜいたくな時間でしょうか。味はもちろん色合いも秋。

実は料理に合わせてワインもソムリエセレクトを出してくださり、無農薬シャンパーニュで乾杯し、白ワインは柑橘系のロワール。飲みやすくて危ないのです。赤ワインは銘柄をメモし損ねましたが軽めの味わい。それも料理を邪魔せず引き立てる名脇役です。

赤ワインといえば肉料理。「国産牛フィレ肉のポワレ 松茸とトリュフ風味のニョッキと共に コンソメスープを注いで召し上がれ」、と、長~いメニュー名で、盛り付けがおしゃれ。ここにもサプライズがあり、
IMG_9178
これを、
IMG_9179
こうして。
スープも余さずいただきます。絶妙な火入れ加減のフィレ肉はやわらかくとろけるよう。ころっとしているのがトリュフのニョッキ。お肉の上には松茸も!コンソメのスープには松茸も入っていて、さしずめ土瓶蒸しのような。いや~、秋ですね!

本番ではこのほかに料理が2品出るそうですが、すでに満腹感。
でも当然、別腹はあります!(笑)

IMG_9184
デセールは「洋梨のエレーヌ風と胡桃のクルスティアンとキャラメルのムース マロンのアイスを添えて」。…あら?2段になっている?
IMG_9186

ガラスの器をはずすと3タイプのデセールが。こうすることで味が混ざらずそれぞれをおいしくいただけるのですね。大好きな栗がアイスになっていて内心大興奮しつつ、溶けてしまう前に急いでいただきます。キャラメルにも目がないしベリーも好きだし、もうどこからいただいていいのやら。とにかくおいしいに決まっています。洋梨の中にはシャーベットというとどめのサプライズもお見逃し…あら?食べ逃し?なく。

IMG_9190 IMG_9169
(上)試食会でのメニュー。秋の収穫祭ではさらに「手長海老」、「天然平目」の2品も楽しめます。1万3000円税別。(下)自家製蒸しパンをトリュフ入りバターやエシレバターで

フランス料理「クイーン・アリス」

横浜ベイホテル東急

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

横浜桜木町駅前にモスバーガー初のフードホールスタイル店が本日誕生!

2019/7/19

こんにちは
しましです。
★福島02

桜木町駅前、クロスゲートの1階におしゃれなカフェが本日7/19に開店!
モスバーガーがプロデュースする「MOS PREMIUM(モスプレミアム)」と、「マザーリーフカフェ Tea Style」の2店が一つのお店になって登場しました。

先日、メディア向け記者発表会&内覧会に行ってきましたのでご報告。
IMG_9008 IMG_9005

「クロスゲートがいつになく(失礼💦)ステキに見える…!と思ったら、モスじゃん!」
そんな声が聞こえてきそう。
そうなんです。クロスゲートの1階。左手にこんなにスタイリッシュなお店ができたのです。

IMG_9003

店内は、天井が高く開放的。
左側ではグリルでパテを焼く様子が見られます。

IMG_8997 IMG_8998

左側はこんなに落ち着いたインテリア。
右側は明るいイメージなのです(TV撮影中だったので右側は写真なしです!ごめんなさい💦)

メニューは、通常のモスバーガーよりグーンとボリュームのある、
グルメバーガーが基本。
この日いただいたのは、桜木町のこのお店だけでいただけるモスプレミアムバーガー。
IMG_9014

ハンバーガー単品はメニューになく、
ハンバーガーにフライドポテト、飲み物が付いて1300円。
「高い」ですか?
いえいえ。ボリューム感を考えたら、結構「あり」なんです。
「軽くランチ」というよりは、「しっかりランチ」、あるいは「ディナー」でも十分です!
ほんと?と思ったら、召し上がってみてくださいませ!
サラダや軽い前菜などもありますよ。

IMG_9009
たっぷりチーズのシーザーサラダ
IMG_8980
丸ごとトマトのカプレーゼ
実はここ、昼と夜の会計方法が異なるということで、
昼は通常のファストフード店風、セルフ式。
夜(17時から)は着席のままタブレットで注文するタイプ。居酒屋さんで良く見る、あれです。
IMG_9019

買い物やお仕事帰りにみんなで立ち寄って、じっくりと楽しいひとときを過ごせますね。
もちろんクラフトビールなどのアルコール類も用意されています。
でもなんといっても、マザーリーフ自慢の紅茶はマストですよ~!
IMG_8988 IMG_9017
写真上は自家製レモネードのアイスティーとオリジナルアイスフルーツティー
下はレモンとパインのマスカルポーネチーズクリームワッフル

モスプレミアム

マザーリーフティースタイル

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

パン好き必見! 全国のパン100店集合「パンパラダイス」

2019/6/8

6/14(金)・15(土)・16(日)の3日間、横浜髙島屋では、「タカシマヤ ローズホール」1階で「パンパラダイス」が開催されます。

パン1

地元神奈川で人気のベーカリーをはじめ全国のご当地パンなど100店近くのパン屋を集めた、パン好きにはたまならいイベントです。開催を前に、事前試食会が開かれたので行ってきました!

パン看板

会場には、全国から集まったパンの数々。

BOLERO

横浜市都筑区にある「BOLERO」からは「食パンSuper Rich」や、横浜髙島屋限定の「セサミブレッド」が。トーストすると、カリッとした食感が心地いいパン。セサミブレッドは、バターのほかハチミツをつけるとさらにおいしさが増すそう。

Vertu375

川崎市中原区にある「Vertu375」の「パイナップルのクリームサンド」は、大ぶりのパイナップルがゴロっと入って、クリームもなめらか。

カフェドクルー

ブースの1つとして登場するのは、「神奈川カレーパンマーケット」。驚いたのは、横須賀市の「カフェ・ド・クルー」の「よこすか砲弾カツカレーパン」!(写真左)
その大きさ、写真でわかるでしょうか?
厚みのあるトンカツとカレーをくるんだカレーパンは、ジューシーなかつとマイルドでほんのりとした辛さ。1つ1000円ですが、これだけで4人分はありそう!

三日月屋もちろん、全国のえりすぐりのパンもいろいろ!
福岡県の「三日月屋」の「クロワッサン」は、サクサクの外側とバターの風味たっぷりのしっとりとした味わいです。

Nuccaa

低糖質のパンを作っている、名古屋の「Nucca(ヌッカ)」の「もちもちパン(低糖質食パン)」は、その名の通り、ほんのり甘く、かみしめるほどにモチモチ。食べ応えがあります。

ご当地パン

ほかにも30県から約120種の「ご当地パン」が集合。青森県の「イギリストースト」や高知県の「ぼうしパン」など、地元の人なら知っている“愛されパン”がそろっています。

会場では、「パンに合う食材コーナー」やトースターが試せる「焼き比べ体験ブース」、横浜市西区の「国際フード製菓専門学校」の学生が作ったパンなども。

気になるパンはまだまだあるので、開催中にまた足を運びたいです。

<パンパラダイス>
日時 6/14(金)・15(土)・16(日) 10:00~18:00(最終日は17:00)
場所 タカシマヤローズホール1階

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

神奈川・横浜の食材をさらにおいしく変身させたのは宮本シェフ!

2019/6/6

こんにちは
しましです。
★福島02

横浜ベイホテル東急のカフェ トスカで開催中の
「ナイトキッチンスタジアム こだわり食材 神奈川・横浜 ~地産地消~」
新任シェフ・宮本英幸さん初のメディア試食会が行われるというお知らせが届き、
わくわくしながら出かけました。

★IMG_8238

神戸出身で、関西のホテル、レストランで活躍され、
神戸三宮東急REIホテル料理長を経て、横浜へいらした宮本シェフって…
★tokyuuyokohama
「この断面、すごいでしょう!」と自らカットしたお肉を見せてくれました

きさくでお話が上手な明るい方でした~!

ところで、肝心のキッチン・スタジアム“現場”はどうなっているのでしょう。
前菜から行きますよ!
★IMG_8171
★IMG_8172

まずはきれいに整列している前菜コーナー。
ほとんが県産品と聞き、意外な食材の豊富さに驚かされます。
なかでも寒川の「おかひじき」が、食感といい味といい、知る人ぞ知る地元の名物かも!
★IMG_8229
少しづつお皿に。中央に「トウモロコシの冷たいスープ ミントの香り」、その手前から「おかひじきをトッピングした古代米とシーフードのサラダ」「三崎のマグロ SUSHIスタイル」「鎌倉ハムのコールミート&キャロットラペ」「千歳屋の豆腐の肉味噌~ピーナツソース~」など

アクションコーナーには、
★IMG_8234
★IMG_8233 ★IMG_8231
上から「神奈川県産お野菜とはまぽーくのせいろ蒸し あおみかんソース」「やまゆり牛 牛鍋トスカスタイル」「湘南ポーク オリーブプレミアムのローストポーク 下中たまねぎソース」
★IMG_8215

豚肉は「はまぽーく」「湘南ポーク」「やまゆりポーク」の3種をそれぞれの調理法で使いわけ。「やまゆり牛」とともに地元の上質なお肉をいただけるのがうれしい!
宮本シェフは、「下中たまねぎ(小田原産)のおいしさにびっくり」と、ステーキとソースで湘南ポークに添えています。これはぜひ味わって!

お野菜では、注目は「タイニーシュシュ」。
★IMG_8232
上のはまぽーくのローストにも蒸して添えられ、単品をしゃぶしゃぶしてオリーブオイルのみでいただいたのがこちら。
ナマを見てわかりました。つまりミニ白菜です(下の写真左上)。
通常の白菜よりやわらかくて甘味がありました。
★IMG_8210

中央のお料理コーナーには
★IMG_8200
★IMG_8202★IMG_8203★IMG_8204★IMG_8205
上から「きんたろう牛乳のチキンのミルク煮」「スパニッシュオムレツ 清水屋ケチャップと共に」「スパイシービーフピラフ トスカスタイル」「スペアリブと神奈川県産お野菜のバーベキュー仕立て」「トスカお魚マイスター・嘉山さんセレクト ~アクアパッツァ~」
もちろんスイーツにも横浜食材が使われて…
★IMG_8223 ★IMG_8235「神奈川県産牛乳を使用したプリン」「ヨコハマクラシック モカブレンドを使用したティラミス」「ヨコハマクラシック モカブレンドを使用したコーヒーシフォン」「箱根山麓紅茶を使用した紅茶のゼリー」など
これでもか!のおいしいお料理がならぶのがブッフェの醍醐味。
ただ神戸出身の宮本シェフが、着任早々ホテルの地元、神奈川・横浜をテーマに料理を編み出すのは、相当なご苦労があったかと…。
いえいえ、
そんな心配が全く不要、というのは、ぜひご自分の五感で!
DSC_2057
「はまぽーくはあまり火を通さず上に、野菜は下で肉のうまみを吸っておいしくなります!」と宮本シェフ

7/21(日)まで開催中のディナーブッフェ「ナイト・キッチンスタジアム こだわり食材 神奈川・横浜 ~地産地消~」では、
宮本シェフのアイデアで、神奈川・横浜の食材がさらにおいしい料理に大変身しています!

【topics】7/2(火)はスペシャルイベント「KANAGAWA NIGHT」。
生産者が県内食材について語り、限定メニューには希少な「ちがさき牛」が登場するそう。

 

横浜ベイホテル東急 オールデイダイニング「カフェ トスカ」

コメント (0)

食べてみた

【横浜・関内】ビジネス街で見つけたイタリアの居酒屋的レストラン

2019/5/16

こんにちは
しましです。
★福島02

ランチのピークを過ぎたころ、関内のビル街を歩いていて見つけたお店をご紹介。

IMG_8019
その名は「OSTERIA SALE E PEPE」。
入口のイメージはナチュラル系で、
13人で満席の店内は大きな窓があり、イタリアンらしい明るい空間です。
(店内の撮影をし損ねました💦)

店名は、
オステリア サーレ エ ペぺと読みます。
オステリアは、かしこまらずお酒と食事をいただける居酒屋のようなレストラン。
サーレ エ ペぺは、直訳は塩と胡椒で、イタリアでは“ごま塩頭”の意味とのこと。
オーナー曰く、ご自分を比喩したそうですが、本物はなかなかのナイスガイです。

ランチは週ごとに内容が変わるそうです。
本日は、これ。
IMG_8023

セットは前菜とパスタ、または前菜と料理の組み合わせ。

IMG_8020
前菜のお皿が充実。フォカッチャもイタリアンオムレツも自家製だそうで、
どれもオリーブオイルが効いたイタリアンテイストなので、
思わず「赤ワインが欲しい!」と言ってしまいましたよ。

しましが選んだメインは、これ↓
IMG_8021
ランチパスタセットの「グリーンアスパラとチェリートマト パンチェッタのスパゲッティ」。いきなり食べ始めてしまい、「おーっと」と、あわてて途中でパチリ。
盛り付けの様子が分からなくてごめんなさい。
旬の三浦産アスパラがフレッシュでした!

昨年9月オープンということで、
知る人ぞ知るお店。
ベイスターズ通りを海方向へ歩いていくと、見つかりますよ。

 

OSTERIA SALE E PEPE
横浜市中区南仲通1-8、SKビル1F

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

ヘルシー!みなとみらいでフレンチテイストのベジタブルorビーガンコース

2019/4/23

こんにちは。
しましです。
★福島02
先日、横浜ベイホテル東急でいただいたコース料理をご紹介。
IMG_7421

ステーキあり、
IMG_7429

エビあり、
IMG_7428

イカ、マグロあり、
IMG_7422

…って、わかりますか?
実は素材が全部野菜なのです。
ステーキに見立てたものもエビもイカもマグロも!

このコースは、ビーガンメニュー。
横浜ベイホテル東急が、
この先の横浜におけるインバウンド対策として開発した新メニューです。

今年から来年にかけて日本で開催されるスポーツイベントでもたくさんの外国人が来浜することでしょう。
それを見越して、
ベジタリアン(菜食者)やビーガン(完全な菜食者)向けのメニューを、これまでと違って予約なしで注文できるグランドメニューにするそうです。

開発したのは、横浜ベイホテル東急の新旧シェフ陣。
IMG_7896

フレンチのシェフたちはベジタリアンやビーガン料理が初めてだったため、
プロジェクトを組み、研究、開発を進めたとのこと。

ステーキやエビ、イカなどは、
大豆ミート、タピオカ、ナタデココなどを駆使し、
動物性食品や添加物、化学調味料を使わず仕上げます。
ビーガンメニューでは、ネギやニラ、ニンニクなど五葷(ごくん)と呼ばれる野菜も取り除かれています。

この「オリエンタルビーガンコース」のほかに、
「オリエンタルベジタリアンコース」も。
各8316円、アミューズ付き9504円(税・サ料込み)。
IMG_7427

ちなみにこのコースは、宴会向けのメニュー。

このほか、2階オールデイダイニング「カフェ トスカ」では、
一日10食限定の、
「スマートベジバーガープレート」
「スマートビーガンカレープレート」
が提供されます。
各5346円(同)。
IMG_7417 IMG_7425

ミニサイズを試食されていただきました。かわいかったのでこちらもパチリ。
IMG_7903 IMG_7902 IMG_7904

これらのメニュー、どちらもヘルシーなので、
ベジタリアンやビーガンに限らず、健康志向の人にうってつけです。
ただし、野菜だけとあなどるなかれ。ボリュームたっぷりですから!

横浜ベイホテル東急

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

3周年記念「パイホリック」が43種のパイを提供!おすすめメニューをレポート

2019/3/22

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。
マリン&ウォーク内のパイ専門店「Pie Holic(パイホリック)」が3周年を迎えました!カリフォルニア・ロサンゼルスで親しまれているパイを日本で楽しめるとあってオープン当初から話題に。ランチの食べ放題を目当てに訪れた人も多いのでは?
今回、3周年を記念し、アメリカ50州にちなんだメニューが考案され、なんと全43種ものパイが味わえるようにパワーアップ!

パイホリック1

メディア試食会でおすすめのメニューを味わってきたので、その様子をレポートします。

どこまでも伸びる!チーズポットパイ

パイホリック4
内覧会では特別に調理工程から見させていただき、パイの美味しさをご説明いただきました

今回おすすめメニューの1つが「チーズポットパイ」。
マッシュルームや牛肉などの具材の上にアリゴ(チーズとマッシュポテトを混ぜ合わせたもの)をたっぷりと。さらにゴーダチーズとモッツァレラチーズを独自の配合でミックスしたものを、もりっとトッピングします。

パイホリック5

オーブンで焼き上げてカットをすると…伸びてる~!

パイホリック cheese

トロンとしたチーズにテンションが上がります!!こってりしているかな?と思いきや、中のマッシュポテトのおかげか、しつこさがなく食べやすい。マッシュルームなどの具材との相性もよく、意外とたくさん食べられちゃいます。

美味しさup「プレミアムアップルパイ」

お次の注目すべきメニューは「プレミアムアップルパイ」。通常よりも糖度の高いリンゴを使用。5時間もかけてしっかり煮込んだリンゴを、1つのパイに1.5個分も敷き詰めます。丁寧にパイで包み込み…

パイホリック リンゴパイ

形が出来上がったアップルパイを袋に入れてしまいました!
紙袋も蓋をして、それごとオーブンに…!

紙袋ごと焼くことで、リンゴの香りを閉じ込め、蒸すようにして焼き上げるそうです。

パイホリック7

焼きあがったパイは袋に入ったまま席に届けられます。ナイフでバリバリとあけてみると、閉じ込められていたリンゴとバターの芳醇な香りがふわ~っ!なんと幸せな香り!

しっかりとマリネして煮込まれたリンゴは果実の甘味がよく出ているのがわかります。パイ生地は他のパイとは異なる「練りパイ」という種類の生地が使用され、高温で焼き上げられているために歯ごたえがとてもいい。進化したアップルパイをぜひトライしてみて。

飲んで味わうシェイク

パイホリック10

パイを一つ丸ごと使用したシェイクが登場!飲むパイだなんて、パイへの愛の強さがうかがえる一品ですね。
牛乳と混ぜているので、甘すぎることなく、大きなサイズでも余裕で飲めちゃいそうです。パイの食感や香ばしさが少し残っているのがおいしい。テイクアウトもできるそうなので、お散歩のお供にもぴったりです。

食べ尽くしたい43種のメニュー

その他、甘味と酸味がたまらない「トマトパイ」や、揚げたトルティーヤが香ばしい「チミチャンガ」など、美しくユニークなメニューの数々をいただきました。具材や調理方でいろんな顔を見せるパイ。43種類の中からお気に入りを見つけてみては!

パイホリック8
トマトパイ

パイホリック9
チミチャンガ

Pie Holic
https://www.tgn.co.jp/hall/yokohama/ph/

 

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

<期間限定OPEN>台湾の人気ティーショップ「CHA NUNG(チャノン)」日本初上陸!

2019/3/20

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。
タピオカ好きに朗報です。台湾の人気ティーショップ「CHA NUNG(チャノン)」がついに日本にやってきました!

4/27(土)の第一号店となる表参道店がオープン。それに先駆け31(日)まで、そごう横浜店にポップアップストアが登場!

チャノン2
そごう横浜店地下2階グルメステーション内

「チャノン」は、台湾で生まれ、現在アメリカやシンガポールなど、世界にも展開しているティーショップ。お茶の種類に加え、タピオカやバジルシードなど、組み合わせるトッピングによって100種類以上というメニューの豊富さが特徴です。日本のテレック株式会社の伊藤社長が現地でその美味しさに惚れこんで日本出店を交渉し続け、今回の開店に至ったそう。
日本でも大流行中のタピオカドリンクですが、人気店チャノンのお味はいかに!

チャノンの美味しさを生み出すこだわり

チャノン3

美味しさのこだわわりはまずお茶。手摘みにこだわり、新芽のみを使用!そのため、香り高い茶葉の風味が味わえます。

タピオカは、煮込み方に他店と異なる特徴が。通常は黒糖で煮込むのですが、チャノンの場合はハチミツで煮込んでいます。

厳選された3種のドリンク

チャノン1

種類豊富なティーを提供する「チャノン」ですが、今回ポップアップストアで楽しめるのは厳選した3種の味。

左)「タピオカ台湾ブラックミルクティー」(540円)
ハチミツの香りと甘みを感じるタピオカは初めての味!そして文句なしのモチモチ感。定番のこちらのメニューが一番他店との違いを感じられそう。

真ん中)「タピオカ抹茶ラテ」(702円)
緑と白のバイカラーがキレイ。抹茶は台湾でも今ブームらしく、定番メニューとしておいてあるそうですよ。ミルクは甘く、抹茶はさっぱりしているので、よく混ぜて飲むがおすすめ。

右)「プリッチ黒糖ラテ」(648円)
手作りの自家製プリンをまるまるトッピングした驚きのメニュー!
飲んでみてまたびっくり。激甘と思いきや、黒糖とお茶のさわやかさで、ほどよい甘さになっています。弾力のあるプリンがつるんと口の中に入ってきて、癖になる美味しさでした。一緒に飲んでいた営業さんは3つの中でも一番お気に召したよう♪

チャノン6
イケメンのスタッフさんに胸もいっぱい!

横浜で「チャノン」を味わえるのは今月いっぱいまで!タピオカ好きはこの機会を逃さずに行ってくださいね!

「CHA NUNG(チャノン)」
期間 3/19(火)~31(日)
営業時間 10:00~20:00
場所 そごう横浜店地下2階 グルメステーション内

コメント (0)

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. 食べてみた

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更