1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. 食べてみた
プレス行ってきた食べてみた

<期間限定OPEN>台湾の人気ティーショップ「CHA NUNG(チャノン)」日本初上陸!

2019/3/20

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。
タピオカ好きに朗報です。台湾の人気ティーショップ「CHA NUNG(チャノン)」がついに日本にやってきました!

4/27(土)の第一号店となる表参道店がオープン。それに先駆け31(日)まで、そごう横浜店にポップアップストアが登場!

チャノン2
そごう横浜店地下2階グルメステーション内

「チャノン」は、台湾で生まれ、現在アメリカやシンガポールなど、世界にも展開しているティーショップ。お茶の種類に加え、タピオカやバジルシードなど、組み合わせるトッピングによって100種類以上というメニューの豊富さが特徴です。日本のテレック株式会社の伊藤社長が現地でその美味しさに惚れこんで日本出店を交渉し続け、今回の開店に至ったそう。
日本でも大流行中のタピオカドリンクですが、人気店チャノンのお味はいかに!

チャノンの美味しさを生み出すこだわり

チャノン3

美味しさのこだわわりはまずお茶。手摘みにこだわり、新芽のみを使用!そのため、香り高い茶葉の風味が味わえます。

タピオカは、煮込み方に他店と異なる特徴が。通常は黒糖で煮込むのですが、チャノンの場合はハチミツで煮込んでいます。

厳選された3種のドリンク

チャノン1

種類豊富なティーを提供する「チャノン」ですが、今回ポップアップストアで楽しめるのは厳選した3種の味。

左)「タピオカ台湾ブラックミルクティー」(540円)
ハチミツの香りと甘みを感じるタピオカは初めての味!そして文句なしのモチモチ感。定番のこちらのメニューが一番他店との違いを感じられそう。

真ん中)「タピオカ抹茶ラテ」(702円)
緑と白のバイカラーがキレイ。抹茶は台湾でも今ブームらしく、定番メニューとしておいてあるそうですよ。ミルクは甘く、抹茶はさっぱりしているので、よく混ぜて飲むがおすすめ。

右)「プリッチ黒糖ラテ」(648円)
手作りの自家製プリンをまるまるトッピングした驚きのメニュー!
飲んでみてまたびっくり。激甘と思いきや、黒糖とお茶のさわやかさで、ほどよい甘さになっています。弾力のあるプリンがつるんと口の中に入ってきて、癖になる美味しさでした。一緒に飲んでいた営業さんは3つの中でも一番お気に召したよう♪

チャノン6
イケメンのスタッフさんに胸もいっぱい!

横浜で「チャノン」を味わえるのは今月いっぱいまで!タピオカ好きはこの機会を逃さずに行ってくださいね!

「CHA NUNG(チャノン)」
期間 3/19(火)~31(日)
営業時間 10:00~20:00
場所 そごう横浜店地下2階 グルメステーション内

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

今年も霧笛楼のクリオロエールでバレンタイン

2019/2/13

こんにちは。
高カカオ好きのしましです。
★福島02
いよいよ明日はバレンタイン。
今年も、「横濱元町 霧笛楼」のクリオロエールがおいしくできたとお知らせをいただきました。
1mutekiro 2mutekiro
フランス・プラリュ社のクーベルチュール「マダガスカル」を使った深い味わいが特徴。
甘くないカカオビールだから、甘いチョコレートが苦手なメンズに喜ばれます!
冬の今だけ限定1000本、580円(税別)。
特別にクーベルチュールひとかけと一緒にいただいたのですが、よりショコラ感が増し、濃厚になりました。

また、おなじみ冬季限定生チョコレート「モトマチの石畳」が、
サイズと内容量ともにリニューアルです。
3mutekiro 4mutekiro
より食べやすい小粒になり、これまでの9カットから15カットに。
浮世絵デザインのパッケージが横浜らしいでしょ。
3月までの販売。1080円。
このサイズだと、パクパクいただけてしまいます。
ちょっと一口甘いものだ食べたいときにあるとうれしいな。

5mutekiro
人気の「横濱煉瓦」も、バレンタイン向けのパッケージで登場!
和のイメージで華やか。友チョコにもピッタリですよ。

さて、
どれをだれにあげようかな。

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

横浜高島屋でチョコの祭典「アムール・デュ・ショコラ」が開催!試食会の様子をレポート

2019/1/17

Resize_namiこんにちは、編集部namiです。バレンタインまであと1か月を切りましたね。横浜高島屋では今年もチョコレートの祭典「アムール・デュ・ショコラ」が開催されます。8階の特設会場に約120ブランドのチョコレートが国内外から大集結!開催直前のメディア向け試食会に参加してきましたので、注目商品を紹介します。

地元の人気店が出店

Resize_DSC_0004
パティスリー・ラ・ベルデュール「アソートショコラ」3301円

地元横浜からは「パティスリー・ラ・ベルデュール」が出店。緑園都市で愛されるパティスリーです。社内でも「すっごくおいしいお店だよ!!」と力説しているスタッフがいるほど。今回メディア試食会ではシェフの服部さんから直接チョコレートの説明をしていただきました。

Resize_写真 2019-01-16 11 36 04
シェフの服部明さん

服部シェフのチョコレートは、パリで秋に開催される祭典「サロン・デュ・ショコラ」でゴールドタブレット賞を3年連続で受賞。食に対して非常にシビアな審査をするパリでの受賞はとても大きな意味を持っています!世界で認められた味が今回出品されるアソートで楽しめます。

そのうちの1つ「プラリネオリエンタル」は湘南ゴールドを使用。横浜をはじめとする神奈川の地物を大切にしたいと考えて生まれた味です。また、「抹茶ミルク」はその美味しさに会場がざわめきました…!「抹茶ミルクだけの詰め合わせが欲しい」という要望もあるほど人気の味だそう。その他「さくらフランボワーズ」や「ほうじ茶」など、一つ一つ丁寧に味わいたいチョコレート全10個の詰め合わせになっています。なかなか店舗まで足を運べないという方も、シェフのチョコレートを口にすることができる滅多にないチャンスです。

愛らしいピンク色のルビーチョコレート

Resize_DSC_0020
左からブノワ・ショコラ「キャラモンド」2862円、メサージュ・ド・ローズ「ミニヨン・ルビー」1944円、ベル アメール「プレミアムタブレット ルビー」1728円

最近話題になっているピンク色のチョコレートも多く揃います。「第4チョコレート」と呼ばれるルビーカカオ豆を使用したルビーチョコレートです。鮮やかなピンクはもちろん着色料ではなく自然の色。気になるお味は、ベリーのようなフルーティーな風味が特徴。

日本初登場&タカシマヤ初登場!

Resize_DSC_0013
(左)デリス・デ・センス「高島屋セレクション」3456円、トゥジュール・ショコラ「ショコラ・オ・フリュイ」2592円

世界からもたくさんのチョコートが登場!
左はデリス・デ・センスの「高島屋セレクション」。丸みと色合いがかわいらしいチョコレート9つの詰め合わせ。なんと27歳という若さで2018年の「サロン・デュ・ショコラ・パリ~ワールド・チョコレート・マスターズ」で準優勝という実力派!そんな才能あふれる若きショコラティエによるチョコレートは、ピーチやマンゴーパッションなど、さわやかなフルーツフレーバーが特徴です。

右のトゥジュール・ショコラによる「ショコラ・オ・フリュイ」は、高島屋がチョコレート大国のベルギーのショコラティエと共同開発。フルーツの特徴を生かした6種のボンボンショコラが楽しめます。ルビーチョコレートも入っていて欲張りなアソートですね。

Resize_DSC_0014
グザビエ・ベルジェ「マロンショコラ」3996円

ピレネー山脈の谷間で育った「ビゴール栗」という栗を使用した「マロンショコラ」。ラム酒がけっこう効いています!栗独特の甘い香りとラム酒の香りがマッチしていて、今までに食べたことのない味わいでした。オレンジ色の包み紙とカラフルな缶がキュート!カジュアルでおしゃれなパッケージは女友達への贈り物としても喜ばれそう。

1/23(水)から開催!

Resize_DSC_0001

その他、フォトジェニックにこだわったものや、ここでしか手に入らないものなどが数多く揃っています!贈り物としても自分へのご褒美としてもワクワクするチョコレートを、ゆっくりじっくり選びに行ってみては!

「アムール・デュ・ショコラ」
横浜高島屋8階 特設会場
1/23(水)~2/14(木)
https://www.takashimaya.co.jp/yokohama/event/amour/index.html

コメント (0)

食べてみた

リビング横浜の読者レポーター6人が「生食パン食べくらべ」

2019/1/16

こんにちは。しましです。
寒くたって、
おいしいものがあれば元気に笑顔で過ごせる、という方はご注目!
★福島02

リビング横浜には、横浜東・横浜南の両エリア合わせて約130人の読者レポーターがいます。その中から特に感度の鋭いメンバー(!)で読者レポーター会議を毎月開催。地元の話題についてレポートし、話し合ったりしています。
昨年12月の読者レポーター会議で「話題の生食パンの食べ比べをしてみたい!」という声が上がり、それならやっちゃおう!ということで、先日行った1月の会議で実際に「(生)食パン5種類食べくらべ」を行いました。ちらっとご報告します。
190115a

本日の参加者は6人(左手前は編集長)。全員ミセスです。
銘柄を隠してまず4種類を“生”で食べくらべたところ、

190115b

奥からナンバリング。
①が一番おいしいと思った人=2人。理由は、「もちもち。味がはっきり。食感がしっかりしている。食べ応えがある」
②が一番おいしいと思った人=3人。「甘味があってミミまでおいしい。しっとりしている。生クリームが入っているような味」
③=全員「イヤミのない味。普通においしい」
④を一番おいしいと思った人=1人。「甘味がヘンに邪魔しない。ミミと中の生地のバランスがいい。サンドイッチにも合いそうだし、こどもが喜びそう」

…というところで答え合わせ。
「俺のベーカリー&カフェ」の「俺の生食パン ~香~」。2斤1000円
「乃が美」2斤864円
③なんと、セブンイレブンの「しっとり食パン」。1斤6枚切り108円
「一本堂」の「一本堂」。1斤280円

さらに、遅ればせながら登場したのが、
⑤金沢八景にある「ベーカリーハウス アオキ」の「生食パン」。
2斤分を縦に半分にしたサイズ(正味1斤ですね)で400円。
「香ばしくておいしい。サイズがちょうどいい」と好評だったのに、
写真を撮りそびれたので、お店の写真でごめんなさい。
190115c
食べ比べをした結果、
「どれもおいしいけれど、こんなに味が違うとは思わなかった」という声しきり。
「比べてみる機会はなかなかないので、楽しかった」
「次は菊名のあのお店にも行って並ばなくちゃ」
など、いつも以上に盛り上がった会議になりました。

編集部としては、並んで集めたかいがありました。
生食パンブームはしばらく続きそう。
みなさんはどこの生食パンがお好きですか?

【関連記事】続々OPEN!横浜の食パン専門店

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

オホーツク産蒸しカニも!横浜ベイホテル東急「こだわり食材 北海道」で北の大地の恵みを贅沢に

2018/11/19

編集部のこぢかです。Resize_こぢか
先日、横浜ベイホテル東急2階「カフェ トスカ」で開催中のナイト・キッチンスタジアム「こだわり食材 北海道」のメディア試食会に行ってきました。北海道と命名されて150年を迎えるという記念すべき今年。2016年・2017年に続き、北海道のこだわり食材が再登場!

北海道といえば、やはり豊富な海の幸!

注目は、“プラチナディッシュ”として席まで運んでもらえる「オホーツク産 蒸しカニ 丸ごと1本」(1人1皿・大人限定)。
IMG_3775

足の先まで、ギッシリ詰まった肉厚の蟹の身に大興奮!甘くてうま味たっぷり…涙。一生食べ続けたいほどの美味しさです。

絶対外せないのが、“スペシャルコーナー”に並ぶ「紅ズワイガニのボイル」と個人的に一押し!!「北海道産イクラ醤油漬け 丼スタイル」。好きなだけイクラをのせていただける、いくらLOVERにはたまらない贅沢な一品です。
IMG_3765

IMG_3764

↓こんな感じで、ごはんが見えないぐらいイクラを盛る夢みたいな贅沢丼♡ぷちぷち弾ける新鮮な山盛りイクラが堪能できます。

IMG_3785

小川シェフが一押しだったのが「角崎商店さんの“しじみ”のスープ」。あさり!?と思うほど大ぶりのしじみに驚き!なんでも、網走湖で採れるしじみは、しじみを食べる魚がいないので、サイズが大きく、味が濃いのが特徴だそう。貝でとったスープにしじみのうま味が凝縮された濃厚な味わい。オリーブオイルをプラスしても美味しかったです。

IMG_3776

IMG_3796

「北海道サーモンの握り寿司風」「北見市森谷ファームの白花豆のディップ」「北海道産とうもろこしのブルーテ」「北海道宗谷産もずくのアンティパスト風」等、冷製メニューも北海道の恵みが充実!イクラ丼のお米を少し控えて…サーモンの握りは絶・必!とうもろこしのブルーテ(写真左)は、「とうもろこし」よりも「とうもろこし」と思うほど、甘くて濃厚な味わいに癒やされました。

IMG_3768

他にも、「仔羊肉カルビのジンギスカン風」

IMG_3754

彩りが目をひく「北海道産鱈のお魚料理」

IMG_3761

「オホーツク産 道山さんの秋刀魚の糟漬けと千葉さんの山わさびのピラフ」

IMG_3752

などなどなど! お肉もお魚も充実のラインアップ!

「カフェ トスカ」といえば、出来立ての料理を提供してくれる「アクションコーナー」も見逃せません!「ローストビーフ」や「パルミジャーノ・レッジャーので和える大空町ジャガイモの芋もちニョッキ風」もぜひ。
IMG_3793

濃厚チーズソースでいただく、もっちもっちの芋もちは、チーズ好きはハズセナイ一品。

IMG_3789

北海道といえば、ソフトクリーム!ティラミスやロールケーキなど、スイーツも充実しているのも、女性には嬉しいですよね!
IMG_3792

IMG_3778

「ナイト・キッチンスタジアム「こだわり食材 北海道」」は2019年1月14日(月・祝)まで。
クリスマスのディナーにもおすすめです♪

コメント (0)

食べてみた

チョコレート専門店「バニラビーンズ」のクリスマスケーキを食べ比べ!

2018/11/16

クリスマスケーキの予約はもうしましたか?
横浜のチョコレート専門店「バニラビーンズ」でクリスマスケーキの試食をさせていただきましたので、食べ比べの感想をレポートします!まだ予約をしていない方、ぜひ候補の一つに検討してみてくださいね。

Resize_写真 2018-11-14 13 24 29
試食用とはいえ、とっても素敵なプレートで出していただきました

「忙しい年末だからこそ、クリスマスにおいしいケーキを家族でゆっくり囲んでほしい」という思いから「バニラビーンズ」では、取り寄せ限定のケーキ販売を行っています。取り寄せ限定ケーキ3種類と、店舗販売ケーキ2種類の計5種が、パティシエ・竹内さんの解説とともにお披露目されました。

【ネット販売限定】HOSHIKUZU(ホシクズ)

Resize_写真 2018-11-14 13 11 27
テーブルコーディネートまでかわいい

なめらかさにこだわったムースショコラが特徴の「HOSHIKUZU」。口に含んだ瞬間、ふんわりとした柔らかさに衝撃を受けました。すごい、想像とまったく違う!!何層にもチョコレートの層が重ねられているのに、くどさは全くありません。そして、さりげなく入っているキャラメリゼしたバナナが味の変化を作り出していて、いくらでも食べられそう。

【ネット販売限定】AKANE(アカネ)

Resize_写真 2018-11-14 13 10 36

真っ赤なデコレーションがクリスマス気分を盛り上げてくれそうな「AKANE」。ベリー類のトッピングは乙女心をくすぐりますね…♪美しい赤はラズベリーのゼリー。ホワイトチョコとフロマージュのムースには、クリームチーズが入っているため、さっぱりとした甘さ。ラズベリーの酸味ととってもよく合います。

【ネット販売限定】TSUKIYO(ツキヨ)

Resize_写真 2018-11-14 13 10 06

月のデコレーションがかわいらしい「TSUKIYO」。甘めのミルクチョコムースと、ほろ苦い自家製キャラメルのムースが幸せな組み合わせ。甘×ほろにがのミックスは、大人も子供も大好きな味です。ムースの下に敷かれたビスキュイショコラ生地のサックリとした食感がたまりません!

【店舗限定】FULL MOON(フルムーン)

Resize_写真 2018-11-14 13 08 29

フルムーンは「TSUKIYO」の形違い、店舗限定です。満月のオーナメントがインパクト◎!

【店舗限定】WREATHE AU CHOCOLA(リース・オ・ショコラ)

Resize_写真 2018-11-14 13 08 10

チョコレート好きが大興奮間違いなしの「WREATHE AU CHOCOLA」。
トリニダ産77%のチョコレートと、コロンビア産70%のチョコレートの食べ比べができちゃいます!ケーキを飾るボンボンショコラもこの2種のチョコレートから作られたものだそう。トリニダ産のチョコレートムースは、チョコレートをふんだんに使用。そのため、なめらかに仕上げるのに苦労したそうですよ。パティシエの技が感じられる濃厚なめらかなチョコレートと、オレンジの酸味がぜいたく。ちょっぴり大人な味わいです。

以上、4つのケーキを食べさせていただきました。すべて「チョコレートケーキ」なのですが、それぞれがまったく異なる魅力を持ち、驚きの連続でした。
どれにしようか迷ってしまうはず。一緒に過ごす人の顔を思い浮かべながら選んでみては!

VANILLABEANS(バニラビーンズ)
取り寄せ限定ケーキ情報
http://chocolatedesign.co.jp/new/2018-10-11-102502.html

【関連記事】
横浜のクリスマスケーキ特集2018

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

新しい味!? 「新横浜ラーメン博物館」にカナダ発のラーメン店がオープン

2018/10/17

Resize_かっきーこんにちは。
編集部のかっきーです。

「新横浜ラーメン博物館」に「RYUS NOODLE BAR(リューズ ヌードル バー)」がオープン!
試食会に参加しました。

カナダから逆輸入! トロントで愛されている鶏白湯

資料展示がされている1階から、地下へ降りると昭和のレトロな雰囲気を想起させるような空間が広がります。
お目当てのお店は正面奥。
ラーメンのいい香りが充満し、それだけでおなかが空いてきます。

ryosnoodlebar4

カナダから逆輸入された「RYUS NOODLE BAR」は、トロントの東地区にあるお店です。

ryosnoodlebar1

さまざまな宗教の方が住む地域で、宗教上の理由で豚肉を食べない方も多いそう。
そのため、スープは完全に豚を使用していない、というのが大きな特徴です。
(メニューによって豚バラのチャーシューはトッピングされています)

ryosnoodlebar2
RYUS鶏白湯ラーメン(900円、ミニサイズは570円)と自家製スモークメイプルバター(150円)

長時間煮込んだ鶏のスープと野菜ポタージュ、魚介のコクが詰まった「RYUS鶏白湯ラーメン」。
濃厚な味わいです。
トッピングの水菜といっしょにルッコラも。
鶏チャーシューの上にのっていたのは、ゆずかと思いきやレモンゼスト(レモンの皮のすりおろし)。
日本ではあまり味わえない食材の組み合わせでした。

世界最大のメープルシロップ生産国・カナダならではの「自家製スモークメイプルバター」で味を変えて楽しむことも。
このまま食べると、メープルシロップの甘味がしっかり感じられるのですが、スープに溶かすと甘さを感じるというよりはまろやかな味わいに変化しました。

ryosnoodlebar3カリフラワーポタージュのベジ味噌ラーメン(980円)

カリフラワーやジャガイモなどの野菜をポタージュ状にしたスープで作った「カリフラワーポタージュのベジ味噌ラーメン」。
こちらも日本ではあまり見かけない、トマトのスライスとチコリの葉のトッピングです。
いっしょに試食したきじまは「こんなラーメン食べたことない!」と驚いていました。

ryosnoodlebar5

麺は、全粒粉を使用したもの。
こちらは太麺、「RYUS鶏白湯ラーメン」は中細麺でした。

一味違うラーメンを食べてみたい人は、出かけてみて。

ラーメン食べ歩きも

「新横浜ラーメン博物館」には「RYUS NOODLE BAR」のほか、8店舗のラーメンが味わえます。
食べ歩きするなら、ミニサイズがおすすめ。
食欲の秋にラーメンはいかが?

営業時間:11:00~22:00(日曜・祝日は10:30から、ラストオーダーは閉館時間の30分前まで)
入場料:大人(中学生以下)310円、小学生・シニア(60歳以上)100円
新横浜ラーメン博物館 ホームページ

コメント (0)

食べてみた

東戸塚で見つけた和食の店「和くら」はオーナシェフがおもしろい

2018/6/20

こんにちは。
しましです。

★福島02
梅雨のうっとおしさはおいしいもので解消!
そう考える方に、取材途中で見つけたお店をご紹介。

場所は東戸塚の駅からちょっと歩いたところ。
「和くら」という、たぶん和食のお店です。
IMG_4538

幹線道路のわき道を入ったところにあります。

なぜ「たぶん」和食なのか。
店構えもさることながら、カウンターがデーンとした暗めの店内(撮影しませんでしたが)は、バーかレストランにも見えるのです。

もう一つのこたえはこのメニューに。
IMG_4536

見にくくてごめんなさい。
右は「イチオシランチメニュー」で、「スモークサーモンとオムライス クリームトマトソースがけ」。
左の「選べるお得なランチ」には、「濃厚鶏ガラ塩ラーメン」もあり、
和か洋か…?の粋なメニュー構成。
でも全体的に和ものが多いので、たぶん和食のお店と位置づけました。

デザートが付く「季節の昼懐石」(全8品、2500円)に後ろ髪引かれながら、
仕事途中のランチなので、今日は「選べるお得なランチ」(1000円)にします。

なになに?
AとBとCから各1つ選ぶのですか。
Aは、①濃厚鶏ガラ塩ラーメン、②タコと生姜の混ぜご飯、③本日の海鮮丼
Bは、①旬野菜の甘酢和え、②スモーク3点盛り、③長芋のスパイシーフライ
Cは、①ズンダ豆富、②茄子の生ハム巻き、③生ハムとトマトのサラダ
どれもおいしそう!

で、結局、
IMG_4526 IMG_4527
Cから登場。「ズンダ豆富」にしました。
どうですか、このきれいな色。ズンダの緑とまわりは明太子のクリーム。コントラストも美しく、食べるのがもったいないくらいだったんです。
自家製「なめらかすくい豆富」が戸塚ブランドに認定されたそうで、こちらも自慢の一品です。

Aは「タコと生姜の混ぜご飯」に。
IMG_4529

タコも生姜も主張せず、その他野菜とともにいいバランスで混ぜ込まれています。
三つ葉とのりはちょうどいいアクセントに。

IMG_4533
こちらはBの「スモーク3点盛り」。何のスモークかと思ったら、左からいぶりがっこ、かぼちゃ(なめらかにマッシュされています)、右はチーズです。とくにかぼちゃが口あたりも良く、お気に入りでした。
IMG_4531
サービスのお味噌汁もいただき、

IMG_4535
こんなセットに。
バランスもよく、手の込んだ料理ばかりで満足しました。

お料理はもちろんですが、
ユニークなのはオーナーシェフの那倉大輔さん。
IMG_4528
街を盛り上げようと奮闘したり、テレビやラジオなどメディアへの出演多数。
お話しが上手で、料理のことや生い立ちなど聞くと驚くことばかり。
ぜひ直接聞いてみてください。
ちなみに、
「以前、『イケメン店長』と書かれた時に、どこにいますか?って自分に聞かれたから、
そうは書かないでね」と念を押されました!

次回は、
B-1グランプリで優勝した「長芋のスパイシーフライ」をいただきたいと思いました。

和くら

コメント (0)

プレス行ってきた食べてみた

横浜ベイホテル東急「ナイト・キッチンスタジアム」で宮城の食材を堪能

2018/4/26

Resize_かっきーこんにちは。
編集部のかっきーです。

「横浜ベイホテル東急」2階の「オールデイダイニング『カフェ トスカ』」で、「ディナーブッフェ『ナイト・キッチンスタジアム 食材王国 みやぎ』」が6月3日(日)まで開催中。
その試食会に行ってきました。

宮城県はポテンシャルの高い食材がたくさん

10回目となる「宮城フェア」。
試食会では、小川勝也シェフ自ら食材の説明をしてくださいました。
5IMG_3617

現地でしか食べれない、現地にしかないものをどう表現していくかが毎回の課題だそう。
今回は宮城県の伝統食材である、「笹かまぼこ」や登米地方の「油麩」を使った新メニューが加わりました。

「そのまま食べた方がおいしいだろう」とシェフ自身も話していた笹かまぼこは、バターを使って鉄板焼きに。

6IMG_3585
阿部蒲鉾店 笹かまぼこの鉄板焼き バター風味

定番のしょうゆとわさびのほかに、オリーブオイルもお好みでつけられるように用意がされています。
こんな食べ方があったんだ! と、びっくりしました。

「今までにないメニューにしたかった」という油麩は、ラグーに。
1IMG_3601
油麩のラグー デミグラスソース風味
まるで、デミグラスソースのビーフシチューのよう。
お肉のように見えているのが、水で戻した油麩です。
ふわふわとした食感でした。

横浜ではあまり見慣れない食材がホヤ。
3IMG_3609
ホヤの冷製アヒージョ ガーリックタイム・ローリエ風味 トスカスタイル

むきたてにこだわり、フレッシュにひけをとらない味のホヤを使っているそう。
ホヤの食感を楽しめて、食べやすい料理でした。

 

3つのコーナーに分かれているブッフェ台。
冷製コーナー。

4IMG_3610
メカブのマリネオリーブオイルとジンジャーのフレーバー

温製コーナー。

2IMG_3604
トスカ風 凍み大根と季節野菜のミジョテスタイル

目の前で料理してくれるアクションコーナー。

7IMG_3592
蔵王クリームチーズとパルミジャーノレッジャーノで和えるパスタ

「宮城県産牛乳を使用したカフェショコラ」などのデザートが並ぶコーナーも。

おいしいものがずらりと並んでいるので、ついつい食べ過ぎてしまいますが、一口サイズの「登米米と間宮商店の干物、石巻の焼き海苔で作る”トスカ風むすび飯“」はぜひ味わって。
「お肉でいうと、ドライエイジ」という言葉でシェフが表現した干物は、干物とは思えないほどみずみずしく、魚のおいしさが凝縮された味わいです。

5/19(土)には仙台牛のステーキや「阿部蒲鉾店」の笹かまぼこのすり身を使ったスープなど限定メニューが味わえるスペシャルイベントも。
宮城の食材を堪能して。

ディナーブッフェ「ナイト・キッチンスタジアム 食材王国 みやぎ」
期間 6月3日(日)まで
時間 17:30~21:30(土・日曜、祝日は17:00~)
料金 月~金曜5800円、土・日曜、祝日6800円、小学生2950円(全日)、4歳~未就学児1200円(全日) ※サービス料込み
会場 オールデイダイニング「カフェ トスカ」(横浜ベイホテル東急2階)
レストラン予約 045-682-2255(10:00~21:00)
横浜ベイホテル東急

 

コメント (0)

食べてみた

【横浜でシュークリームLOVE】vol.2はビアードパパの“お祭り”

2018/4/20

こんにちは。しましです。★福島02

「茶色いスイーツって写真うつりが…ねぇ~」という編集長のディスりにもめげず、
凝りもせず…のシュークリーム第2段は、
言わずと知れた「ビアードパパ」です。
どこでも見かけるけれど、意外にも横浜駅周辺では東口の横浜ポルタ店のみ。

ちょうど、4/30(月・振)まで「春のシュークリーム祭り」が開かれているんです。
4種類のシュー生地と、3種類のクリームで、
12通りの組み合わせができるんですって。
しましの好みは、定番のサクッとした「パイシュー」
クリームは定番1種類+期間限定2種があるので、
もちろん3種類とも試してみましたとも。
IMG_3870
定番クリームは黄色の文字、季節限定のクリーム2種は赤い文字

あれ?
これでは分からないですね。
では、中身をご紹介。
IMG_3872

まずは、右下の「カスタードクリーム」
しっかりしたシュー生地の表面に粉砂糖がかかり、
高級感ただよわせつつ…。
定番クリームですが、
ふわっと鼻に抜ける生地の香ばしさと、まろやかで芳醇なクリームは、
まさに安定の味。これぞスタンダード。
なんど食べても裏切られない安心感があります。
IMG_3886
160円は良心的! きちんと感のあるクリームが、だれにとってもゆるぎないランク上位を占めるはず

次は3つ並んだ写真の左にある4月の季節限定「ミルクバニラ2018」
2018とあるのは、今年バージョンの意味なんですね、きっと。
表面がカスタードと極似なので間違えちゃうかもですが、
実物は表面がそこはかとなく白い。なぜなら、切るとこんな感じ。↓
IMG_3875
IMG_3888
わかりますか? 白くてとろ~っとしたやわらかいクリームが切った途端にあふれます。230円
ほんと、写しづらい…
だから伝わりづらいですね…
このミルクバニラクリームは、
色が白いわりにはそれほど牛乳くさくなく、
ミルクの多いカスタードクリームのイメージ。
バニラの香りとほどよい甘さがさわやかにも感じます。

最後はピンクの粉砂糖がかけられたかわいいシュークリーム。
「苺クリーム2018」です。
イチゴの酸味が効いていてあまったるくないから、
食べやすい。
おいしい。
濃いわ~。
フレッシュイチゴに近い濃さです。
IMG_3880
色もキレイ。たれてこないくらいのかたさ。200円
ビアードパパのシュー生地は、へたらないのがうれしいポイント。
“お祭り”ではこのほかパイシューにクッキーをトッピングした「クッキーシュー」、リング状の「パリブレスト」、クランチがのった「クランチパリブレスト」も。
春のシュークリーム祭り」は、4月いっぱいなのでお早目に。
ちなみに、【横浜でシュークリームLOVE】vol,1はこちらでした。
さて、次はどこのシュークリームにしようかしら。

コメント (0)

  1. 横浜トップ
  2. Yokohama Editor's Room
  3. 食べてみた

平成30年度版暮らしのガイドwith Living Eye

平成30年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更