1. 横浜トップ
  2. おいしい横濱めぐり
  3. 田中家で和食の真髄と横浜の歴史にふれました。3月4月の濱めぐりレポート

田中家で和食の真髄と横浜の歴史にふれました。3月4月の濱めぐりレポート

2014/5/2

ご好評いただいている「おいしい横濱めぐり」。
3月~4月にかけて行われた「料亭田中家」での「神奈川宿と龍馬の妻おりょう ~横浜最古の料亭 田中家に伝わる歴史~」が終わりました。

tanaka0

予想以上にお申し込みが多く、4回に増設し、総勢156人にご参加いただきました。それでも抽選でしたので、ご参加いただけなかったみなさま、大変申し訳ありませんでした。

そんなこともあり、内容をご紹介します。
まずはユネスコ無形文化遺産に登録された“和食”の粋を存分に味わいます。
横浜最古の料亭ならではのこだわりと美学、伝統の料理はこのとおり!

 

s-tanaka1 s-tanaka2
△季節でメニューが変わります。上から3月と、4月の「前菜」。3月にはホタルイカや菜の花を、4月にはサザエやお団子などが彩りも美しく盛り付けられました

s-tanaka3 s-tanaka4 s-tanaka5 s-tanaka13

△3月のメニュー「春霞弥生」から。上から伝統椀「春沢煮椀」は春の山菜とごま豆腐で。匠「萩すだれ縒(しぼ)り大根」盛り鮪、寒八、煽り烏賊は横浜醤油に付けていただきます。「炊き合わせ」は飛龍頭旨煮、海老芝煮など。食事は「真鯛炊き込み御飯」。このほか焼き物、デザートまで、“ザ・和食”が次々運ばれてきました

このあと、板長からオリジナル料理レシピ「帆立と山菜の炊き込み土鍋御飯」を披露いただき、和食のすばらしさについてお話していただきました。

s-tanaka7
板長・澤田裕時さんによるお話「田中家の心、和食の心」
食後には大女将・平塚あけみさんが、田中家の歴史をスライドで紹介。安藤広重の「東海道五十三次神奈川宿・台之景」にも描かれている同店。江戸時代の横浜駅周辺や戦前・戦後の様子など、貴重な写真でたどります。店内のいたるところに歴史を感じる作品や写真が飾られ、どれも一見の価値ありです。

s-tanaka9 s-tanaka10
龍馬の妻・おりょうが働いていたことでも知られます。
階段の途中には、伊藤博文や高杉晋作など歴史上人物の写真。こんな人たちも訪れていたようです

おかえりの時には大女将と若女将・晝間(ひるま)貴子さんがみなさまをお見送り。

s-tanaka8
大女将が三味線の演奏でお見送りという粋な計らいをしてくれました
おみやげには、やはり横浜とゆかりの深い企業からのご提供により、「キリン午後の紅茶」「横浜醤油」をみなさんに差し上げました。

s-tanaka12
s-tanaka14
さらに、田中家のオリジナルファイル、横浜市・神奈川区の旧東海道・神奈川宿のガイド、
帆船日本丸・横浜みなとみらい博物館の招待券などもおみやげに

和食の文化と横浜の歴史に触れた一日に、参加者のみなさまは異口同音「堪能しました」と。笑顔でお帰りになりました。

「おいしい横濱めぐり」では、これからも趣向を凝らした内容でお届けする予定です。
次回もぜひお楽しみに~



人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. おいしい横濱めぐり
  3. 田中家で和食の真髄と横浜の歴史にふれました。3月4月の濱めぐりレポート

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更