1. 横浜トップ
  2. おいしい横濱めぐり

3周年特別企画 おいしい横濱めぐり 参加者募集!「飛鳥II」憧れのクルーズライフ

2016/9/15

おいしい横濱めぐりだけのプレゼント盛りだくさん!
食+αで「お得に!」

三保の松原から望む富士山と飛鳥Ⅱ三保の松原から望む富士山と飛鳥Ⅱ( 初春クルーズ)

 横浜の魅力満載でお届けしているリビング横浜の「おいしい横濱めぐり」。この秋で3周年を迎える特別企画として、横浜を母港とする豪華客船飛鳥Ⅱで行く2つのクルーズとコラボレート。秋に紀州や、真田丸で話題の大阪へ行くクルーズと、新春の連休には駿河湾から雄大な富士山を眺めるクルーズです。

20160915-oishiyokohama06「主婦休みの日」はリビング新聞が提唱、1月25日・5月25日・9月25日を日本記念日協会に登録。「おいしい横濱めぐり」でも主婦(夫)のよりよい休日を応援します

 

参加者募集!①11/12(土)~16(水)
②2017年1/7(土)~9(月・祝)

11月は紀州の世界遺産や真田丸と大坂の陣
1月は駿河湾から富士山の絶景

秋と新春、2つの「飛鳥Ⅱ」
憧れのクルーズライフ

参加者募集! 先着32人分確保
各クルーズ2タイプ8室

協力:サンケイリビング新聞社 横浜本部

20160915-oishiyokohama02写真左)レストランで本格フレンチなど堪能
写真右上)大海原を望むラウンジでティータイム 
写真右下)Dタイプの部屋

 今年就航25周年の飛鳥クルーズ。横浜大さん橋での雄姿にときめき、乗船して感動を味わった人も多い憧れの船旅を、リビング横浜の「おいしい横濱めぐり」で。
 歴史浪漫たっぷり、深まる秋にぴったりの「紀州・なにわ 歴史浪漫クルーズ 5日間」と、海から富士山を拝める、新春にふさわしい「初春クルーズ 3日間」の、それぞれバルコニー付きDタイプと窓付きFタイプの各8部屋32人分(1室2人)を、「おいしい横濱めぐり」だけの“特別”満載でお届けします。
 通常より2時間早く乗船が許可されるアーリーチェックインをして、飛鳥を知り尽くしている郵船クルーズ・藤田萬世(ばんせい)さんの案内で飛鳥Ⅱの楽しみ方伝授と船内見学ができます。飛鳥Ⅱの元チーフパーサーとして世界中を巡り、内田康夫「ふりむけば飛鳥~浅見光彦世界一周船の旅」(徳間書店)にも登場。現在も年間120日は乗船する藤田さんからのとっておき情報は、船旅をさらに豊かに。
 出港後は思い思いの過ごし方で船旅を満喫。全室海側。もちろん全食事付き。船内の好きなレストランへ(一部除き、無料)。シアター、ラウンジでのエンターテインメント鑑賞、スパ、パドルテニス、カジノコーナー、スポーツジムなど施設も自由に無料で利用できます。

■11月 紀州・なにわ 歴史浪漫クルーズ

20160915-oishiyokohama03-1

 海路で行く錦秋の紀州と水の都大阪は、情緒豊か。船内では真田家14代当主のナイトトークや、スーパームーンの11月14日には京都・宇治平等院で貸し切りライトアップツアー招待もあります。オプションで世界遺産・熊野三山の熊野那智大社や熊野古道、大阪では大阪城、真田幸村ゆかりの地を訪ねるコースも用意されています。

11月 紀州・なにわ 歴史浪漫クルーズ
【日程】
 11/12(土)~16(水)、4泊5日
【食事】 朝4回、昼3回、夕4回
【部屋タイプと旅行代金】 1人:Fステート21万6000円(窓付き)、Dバルコニー25万6000円(バルコニー付き)。1室2人。各先着8部屋、計32人
【発着・集合】横浜大さん橋
※リビング横濱倶楽部会員限定。未入会の方は今回の申し込みで入会できます

■1月 初春クルーズ

20160915-oishiyokohama04

 新春の連休を利用して清水港へ。船内では通常のエンターテインメントに加えて、初笑いの落語や奇術パフォーマンスで華やぎます。オプションで世界遺産・三保の松原や、初詣に久能山東照宮、富士山本宮浅間大社へも。

1月 初春クルーズ
【日程】
 2017年1/7(土)~9(月・祝)、2泊3日
【食事】 朝2回、昼1回、夕2回
【部屋タイプと旅行代金】 1人:Fステート11万4000円(窓付き)、Dバルコニー13万6000円(バルコニー付き)。1室2人。各先着8部屋、計32人
【発着・集合】横浜大さん橋

おいしい横濱めぐりだけのプレゼント

20160915-oishiyokohama05-1

飛鳥IIオリジナルスパークリングワイン1室1本
オリジナルミルクチョコレート 1室1箱
オリジナル2017年カレンダー 1人1冊
アーリーチェックインで船旅レクチャーと船内見学

【旅行企画・実施】
郵船クルーズ(観光庁長官登録旅行業第892号)
横浜市西区みなとみらい2-2-1、横浜ランドマークタワー
【協力】 サンケイリビング新聞社横浜本部

<申し込み・資料請求>
下記郵船クルーズに電話を。
「おいしい横濱めぐり・○○クルーズ」と必ず伝えてください。
先着順。詳細は資料請求を

郵船クルーズ・クルーズデスク
TEL:045-640-5301

※個人情報は、ツアー実施と今後の案内・企画内容向上のために使用し、郵船クルーズとサンケイリビング新聞社で共有します

コメント (0)

7/22(金)・9/27(火) おいしい横濱めぐり 参加者募集!

2016/6/23

リビング横浜だけの盛りだくさん!
地元横浜の食と四季と文化の香りを楽しむ

 毎回、地元横浜の魅力を盛りだくさんの内容で楽しめると好評の、リビング横浜主催「おいしい横濱めぐり」。7・9月は、横浜総鎮守・伊勢山皇大神宮を舞台に雅なひとときを。雅楽を楽しみ、通常は足を踏み入れることのできない日本庭園観賞、横浜と同神宮の歴史秘話を聞き、和の美食を。

参加者募集!①7月22日(金)・②9月27日(火)

横浜総鎮守・建て替え前の本殿を目に焼きつけるなら今!

伊勢山皇大神宮ついに登場!
歴史秘話、舞に雅楽
八十八の特別うな重・
茶室で抹茶と香炉庵主菓子

主催:サンケイリビング新聞社 横浜本部

参加者募集! 各回限定30人(抽選)

※1人1回参加可能。応募多数の場合は抽選

伊勢山皇大神宮 おいしい横濱めぐり リビング横浜Web

2020年に鎮座150周年を迎える横浜の総鎮守・伊勢山皇大神宮。この記念事業として、現在神楽殿や拝殿などを建て替え中です。本殿は、3年前の式年遷宮により、役目を終えた伊勢神宮の旧社殿を譲り受け、新たに建て替えられる予定。今回の「おいしい横濱めぐり」は、建て替え前の伊勢山皇大神宮の姿を存分に記憶に残す盛りだくさんの催しです。

まずは本殿で正式参拝し、竜笛(りゅうてき)、篳篥(ひちりき)、笙(しょう)による雅楽と巫女の舞を鑑賞。古来から伝わる、優雅で美しい芸術を堪能します。その後、記念館に移動。普段は入れない日本庭園を眺めながら伊勢山皇大神宮の歴史秘話を。横浜市民の心の拠り所として創建した同神宮は、横浜と深い縁があります。今回は特別に“キングの塔”で知られる神奈川県庁とのつながりを記す文献として唯一現存する、昭和7年の「社務日誌」を公開するなど、数々の歴史をひも解きます。お話は、伊勢山皇大神宮の礒山弘嗣さん。

伊勢山皇大神宮 おいしい横濱めぐり リビング横浜Web

伊勢山皇大神宮 おいしい横濱めぐり リビング横浜Web舞と雅楽は、祭礼行事や御祈祷でしか見られない神聖なもの。日本古来からの伝統を肌で感じるチャンス(写真はイメージ)

明治43年創業の老舗「割烹・蒲焼 横濱八十八」からは、「おいしい横濱めぐり」だけの特別うな重が届きます。今回は希少価値のブランドうなぎである、宮崎佐土原産の「和匠うなぎ」を特別に用意。パンと身の張った滋養の高い国産うなぎを、暑い時季にいただけば、疲れも解消。

伊勢山皇大神宮 横濱八十八 おいしい横濱めぐり リビング横浜Web
「おいしい横濱めぐり」のために確保したブランドうなぎを肝吸付きで(いずれも写真はイメージ)

食後は風流な茶室へ。裏千家 本田先生による点前披露のあと、抹茶をいただきます。上生菓子は「横浜元町 香炉庵」のもの。店頭販売していない特製上生菓子を「おいしい横濱めぐり」のために考案し作ります。遊び心満点の逸品をお楽しみに。
横浜の総鎮守を舞台に、芸術・歴史・美食が集結。またとない体験を。

伊勢山皇大神宮 横濱八十八 おいしい横濱めぐり リビング横浜Web
今回のお土産のひとつは「横浜 元町 香炉庵」の新作落雁。この他に伊勢山皇大神宮からご利益のある品も。ご期待を。

◆日時 ①7/22(金) ②9/27(火)
◆集合時間 いずれも午前10時30分、午後2時頃解散(予定)
◆集合場所 伊勢山皇大神宮 横浜市西区宮崎町64。
(JR・横浜市営地下鉄「桜木町」駅徒歩10分)
※①②は同内容。1人1回参加可能
◆参加費 8640円〈特別うな重(飲み物付き)、お抹茶・上生菓子〉お土産付き
◆人数 30人

参加応募締め切り 6/30(木)

応募の締め切りは6月30日(木)午後5時まで。応募多数の場合は抽選の上、当選者には7月1日(金)に当選通知と案内状を発送します。案内状でお知らせする銀行口座への参加費のお振り込みをもって参加の決定となります(振込手数料は各自負担)。電話での応募の際、日時①②希望の順、参加者氏名・年齢、〒住所、電話番号(複数でお申し込みの場合、代表者の連絡先)をお聞きします。
申し込みはコチラ

<応募・問い合わせ先>
サンケイリビング新聞社 横浜本部「おいしい横濱めぐり」係
TEL:045-661-1711

※電話は、祝日を除く月~金曜の午前10時~午後5時
※応募者の個人情報は、当選者への連絡とその他の当社からの案内に使用します

コメント (0)

「おいしい横濱めぐり」開催! 九つ井で季節料理と陶芸体験

2016/6/23

リビング横浜だけの特別体験をしてみませんか? 今回は、4月と6月に開催した「おいしい横濱めぐり」、【一度は訪れたい、あの「九つ井本店」~彩り美しい季節の料理・新緑の郷で陶芸も~】の模様をご紹介します!

みなさんは、九つ井で使われるうつわや庭の敷石など、自家工房「陶の郷(すえのさと)」で制作されていることをご存じですか? そんな「九つ井 陶芸工房 陶の郷」での陶芸体験から、”ここだけの特別体験”がスタート! resize_tougei_0大船駅から車で10分程の場所にある「陶の郷」。感覚が研ぎ澄まされるような静寂さ

resize_tougei_1陶芸工房の岡さんと丸山さんがレクチャー。みなさん先生の手元と話を真剣に聞いています

resize_tougei_2先生の作品をお手本にみなさんインスピレーションの赴くまま制作。とっても個性的な作品の数々に、リビング横浜編集スタッフも驚きました!

resize_tougei_4「どうしたらいいの?」と困ったら、すかさず先生がアドバイス!

完成した作品は後日、各自で陶の郷まで受取に行きます。約1時間の陶芸体験を後は、お待ちかねのランチタイム! 九つ井本店の離れを貸し切り、「おいしい横濱めぐり」だけの特別料理を味わいました。コース仕立ての料理を少しだけ、紹介します。

resize_soba_1九つ井の建石さんからごあいさつ。九つ井のアレコレ貴重なお話にみなさん聞き入ります

resize_soba_2前菜のそば三昧は、そばくず豆腐、そば寿司、そばコロッケ

resize_soba_3そば三昧の器は、紙が挟める仕掛けに。自家工房で器を作るからこそできる、演出に感激

resize_soba_5ローストビーフには鎌倉やさいを添えて・・・

resize_soba_6手打ちそばは、勢いよくすすって風味と味わいに舌鼓

resize_soba_8お土産には食事の時に使った「招き猫の箸置き」が!

陶芸体験においしい料理にと大満足♪ みなさんも地元横浜ならではの特別体験してみませんか? 次回の「おいしい横濱めぐり」は、7月と9月を予定!詳しくはこちらから。

コメント (0)

4/27(水)・6/15(水) おいしい横濱めぐり 参加者募集!

2016/3/24

リビング横浜だけの盛りだくさん!
地元横浜の食と四季と文化の香りを楽しむ

毎回、横浜の魅力が盛りだくさんでお得に楽しめると好評の、リビング横浜主催「おいしい横濱めぐり」。4月と6月は、横浜市内に居ながらにして小旅行気分を。栄区田谷にある老舗「九つ井(ここのついど)本店」へ、旬の素材を生かし、季節感あふれる和食と手打ちそばを堪能します。新緑が輝く自然豊かな九つ井の陶芸工房で作品作りと、感性を刺激する体験をぜひ。

参加者募集!① 4月27日(水)・②6月15日(水)

大人の隠れ家でぜいたくなひとときを

一度は訪れたい、あの「九つ井本店」
彩り美しい季節の料理
新緑の里で陶芸も

主催:サンケイリビング新聞社 横浜本部

参加者募集! 各回限定30人(抽選)

※1人1回参加可能。応募多数の場合は抽選

20160324-oishii01
かやぶき屋根が風情ある入口。落ち着いた佇まいが魅力

今回の「おいしい横濱めぐり」は、雑踏を離れ新緑を楽しみながら豊かなひとときを過ごせる“里”へ。

創業47年。横浜の南部、栄区田谷の山あいに佇む「九つ井本店」で特別懐石料理と陶芸を楽しみます。

「九つ井本店」は広大な敷地に離れが点在し、ゆっくり食事を楽しむことができます。近くには古い商家を移築したギャラリーや自家工房があり、「九つ井」で使う陶器やガラスを全て手作り。季節の料理に合わせて作る器の、彩りや質感も味わいのひとつ。まさに五感を刺激するエンターテインメントです。

まずは自家窯「陶郷(すえのさと)」で、手びねりの陶芸作品作りにチャレンジ。新緑まばゆい木々に囲まれた環境で、じっくりものづくりが楽しめます。陶芸は初めてという人も「九つ井」の作家が丁寧にアドバイスしてくれます。焼き上がりは約2カ月後。作品は引き取り。郵送も可能です。

作品作りの後は「九つ井本店」の離れ広間で、「おいしい横濱めぐり」だけの特別料理を味わいます。彩りも鮮やかな季節感を感じる料理の数々を堪能した後は、喉ごしの良い店自慢の打ちたての手打ちそばに舌鼓。座敷で心おきなく楽しむ食事は至福のひととき。

新緑まぶしい季節を、ゆるやかな時が流れる異空間で過ごしてみては。

20160324-oishii02
1「おいしい横濱めぐり」だけの特別懐石料理。季節の素材をふんだんに使い、器との調和も考えた、目でも楽しめる料理の数々(写真はイメージ) 2作家のアドバイスのもと、手びねりでセンスあふれる作品作りを 3自家窯「陶郷」は広い芝生の中に工房とギャラリーを配した風情ある工房 4離れ広間の席は、窓からの新緑も美しく、心安らぐ空間です(写真は離れ個室)

20160324-oishii03

◆日時 ①4/27(水) ②6/15(水)
◆集合時間 いずれも午前11時
◆集合場所 九つ井 陶芸工房「陶郷」
横浜市栄区田谷町1483。(JR大船駅西口からバス
またはタクシー。現地には無料駐車場あり)
午後2時頃解散(予定)
※①②は同内容。1人1回参加可能
◆参加費 1万800円<特別懐石料理、陶芸作品作り(食前酒、プレゼント付き)
※陶芸作品を郵送の場合は別途支払い(1500円)
◆人数 30人(最少催行人数10人)

参加応募締め切り 3/31(木)
※応募は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました

応募の締め切りは3月31日(木)午後5時まで。応募多数の場合は抽選の上、当選者には4月1日(金)に当選通知と案内状を発送します。案内状でお知らせする銀行口座への参加費のお振り込みをもって参加の決定となります(振込手数料は各自負担)。電話での応募の際、参加者氏名・年齢(15歳以上)、〒住所、電話番号(複数でお申し込みの場合、代表者の連絡先)をお聞きします。
申し込みはコチラ

<応募・問い合わせ先>
サンケイリビング新聞社 横浜本部「おいしい横濱めぐり」係
TEL:045-661-1711

※電話は、祝日を除く月~金曜の午前10時~午後5時
※応募者の個人情報は、当選者への連絡とその他の当社からの案内に使用します

コメント (0)

~ おいしい横濱めぐりリポート~思い出の映画音楽と霧笛楼・今平総料理長の傑作

2015/12/25

12月の「おいしい横濱めぐり」はクリスマス特別企画!
「思い出の映画音楽と霧笛楼・今平総料理長の傑作」と銘打った横濱フレンチディナーこの日は今平総料理長による「おいしい横濱めぐり」だけのスペシャルディナーメニュームードたっぷりの映画音楽を実力派アーティスト「ル・シルフィード」の生演奏を楽しみました。

DSC_0002

もちろん、メニューにあわせて、同店ソムリエ厳選のおいしいワインも。
右から、コドーニュクラシコ・ブリュット(スパークリングワイン) ジャンティ(白ワイン) ロナン・バイ・クリネ(赤ワイン)
DSC_0010

まずは1品目は、
『富士の湧水で育った鱒の自家製マリネ「ほのかな炭火の香り」キャビア添え
地元・横浜産・蕪のブランマンジェと赤かぶのピューレ 大葉と柚子の風味』

ブランマンジェ
言わずとしれた、霧笛楼の看板メニュー。旬の野菜のうまみが口いっぱいに広がります。

 

2品目は、
『フランス・シャラン産・鴨胸肉と冬野菜のポトフ仕立て 黒トリュフの香り
小さなココットに詰めたブロッコリーのリゾット 白トリュフ油風味とご一緒に』
DSC_0012

 

3品目は、
『オマール海老と真鯛のブイヤベース風 西洋葱のエチュベと貝類のエッセンスの泡雪
その殻に詰めたチリメン・キャベツとシャンピニョン・パリのグラタン風』

DSC_0019

 

4品目は、
『仙台黒毛和牛ロース肉の網焼き 黒胡椒風味
五郎島金時(サツマイモ)のロースト タイム風味 自家製乾燥トマトのソース
ほうれん草のソース』

DSC_0024

 

5品目は、
『クリスマスに贈る霧笛楼のデザート3種 「トライアングル」
・西洋梨のフレッシュコンポートとポワールウィリアム酒のシャーベット
・赤いフルーツと白ショコラ バニラ風のバヴァロアのカクテル見立て
・金柑のロールケーキ 霧笛楼風』

 

DSC_0038

ここまでの特別メニューでも大・大・大満足なのですが、なんとこの日は同店から、2つもサプライズが。
これには、私達スタッフも聞いておらず、びっくりでした。

サプライズその1
イチゴをふんだんに使った大きなクリスマスケーキ
この出来事には、参加者のみなさんは席をたちあがって撮影をされてました。
結婚式以外ではなかなか見ることない、大きなケーキに自然とテンションもあがります。

 

クリスマスケーキ

 

サプライズその2
「え?これ、ワイン?」と思ってしまう琥珀色の甘いデザ―トワイン。
白ワインを熟成するとこのような色に変化するそうです。
普通のワインにくらべて、アルコール度数も高めなのだそう。

DSC_0035DSC_0037

 

美味しいお食事とお酒を存分に楽しんだ後は、お待ちかねのコンサートが始まりました。
今回は、ピアニスト南條すみれさんが率いる「ル・シルフィールド」によるコンサート。
ピアノ、バイオリン(林レイコ)、アルパ(池山由香)の3人編成です。
この日の曲目は、チャップリン主演の「ライムライト」から、「エターナリー」など一度は耳にしたことのある名曲の数々。
参加者の皆さんは、それぞれの「あの頃」を思い出しながら、音楽に酔いしれていました。

DSC_0046DSC_0040

コンサートはアンコールの「アメイジンググレイス」で最高潮を迎え、大満足のまま終了をむかえました。

 

実は、今回の参加者の中には、既に霧笛楼に食事に訪れたことがある方がちらほらいたのですが、そんなリピーターの方々からも「とても楽しかった」、「また霧笛楼さんで同じイベントを!」とのお声がでるほどの満足度の高いイベントとなりました。

今後も、皆様にご満足いただけるようなイベントを企画していく予定です。
また来年も、リビング横浜「おいしい横濱めぐり」をよろしくお願いいたします。

 

 

コメント (0)

12/21(月)クリスマス特別企画 おいしい横濱めぐり 参加者募集!

2015/12/3

リビング横浜だけの盛りだくさん!
【クリスマス特別企画】
地元横浜の食と四季と文化の香りを楽しむ

話題の店舗が続々誕生し一層にぎわいを増す、今が旬の元町。リビング横浜主催「おいしい横濱めぐり」で、横濱元町仏蘭西料亭「霧笛楼」の最高級の料理とワイン、心地よい生演奏による、ゆったりぜい沢にときめく大人の聖夜を。

 霧笛楼のスイーツほか、元町にオープンしたばかりの
ZWILLING J.A. HENCKELSからプレゼントも

横濱フレンチディナー ワインで乾杯

大人の聖夜に“酒とバラの日々”を
新しくなった元町で思い出の映画音楽と
霧笛楼・今平総料理長の“傑作”

主催:サンケイリビング新聞社 横浜本部

参加者募集! 12月21日(月)午後6時

新しい元町で大人限定40人(抽選)
※多数の場合は抽選

20151203-oishii01
スペシャルディナーのメニューをお楽しみに※写真はイメージ

ZWILLING J.A. HENCKELS(ツヴィリング ジェイ エイ ヘンケルス)国内初の路面店などがオープンし、元町は今、大人がワクワクするスポットが充実。毎回横浜の魅力満載で高評いただいている「おいしい横濱めぐり」が自信をもってお届けする12月の回は、その元町で、舌の肥えた大人をもうならせる横濱元町仏蘭西料亭「霧笛楼」の料理とワイン、加えて上質な映画音楽、しかも実力派アーティストの生演奏もという華麗なひととき。“あの頃”を思い出しながら、あるいは名作に思いをはせながら、ピアノ・アルパ・バイオリンの女性トリオ「ル・シルフィード」の演奏に心通わせてはいかがでしょう。

今年製作50周年を迎えた映画「サウンド・オブ・ミュージック」からは「My Favorite Things」を披露。キザなセリフが胸キュンな「カサブランカ」は「As Time Gose By(時のたつまま)」を。このほか、1人の女性の生き様を描いた「エビータ」から「アルゼンチンよ泣かないで」、ジャズのスタンダードナンバーとして知られる「酒とバラの日々」の主題歌や、「ライムライト」から「エターナリー」など名曲の数々を予定しています。

ムードたっぷりの音楽で彩りを添え、いただくのは今平茂総料理長自慢のスペシャルディナー。素材を吟味した特別メニューの、聖夜を飾る“横濱フレンチ”フルコースです。仏蘭西料理の伝統+横浜テイストが今平流。もちろん、この日に合わせてソムリエ厳選のスパークリングワイン、飲みごろの赤・白ワインを用意してくれました。霧笛楼のスイーツほか、ツヴィリング ジェイ エイ ヘンケルスからプレゼントも。

会場となる同店3階バンケット「シルクルーム」は、文明開化当時、生糸の生産地と横浜をつないだ“絹の道”をイメージした、洋の東西を織り交ぜた空間。いにしえの“横濱”を思いながら、美食に酔う今年の締めくくりを、どうぞ大切な人と―。

20151203-oishii02
店名は、開港当時の元町周辺を描いた大佛次郎の小説「霧笛」に由来。ツリーが飾られた霧笛楼を見られるのはこの時期だけ

ル・シルフィード
■南條 すみれ(Piano)

20151203-oishii03
武蔵野音楽大学卒業、同大学院研究科修了。ラウンジピアニストとしてホテルラウンジ、客船、レストランでソロ演奏。自身のリーダーユニット「ル・シルフィード」の他、三線、和楽器、紙切りなどさまざまな分野とのコラボレートユニットやLIVEサポートメンバーとしても活躍

■池山 由香(Harpa)

20151203-oishii04
国立音楽大学卒業、桐朋学園大学研究生修了。アルパ奏者、打楽器奏者とのトリオ「カプマリ」で、MALTAジャズビックバンドのオープニングアクトに出演。日本では数少ない“アルパ弾き語り奏者”として年100回以上の演奏活動を展開

■林 レイコ(Violin)

20151203-oishii05
昭和音楽大学卒業。コバケンと仲間たちオーケストラ、プレミアムメンバー。読売新聞社主催演奏会にソロや室内楽で多数出演。R.MUSICA主宰

◆日時 12/21(月)午後6時~8時30分(予定)
◆集合時間 午後5時50分
◆集合場所 横濱元町仏蘭西料亭「霧笛楼」
(みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩4分、JR根岸線石川町駅から徒歩8分)
◆参加費 1万5000円 特別料理(飲み物、デザート、おみやげ付き)
◆人数 40人(最少催行人数・30人)
※演奏内容が変更される場合も

参加応募締め切り 12/9(水)

応募の締め切りは12月9日(水)午後5時まで。応募多数の場合は抽選の上、当選者には12月10日(木)に当選通知と案内状を発送します。案内状でお知らせする銀行口座への参加費のお振り込みをもって参加の決定となります(振込手数料は各自負担)。電話での応募の際、参加者氏名・年齢(18歳以上。※飲酒は20歳から)、〒住所、電話番号(複数でお申し込みの場合、代表者の連絡先)をお聞きします

申し込みはコチラ

<応募・問い合わせ先>
サンケイリビング新聞社 横浜本部「おいしい横濱めぐり」係
TEL:045-661-1711

※電話は、祝日を除く月~金曜の午前10時~午後5時
※応募者の個人情報は、当選者への連絡とその他の当社からの案内に使用します

コメント (0)

~ おいしい横濱めぐりリポート~馬の博物館の山本容子展 旅する馬たちと史跡/ドルフィンのソーダ水とコース料理~

2015/11/4

10月のおいしい横濱めぐり、「馬の博物館の山本容子展 旅する馬たちと史跡/ドルフィンのソーダ水とコース料理」を開催しました。今回も定員を越えるお申込みをいただきました。抽選からもれてしまった方、申し訳ございませんでした!!

さて、さっそくですが、リポート開始。

今回の舞台は、根岸にある「馬の博物館」と「ドルフィン」。

はじまりは、「馬の博物館」から。
馬の博物館は、横浜で始まった洋式競馬(※)発祥を記念した根岸競馬記念公苑内に、1977年に馬についての知識を普及させるための施設としてオープンしました。
※横浜で始まった洋式競馬…1866年(慶応2)に根岸競馬場を舞台に、翌年から1942年(昭和17)に幕を下ろすまで76年間行われていた競馬。

馬の博物館では、現在、特別企画展のとして「山本容子展 旅する馬たち」が開催されています。(2015年10月10日~12月6日)

山本容子さんは、版画家としての活躍はもちろん、吉本ばななのベストセラー小説『TUGUMI』を始めとした多数の書籍の装丁や挿画、他にも食器、舞台衣装のデザインなど幅広いジャンルの作品を制作されています。
今回はその展示を、おいしい横濱めぐり参加者のためだけに、馬の博物館の末崎理事に特別にご案内していただきました。

 DSC_0007

今回の展示は5つのカテゴリーから成り、「1、古典」「2、旅行」「3、文学」「4、音楽」、「5、人物」のカテゴリーで構成されています。
それぞれのカテゴリーの特徴と作品がつくられた背景などを末崎理事にご説明いただきました。みなさん、熱心に説明を聞きながら、作品に見入っていました。

DSC_0021

会場の中央には、企画展のポスターに描かれている「馬を愛した男」の原版の展示が。
中々普段は、見ることがない銅板版画の原版に興味津々のご様子。

DSC_0009

こちらの展示は12月6日まで開催中ですので、今回の「おいしい横濱めぐり」にご参加できなかった皆様はぜひ足をお運びくださいませ。
馬の博物館 特別企画展「山本容子展 旅する馬たち

他では体験できないプレミアな体験をご提供する「おいしい横濱めぐり」はこの展示のご案内だけではありません。

普段は、特別展示以外では目にすることができない、馬の博物館所蔵の貴重な芸術作品(いわゆるお宝作品)を参加者だけに展示していただきました。

重要文化財の「張良図沈金蔵」に見入る参加者の皆さん。
DSC_0022

常設展の馬の生理・生態・歴史などをわかりやすく展示している第4展示室では、みなさんよくご存じの「スーホーの白い馬」関連の展示を前に、現在のモンゴルの遊牧事情をウィットに富んだ語り口でお話いただきました。

室内の展示を見終わった後は、外へと移動。
ポニーセンターで元気なお馬さんとふれあいのひと時を。
ここには、日本の在来場やかつてG1レースで活躍した名馬たちとふれあいました。

 DSC_0052

そして、見学のラストは、洋式競馬場の面影を伝える根岸一等競馬場跡地へ。
こちらでの写真公開は諸事情により控えさせていただきますので、皆様、ぜひ現地に足を運んでご覧になってみてくださいね。

馬の博物館での見学の後は、根岸のランドマーク的存在の「ドルフィン」へ。

DSC_0074

 

ドルフィンといえば、あの曲にでてくる「ソーダ水」。
人気のソーダ水を飲むとつい笑顔がこぼれ、会話もはずみます。

DSC_0064

この日のメニューは「おいしい横濱めぐり」だけの特別コースをご提供いただきました。

前菜、スープの後は、旬の食材を使った魚料理と熟成肉を使った肉料理を楽しみました。

「真鯛のポアレ 香草サラダ添え」
香草の風味とお魚がマッチして美味しいとの声があがっていました。

DSC_0069

「牛フィレのステーキ 温野菜添え」
DSC_0071

最後は女性が大好きなチョコレートデザート。
「チョコレートケーキ 洋梨のコンポート」
DSC_0072

お食事の間には、大島店長からドラマのロケ地としても数多く使われる同店ならではのマル秘エピソードなどをお話いただきました。

早足ですが、今回のレポートは以上です。
ご参加いただきました皆様、馬の博物館の皆様、ドルフィンの皆様、ありがとうございました。

今後とも「おいしい横濱めぐり」では、みなさんに喜んでいただける企画をしていきます。
何卒よろしくお願いいたします! 次回もお楽しみに♪

★馬の博物館 ホームページ
http://www.bajibunka.jrao.ne.jp/uma/index.html

コメント (0)

おいしい横濱めぐりリポート~吉良家蒔田城の歴史と「松島」特別会席~

2015/10/5

7・8月においしい横濱めぐり、「まぼろしの吉良家蒔田城の歴史ロマンと明治創業・老舗割烹旅館「松島」の特別会席」を開催しました。今回は、何と!! 定員をはるかに上回るほど申し込みを沢山いただきました。抽選ではずれてしまった方、大変申し訳ございません!!!

舞台は、蒔田にある老舗割烹旅館「松島」。明治17(1884)年創業の歴史ある旅館です。季節のうつろいを感じる、風情あふれるお庭がとってもすてき。

DSC_0049

さて、いよいよ本題です。ここ蒔田の横浜英和女学院の建つ地に、「忠臣蔵」で赤穂浪士に討たれた吉良上野介で知られる吉良家の持つ「蒔田城」があったとされているのですが、そもそも蒔田にお城があっただなんて、驚きですよね!(ご存じでしたか??) 蒔田と吉良家の関わりや蒔田城に隠された歴史など、お話をしてくださったのは、「蒔田の吉良歴史研究会」の発起人で、同旅館の島田紀子さん。この女将さんのお人柄が本当にすてきでとってもパワフル♪(今回参加いただいた中にも、元々女将さんをご存じで、ファンの方もいらっしゃいました!)

DSC_0084

東条吉良は室町時代に東京・世田谷からここ蒔田に移り、永正7(1510)年頃、吉良頼康(よりやす)が蒔田に城を築いたとされています。戦国時代には小田原北条氏三代当主・氏康の娘婿となり小田原北条氏と姻戚関係を持った、とのこと。皆さん、熱心に資料を見ながら女将のお話を聞いていらっしゃいました。

DSC_0037

旅館「松島」さんの近くには、蒔田城の馬場(馬場谷/ばばやつ)があったといわれる「蒔田の森公園」や吉良氏の菩提寺、曹洞宗勝国寺(しょうこくじ)には、吉良家の供養塔があったり、と歴史を感じるスポットがちらほら。

そして、おいしい横濱めぐりのもう一つのお楽しみといえば、この日だけの特別料理!(城主の気分で♪)味わえる「蒔田御膳」。お城のお重を開けると、中には旬の素材をふんだんに盛り込んだこだわりのお料理の数々が

DSC_0022
お城がずらりと並んだ景色は圧巻ですね(‘ω’)ノ 思わずパチリ

前菜は、見た目も華やか~(*’▽’)「無花果ワイン煮」や「ずんだ餅」「梅羊羹」など季節を感じるお料理で彩られた一皿。

DSC_0018

一ノ重は、女将一押しの「半田そうめん」、二ノ重は、カボチャやナスなどの煮物(松島さんの煮物、上品なお味で美味しいのです!)、三ノ重は、マグロやタイのお刺身が。DSC_0052

お重のほかにも、湯葉にズッキーニや長芋、パプリカなど季節の野菜を巻いて揚げた揚げ物や

DSC_0082

女将、こだわりの鰻重も!(ふだんからお客様に評判なのですって!)DSC_0038

参加者の皆さまの喜ぶ顏が、何よりも嬉しかったです! お城のお重を開ける瞬間、楽しみですよね!

DSC_0069

DSC_0067

DSC_0070

お食事後は、今回のおいしい横濱めぐりだけの特別体験! ということで「松島」さんで、代々受け継がれている真葛(宮川)香山初代作「十一面観世音菩薩」の特別お披露目も。大正4(1915)年、弘明寺観音が国宝に認定されたことを記念し作成された三体のうち一体はすでに壊れいるとのことで、何と現存する貴重な一体なのです! 私も拝見させていただきましたが、とっても凛々しくて優しいお顔立の観音様でした。参加者の皆さまも写真を撮影されたり、手を合わせられたり…。こんな貴重な機会、滅多にないですものね! そうそう、観音様のお陰で、2回目開催時は、大雨から奇跡的に晴れたのですよ! これには本当に驚き。でも、松島さんではよくあることなのですって( ゚Д゚)

DSC_0061

DSC_0104

女将さんと観音様。女将さんの笑顔がまたすてきですよね!

DSC_0077

今回のお土産は、北条宗哲(幻庵)の娘(鶴松院)が吉良氏朝に嫁ぐ際に、持たせたという妻の心得が記されている「北条幻庵覚書」の写し、の中に松島さん特製の太巻きが入った「おいしい横濱めぐり」だけのスペシャルな巻物!! 夫や姑などの呼び方、家臣への心配りなど細々と礼儀作法が記されています。嫁ぐ娘への愛情を感じます。

DSC_0068

…と駆け足で振り返って参りましたが、蒔田って歴史ロマンあふれる地だったのですね~。個人的にもまた一つ、横浜の魅力を再発見することができました!
参加いただいた皆さま、女将さんをはじめ旅館「松島」の皆さま、本当にありがとうございました!

「おいしい横濱めぐり」、引き続き魅力あふれる企画を考えてまいりますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします! 次回もお楽しみに♪

◆旅館 松島
http://www.r-matsushima.com/

◆女将さんのブログもぜひ、チェックを!
http://matsushimaokami.sblo.jp/

コメント (0)

10/16(金)・10/21(水)おいしい横濱めぐり参加者募集!

2015/9/24

10月参加者募集 !「おいしい横濱めぐり」
リビング横浜だけの盛りだくさん!

馬の博物館の「山本容子展 旅する馬たち」と史跡/
ドルフィンの「ソーダ水」とコース料理

人気作家が魅せる馬の世界と
歴史物語る洋式競馬場
山手の空気と海の景観とともに味わう
特別フレンチ

主催:サンケイリビング新聞社 横浜本部

 ①10月16日(金) ②10月21日(水)

※各回定員30人(抽選)
※1人1回参加可能。応募多数の場合は抽選

「競馬百科」2004年 ©Yoko Yamamoto

10月の「おいしい横濱めぐり」は横浜の中でも屈指の美しいスポットへ。豊かな自然と芸術、歴史的建造物、そして味覚の秋を楽しむ盛りだくさんの催しです。洋式競馬発祥の地・横浜山手の丘に建つ「根岸競馬記念公苑・馬の博物館」で10月10日(土)から開催される企画展「山本容子展― 旅する馬たち」をさっそく解説付きで鑑賞。銅版画家のほか、エッセイストなど多彩な顔を持つ山本容子の、都会的で洗練された、馬をテーマにした作品を堪能。常設展では、馬が欠かせなかった昔の暮らしを再現したコーナーなど見どころ多数。また、ドガ、坂本繁二郎の作品など普段公開されていない作品も披露されます。博物館を取り巻く苑内では元気な馬にも出会えます。

山本容子

山本容子/銅版画家。のびのびとした描線と洒脱な構図や色合いで、都会的で洗練された作風が特徴。書籍の装丁も多数あり、吉本ばなな著『TUGUMI』では表紙絵と挿画を手掛けた。自身の著書も多数。商品等のデザイン、CM出演ほか、近年ではアートの持つ癒やしの力に注目し、医療現場で壁画を制作する“アート・イン・ホスピタル”も新たなライフワークに。その活動的な姿やライフスタイルも人気
※当日は馬の博物館学芸員が案内します

根岸競馬場一等観覧席跡
根岸競馬場一等観覧席跡。慶応2年から昭和17年までの70余年の華やいだ根岸競馬場の面影を伝え、跡地に造られた公園「根岸森林公園」で重厚な姿が歴史を物語る

:根岸競馬記念公苑・馬の博物館
根岸競馬記念公苑・馬の博物館

さらに、この地に広がる根岸森林公園は、慶応2年に完成した日本初の洋式競馬場の跡地に造られた公園で、居留外国人、やがては日本人も加わった社交場。根岸競馬場一等観覧席跡の重厚な姿がその面影を伝えます。

昼食は、山手のレストランといえばここ「ドルフィン」で。日本中から訪れる人が絶えないというあまりにも有名なレストラン。静かで、晴れていれば三浦半島や房総半島も一望できます。コース料理に、人気の「ソーダ水」付きで、さらにメインディッシュは旬の食材を使った、魚、熟成肉の料理の両方が楽しめるこの日限定のコースです。大島店長から、ドルフィンの貴重で意外なエピソードが聞けるほか、たくさんの著名人が訪れ、最近もテレビドラマのロケ地にもなったこの店ならではの“お宝”も楽しみ。盛りだくさんのまたとない体験を!

「おいしい横濱めぐり」のためだけ にアレンジされた特別コース
「おいしい横濱めぐり」のためだけにアレンジされた特別コースは五明シェフが腕を振るう、新鮮な魚と熟成牛肉も味わえるフレンチ
※写真はイメージ

1970年代から一世を風靡した「ドル フィン」の象徴「ソーダ水」
1970年代から一世を風靡した「ドルフィン」の象徴「ソーダ水」は今も人気。遠くの海の景色を眺め感傷にひたるのも一興
※写真はイメージ

お土産付き
【開催日】❶10月16日(金) 10月21日(水)※❶❷は同内容。1人1回参加可能。応募多数の場合は抽選。最少催行人数10人
【集合・解散時間、場所】午前9時50分「馬の博物館」(横浜市中区根岸台1-3)に集合。同館学芸員の解説で山本容子展ほか館内見どころ・苑内・根岸競馬場跡等見学後、「ドルフィン」(横浜市根岸旭台16-1)で食事と店長のお話等。午後1時30分頃解散予定
【参加費】6480円/馬の博物館の入館券・招待券、ドルフィンの特別コース料理(ワンドリンク、デザート付き)、馬の博物館・ドルフィンの各お土産、周辺散策マップ付き
※荒天の場合は中止、延期または見学箇所が変わる場合があります。
詳しくは当選通知に同封する案内状に記します

参加応募締め切り 9/30(水)

応募の締め切りは9月30日(水)午後5時まで。応募多数の場合は抽選の上、当選者には10月1日(木)に当選通知と案内状を発送します。案内状でお知らせする銀行口座への参加費のお振り込みをもって参加の決定となります(振込手数料は各自負担)。電話での応募の際、日時❶❷の希望の順、参加者氏名・年齢(15歳以上)、〒住所、電話番号(複数でお申し込みの場合、代表者の連絡先)をお聞きします。

申し込みはコチラ

<応募・問い合わせ先>
サンケイリビング新聞社 横浜本部「おいしい横濱めぐり」係
TEL:045-661-1711

※電話は、祝日を除く月~金曜の午前10時~午後5時。応募者の個人情報は、当選者への連絡とその他の当社からの案内に使用します

コメント (0)

11/20(金)~23(月・祝) おいしい横濱めぐり参加者募集! 豪華客船で行く紀州・伊勢クルーズ

2015/7/31

参加者募集 !「おいしい横濱めぐり」
2周年特別企画

 横浜の魅力満載でお届けしているリビング横浜の「おいしい横濱めぐり」。2周年を迎えるこの秋は、昨年以来の第2弾として、横浜をホームポートとする豪華客船・飛鳥Ⅱのクルーズとコラボレーションした特別企画。11月の連休を利用して、今注目の紀州・伊勢を訪ねる横浜発着3泊4日のクルーズです。

主催:サンケイリビング新聞社 横浜本部

洋上で夢のリゾートライフと
錦秋の世界遺産
秋の連休 豪華客船「飛鳥Ⅱ」で行く
紀州・伊勢クルーズ

おいしい横濱めぐりからのプレゼント付き

11/20(金)~23(月・祝)3泊4日
2タイプ各8室 合計 先着32人

横浜大さん橋発着クルーズ
アーリーチェックイン お土産付き

洋上で夢のリゾートライフと錦秋の世界遺産 秋の連休 豪華客船「飛鳥Ⅱ」で行く紀州・伊勢クルーズ
横浜発着の飛鳥Ⅱクルーズで快適な船旅を

 1991年から国内外の船旅を提供し来年25周年を迎える飛鳥クルーズ。乗船して飛鳥Ⅱの魅力を実感している人や横浜港でその雄姿にときめいた人は少なくないでしょう。
 リビング横浜「おいしい横濱めぐり」では、洋上の優雅な時間と、秋色に染まる紀州・伊勢の旅が楽しめる人気クルーズの、バルコニー付きDタイプと窓付きFタイプの各8部屋32人分を確保しました。来年のサミット開催地としても話題の紀州・伊勢。時は秋。錦秋の世界遺産へも足を延ばせます。連休なので仲間や家族で旅を満喫できるはず。11月22日の「いい夫婦の日」にちなみ、ご夫婦でもいかがですか?
20150730-yokohamameguri02
世界遺産に登録された熊野那智大社・熊野速玉大社や、紅葉美しい伊勢神宮などへのオプションも。料金など詳細はクルーズデスクへ。※紅葉は気象状況によります
写真左/宇治橋から伊勢神宮内宮へ©伊勢志摩観光コンベンション機構 写真右/熊野那智大社 写真提供:那智勝浦町観光協会

 各部屋には飛鳥Ⅱオリジナルスパークリングワイン1本とオリジナルカレンダー人数分を「おいしい横濱めぐり」からプレゼント。また、「おいしい横濱めぐり」だけに特別に許可されるアーリーチェックインで2時間早い乗船を保証。郵船クルーズの藤田萬世(ばんせい)さんによる船の楽しみ方レクチャーと船内見学を。初代飛鳥でチーフパーサーなど歴任し、現在も年間120日乗船し飛鳥Ⅱを知り尽くしている藤田さんは、飛鳥Ⅱでは有名人。レクチャーを聞いてからの船旅は充実度が違います。
20150730-yokohamameguri03-1
Dタイプの部屋。各部屋に「おいしい横濱めぐり」からスパークリングワインと飛鳥カレンダーをプレゼント
 出港後はフリースタイルで船旅の魅力を存分に。全室海側で部屋のバルコニーや窓から望む海原は格別。もちろん全食事付きです。船内は一部を除き、どのレストランもフリー。シアターやラウンジでのエンターテインメント、あるいはスパ、パドルテニス、カジノコーナー、スポーツジムなど施設も自由に利用可。日本籍船なのでチップ不要。思い思いの過ごし方を。
20150730-yokohamameguri04
大海原を望むラウンジでティータイム。デッキでは朝のウオーキングも
20150730-yokohamameguri05
レストランでは本格フレンチを堪能して※写真はイメージ
 新宮と四日市に寄港し、秋の紀伊半島で市内散策、観光を。那智山や伊勢神宮などへ足を延ばしてみませんか。

【日程】
2015年11月20日(金)~23日(月・祝)・3泊4日。
横浜大さん橋に午後2時集合、5時出港。
帰港は午前9時、順次下船
【食事】 朝3回、昼2回、夕3回
【部屋タイプと旅行代金】
1人:Fステート18万9000円(窓付き)
Dバルコニー22万5000円(バルコニー付き)
1室2人。各先着8部屋、計32人
【旅行企画・実施】 郵船クルーズ
(観光庁長官登録旅行業第892号)
横浜市西区みなとみらい2-2-1、ランドマークタワー
【協力】 サンケイリビング新聞社横浜本部
TEL:045-661-1711

申し込み・資料請求は8月3日(月)午前9時30分から
8月3日(月)午前9時30分から下記郵船クルーズに電話を。「おいしい横濱めぐり」と必ず伝えてください。先着順。詳細は資料請求を

<郵船クルーズ・クルーズデスク>
TEL:0570-666-154

一部のIP電話、国際電話からはTEL:045-640-5301 へ
月~金曜 午前9時30分~午後5時(土・日曜、祝日休み)
※ 個人情報は、ツアー実施と今後の案内・企画内容向上のために使用し、郵船クルーズとサンケイリビング新聞社で共有します

コメント (0)

  1. 横浜トップ
  2. おいしい横濱めぐり

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更