1. 横浜トップ
  2. さっちん上海太太日記
  3. 中国の珍しい食べ物たち<果物編>

中国の珍しい食べ物たち<果物編>

2018/7/12

さっちん
さっちん

大家好ダージャーハオ(みなさんこんにちは)!
さっちんです^^

中国のスーパーへ買い物に行くと、日本では見たことのない食材に出くわします。

さすが中国人!「四つ足のものはイス以外、飛んでるものは飛行機以外はなんでも食べる!」と言われるだけあり、食べることにはとても貪欲です。

そして最近私が注目しているのが果物(水果シュエイグオ)。

ここ中国では、日本に比べて果物がとても安く美味しいです(というより日本は、世界中で一番!果物の値段が高いと思います)。

中国のこの季節で人気がある果物は、スイカ、メロン、パイナップル、マンゴーなど日本とあまり変わらないものですが、ここでしか見かけない果物もあります。

今回は中国のスーパーで見かける、少し珍しい果物をご紹介したいと思います。

 

山桃(楊梅ヤンメイ

s-1

私も友人に勧められ、今年初めてチャレンジしてハマったのが、こちらの楊梅です。
集合体が苦手な方には少しツラい見た目ですが、ベリー系に近い甘酸っぱい果肉がとても美味しい!
日本では見かけたことがないのですが、こちらでも期間限定の果物のようで、かなり短い間に出回り、あっという間に売り場から消えてしまいます。
虫がつきやすいので、中国人の友人に「必ず塩水に浸して洗ってから食べるように」と注意されました。

 

ドリアン(榴莲リュウリェン
s-2

日本でもかなりキツい臭いがする。。。と有名なドリアン。中国だけでなく、東南アジアなどの暖かい地域ではとてもメジャーな果物ですよね?
中国人も大好きな果物のようで、スーパーや市場で山盛りで売られていて、たくさんの人が群がって我先にと選んでいるのをよく見かけます。

頼むと、こうやって店員さんが切り分けて中身を取り出してくれます。
s-3

近くに寄っても、言われているほどキツい臭いはしないのですが、私は未だ勇気が出ずチャレンジしたことありません(汗)

 

龍眼リュウガン(龙眼ロンイェン
s-4

日本では、龍眼=ライチと習いませんでしたか?(これってひと昔前の話でしょうか?)
私は恥ずかしながら、こちらに来てから龍眼とライチが違うものだと初めて知りました。
味はとてもよく似ていますが、見た目がツルリとしていてライチとは全く異なります。
大きさもライチより小ぶりで種が大きい分、果肉が少なめです。
こちらでは漢方薬の一種ということで、とても栄養豊富な果物と言われていて、中国語の先生に「あんまり一度に食べると鼻血が出るから、一日6個までね!」と言われましたが本当でしょうか。。。?

 

白桃(水蜜桃シュェイミータオ
s-5

日本では、桃といえば桃色。名前の通りピンク色のものを多く見かけますが、こちらは写真のような白い桃、水蜜桃が有名です。
見た目は日本の桃の方が断然美味しそうに見えますが、こちらの水蜜桃もとっても甘くてジューシーで、一度食べると病みつきになります。
(そういえば、桃の種も漢方薬として用いられますね^^)

 

ホオズキ(酸浆スァンジェン
s-6

先日初めて見かけたのが、このホウズキ。
「へぇー!中国人って本当に何でも食べるんだなあ」と感心してしまいました(笑)
こちらも漢方薬として広く用いられるものだとか。
外側のガクを剥くと、オレンジ色の実が現れ、甘酸っぱくとても美味しいらしいです。
私は今回、買う勇気が出なかったのですが、今度勇気を出して食べてみようかな。。。

 

果物だけでなく、日本では見かけない食べ物が、まだまだ街中に溢れています。
また面白いものを見つけたらご紹介していきますね!

 

それでは今日はこの辺で!
再見ザァイジェン(またね)

さっちん
さっちん

東京生まれ埼玉育ち。横浜在住時、リビング地域特派員に。2016年冬よりダンナ(通称:ラーメン博士)の上海駐在に伴い上海での生活をスタート。横浜の姉妹・友好都市「上海」より、ホットな話題をお届けします♪



プロフィール

  • さっちん

    さっちん

    東京生まれ埼玉育ち。横浜在住時、リビング地域特派員に。2016年冬よりダンナ(通称:ラーメン博士)の上海駐在に伴い上海での生活をスタート。横浜の姉妹・友好都市「上海」より、ホットな話題をお届けします♪

カテゴリー

最新記事

  1. 横浜トップ
  2. さっちん上海太太日記
  3. 上海のグルメ
  4. 中国の珍しい食べ物たち<果物編>

平成30年度版暮らしのガイドwith Living Eye

平成30年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更