1. 横浜トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. パン
  4. 【綱島・日吉】北海道木古内町のコッペパン屋さん「コッペんどっと」が開店!
記事検索

【綱島・日吉】北海道木古内町のコッペパン屋さん「コッペんどっと」が開店!

特派員No. 309
こらそんさん

東急東横線の日吉駅と綱島駅のちょうど間に「アピタテラス横浜綱島」が2018年3月30日にグランドオープンしました。以前Panasonicの工場があった敷地で、電車からも見えるので何が出来るのか気になっていた方もいるのではないでしょうか?

IMG_20180329_150936

敷地全部がショッピングモールになったのではなく、「Tsunashima サスティナブル・スマートタウン(綱島SST、綱島東4)」として、一部区画(綱島寄り)には研究施設が建ち(Appleの研究所も開設されるという話もありますね)、アピタテラス横浜綱島との間には、まだ珍しい燃料電池車のための水素ステーションまであります。もちろんマンションなども建っており、もしそこの研究施設などに勤めていれば、職住近接の理想的(?)なモデルになるかもしれません。

IMG_20180329_154509

「アピタテラス横浜綱島」ではプレオープンも行われていましたので、その期間と、それからグランドオープン後も既に2度も行ってしまったコッペパン屋さん「コッペんどっと横浜綱島店」が開店しましたのでご紹介します。

北海道の道の駅にある「コッペん道土(どっと)」

北海道の南端にある木古内町は「全国消滅可能性都市」第5位と言われる都市です。北海道新幹線開通に伴って新設された、木古内駅前の道の駅「みそぎの郷」内にある塩パン専門店「コッペん道土(どっと)」は食を通した町おこしとなり、「ぱくぱく塩パン」は行列が出来るほどだそうです。塩パン専門店とは言いながら、「コッペパンサンド」も好評なことから、昨年12月には市が尾に横浜市内で1号店となる「コッペんどっと 市が尾店」がオープンし、大好評です。横浜高島屋の3月の催事でも出店されたので記憶されている方もいらっしゃるのでは?

横浜市内では2店舗目が開店!

そして、3月30日には「コッペんどっと 横浜綱島店」がグランドオープンしました。

IMG_20180329_154113

店内で焼かれるのは、もちろん木古内でも名物の「ぱくぱく塩パン」もありますが、

IMG_20180329_153801

沢山の種類がある「コッペパン」!

IMG_20180329_153608

とにかく種類が多くて、どれを買おうか迷ってしまいます。

IMG_20180329_153808

こちらも店内でコッペパンを焼いているんですが、コッペパンに実は秘密があります!

IMG_20180329_154334

北海道産のお米を炊いて、ごはんとして練り込んでいるんです。そのため、ふんわりした食感はよそのコッペパンとも変わらないように思うのですが、もっちり感と腹持ちが違うんです!特に無尽蔵な食欲を持つお年頃の男子(中高生男子)にはおすすめだと思います!

店内では、すぐ横にイートインできるスペースもあるので(コッペんどっと専用ではありませんが)、挟みたてのふんわりしたままをそこでいただく、ということも可能です。

さて、実食!

買い過ぎちゃいけない、と思いながらもプレオープン時に選んだのは…

◆「綱島セレクトみそぎの塩ミルク」

P3291393

綱島セレクトに惹かれて選びましたが「綱島セレクト」というからには綱島限定かと思ったら、そうではないようでした。たっぷりのクリームは塩がアクセント。

◆「黒豆きな粉と旭豆」

P3291376

中には黒豆きな粉のペーストがたっぷり塗ってあり、旭豆が散らしてあります。この旭豆、砂糖の衣をまとった大豆で、小気味良くポリポリといただけるお豆は普段はお茶うけなのかもしれません。北海道名物だそうです。家に持ち帰ってからでもポリポリとした食感は健在でした。

◆「ハスカップ&クリームチーズ」

P3291400

本州にはないハスカップのジャムと、クリームチーズを塗ってあります。このハスカップはしっかりした甘酸っぱさがあるのですが、そこにクリームチーズを合わせるといい感じの味になりますね。

◆ぱくぱく塩パン

P3291411

木古内本店の名物「ぱくぱく塩パン」はもちろん以前(市が尾店でも購入しています)と同様いい塩梅の塩味。サイズが小さいので、ちょっとつまむのにいい感じです。

※以上はプレオープン時でしたので、撮影したいとお願いし、開いたままで写真を撮っています。以降はグランドオープン後に再訪し、家に持ち帰ってからの撮影です。

再訪時に選んだのは、

◆北海道牛コロッケ

P3291432

ボリュームたっぷりの牛コロッケをキャベツの千切りと一緒に挟んであります。

P3291433

パンを押さえながらでないと頬張れないくらいの大きさなんですよ。

◆焦がしソース焼きそば

P3291428

香りのよい香ばしいソースをまとった焼きそばがたっぷり入っています。

P3291429

普通の焼きそばパンと大きく違うのは、パンが大きく、そこにたっぷりと具が挟まっているところだと思います。

◆粒ピーナッツと木古内町末廣庵の粒あんホイップ

P3301435

大きなお皿の上に置いたのですが、入りきっていませんね。あえて包まれたままの姿で登場です。中身が分かるようにシールを貼ってもらえるので、間違えることはありません。

P3301439

「粒ピーナッツ」はダイスにカットされたピーナッツが入っている甘いピーナッツペーストが塗ってあります。おやつにピッタリ!

P3301437

「木古内町末廣庵の粒あんホイップ」は、わざわざ木古内町にある和菓子屋さん「末廣庵」の粒あんを取り寄せているのだそうです。素朴な甘さの粒あんはどこか懐かしい手作りのおはぎを思い出すような味で、また食べたくなります。

実はパンにハマっています

実は私、パンが大好きで、コッペパンにハマっています。お店を見つけるとつい買っちゃいます。また新しく開店した、と聞いたら買いに行っちゃうかもしれません(笑) 各店さまざまな工夫を凝らし、美味しいコッペパンを出しているのですよね。

家族はそろそろ「またコッペパン!」と言いそうな勢いですが、コッペパンに限らず、美味しいパンを探しに行っちゃいますよ~♪

とはいっても、何でも美味しいものが好きなので、限定はしておりません。美味しいもの情報がありましたらぜひ編集部までお知らせくださいね。

コッペんどっと 横浜綱島店
神奈川県横浜市港北区綱島東四丁目3番17号 アピタテラス横浜綱島1階
営業時間:9:00〜21:00
定休日:アピタテラス横浜綱島に準ずる

この記事を書いた人特派員No. 309 こらそん
新しいことを体験したり、探検したりと、未だに子どものように好奇心旺盛。もちろん美味しいものを見つけたり、作って食べることも大好きな横浜生まれ横浜育ちの主婦です。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. パン
  4. 【綱島・日吉】北海道木古内町のコッペパン屋さん「コッペんどっと」が開店!

特派員メンバー

  • ぺんぎん
    特派員No.369ぺんぎん
    笑う門には「福」だらけ。
  • marinu
    特派員No.238marinu
    美味しい物を探してどこまでも!
  • usakon
    特派員No.240usakon
    ちょっとマニアックな「usakonのCar♡Life」も更新中
  • ちよです。
    特派員No.243ちよです。
    ぬくぬくほっこり大好きです
  • さっちん
    特派員No.278さっちん
    食べ呑み大好きアラフォー主婦
  • リビング横浜編集部
    特派員No.281リビング横浜編集部
  • こらそん
    特派員No.309こらそん
    美味しいものからおもしろ体験まで、なんでもおまかせ♪
  • youママ
    特派員No.312youママ
    やせの大食いとよく言われます。
  • ちーず
    特派員No.451ちーず
    上大岡周辺はまかせて!
  • rose
    特派員No.453rose
    かなりのお茶好きです!
  • どきこ
    特派員No.454どきこ
    楽しい事、探します!
  • りんこ
    特派員No.536りんこ
    金沢区エリアと子育て情報探索中
  • アルン
    特派員No.684アルン
    パンやスイーツが大好きです♪
  • シロ
    特派員No.686シロ
    カフェ巡りとスイーツが大好き!
  • あかり
    特派員No.687あかり
    お得なミッションをクリア!
  • komisach
    特派員No.688komisach
    道端でよく道を聞かれます(笑)
  • かすてらん
    特派員No.689かすてらん
    横浜“通(つう)“を目指し中!