1. 横浜トップ
  2. 街ニュース
  3. 野毛 中区

野毛 中区

ハマる、野毛ワールド! 味わい深い”横浜の下町”

関東大震災や横浜大空襲で、壊滅的な被害を受けた横浜。しかし野毛の復興は早かった! 戦後すぐに闇市が立ち、露店街に人々のにぎわいが帰ってきました。そして当時の店や人情は受け継がれ、今もこの街で力強く生きています。”横浜の下町”パワー、一度ハマると抜けられないかも!

↑クリックして拡大

 現在、野毛地区には400以上の飲食店と、50以上の物販店が軒を並べています。特に居酒屋が密集するエリアの雰囲気は下町風情にあふれ、昼と夜の表情がまったく違うのが大きな特徴。

 野毛地区は大変広く、飲み屋街のみならず、「横浜能楽堂」「神奈川県立音楽堂」「横浜市中央図書館」といった文化的施設から、「横浜にぎわい座」のような大衆演芸場、子供たちが好きな「野毛山動物園」「野毛山公園プール」も忘れてはならない場所。さらに横浜国際劇場跡の「美空ひばり像」、掃部山公園の「井伊直弼の像」、「近代水道発祥の地」の日本初の水道管など、歴史を感じるスポットも多彩。

 JR「桜木町」駅には、野毛地区のインフォメーションセンターがあるので、観光案内や飲食店、ホテルなどの情報はここで手に入れて。この春、気軽にぶらりと野毛散歩をしてみませんか。

問い合わせ 野毛地区街づくり会 045(241)4500

 野毛は”大道芸と飲食の街”。しかし動物園や図書館といった文化施設も多く、昼も夜も、子供も大人も、それこそ普段着でふらりと寄れる”横浜の下町”なんです。どこか懐かしく、ほっとする街並みも魅力のひとつ。来月行われる「野毛大道芸」は、2日間で20万人以上の動員数を誇る野毛の大イベント。ぜひ遊びに来てください。

(野毛地区街づくり会 会長・神田信男さん)

野毛地区街づくり会 会長・神田信男さん

昼からさっと一杯! 野毛に珍しいイタリアンバー

イタリアン バル バジル

 大通り沿いにあり、女性1人でも気軽に入れるスタンディング・バー。カウンターでの立ち飲みが基本スタイルですが、店内とテラスにはテーブル席も。ワインはグラス500円。

続きはこちら

昼からさっと一杯! 野毛に珍しいイタリアンバー イタリアン バル バジル

夢が”叶う”お店、価格もお手ごろでミセス大歓迎!

叶家(かのうや)

 戦後すぐ、初代女将がこの地で手料理を出したのが始まりの居酒屋。1 ~ 3階はテーブル席やカウンター、座敷などがあり、人数や用途に応じて利用可能。現在は3代目の谷川不二映さんが店を切り盛りしているせいか、女性でも落ち着く雰囲気です。

続きはこちら

夢が

いつ訪れても変わらぬ街の洋食店、感動のエピソードもさまざま

センターグリル

 手作りの味を大切に、創業当時と変わらない味を食べさせてくれる、昔ながらの洋食店。1皿にオムライス・チキンカツ・サラダとボリューム満点の「浜ランチ」1050円や、ナポリタン・チキンカツ・ライスサラダが乗った「スパランチ」750円は、「実はお客さんの声から生まれたメニュー」と社長の石橋秀樹さん。

続きはこちら

いつ訪れても変わらぬ街の洋食店、感動のエピソードもさまざま センターグリル

銘菓「大銅鑼焼」の誕生秘話とは

大銅鑼焼本舗 もみぢ

 季節の味から定番ものまで、材料の良さにこだわった和菓子が並ぶ、野毛唯一の和菓子店。創業当時は「味覚荘」という甘味処として営業していました。

続きはこちら

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. 街ニュース
  3. 野毛 中区

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更