1. 横浜トップ
  2. 今から知っ得!ラグビーW杯
  3. 女性目線でワールドカップを楽しもう!「女性のためのラグビー講座」に参加してきました

プロフィール

  • よっしー

    よっしー

    ラグビーブームだった頃に学生時代を過ごした、ラグビーが大好きな編集部よっしー。
    2019年W杯まで月1回、ラグビーの楽しみ方、参加できるイベントや日本代表の情報を初心者目線でお届けします!

最新記事

女性目線でワールドカップを楽しもう!「女性のためのラグビー講座」に参加してきました

2019/3/28

応援したい選手“ 推しメン”は誰?
女性目線でワールドカップを楽しもう!

Web用‗YH調整190330006
女子ラグビー選手・鈴木彩香さん(アルカス熊谷)、三村亜生さん、鈴木育美さん(共にYOKOHAMA TKM所属 )、2018ミス・ユニバース・ジャパン神奈川グランプリの伊藤涼香さん(写真中央)、稲澤裕子さんが参加

■「女性のためのラグビー講座」開催

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」開幕200日前を記念して「女性のためのラグビー講座」がアートフォーラムあざみ野で開催され、“ラガール”(ラグビーを愛する女性)約50人が参加。女子ラグビー選手らによるトークショーやラグビーボールを使ったエクササイズが行われました。

■お気に入り選手“推しメン”を見つけて

「リーチマイケル選手(東芝)のプレーやキャプテンシーを尊敬」「同じ学年だから田村優選手(キヤノン)に“同期愛”」「桐蔭学園高出身の松島幸太朗選手(サントリー)はすごい」と“推しメン”の話題やラガーマントリビアも飛び出しました。RWC2019について、日本ラグビーフットボール協会の女性初の理事・稲澤裕子さんは「おもてなしの心で、街で海外のサポーターを見かけたら声をかけてみて。喜ばれますよ」と。「品位、情熱、結束、規律、尊重」を掲げるラグビーの魅力や楽しみ方を語ってくれました。

Resize_よっしーメモよっしーも「女性のためのラグビー講座」に参加。女子ラグビー選手が選ぶ“推しメン”に盛り上がったり、実際にラグビーボールを手にランパスやステップ、タックルを経験。参加者はラグビーを身近に感じたよう。稲澤さんは「RWC2019横浜会場で行われる試合はどれも見どころ満載の好カード」と。ぜひチェックしてみて!



人気記事ランキング

  1. 横浜トップ
  2. 今から知っ得!ラグビーW杯
  3. 女性目線でワールドカップを楽しもう!「女性のためのラグビー講座」に参加してきました

2019年度版暮らしのガイドwith Living Eye

2019年度版
暮らしのガイド
with Living Eye

電子ブックを読む



会員登録・変更